転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】

転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】

転職の企業研究のやり方を知りたいな。

今の会社はテキトーに選んで失敗したから、次は失敗したくないんだよね。

 

でも、企業研究ってなんか難しそう…

自分で企業研究しないといけないのはわかるけど、

ぶっちゃけメンドくさいなぁ…

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 転職の企業研究のやり方がわかる
  • 企業研究がメンドくさいときの対処法がわかる
  • 100%の企業研究はできないとわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

転職の企業研究って、どうやればいいですか?

という相談は多かったです。

 

結論、企業研究にはマニュアルがあるので、その通りにやればOKです。

僕がマニュアルを教えて、合う会社に転職できた人もいるので信ぴょう性あるかと。

 

また、忙しくて企業研究がメンドくさい人向けの対処法も解説します。

ミスマッチを防ぐためにも、参考にしてみてください。

転職の企業研究のやり方2ステップ【どこまでやればいいかわかる】

転職の企業研究のやり方2ステップ【どこまでやればいいかわかる】

転職の企業研究は、下記の2ステップでOKです。

  1. まずはあなたが転職して何を叶えたいか優先順位をつける
  2. 気になる転職先候補を企業研究シートにまとめて、比較する

企業研究って、どこまでやればいいかわかります。

 

1つずつ解説しますね。

①まずはあなたが転職して何を叶えたいか優先順位をつける

最初に、あなたが今回の転職で叶えたいことに優先順位をつけましょう。

転職先候補を効率的に選べるから。

 

ようは「転職の軸を決める」ってことでして、これをやっとかないとブレブレになります。

結果的にミスマッチになるので、まずは軸を固めましょう。

 

詳しいやり方は、転職軸とは転職先に求めること【決め方3ステップで失敗を防げます】にまとめてます。

転職軸とは転職先に求めること【決め方3ステップで失敗を防げます】

②気になる転職先候補を企業研究シートにまとめて、比較する

興味ある企業をエクセルにまとめていきましょう。

調べる項目や調べ方は下記のとおり。

チェック項目 調べる理由 調べ方
会社名 これは最低限 ググればOK
事業内容 これも最低限 ホームページ
主力商品 あなたが何を売るのかわかる ホームページ
商品が差別化できてるか できてないと売れない ホームページ、IR情報、業界紙
業績の推移 成長してるか確認 ホームページ、会社四季報
業界での立ち位置 先を行ってるか確認 業界地図、業界紙、口コミサイト
時代の波にのってるか 衰退産業は悲惨 業界地図、口コミサイト
業務内容 ミスマッチを防ぐ 求人サイト、転職フェア
給料 ミスマッチを防ぐ ホームページ、求人サイト
キャリアプラン 将来をイメージ ホームページ、転職フェア
離職率 ブラックか確認 就職四季報、口コミサイト
従業員数の推移 減ってないか確認(減ってる=衰退) ホームページ、IR情報
平均年齢 古い体質か確認(平均年齢が高い=体質が古い) 就職四季報
平均勤続年数 長く勤められる環境か確認 就職四季報
平均の残業時間 激務じゃないか確認 就職四季報
休日・休暇 ワークライフバランスを確認 ホームページ、就職四季報
福利厚生 社員を大切にしてるかわかる ホームページ
研修の有無 人を育てる気があるかわかる ホームページ、IR情報
社風 あなたに合うか確認 SNS、口コミサイト、知人に聞く、転職フェアで雰囲気を見る
社内の人間関係 あなたに合うか確認 SNS、口コミサイト、知人に聞く
社長がどんな人か 会社の方向性がわかる 社長のSNS、Youtube、口コミサイト
求める人材 あなたが採用されるかわかる ホームページ、求人サイト

エクセルはこんな感じでして、すぐ比較できるようにすると見やすいです。

企業研究シート

企業の情報の集め方

上記でもちょっと触れてますが、企業情報を集める方法には下記があります。

けっこう情報を仕入れるルートはあるので、調べてみましょう。

いざやっちゃえば、そんなに大変じゃないです。

あまりに情報が少ない会社は避けた方がいい【怪しいから】

企業研究していると、あまり情報がない会社もあるよね?

そういう会社はどうすればいいの?

結論、情報が少ない会社は避けた方がいいかと。

なぜなら、本気で良い人を採用しようとしてないから。

 

本気なら、企業情報をたくさん出すはずですよね。

情報がない=人事がサボってる=良い人材は少ない会社ってことで、やめといた方が無難です。

どう調べてもわからないこと→面接の逆質問で聞けばOK

ネットや本で調べまくったけど、どうしてもわからないこともあるよね?

どうやって調べたらいいの?

結論、面接の逆質問で聞いてOK。

「逆質問」とは、企業研究でわからなかったことを聞く場なので。

 

逆質問については、転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】にまとめたのでどうぞ。

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

転職の企業研究にかける時間は20時間くらい

企業研究って、どれくらい時間をかければいいの?

実働で20時間くらいですね。

ネットを調べたり、本を買っちゃえばすぐに情報がわかるから。

 

20時間って本気出せば3日終わるので、短期集中でやり切っちゃうのがオススメです。

面倒ですが先にやっちゃえば、早く転職活動が終わりますよ。

【注意】企業研究しないとミスマッチが起きやすい

そもそも、きちんと企業研究しないとミスマッチが起きますよ。

だって、よく調べず転職しちゃうってことだから。

 

ミスマッチをするとまた転職する必要があるので、面倒ですよ。

面倒ですがきちんとやっちゃえば、ミスマッチを減らせます。

企業研究すると志望動機は自然と見えてくる

企業研究するほど、興味がある企業を見つけられるからです。

おー、この会社おもしろいことやってるな。

という最初の感動が、そのまま志望動機に使えますよ。

 

つまり、企業研究=志望動機作りなので、実は一石二鳥の作業です。

企業研究するほど「その会社でなければいけない理由」も見えてくるので、やっぱり企業研究は大事。

 

ちなみに志望動機の作り方は、【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】にまとめたので、参考にどうぞ。

【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】

企業研究をしておかないと、面接で突っ込まれたときに答えられない

面接官は「企業研究してる前提」で質問してくるから。

ちゃんと企業のことを勉強しておかないと、

そもそも内定をもらえません。

 

企業研究=面接対策でもあるので、一石二鳥です。

企業研究はメンドくさいですが、やってしまえば志望動機や面接対策など他の工程も終わるので、やっといた方がいいですよ。

1人で企業研究するのがメンドいなら転職エージェントに相談

1人で企業研究するのがメンドいなら転職エージェントに相談

う~ん、企業研究をちゃんとやった方がいいのはわかるけど、

正直、メンドくさい…

仕事も忙しいし、20時間もとれないよ…

という人は、仕方ないので転職エージェントに頼りましょう。

転職エージェントは、企業研究を代行してくれるからです。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  • まずはあなたの要望を聞く
  • あなたに合いそうな企業をいくつか紹介してくれる
  • 担当者は企業のことをよく知ってるので、質問すれば答えてくれる

という感じで、企業選びと企業研究を代行してもらえます。

メンドくさい人、忙しい人は頼っても良いかと。

 

企業研究に強い転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

※「未経験者」とありますが、経験者の転職でもOKです。

 

もちろん、紹介される企業が嫌なら断ってもOKです。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

【注意】転職エージェントに転職先を決めさせないこと

ただし、あくまでも転職先を決めるのはあなたです。

あなたの人生なので。

 

転職エージェントがやってくれるのは情報提供までなので、決めるのはあなたです。

転職エージェントに転職先の企業まで決めさせちゃうと、後悔することあるので要注意。

 

自分で納得して選んだ会社なら後悔はしないので、自分で決めましょう。

そもそも転職って人生の大イベントなので、それを人に委ねるのはナンセンスです。

【悲報】どんなに企業研究しても転職してみないと実態はわからない

【悲報】どんなに企業研究しても転職してみないと実態はわからない

徹底的に企業研究しても、それでもミスマッチが起きたらどうしよう…

結論、どんなに企業研究してもミスマッチは起こり得ます。

なぜなら、企業研究には限界があるから。

 

最後は相性の問題なので、入社してみないとわかりません。

調べられることをきちんと調べたら、あとは「清水の舞台から飛び降りる」というテンションが必要です。

【考え方】スキルを身につけるつもりで転職すればOK

結論、ミスマッチでもいいんです。

なぜなら、終身雇用も崩壊して、どうせまた転職するから。

 

転職先の会社と相性が良くても悪くても、その会社に定年まではいません。

だから、スキルを身につけるつもりで転職すればOKです。

終身雇用の崩壊→スキルを身につけないと生きていけない

終身雇用が崩壊したということは、手に職をもってないと生きていけないってことです。

なので、仮にミスマッチでもスキルを身につければOK。

 

どんなひどい会社でも、何か得られるスキルはあるはず。

で、キツかったらまた転職しましょう。

 

スキルさえ身につければ、転職回数が増えても転職できます。

結論、ある程度の企業研究をしたら、あとは清水の舞台から飛び降りましょう。

まとめ【転職の企業研究の方法は、ポイントを押さえれば簡単です】

まとめ【転職の企業研究の方法は、ポイントを押さえれば簡単です】

この記事をまとめます。

  • まずはあなたが転職して何を叶えたいか優先順位をつける
  • 気になる転職先候補を企業研究シートにまとめて、比較する
  • 企業研究は、志望動機と面接対策を兼ねる
  • どうしても企業研究がめんどくさければ、転職エージェントに代行してもらう
  • 最後は入社しないとわからないので、スキルを身につけるつもりで転職すればOK

ということで、さっそく企業研究をやってみましょう。

ここをやらないと、次に進めないので。

 

企業の情報を集める手段は、下記のとおりです。

そして、どうしても企業研究がメンドくさいなら、転職エージェントに代行してもらいましょう。

企業研究に強い転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】をどうぞ。

 

また、転職活動のロードマップは、

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】がわかりやすいかと思います。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

あなたと相性が良い会社に転職できることを祈ってます。