【結論】20代で転職に迷うなら転職していい【失敗しない3つのコツ】

【結論】20代で転職に迷うなら転職していい【失敗しない3つのコツ】

20代で転職するか迷う…

「石の上にも3年」っていうし、すぐに転職するのはよくないよなぁ…

 

せっかく内定をもらったわけだし、簡単に辞めるのは抵抗がある。

 

でも、今の仕事はきついし向いてないし、ずっと続けるイメージができない。

転職しようかなぁ、どうしようかなぁ…

こういった悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【結論】20代で転職に迷うなら転職していい【経験者が語る】
  • 20代が転職で失敗しない3つの方法【迷う理由が減ります】

僕、佐藤誠一は転職を5回しています。

そして、5回目の転職でようやく満足いく仕事にたどり着きました。

※現在はフリーランスのWebライターをしています。

 

今は、5回転職して良かったと心の底から思っています。

僕の履歴はこんな感じ。

21~22歳 郵便局
22~26歳 フリーター
26~31歳 外資系の保険会社
31~33歳 保険代理店
33~36歳 法人向けWebコンサル営業
36歳~ フリーランスのWebライター(今ここ)

ちなみに現在の僕の暮らしぶりは、

年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】にまとめてます。

 

5回転職した中には、

あぁ…、この仕事に転職しなきゃよかった…

と後悔したこともありました。

 

反対に、仕事を続けることにこだわりすぎて、大失敗したこともあります。

転職しなかったことに後悔した僕

あぁ…、もっと早く転職すればよかった…

と後悔しました。

 

つまり、転職に失敗したことも、転職しないことで失敗したこともあります。

そんな失敗の繰り返しの末に、満足いく仕事にたどり着いた僕が書いた記事なので、かなり信ぴょう性があるかと。

 

僕の転職の失敗経験を元に、失敗しない方法も解説します。

今、転職するか迷っているあなたの参考になればうれしいです。

【結論】20代で転職に迷うなら転職していい【経験者が語る】

【結論】20代で転職に迷うなら転職していい【経験者が語る】

結論、20代で転職に迷うなら転職していいと思います。

なぜなら、1回や2回の転職で自分の天職はわからないから。

 

日本国内には、

  • 16以上の業界
  • 130以上の職種
  • 約382万社

があります。

この中から、社会人経験の浅い20代が、

いきなり天職に出会うのは不可能。

 

つまり、今の会社があなたにとって最適な場所である可能性は、限りなくゼロに近いです。

【悲報】転職できるのは20代のうちだけ

未経験の仕事に挑戦できるのは、20代のうちだけですよ。

30代に入ると、実績重視の転職に変わるから。

 

20代は「若さ」が武器なので、

未経験の仕事に転職が可能です。

結論、いろいろ試せるのは20代のうちだけです。

 

20代で変に責任感にかられて行動しないのは、ゴールデンチケットを捨てるようなものです。

【質問①】今の会社で一生働きたいですか?

答えが「No」なら、転職した方がいいですよ。

理由は下記の2つ。

  1. 世の中には他にもたくさん会社があるから
  2. 20代のうちしか転職できないから

転職しないで今の会社の監獄に入る人生が嫌なら、今のうちに転職です。

【質問②】上司に憧れますか?

上司に憧れないなら、今すぐ転職活動を始めた方がいいからですよ。

上司=未来のあなたなので。

 

あなたの上司のようになりたくないなら、すぐに逃げましょう。

【体験談】僕は新卒で入社した郵便局を辞めて正解だった

新卒で入社した郵便局は、1年半で退職しました。

結論、大正解でしたね。

 

辞めた理由は下記のとおり。

  • 郵便局は薄給だった
  • ブラックの温床だった
  • 郵便局長に心の底から憧れなかった

あのとき辞める決断をできなかったら今はないので、ゾッとします。

 

ちなみに郵便局のヤバさは、【元郵便局員が暴露】郵便局の自爆営業はなくならない【体験談つき】にまとめてます。

もし転職に失敗しても大丈夫【また転職できる】

でも、転職して後悔することもあるでしょ?

「やっぱり前の会社の方がよかった」みたいな感じで。

5回転職してわかったことなんですが、

転職して後悔することはあります。

転職する前は良さそうと思ってたけど、実際に入社してみると違うってやつですね。

 

でも、20代ならまた転職できるので問題なし。

調べ尽くして転職したけど失敗したなら、他の仕事に転職すればいいだけです。

みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)

出典:doda「みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)

「前の会社の方がよかった」はあまり思わないもの

転職に失敗して「前の会社の方がよかった」というのは、現実にはあまり思わないもの。

なぜなら、前の会社に不満があって転職したから。

 

転職に失敗したとしても、前の会社に戻るのも嫌なものです。

だから、転職に失敗しても別の仕事を探すだけです。

転職回数が増えても転職できるし、人生はなんとかなる

でも、あんまり転職すると「長続きしない奴」と思われて採用されないでしょ?

と思うかもですが、20代のうちなら大丈夫。

転職回数が多い人ならではの転職活動方法があるので、あんまり問題なしです。

 

もし転職回数が多くなってしまった場合は、

転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】が参考になるかと。

転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】

不満があるのに今の会社に固執する方が危険

今の会社に不満があるのに固執するのは、ちょっと危険。

なぜなら、もっと良い仕事に転職できるチャンスを逃しているから。

 

5回も転職して満足いく仕事にたどり着いた僕の意見ですが、今より良い仕事は必ずあります。

断言します。

 

なぜなら、あなたはまだすべての仕事を体験してないから。

固執することで大失敗につながるケースもあります。

【体験談】僕は仕事に固執しすぎて破産した

僕は26歳のときに外資系保険会社に転職しましたが、正直向いてませんでした。

今思えばすぐに転職すべきでしたが、当時は保険の仕事に固執していました。

  • 売れるようになれば報われるから
  • お客さんを裏切るわけにいかないから
  • 社内で評価されたいから

 

そんなことにこだわっていたら、多重債務で破産しました。

保険営業って、売れないとマジで生活できないので。

転職しなかったことに後悔した僕

こだわらず、もっと早く転職すべきだった…

と今は後悔しています。

向いてない仕事を続けることは、超危険ですよ。

【注意】転職に慎重になった方がいい人

唯一、転職に慎重になった方がいい人は、下記のような人です。

  • 今の会社が1年未満の人
  • 今より楽な仕事に転職したい人(挑戦しない人)
  • 人のせいにする人

1年未満の人は、シンプルに内定をもらいにくいので。

転職活動をしながら、1年経過までは現職を続ける方が無難です。

 

楽な方に逃げたり、人のせいにする人は、

次も同じ現象が起きるから。

人のせいにせず、挑戦する転職なら大丈夫です。

20代が転職で失敗しない3つの方法【迷う理由が減ります】

20代が転職で失敗しない3つの方法【迷う理由が減ります】

転職してみたい気はあるけど、失敗したらどうしよう…

転職に失敗するくらいなら、今の仕事を続けた方がいいな

と思う人のために、転職に失敗しない3つの方法をお伝えします。

転職に迷う理由が減るかと。

 

僕の転職の失敗経験から導き出した、失敗しない方法をまとめました。

①ブラック系の仕事は高確率で失敗します

ブラック系の仕事は、高確率で失敗に終わるのでおすすめしません。

仕事を好きになれないし、健康も害すので。

 

ブラック系の仕事は、ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめたので、参考にどうぞ。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

【体験談】保険営業はマジでブラックだった

ブラックの代表格である保険営業に転職して、僕は破産してしまいました。

マジでキツかったですね。

あぁ…、保険営業に転職しなきゃよかった…

と何度も後悔しました。

 

ちなみに、保険営業のブラックっぷりは、

保険営業はやめとけと言われる15の理由【売れれば天国の仕事】にまとめてます。

②現職を続けながら転職活動をすればリスクはない

そもそも、今の仕事を続けながら転職活動すれば、リスクはないですよね。

  • 理想の会社から内定が出たら転職すればいい
  • 理想の会社から内定が出なければ、今の会社にいればいい

と、どっちでも選べるから。

 

辞めてから転職活動するのはリスクですよ。

転職するか迷うなら、今の仕事を続けながら転職活動してみましょう。

仕事が忙しくて転職活動できないならプロに相談

今の仕事が忙しくて、転職活動なんてやってる時間がないよ…

という人は、転職エージェントに相談すればOK。

あなたが働いてる間も、候補の企業をピックアップしてくれるから。

 

ヒアリングをしてくれて、あなたに合う会社を紹介してくれますよ。

すべて無料だし、紹介される企業が嫌なら断ってOK。

忙しい人は、プロに任せると楽です。

 

20代向けの信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

③向いてる仕事に転職するといいですよ

向いてる仕事に転職すると、後悔が少ないです。

だんだんと仕事が楽しくなってくるから。

 

最初は興味なくても、人より仕事ができてしまうので、

  • 人から必要とされる喜び
  • 会社から評価される喜び
  • 昇給や昇進の喜び

が重なって、いつの間にか好きな仕事になってます。

あなたに向いてる仕事は適職診断ツールで楽にわかる

でも、自分に向いてる仕事なんてわからないよ…

という人は、適職診断ツールを使えばOK。

 

僕もいろいろ試しましたが、

フューチャーファインダーが一番高精度でしたね。

151も質問に答えないといけないんですが、かなり詳細な診断ができます。

フューチャーファインダー

フューチャーファインダー

僕もフューチャーファインダーで「IT系が良い」と出たので、現在のWebライターを選ぶきっかけになりました。

 

151の質問といっても、20分くらいで診断は終わりますよ。

しかもフューチャーファインダー無料なので、気軽に診断できます。

 

向いてる仕事に転職したい人には、便利なツールかと。

満足いく仕事に転職して、今思うこと

前述のとおり、現在の僕はフリーランスのWebライターをしており、満足しています。

満足いく仕事に転職した今思うことは、

もっと早く転職しておけばよかった

そうすれば、もっと早く今の仕事を楽しめたのに…

って感じで、早く転職しなかったことを後悔しているくらいです。

 

結論、20代のうちに色んな仕事を経験することは、人生を長く楽しむコツだと思います。

まとめ【転職に迷う20代は転職していいと思う】

まとめ【転職に迷う20代は転職していいと思う】

この記事をまとめます。

  • 20代は転職しやすいので、迷うなら転職していい
  • もし転職に失敗しても、20代ならまた転職できるから大丈夫
  • 1年未満や、人のせいにして逃げる転職は注意した方がいい
  • ブラック系の仕事に転職すると失敗しやすい
  • 今の仕事を続けながら転職活動すれば、リスクはない
  • 向いてる仕事に転職すると失敗しにくい

今の仕事に不満があるなら、

とりあえず現職を続けながら転職活動を始めてみましょう。

 

で、もし本当に良さそうな会社があったら、思い切って転職すればOK。

良い会社が見つからなかったら、とりあえず今の会社を続ければOKです。

 

お伝えしてきたとおり、転職できるのは20代のうちなので、行動するなら早いうちが良いですよ。

 

ちなみに転職活動の手順を、

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめたので、参考にどうぞ。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

また、この記事で紹介した20代向けの信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あと、無料の適職診断ツールは、

フューチャーファインダーが高精度でよかったですよ。

あなたの転職の参考になればうれしいです(^^)