転職におすすめの業界は3つだけ【3000人の声を聞いて厳選しました】

転職におすすめの業界は3つだけ【3000人の声を聞いて厳選しました】

転職でおすすめの業界ってどこ?

今の仕事をやめて、心機一転で他の業界に転職したい。

でも、どの業界がいいのかわからない…

 

未経験から転職できて、良い業界を知りたい。

業界選びで失敗したくないなぁ…

次の業界では、仕事を楽しみたい。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職でおすすめの業界と職種がわかる
  • おすすめの業界・職種に転職する方法がわかる
  • おすすめしない業界・職種もわかる
  • 新しい業界で仕事を楽しむ方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は「全国職業相談センター」という相談窓口で、3000人以上の職業相談を受けてきました。

3000人も相談にのっていると、業界で働く人たちの生の声が聞こえてきます。

この業界は良さそうだな。

この業界はヤバいな…

3000人以上の生の声を元に、おすすめの業界を3つに絞りました。

他のネット上の記事では「おすすめの業界」として紹介されてるところも、本当はおすすめしない業界だったりするので要注意。

「本当におすすめできる業界」だけを3つに絞ったので、参考になるかなと思います。

 

また、僕自身も33歳で業界を変える転職をしました。※保険業界→Web業界

年齢 業界 職種
26~33歳 保険業界 保険の営業
33~36歳 Web業界 Webマーケティングの営業
36歳~現在 Web業界 Webライター

現在もWeb業界でWebライターとして働いてますが、Web業界はかなりおすすめだったりします。

自分の体験も含めて記事にしたので、かなり信ぴょう性があるかと。

 

業界選びで失敗したくない人や、仕事自体を楽しみたい人の参考になればうれしいです。

転職でおすすめの業界は3つだけ【職種も解説。男性も女性も高卒もOK】

転職でおすすめの業界は3つだけ【職種も解説。男性も女性も高卒もOK】

結論、転職でおすすめの業界は下記の3つだけです。

  1. IT業界→伸びてるから
  2. Web業界→伸びてるから
  3. インフラ業界→安定してるから

各業界でおすすめの職種や、転職する方法も解説していきます。

※男性でも女性でも高卒の人でも転職できる業界を紹介してます。

①IT業界

おすすめの理由は、IT業界は伸びてるから。

なんとなくわかると思うんですが、下記とか伸びてますよね。

  • AI
  • VR
  • ゲーム
  • アプリ
  • 自動運転

この辺を作ってるのがIT業界の人たちです。

今後の伸びしろも大きいので、今のうちにITで手に職をつけておくと将来も安泰です。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

 

ちなみにIT業界の将来性については、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】にまとめてます。

IT業界でおすすめの職種

IT業界でおすすめの職種って何?

下記の3つがおすすめですね。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. IT営業

それぞれの内容は下記のとおり。

職種 仕事内容 転職しやすさ 年収
プログラマー システム、Webサイト、アプリを作る 基礎学習が必要 450万~1000万円
Webデザイナー Webサイトやアプリをデザインする 基礎学習が必要 450万円くらい
IT営業 ITシステムを営業する 未経験でも大丈夫 400万円~1000万円

各職種ごとに、未経験から転職する方法を解説していきますね。

プログラマーに転職する方法

プログラマーはIT業界でもっとも基礎的な仕事で、プログラミングのコードを書いてシステムやアプリを作る仕事です。

転職する前に、まずはプログラミングに触れてみるのが先ですね。

プログラマーは向き不向きがあるから。

 

いくら将来性があるといっても、あなたがプログラミングと相性わるかったら辛いですからね。

プログラミングの本とかで勉強してもいいんですが、たぶん最初はワケわかんないかと。

 

今は便利な時代でして、プログラミングスクールが無料体験を用意してくれてます。

テックアカデミーというスクールだと、オンラインで1週間もプログラミングを無料体験できますよ。

 

なので、まずはプログラミングに触れながら考えるといいかなと思います。

この無料体験だけでもWebサイト制作くらいのスキルが身につくので、無料体験だけでも有益だと思います。

参考:【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

 

もしプログラミングがおもしろかったら、テックアカデミーなどのスクールで転職サポートを受ければOK。

IT企業はスクール卒業生をほしがってるので、優良なIT企業に転職できますよ。

Webデザイナーに転職する方法

Webサイトやアプリをデザインする仕事です。

プログラムの段階ではWebサイトやアプリはとても無機質な状態なので、人が見やすいようにデザインしていく感じですね。

 

こちらもプログラマー同様、まずはプログラミングに触れてみるのがおすすめ。

Webデザイナーもプログラミングを使う仕事なので、向き不向きがあるから。

 

先ほどのテックアカデミーで、プログラミングの無料体験を受けながら考えていけばOKだと思います。

プログラミングに触れてみておもしろいと思ったら、スクールの本コースで勉強していくと良いかなと。

 

前述のとおり、スクールでは転職サポートもしてるので、そのまま優良なIT企業に転職できますよ。

ちなみにおすすめのプログラミングスクールは、【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめてます。

IT営業に転職する方法

ITシステムを営業する仕事です。

こちらは特に基礎学習の必要なし。

なぜなら、営業はコミュニケーションができれば転職できるから。

 

でも、ITの知識とかないけど大丈夫?

ぶっちゃけこれは、転職してから勉強すれば大丈夫。

働きながら、ITの知識を覚えられるから。

営業は知識よりもコミュニケーションスキルの方が重要なので、知識は後からでOKです。

 

IT営業に転職する方法は、営業系の転職エージェントでいいかなと。

なぜなら、キャリアカウンセリングしてくれて、あなたと相性が良いIT企業の求人を見せてくれるから。

 

初めてのIT営業だと右も左もわからないと思うし、独断で転職先を選ぶと失敗するリスクが高いです。

なので、プロに手伝ってもらうと転職の失敗を防げますよ。

 

登録してキャリアカウンセリングを受けつつ、求人情報をチェックしつつ、興味あるIT企業があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

営業経験者と未経験者で適切な転職エージェントが違うので、下記の記事を参考にどうぞ。

②Web業界

おすすめの理由は、Web業界も伸びてるから。

下記とかでイメージわくかなと。

  • SNS
  • Youtube
  • Amazon
  • オンラインゲーム

Webがなくなることは考えにくいので、今のうちにWeb系のスキルを身につけておけば食いっぱぐれはないですよ。

Web業界でおすすめの職種

Web業界でおすすめの職種は下記の3つです。

  1. Webマーケティング
  2. Web営業
  3. Webライター

仕事内容とか転職のしやすさは下記のとおり。

職種 仕事内容 転職しやすさ 年収
Webマーケティング Web上から集客する仕事 未経験でも大丈夫 500万くらい
Web営業 WebサイトやWebシステムの営業 未経験でも大丈夫 400万~1000万円
Webライター Web記事を書く仕事 基礎学習が必要 100万~700万円

各職種ごとに、未経験から転職する方法を解説していきますね。

Webマーケティングに転職する方法

Webマーケティングの仕事は、未経験でも転職できる会社が多いです。

なぜなら、割とすぐに基礎スキルが身につくから。

転職して1ヶ月くらい基礎を勉強すれば、少しずつ業務ができてしまう仕事です。

 

Webマーケティングに転職する方法ですが、Webマーケティング未経験者向けの転職エージェントがいいかと思います。

なぜなら、Webマーケティングにも種類があり、向き不向きや会社の相性があるから。

 

Webマーケティングには、大きく分けて下記の2種類があります。

  1. SEO系:Webメディアを育てて収益をあげる
  2. 広告系:広告を駆使して売上をあげる

この辺も相性があるので、転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けておくとミスマッチを防げます。

 

Webマーケティング未経験者向けの転職エージェントは、下記の3つ。

登録してキャリアカウンセリングを受けつつ、求人情報をみつつ、良さげな会社があれば話を聞いてみると良いと思います。

  • マイナビジョブ20’s:大手マイナビの企業リストあり。未経験者向けのマーケティング会社が見つかる
  • ウズウズ:Webマーケティングの会社の紹介が得意。転職後の定着率95%でミスマッチが少ない
  • 【第二新卒エージェントneo】:こちらもマーケティングの紹介が強い。10時間もカウンセリングしてくれる

3社の詳細は、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

Webマーケティングスキルが身につくと、会社でやってる業務をそのまま副業でやれば稼げますよ。

  • ブログ
  • Youtube
  • 自分で商品を作ってWeb上で売る

Webマーケティング職あるあるですが、副業の方が収入が高い人とかゴロゴロいます(笑)

Web営業に転職する方法

Web営業は完全に未経験でも転職できます。

コミュニケーションができれば問題ないから。

 

僕もWeb営業の経験者ですが、Webの知識ゼロから始めましたよ。

仕事をしていけば勝手に覚えていくので、問題なしです。

 

Web営業に転職する方法も、営業系の転職エージェントで良いかと。

キャリアカウンセリングを受けて、あなたに合うWeb営業の会社の求人を見てみるといいと思います。

Webライターに転職する方法

結論、Webライターは副業から始めましょう。

未経験から正社員の募集は少ないから。

 

まずは副業でWebライターを始めてみて、その後スキルがついてきたら下記の2つの進路があります。

  1. メディア系の会社に正社員で転職
  2. フリーランスのWebライターになる

ちなみに僕はフリーランスのWebライターで、年収は750万円くらいです。

スキルがあれば仕事は安定するし、家で働けるのでフリーランスでいいかなと思ってます(笑)

 

Webライターの基礎スキルを身につける方法ですが、手前味噌ですけど僕が作ったWebライターの教科書「Webライターの完全講義」が良いかなと。

無料で、未経験者さんが稼げるようになるまでの手順を解説してます。

※一部有料部分がありますが、それは本気になるまで買わないでください。

③インフラ業界

インフラ業界がおすすめの理由は、安定してるから。

人間が生きていく上で必要不可欠なものなので、なくなる心配がないので将来も安泰です。

具体的には下記のような業態があります。

  1. ITインフラ系
  2. 電気
  3. ガス
  4. NTT
  5. JR

インフラ業界でおすすめの職種

インフラ業界でおすすめの職種は?

未経験で転職できるの?

未経験でも転職できる職種は下記の2つです。

  1. インフラエンジニア
  2. インフラ営業

職種 仕事内容 転職しやすさ 年収
インフラエンジニア ネット環境を監視したり、作ったりする 未経験でも大丈夫 500万~1000万円
インフラ営業 インフラ企業の営業 未経験でも大丈夫 400万~600万円

未経験から転職する方法を解説していきますね。

インフラエンジニアに転職する方法

簡単にいうと、ネット環境を監視したり、作ったりする仕事です。

完全未経験でも転職できますが、転職する前に「CCNA」という資格を取得するのがおすすめ。

CCNAを取得すると、待遇がよくなるからです。

 

そもそもCCNAとは、「インフラエンジニアの登竜門」と言われる資格。

CCNAをもっていると、下記のメリットがあります。

  1. 良い条件で転職できる
  2. 働きやすい現場に配属される
  3. 資格手当をもらえる

インフラエンジニアのキャリアプランは下記の図のとおりですが、CCNAがあると飛び級できるイメージ。

インフラエンジニアのキャリアプラン

CCNAの有無で、スタートの年収も違います。

  • CCNAなし:年収250万円くらいからスタート
  • CCNAあり:年収300万~350万円からスタート

 

ちなみに、CCNAってどうやって取得するの?

結論、スクールで勉強するのがおすすめです。

なぜなら、独学だとわかりにくいから。

試しにCCNAの本を見てもらえばわかりますが、たぶん挫折すると思います。

 

CCNAの資格スクールは、ウズウズカレッジとかが良いかと。

理由は安いから。

 

他校は30万円くらいしますが、ウズウズカレッジは15万円くらいでCCNAを取得できます。※分割は6250円/月~

無料のオンライン説明会があるので、話を聞きながら考えるのがいいと思います。

参考:【格安】ウズウズカレッジの評判まとめ【3ヶ月で元はとれますよ】

インフラ営業に転職する方法

インフラ系の営業は、下記のような仕事があります。

  1. ITインフラの営業
  2. 電力会社の営業
  3. ガス会社の営業
  4. NTTフレッツ光の営業
  5. JRの営業

インフラ系の営業はちょっと転職の難易度が高いです。

※お堅い会社が多いから。

 

転職の難易度が一番低いのは、ITインフラの営業ですね。

※ITは伸びてるので採用に積極的。

インフラ系の営業に転職するコツは、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】にまとめてます。

【注意】転職でおすすめしない業界・職種【ここはやめておこう】

【注意】転職でおすすめしない業界・職種【ここだけはやめておこう】

ちなみに、おすすめしない業界とか職種ってあるの?

結論、下記の業界・職種はおすすめできません。

おすすめしない理由とともに紹介します。

おすすめしない業界 おすすめしない理由
介護 激務だから
金融 ノルマがきついから
医療 激務だから
飲食 激務なのに稼げないから
アパレル ノルマがきついから
印刷 ペーパーレスの時代だから
ウェディング ノルマがキツくて激務
教育 子供の数が減ってるから

 

おすすめしない職種 おすすめしない理由
公務員 労働基準法と最低賃金法が一部適用外
事務職 手に職がつかないから
運転手 危険だから
販売職 歳をとるほど不利だから
美容系 ノルマがきついから
介護職 激務だから

おすすめしない業界と職種の詳細は、下記の2記事を参考にどうぞ。

新しい業界で仕事を楽しむ方法【2つあります】

新しい業界で仕事を楽しむ方法【2つあります】

やる気のある男性

新しい業界で働きたいけど、どうせなら仕事を楽しみたいな。

今の仕事は全然おもしろくないから、次は興味があって楽しめる仕事をしたい。

新しい業界を選ぶときは、下記の2つに注意すると割と仕事を楽しめます。

  1. 興味関心で業界を選ぶ
  2. 向いてる仕事を選ぶ

1つずつ解説しますね。

①興味関心で業界を選ぶ

まず、あなたが興味関心をもてる業界に転職するのがおすすめ。

興味がないと楽しめないし、続かないから。

 

興味関心は、ぼんやりとしたものでもOKです。

僕がWeb業界に転職を考えたときは、下記のように思ってました。

なんかWebってカッコよさそう…

こんなもんで十分です(笑)

人が何かを好きになるのに理由はないので、「なんとなく」を大事にするのがコツです。

②向いてる仕事を選ぶ

特に興味ある業界って、今のところないんだよなぁ…

という人は、あなたに向いてる仕事に転職すればOKです。

向いてる仕事は、最初は興味がなくても徐々におもしろくなってくるから。

向いてる仕事は最初から興味があるとは限らない

また僕の話で恐縮ですが、僕はWebマーケティング営業→Webライターに転職したときは、そんなにWebライターに興味はありませんでした。

ベンチャー企業でWebマーケティング営業をやってたので、なんでも1人でやらなきゃいけない感じだったんですよね。

 

仕事上、Webライティングが必要になったから、仕方なく始めた感じです。

でもWebライターをやってみたら、営業より向いてました(笑)

営業より成果が出やすかったし、Webライターの仕事が楽しくなったので、Webライターになりました。

あなたに向いてる仕事を見つけるコツ

でも、自分に向いてる仕事なんてわからない…

という人は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】をどうぞ。

記事内で、あなたに向いてる仕事がわかる方法を解説してます。

結論、興味関心ある業界がないなら、向いてる仕事でOKかと。

まとめ【転職でおすすめの業界は3つだけ。本気なら転職活動あるのみ】

まとめ【転職でおすすめの業界は3つだけ。本気なら転職活動あるのみ】

結論、転職でおすすめできる業界と職種は下記のとおりです。

業界 職種
IT業界 プログラマー

Webデザイナー

IT営業

Web業界 Webマーケティング

Web営業

Webライター

インフラ業界 インフラエンジニア

インフラ営業

ということで、もし本気で業界を変えたいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

1歳でも歳をとるほど、選択肢が減っていくから。

特に業界未経験の転職は、1歳でも若い方が有利ですよ。

 

「う~ん」と考えてる間に、本来は転職できた業界を逃してしまうと人生単位の損失。

当然ですが、良い求人ほど他の人に取られていくし、今も取られてます。

 

行動すべきは今日からでして、行動しながら考えていきましょう。

 

プログラマーとWebデザイナーは、テックアカデミーなどの無料体験でプログラミングに触れながら考えると良いかと。

参考:【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

 

無料体験でおもしろいと思ったら、スクールで勉強して転職すればOKです。

参考:【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

 

IT・Webの営業は相性があるので、営業に強い転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けてから会社を選ぶのがコツ。

あなたに合うIT・Web営業の会社がわかるので、ミスマッチを防げます。

登録してキャリアカウンセリングを受けつつ、求人情報をみつつ、良さげな求人があれば話を聞いてみると良いと思います。

 

Webマーケティングの転職も相性があるので、転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けておくとミスマッチを防げます。

Webマーケティング未経験者向けの転職エージェントは、下記の3つです。

  • マイナビジョブ20’s:大手マイナビの企業リストあり。未経験者向けのマーケティング会社が見つかる
  • ウズウズ:Webマーケティングの会社の紹介が得意。転職後の定着率95%でミスマッチが少ない
  • 【第二新卒エージェントneo】:こちらもマーケティングの紹介が強い。10時間もカウンセリングしてくれる

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

Webライターは手前味噌ですが、僕が作った「Webライターの完全講義」で学べます。

 

インフラエンジニアは、転職前に「CCNA」を取得するのがおすすめ。

ウズウズカレッジなどCCNAの資格スクールで取得できて、転職も可能です。

無料のオンライン説明会があるので、話を聞きながら考えればOKかと。

参考:【格安】ウズウズカレッジの評判まとめ【3ヶ月で元はとれますよ】

 

インフラ系の営業に転職するコツは、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】にまとめてます。

 

また、あなたに向いてる仕事を見つける方法は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】の記事内で解説してます。

 

あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ