30代のみんなが転職するきっかけ【30代から人生を好転させる方法】

30代のみんなが転職するきっかけ【30代から人生を好転させる方法】

30代のみんなが転職したきっかけを知りたいな。

今の仕事がイヤすぎて辞めたいけど、次にどんな仕事をすればいいかわからないし、まともな仕事に転職できるかも不安…

 

30代にもなって、こんなフワフワしてる自分の人生は大丈夫だろうか…?

転職に成功するコツも知りたいな。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 30代のみんなが転職したきっかけがわかる
  • 30代で転職に失敗しないコツがわかる
  • 30代で転職しても人生は大丈夫だとわかる

 

僕、佐藤誠一は33歳のときに、未経験でWebマーケティングの営業に転職しました。

※現在はフリーランスのWebライター。

 

前職は保険営業を7年やっていたのですが、とにかく限界で転職しようと思った感じです。

結果的に、転職して大正解でした。

 

30代で転職に成功した僕が、失敗しない転職のコツを解説します。

もう30代で失敗もできないので、参考になるかと。

 

結論、30代で転職しても人生はぜんぜん大丈夫なので、安心してください。

この記事を読むことで、あなたの人生も安定しますよ。

30代のみんなが転職するきっかけ【みんな転職してる】

30代のみんなが転職するきっかけ

30代のみんなが転職するきっかけは、下のグラフのとおり。

転職理由ランキング2018<年代別>

出典:doda「転職理由ランキング2018<年代別>

 

結論、みんないろんな理由で転職しています。

ポジティブな人だけなく、ネガティブな理由で転職する人も多数。

  • 今の仕事がイヤだ
  • 将来性を感じない
  • 会社の人間関係

なども立派な「転職するきっかけ」なので、転職したかったら転職してOKですよ。

みんなやってます。

 

みんなの転職するきっかけは、転職のきっかけ5選【みんなネガティブな理由で転職してるから大丈夫】も参考にどうぞ。

転職のきっかけ5選【みんなネガティブな理由で転職してるから大丈夫】

【体験談】僕が33歳で転職したきっかけ

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は33歳のときに保険営業→Webマーケティングの営業に転職しました。

保険営業を辞めた理由は、下記のとおり。

  1. 仕事が辛くてしょうがなかった
  2. 業界自体が衰退し始めた
  3. そもそも保険が好きじゃない
  4. 保険のことで人に会うのが苦しくなった

けっこうネガティブな理由で転職を決意してます。

 

転職したWebマーケティングの会社は、知り合いの社長がやってるベンチャー企業。

知り合いから紹介されて転職した感じです。

 

僕の30代の転職はこんなもんだし、たぶんみんなもこんなもんだと思います。

結論、どんな理由であれ、あなたも転職していいと思いますよ。

イヤな仕事は続けられないから転職していい

今の仕事がイヤなら転職しましょう。

どのみち続けられないから。

 

特に、今の仕事がイヤで転職したいなら、早めに転職した方がいいかも。

転職って1歳でも歳をとるほど不利になるから、転職するなら早い方が吉。

 

30代の転職は20代より厳しいので、動くなら早く動いた方がいいですよ。

イヤな仕事を一生できるほど人間は強くないので、イヤなら転職しちゃいましょう。

30代が転職に失敗しない5つのコツ

30代が転職に失敗しない5つのコツ

でも、30代って転職が不利でしょ?

もう20代じゃないし…

30代の転職に失敗しないコツを知りたいな。

結論、30代の転職に失敗しないコツは下記の5つ。

  1. 手に職がつく仕事に転職する
  2. 向いてる仕事を選ぶ
  3. 実務経験をアピールする
  4. マネジメント経験をアピールする
  5. 転職理由はポジティブにする

 

事実、僕もこの5つで転職がうまくいきました。

1つずつ解説します。

①手に職がつく仕事に転職する

30代で転職するなら、手に職がつく仕事にしましょう。

手に職がつけば、今からでも人生は安泰だから。

 

終身雇用も崩壊したので、30代の転職で生き抜くには手に職をつけるしかありません。

というか、手に職があれば30代以降も転職しやすいので、今のうちに手に職をつけるべき。

 

30代で転職できる手に職は、具体的に下記の3つです。

  1. 動画編集
  2. Webライター
  3. 営業

 

動画編集とWebライターは副業から始められるので、まずは試しに副業でもいいかと。

参考:Webライターは未経験から始められる【仕事内容・収入・始め方も解説】

Webライターは未経験から始められる【仕事内容・収入・始め方も解説】

 

営業は30代未経験でも募集があるので、コミュニケーションに自信がある人はどうぞ。

参考:30代で営業未経験でも転職は可能【ブラック企業を避けるコツも解説】

30代で営業未経験でも転職は可能【ブラック企業を避けるコツも解説】

【体験談】手に職をつけたら人生が安定した

ちなみに、現在の僕はWebライターでして年収は750万円くらい。

39歳ですが、今でもスカウトがきます。

 

手に職がつけばマジで安定しますよ。

毎日家でパソコン作業をしており、生活はかなりのんきです。

  1. 通勤なし
  2. 付き合いなし
  3. 休憩や休日は自由

という感じでして、手に職をつけて正解でした。

 

この辺は、年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】が参考になるかと。

結論、30代の転職は、手に職をつけると人生が楽しいです。

年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

②向いてる仕事を選ぶ

向いてる仕事に転職すると、30代から人生を巻き返せるから。

20代からきちんと積み上げてる人と比較して、劣等感がある人は向いてる仕事が良いですよ。

人より成長が速いので、あっという間に人生逆転です。

 

あなたに向いてる仕事は、無料の適職診断アプリですぐにわかります。

MIIDAS(ミイダス)とかでいいかと。

僕もやりましたが、けっこうあたってましたよ。

ミイダスの適職診断

130問くらいの質問に答えるだけで、天職がわかります。

無料だし、15分くらいで診断結果が出るので、やっとてい損はないかと。

【体験談】向いてる仕事に転職したら人生が良くなった

どうやら僕は、保険営業よりWeb系の仕事が向いてたみたいです。

2つの仕事を比較すると、下記の表のとおり。

保険営業 Web系の仕事
年収 600万円 750万円
ストレス 強大 極小
休み なし 自由
仕事の好き嫌い 大嫌い 割と好き
働く場所
仕事着 スーツ パジャマ

結論、割と低ストレスで保険営業より稼げてるので、Web系の仕事が割と向いてたみたい。

成長も速いっぽいので、仕事も割と好きになりました。

 

てことで、30代の転職は向いてる仕事がおすすめですよ。

今からでも、人生の大逆転ができます。

③実務経験をアピールする

なぜなら、30代は即戦力が求められるから。

20代なら完全未経験でもOKですが、30代で完全未経験だと「今まで何をやってきたんだ」と思われて不利。

過去の実務経験を棚卸して、応募企業にアピールできることを探しましょう。

 

具体的には、下記のイメージ。

  1. アパレル→営業に転職:コミュニケーションをアピール
  2. 事務→経理に転職:パソコンスキルや電話対応スキルをアピール
  3. 営業→マーケティングに転職:現場で消費者を見てきたことをアピール

転職する仕事の経験がなくても、今までの実務経験を活かせることをアピールすればOKです。

【体験談】僕は営業スキルをアピールした

保険営業→Webマーケティングの営業に転職したときは、当然ながら「営業スキル」をアピールしました。

保険だろうが、Webマーケティングだろうが、営業スキルは基本的に同じなので。

僕はWebはまったくの未経験者です。

何もわかりませんが、頑張ります!

みたいに言ってたら、採用されないでしょうね。

 

できないことを言うのではなくて、できることをアピールすると採用されやすいですよ。

④マネジメント経験をアピールする

理由は30代となると、マネジメント経験があるのが普通だから。

具体的には、後輩を指導した経験のことです。

 

たいそうなマネジメント経験が不要でして、「後輩の教育をやってました」と言えばOK。

ちょっとでもいいので後輩を指導した経験があれば、それをアピールしましょう。

 

ようは「マネジメント経験がまったくない」という人でなければいいだけなので、少しのマネジメント経験でもアピールすればOKです。

⑤転職理由はポジティブにする

印象が良くなって、採用されやすいから。

例えば、下記のような転職理由が良いですね。

  1. キャリアアップしたいから
  2. スキルアップしたいから
  3. 新しい領域に挑戦したいから

ポジティブな人に見えて良い感じですよね。

仮にウソでも、上記のようにポジティブな転職理由を伝えましょう。

 

反対に、NGな転職理由は下記のとおり。

  1. 人間関係が辛かったから
  2. 給料が安かったから
  3. 休みが少なかったから

ネガティブな人に見えて、採用したくないですよね。

 

結論、ポジティブな転職理由にしましょう。

具体的なノウハウは、下記の記事にまとめたので参考にどうぞ。

  1. 転職理由を「やりがい」にする3つの注意点【間違うと諸刃の剣です】
  2. 転職理由=キャリアアップの型4ステップ【まとまらないときの対処法】
  3. 転職理由が「会社の将来性」の場合の伝え方【将来性がない5つの業界】

不安なら30代に強い転職エージェントに相談

う~ん、なんとなくやり方はわかったけど、1人で転職活動するのは不安だなぁ…

もう30代だから転職で失敗できないけど、自分は転職のプロじゃないし怖い…

結論、1人で30代の転職に挑むのが不安なら、転職エージェントに相談しても良いかと。

なぜなら、彼らは30代の転職のプロだから。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  1. あなたに合う仕事や会社の紹介
  2. 履歴書に書く志望動機や自己PRの内容を考えてくれる
  3. 面接で話す内容を考えてくれる

 

無料なので、とりあえず相談してみて、紹介される求人を見つつ利用するか決めればOK。

30代に強い転職エージェントは、30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】にまとめたのでどうぞ。

30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】

30代で転職しても人生は大丈夫【今のきっかけは人生が変わる前兆】

30代で転職しても人生は大丈夫【今のきっかけは人生が変わる前兆】

30代で転職していいのはわかったけど、僕の人生は大丈夫なのかなぁ…

20代から同じ仕事で経験を積んでる人と比べると、なんかふわふわしててダメな気がする…

今からでも人生を立て直せるかなぁ…?

結論、30代で転職しても人生はぜんぜん大丈夫です。

なぜなら、30代はまだ若いから。

 

20代でやってきたことが違ったとか普通だし、僕みたいに30代で転職して人生がうまくいく人もいます。

他人と比較しても不毛なので、比較する必要なし。

 

人生はまったく問題ないので、一歩を踏み出してみましょう。

人生が変わる前兆かもしれませんよ。

【体験談】33歳の転職がきっかけで人生がうまくいった

現在の僕は39歳ですが、33歳で転職して本当に良かったと思っています。

なぜなら、自信をもてたから。

 

今ではWebライターとして、多くの企業さんから依頼を受けられるまでになりました。

33歳までは誇れることが特になかったんですが、意を決して転職したところ、人生がうまくいった感じ。

 

うまくいかない環境で頑張るよりも、うまくいく環境に移った方が人生は楽しいし、やりがいもありますよ。

 

30代で転職すると「挑戦するクセ」もつくので、挑戦的な人生になって好循環です。

39歳の僕もいまだに挑戦し続けられているのは、33歳で転職を決断できたから。

むしろ20代の転職よりも重みがあるので、人生の転機になりますよ。

まとめ【30代の転職のきっかけは自由。今は人生を変えるとき】

まとめ【30代の転職のきっかけは自由。今は人生を変えるとき】

結論、30代のみんなは自由なきっかけ・理由で転職してるので、あなたも転職してOKですよ。

本気で人生を好転させたいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

 

30代は年齢的に転職が不利なので、迷っている暇はありませんよ。

1歳でも歳をとると転職がどんどん不利になります。

 

転職活動はなんだかんだで3~6ヶ月かかるので、その間に歳をとるとさらに不利に…

結論、今日から動くのが正義です。

 

「明日やろうはバカ野郎」ですので、できることからでいいから今日から行動しましょう。

 

30代の転職活動のコツは、下記の5つ。

  1. 手に職がつく仕事に転職する
  2. 向いてる仕事を選ぶ
  3. 実務経験をアピールする
  4. マネジメント経験をアピールする
  5. 転職理由はポジティブにする

 

あなたに向いてる仕事は、MIIDAS(ミイダス)などの適職診断アプリで簡単にわかります。

無料なので、やっといて損はないかと。

 

1人で30代の転職に挑むのが不安なら、転職エージェントを使ってもOK。

無料なので、紹介される求人を見てから、利用するか決めても大丈夫です。

※メール1本で、相談を辞められます。

30代に強い転職エージェントは、30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】にまとめてます。

 

ということで、あとは行動あるのみ。

30代で転職しても、人生を幸せにすることはできます。※僕もできました。

 

今日から行動すれば、あなたも安定した人生を送れるのでやってみましょう。

行動しないと人生は変わりません。

 

あなたの人生が良くなるきっかけになればうれしいです。