20代の転職で年収が下がるケース【好きな仕事に転職して稼ぐ方法】

20代の転職で年収が下がるケース【好きな仕事に転職して稼ぐ方法】

20代の転職は年収が下がるのかなぁ?

今の仕事が辛いから転職したいけど、年収が下がるのは嫌だなぁ…

 

でも、年収が下がってでも転職すべきかなぁ…?

一応、年収が下がる転職のケースを知っておきたい。

 

できたら、好きな仕事で今より稼ぎたい!

こういった疑問や要望に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 20代の転職で年収が下がるケース【年収が上がるケースも紹介】
  • 好きな仕事に転職して、今より年収を上げる方法【年収が下がる20代転職でも可】

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで相談対応もしていました。

 

けっこう多かったのが、

20代の転職は年収が下がりますか?

できたら年収は下げたくないのですが…

という相談。

 

たしかに、20代の転職で年収が下がるケースはあります。

でも、結論は「好きな仕事に転職して大丈夫」です。

 

仮にあなたが転職したい仕事の年収が低くても、今より稼ぐことは可能です。

※記事後半で解説します。

 

転職して年収を上げたいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

20代の転職で年収が下がるケース【年収が上がるケースも紹介】

20代の転職で年収が下がるケース【年収が上がるケースも紹介】

20代の転職で年収が下がるケースは、下記の4つです。

  1. 年収が低い職種に転職
  2. 未経験の転職
  3. 大企業→中小企業への転職
  4. 伸びてる業界→衰退産業への転職

1つずつ解説しますね。

①年収が低い職種に転職

年収が低い職種の代表は、下記の4つです。

  1. 事務職
  2. 販売職
  3. 介護職
  4. 接客業

どれも年収200~300万円台が限界です。

 

例えば、営業やITなど年収の高い業界から転職すると、確実に年収が下がります。

②未経験の転職は年収が下がりやすい【ただし年収が上がる仕事ならOK】

未経験の転職も年収が下がりやすいです。

実績もスキルもないからです。

 

ただし業界や職種によっては、徐々に年収が上がっていきます。

具体的には、

  • IT業界
  • 営業
  • 建設
  • 製造

などの技術職は、最初の年収が低くても、

スキルとともに年収が上がります。

 

最終的には、今の仕事より稼げますよ。

③大企業→中小企業への転職

大企業から中小企業への転職も、一般的には年収が下がりやすいです。

厚生労働省のデータによると、平均年収は下記のとおり。

  • 大企業:591万円
  • 中小企業:475万円

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

 

基本的に、大企業の方が年収が高いです。

ただし前述のとおり、スキルとともに年収が上がる職種なら中小企業でも稼げます。

④伸びてる業界→衰退産業への転職

伸びてる業界から衰退産業に転職すると、年収が下がりやすいです。

衰退産業は、売上が落ちているから。

 

具体的には、IT業界→印刷業界への転職は年収が下がります。

ペーパーレスの時代なので、印刷業は衰退してるから。

 

基本的に、IT業界など伸びてる業界への転職は年収が上がりやすいです。

 

ちなみに、IT業界については、

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

20代の転職で年収が上がるケース【特に20代後半はチャンス】

20代の転職でも年収が上がるケースについて、

20代後半の転職は年収が上がりやすい【高年収の仕事に転職する方法】にまとめたのでどうぞ。

 

特に、20代後半は転職で年収が上がりやすいので、チャンスを活かしましょう。

20代後半の転職は年収が上がりやすい【高年収の仕事に転職する方法】

【補足】年収を上げたいなら転職エージェントを使う

理由は、年収交渉をしてくれるから。

未経験の転職でも、前職までのスキルをアピールしてくれるので、年収アップする可能性があります。

 

1人で転職活動すると年収交渉も自分でやらないとですが、ぶっちゃけノウハウがないですよね。

 

なので、餅は餅屋に任せる。

プロに相談すれば、年収が上がる可能性アリです。

 

ちなみに、年収交渉に強い転職エージェントは、下記の3社かなと。

3社の評判は下記の記事にまとめたので、興味あればどうぞ。

好きな仕事に転職して、今より年収を上げる方法【年収が下がる20代転職でも可】

好きな仕事に転職して、今より年収を上げる方法【年収が下がる20代転職でも可】

年収が下がってでも、好きな仕事とかやりたい仕事に転職して方がいいかなぁ?

という人も多いかと。

 

結論、どうしても好きな仕事に転職したいなら、年収が下がってでも転職してOKです。

なぜなら、副業で稼げるから。

 

今は副業が当たり前の時代なので、本業の年収が低くても副業で補えます。

【コツ】好きな仕事で副業する

例えば、あなたが事務職に転職したとしましょう。

前述のとおり、事務職は年収が低いです。

 

でも、事務職をテーマにした副業をすればOKです。

 

具体例は下記のとおり。

  • 事務職に転職する方法をブログやYoutubeで発信→アフィリエイトや広告で稼ぐ
  • 事務職に転職したい人に有料でアドバイス
  • 事務スキルの教材を作ってネット上で売る

これだけでも月収10万円は稼げますよ。

 

本業+月収10万円なら、悪くないですよね。

※事務職は人気職種だけど募集が少ないので、こうしたニーズはあるかと。

 

結論、あなたの好きな仕事に転職して、それを副業にも活かせば普通に稼げます。

【体験談】僕も副業で稼いだ【人生の選択肢が広がったからおすすめ】

僕も副業をやってましたよ。

本業は営業だったのですが、

  • Webライター
  • 他社の営業代行

などの副業で稼いでました。

 

そして、副業のつもりでやってたWebライターが向いてたみたいで、本業の収入を超えたんです。

なので、現在の本業はWebライターです。

 

毎日家でのんきにパソコン作業してるので、

けっこう幸せ。

結論、副業をやっておくと人生の選択肢が広がります。

クラウドソーシングでも稼げる

「クラウドソーシング」といって、副業を紹介するサイトがあります。

副業の案件がたくさんあるので、ここで稼ぐのもアリですね。

 

具体的な副業の案件としては、

  • 文字起こし
  • データ入力
  • アンケートに答える
  • 内職
  • ライター
  • 動画編集
  • プログラミング
  • Webサイト制作

など、けっこう種類があります。

未経験からできる副業もあるので、本業の年収が足りないなら補えますよ。

 

ちなみに、案件が多いクラウドソーシングサイトは、

などです。

もはや、いくらでも在宅副業で稼げる時代です。

【結論】終身雇用が崩壊したのでサラリーマンに頼らないこと

終身雇用はとっくに崩壊してるので、

収入の口が給料しかないのは危険ですよ。

転職して本業からの給料をもらいつつ、手に職をつけるためにも副業で稼ぎましょう。

 

収入の口を増やしておけば、何があっても安心です。

時代はどんどん新しくなっているので、

古い常識にとらわれないのが生きるコツ。

まとめ【20代で年収が下がる場合でも好きな仕事に転職してOK】

まとめ【20代で年収が下がる場合でも好きな仕事に転職してOK】

この記事をまとめます。

  • 年収が低い職種に転職すると年収が下がる
  • 未経験の転職に転職すると年収が下がりやすいが、職種や業界によっては年収が上がる
  • 大企業→中小企業への転職も年収が下がりやすいが、職種によっては年収が上がる
  • 伸びてる業界→衰退産業への転職は年収が下がりやすい
  • 結論、好きな仕事に転職しても副業で稼げばOK
  • 終身雇用も崩壊したし、副業で複数の収入をもつこと

本気で転職したいなら、すぐに転職活動を始めましょう。

転職は1歳でも若い方が有利だから。

 

なんだかんだで3~6ヶ月はかかるので、

本気なら早めに行動開始です。

 

ちなみに、この記事で紹介した年収交渉に強い転職エージェントは、下記の3社です。

3社の評判は下記の記事にまとめたので、興味あればどうぞ。

 

また、すぐに副業で稼げるクラウドソーシングサイトは、下記の4つが代表的です。

 

あなたの年収アップの参考になればうれしいです(^^)