転職の面接で緊張するときの対処法5選【緊張を抑えて内定をもらうコツ】

転職の面接で緊張するときの対処法5選【緊張を抑えて内定をもらうコツ】

転職の面接で緊張したときの対処法を知りたいな。

どうもあの雰囲気が苦手で、けっこう緊張しちゃうんだよね…

どうしたら緊張しないで、スラスラ答えられるかな?

 

あと、圧迫面接でつっこまれたらどうしよう…

採用されるために、面接で意識することも知っておきたい。

こういった不安や疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 面接で緊張するときの対処法がわかる
  • 圧迫面接の対処法がわかる
  • 採用されるために面接で意識すべきことがわかる

 

僕、佐藤誠一は5回転職してます。

そのため、けっこう面接は受けてきた方だと思います。

 

もちろん、面接では緊張してました。

僕はちょっとあがり症なところもあるので、人より緊張してたと思います。

 

そんな僕が面接で使ってた「緊張対策」を記事にしました。

あがり症の僕で効果があった方法なので、割と信ぴょう性あるかと。

 

あと、圧迫面接を受けたときの対処法も解説するので、参考にどうぞ。

この記事を読むことで、意中の企業に採用されやすくなるだけでなく、緊張に強い人になれますよ。

転職の面接で緊張するときの対処法5選

転職の面接で緊張するときの対処法5選

結論、転職の面接で緊張するときの対処法は、下記の5つです。

  1. 練習しておく
  2. 深呼吸する
  3. 緊張を抑えようとしなくていい
  4. 面接官に「緊張してます」と言ってしまう
  5. 面接官の質問をよく聞く

 

これでだいぶ緊張が和らぐので、ぜひやってみてください。

1つずつ解説しますね。

①練習しておく

面接の練習をしておきましょう。

練習するほどうまく話せるから。

 

具体的には、話すことが決まっている下記を練習すればOKです。

  • 自己紹介
  • 志望動機
  • 自己PR

できれば友達とかに協力してもらうのが良いですが、恥ずかしければスマホで撮影しながら練習すればOK。

改善点もわかります。

 

練習するほど過度な緊張はしなくなるので、練習あるのみです。

【注意】丸暗記はかえって緊張する

面接で話すことの丸暗記はしない方がいいですよ。

丸暗記することが目的になってしまって、一字一句が気になってかえって緊張するから。

 

要点だけ覚えておけば、面接本番では要点を組み合わせて話せるので、割と普通に話せます。

丸暗記は覚えるのも大変だし、面接のパフォーマンスも落ちるのでおすすめしません。

②深呼吸する

副交感神経が優位になって、緊張が和らぐから。

具体的には、吐く息に意識を向ければOK。

息を吐く=副交感神経が優位になる=緊張が和らぐって感じです。

 

この辺は、メンタリストDaiGoさんのYoutubeが参考になるかと。

あと、アイテムとしては、ラベンダーのアロマとかがおすすめ。

面接前に少し嗅いでおくと、ラベンダーの鎮静化効果で緊張が和らぎます。

※僕はこれを使ってます。自然なものだけで作られてるので、肌にもつけられます。

③緊張を抑えようとしなくていい

ムリに緊張を抑えこまなくて大丈夫。

緊張しないように、緊張しないように…

と思うほど緊張するから。

 

そもそも面接で緊張しない方がムリなので、ちょっと緊張してるくらいがちょうどいいです。

また、緊張=集中力が高まるので、面接のパフォーマンスが上がりますよ。

 

この辺も、メンタリストDaiGoさんのYoutubeを参考にどうぞ。

④面接官に「緊張してます」と言ってしまう

言うことで楽になるから。

面接官にも「この人は緊張してるんだな」とわかってもらって話すと、かなり楽です。

すみません、ちょっと緊張してます。

と正直にいうと、ちょっと場も和むので効果あり。

緊張が理由で不採用になることは少ない

なぜなら、面接官が見てるのは下記だから。

  • 戦力になる人材か
  • 会社に合いそうか
  • やる気はあるか

 

ぶっちゃけ「緊張してるかどうか」は、ほぼ見てません。

面接で緊張するのは当たり前だし、緊張してない方が不自然ですよ。

なので、面接官に「緊張してます」と言っていいんです。

⑤面接官の質問をよく聞く

理由は、自分が話すことに集中するほど緊張するから。

一番ダメなのは、面接官が質問してるのに、

  • 志望動機はこう話そう。
  • 自己PRはこう話そう。

と別のことを考えること。

頭がオーバーヒートして、さらに緊張します。

 

面接官の質問に的外れな回答をして、不採用になるのがオチです。

基本ですが、まずは面接官の質問をよく聞いて、質問に合った答えをしましょう。

面接はセリフではなく会話

そもそも面接って「お見合い」です。

会社と個人がお見合いして、お互いを確認する場。

なので、セリフを言う場所ではなく、会話をする場所です。

 

会話をする場所で相手の話を聞いてないのは、さすがにNG。

もちろんある程度話すことは決めていきますが、会話に集中する方が緊張しないし、採用されやすいですよ。

圧迫面接を受けたときの対処法

圧迫面接を受けたときの対処法

もし圧迫面接とかされたら、緊張がMAXになりそう…

突っ込まれたらどうしよう…

結論、圧迫面接をしてくる会社は、転職しない方がいいですよ。

面接官のレベルが低い=あまり良い会社じゃないので。

※意外な角度の話ですみません。でも真実。

 

圧迫面接をするのは「ストレス耐性を見るため」などの理由でしょうが、圧迫面接しないと本性がわからない=面接官の能力が低い証拠です。

  1. 面接官の能力が低い
  2. 変な人ばかり採用される
  3. 会社は変な人が多くなる
  4. 働きにくい

って感じで「悪い人材が集まる会社」なので、おすすめしません。

 

本当に優れた面接官は、圧迫面接しなくても優秀な人材を見抜ける人です。

今どき圧迫面接してる会社なんて、ダサいですよ。

【体験談】圧迫面接を受けたところはブラックだった

僕も過去に圧迫面接を受けたことがあります。

例えば、郵便局は圧迫面接でしたね。

 

結果、採用されたんですが、入ってみたらブラックでした。

参考:【元郵便局員が暴露】郵便局の自爆営業はなくならない【体験談つき】

 

結論、圧迫面接をする会社はおすすめしません。

【元郵便局員が暴露】郵便局の自爆営業はなくならない【体験談つき】

採用されるために面接で意識すべきこと

採用されるために面接で意識すべきこと

面接本番で、意識しといた方がいいことを知りたいな。

緊張でいっぱいいっぱいかもだけど、「これをやっときゃ採用される」みたいなコツはないの?

結論、緊張しても下記の2つだけを意識すれば、内定率がグッと上がります。

  1. 背筋を伸ばす
  2. あいさつと返事は元気よく

 

基本的なことですが、緊張すると忘れがち。

1つずつ解説しますね。

①背筋を伸ばす

背筋を伸ばすと、何を話しても印象が良いから。

結果、採用されやすくなります。

どんなに緊張しても、背筋だけは伸ばして姿勢を良くしましょう。

 

ちなみに、背筋を伸ばすとポジティブな気持ちになれるので、緊張しつつもハキハキ答えられます。

たったこれだけのことですが、効果絶大でしたよ。

②あいさつと返事は元気よく

第一印象が良くなって、採用されやすいからです。

具体的には、入室するときの「失礼します!」は超元気よくしましょう。

 

印象が良いし、ここでちょっと大きい声を出しておくと緊張が和らぎます。

  • はい!
  • ありがとうございます!
  • わかりました!

など、あいさつと返事が元気よければ、他でちょっと詰まっても明るい印象を残せます。

とにかく、あいさつと返事だけは元気よくしておきましょう。

まとめ【転職の面接で緊張しすぎて失敗しないよう、5つの対処法を実践】

まとめ【転職の面接で緊張しすぎて失敗しないよう、5つの対処法を実践】

最後にもう一度、転職の面接で緊張するときの5つの対処法をまとめておきます。

  1. 練習しておく
  2. 深呼吸する
  3. 緊張を抑えようとしなくていい
  4. 面接官に「緊張してます」と言ってしまう
  5. 面接官の質問をよく聞く

緊張しそうなら、やってみてくださいね。

 

また、採用されるために面接で意識すべきことは、下記の2つだけです。

  1. 背筋を伸ばす
  2. あいさつと返事は元気よく

緊張して頭が真っ白になっても、この2つだけをやっとけば印象が良いので採用されやすいですよ。

 

また、面接全体の流れやコツは、転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】にまとめたのでどうぞ。

全体像をつかむことで緊張が和らぐので、一応勉強しておきましょう。

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

あなたの転職がうまくいくことを祈ってますね!