転職は何回までOK?【3回までがいいけど、対策すれば大丈夫だよ】

転職は何回までOK?【3回までがいいけど、対策すれば大丈夫だよ】

転職って何回までOKなの?

もう3回転職してるんだけど、やっぱ多いかな…

 

転職回数が多くて雇ってもらえないかな…?

もうまともな企業に転職できなかったらどうしよう…

 

転職回数が多くても、まともな会社に転職する方法を知りたいな。

あと、採用されやすい仕事ってどんなの?

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 何回までなら転職していいかわかる
  • 転職回数が多い人が転職できる方法がわかる
  • 転職回数が多くても採用されやすい仕事がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

転職回数が多いんですが、転職できますか?

という相談は、けっこう多かったです。

 

結論、転職回数が多くても転職はできます。

ただし、もろもろの条件あり。

 

実は僕自身、5回も転職してます。

でも、まだまだ転職可能。

なぜならスキルを身につけたからです。

 

僕がアドバイスした結果、転職回数が多くても転職できた人は多いです。

転職回数が多くて不安な人が、まともな仕事に転職するノウハウをまとめたので、参考にどうぞ。

転職は何回までOK?【答え:3回までがいい、特に20代は】

転職は何回までOK?【答え:3回までがいい、特に20代は】

結論、転職回数は3回までがいいです。

つまり、次の転職が4回目・5社目だと「多いな」という印象。

理由は、長続きしない人に見えるから。

 

特に20代で3回転職している人は、さすがに対策が必要です。

※大丈夫な対策は後述してます。

短期間で転職回数が多いと不利

短期間で転職回数が多いと、さらに不利です。

すぐ辞める人に見えるから。

 

例えばあなたが採用担当者だとして、

  • 1社目:1年で退職
  • 2社目:6ヶ月で退職
  • 3社目:8ヶ月で退職
  • 4社目:1ヶ月で退職

という人を採用しますか?

まぁしないですよね、不安だから。

 

短期間で転職回数が多い人も、対策が必要です。

※大丈夫、対策は後述してます。

直近の1社が短いと不利

直近1社の期間が短いのも不利ですね。

これも「すぐ辞める人」に見えるから。

 

例えば、こんな感じです。

  • 1社目:3年で退職
  • 2社目:2年で退職
  • 3社目:2年で退職
  • 4社目:1ヶ月で退職

4社目に疑問な人

4社目で何があったの?

と思いますよね。

よく調べないで転職する人にも見えるので、これも対策が必要です。

 

では、転職回数が多い人が内定をもらえる方法を解説していきますね。

転職回数が多い人が内定もらう3つの方法【何回でもOKな方法アリ】

転職回数が多い人が内定もらう3つの方法【何回でもOKな方法アリ】

転職回数が多い人が内定をもらう方法は、下記の3つです。

  1. スキルを身につける
  2. 転職理由をポジティブにする
  3. 転職回数が多いことを武器にする

 

ぶっちゃけ、これでだいたい転職できるので安心してください。

1つずつ解説しますね。

①スキルを身につける【これ最強】

スキルがあれば何回でも転職できます。

企業は、仕事ができる人がほしいから。

 

特に転職に有利なスキルは下記のとおりです。

  • 営業スキルがある
  • 人脈がある
  • プログラミングスキルがある
  • Webマーケティングスキルがある

この手のスキルが重宝される理由は、売上に直結するから。

 

結論、上記のスキルを身につけたら、何回でも転職できます。

スキルを身につける方法

え~、でも僕はスキルなんかないもん…

という人は、これから身につければOK。

練習すればできるようになるから。

 

具体的には、こんな感じでスキルを身につけられます。

  • 営業スキル→副業でフルコミッション営業をやってみる
  • 人脈を作る→SNSとかYoutubeを頑張る
  • プログラミングスキル→プログラミングスクールに通う
  • Webマーケティングスキル→ブログ、SNS、Youtubeを頑張る

今月からできるものばかりです。

 

副業でフルコミッション営業を始める方法は、

【簡単】フルコミッション営業で稼ぐ方法【起業に最適】にまとめてます。

【簡単】フルコミッション営業で稼ぐ方法【起業に最適】

 

また、プログラミングスクールについては、

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】をどうぞ。

 

これで、転職回数が多くても楽勝で転職できます。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

②転職理由をポジティブにする

転職回数が多くても、転職した理由がポジティブなら問題なしです。

これなら仕方ないね

という理由なら、採用担当者も納得してくれるから。

 

ポジティブな理由とは、例えば下記のような感じ。

  • 仕事をマスターしたので、転職したくなった
  • 前職で身につけたスキルを、次の仕事に活かしたくなった
  • 順番にスキルを身につけたかった

この辺を履歴書に書いておけば大丈夫です。

転職理由に一貫性をもたせればOK

転職に一貫性があれば、納得してくれやすいです。

行き当たりばったりの転職じゃないとわかるから。

 

例えば、

  • 1社目:販売職
  • 2社目:営業職
  • 3社目:IT企業
  • 4社目:Webマーケティングの会社

という職歴なら、

営業をマーケティングを勉強して、売上を作れる人材になりたかったから

 

という一貫性で見せればOK。

 

ポジティブな一貫性を無理やりでも作っていいですよ。

③転職回数が多いことを武器にする

なんでこんなに転職回数が多いんですか?

と聞かれる可能性がありますが、転職回数が多さは見せ方によって武器に変わります。

経験豊富な人材に見えるから。

 

例えば、

  • 1社目:事務
  • 2社目:営業
  • 3社目:販売
  • 4社目:IT企業

というバラバラの経歴でも、

コミュニケーション能力が高くて、PCスキルも高い

 

という武器になりますよね。

 

ようは見せ方次第で、内定率はグッと上がります。

転職回数を武器にしたら自己PRや面接で売り込めばOK

転職理由の多さを武器に変えたら、あとは自己PRや面接で自分を売り込めばOK。

自己PRや面接のコツは下記の記事にまとめたので、参考にどうぞ。

コツを押さえれば、そんなに難しくないです。

不安ならプロに助けてもらう

う~ん、頭ではわかったけど、自分でできる気がしない…

自分で考えたものが合ってるかもわからないし…

という人は、迷わずプロのキャリアカウンセラーに相談すればOK。

転職のプロなので。

 

具体的には、下記をすべて無料でやってくれますよ。

  • 転職理由をポジティブに変換してくれる
  • 転職理由の一貫性を作ってくれる
  • 職務経歴からあなただけの武器を作ってくれる

結論、転職回数が多くてもまともな会社に転職できる可能性が、グッと上がります。

キャリアカウンセラーの相談は転職エージェントでOK

プロのキャリアカウンセラーは転職エージェントに在籍してます。

あなたに合う企業も紹介してくれるので、転職活動が一気に楽になりますよ。

 

20代向けの信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あなたが転職のプロになる必要はありません。

餅は餅屋に任せるのが人生攻略のコツです。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

転職回数が多い人でも採用されやすい3つの仕事

転職回数が多い人でも採用されやすい3つの仕事

ちなみに、転職回数が多くても採用されやすい仕事ってあるの?

結論、下記です。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. 営業

 

これら3つの仕事は、

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたのでどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

【番外編】フリーランス

正社員じゃないですが、フリーランスっていう手もありますよ。

転職回数が関係ないから。

 

正確には個人事業主ですね。

  • Webライター
  • プログラミング
  • Webデザイン

など、在宅でできるフリーランス系の仕事が増えたので、ぜんぜん生きれますよ。

いきなりフリーランスはムズいから副業から

副業でフリーランス系の仕事を勉強していけばOK。

いきなりは稼げないので。

 

副業で初心者から始めて、勉強しながら徐々に稼ぎましょう。

サラリーマンの給料を超えたら、フリーランスだけで生活できます。

 

フリーランスについては、

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】にまとめたので、興味あればどうぞ。

 

現在の僕も在宅フリーランスをしてますが、

毎日家で年収750万円くらいなので幸せです。

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】

まとめ【転職は何回までOK?→3回までがいいけど、ちゃんと対策すれば大丈夫】

まとめ【転職は何回までOK?→3回までがいいけど、ちゃんと対策すれば大丈夫】

この記事をまとめます。

  • 転職回数は3回までがいい、4回目以降は対策が必要
  • スキルを身につけたら、何回でも転職できる
  • 転職理由はポジティブに一貫性をもたせればOK
  • 転職回数が多い=経験豊富に見せればOK
  • 転職活動が不安ならプロのキャリアカウンセラーに助けてもらう
  • 転職回数が多くても採用されやすいのは、プログラマー・インフラエンジニア・営業
  • 自由に生きたいなら、フリーランスを目指して副業から始める

転職回数が多いけど、本気で転職したいなら行動開始です。

転職は1歳でも若い方が有利なので。

 

転職回数が多い×年齢が上がる=超不利ですよ。

なので、本気ならすぐに転職活動開始です。

 

具体的な転職活動の手順は、

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

 

また、本記事で紹介したおすすめのプログラミングスクールは、

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】をどうぞ。

 

そして、1人で転職活動するのが不安なら、キャリアカウンセラー(転職エージェント)に助けてもらいましょう。

20代向けの信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

本気で行動すれば、人生は開けます。

あなたの人生がさらに良くなるのを祈ってます。