出戻り転職に成功する3つの条件【ただし大きなデメリットも3つあり】

出戻り転職に成功する3つの条件【ただし大きなデメリットも3つあり】

出戻り転職したい人

出戻り転職ってできるんだろうか?

転職したんだけど合わなくて、情けないなど戻りたい…

やっぱり、前の会社の方がよかったなぁ…

 

でも、そもそも出戻れるかわからないし、何ごともなかったかのように働けるか不安…

ただ、出戻り転職って、そもそもしてもいいんだろうか?

 

やっぱり、今の会社で頑張るとか、別の会社に転職する方がいいのかな?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 出戻り転職できるかわかる
  • 出戻り転職していいかわかる
  • 短期離職で、他の会社に転職する方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

その前は、Webマーケティングのベンチャー企業で働いていました。

 

ベンチャー時代の社長と折りが合わなくて起業したんですが、いざ起業したらうまくいかなくて出戻りを考えました。

まだ起業は早かったかもしれない…

もう1回戻ろうかな…

 

でも、戻れるかな…?

ていうか、戻っていいのか?俺…

葛藤したのを覚えてます。

 

結論、出戻りはせず頑張ったら、商売は軌道にのりました。

なので個人的には、出戻り転職はしない方がいいと思っています。

 

ただ、出戻りしたくなる気持ちは痛いほどわかるので、出戻り転職について記事にまとめました。

この記事を読むことで、あなたが今度どうすべきかわかります。

出戻り転職に成功する3つの条件【短期間でも戻れる】

出戻り転職に成功する3つの条件【短期間でも戻れる】

出戻り転職できる条件は、下記の3つです。

  1. 前職で実績を出している
  2. 辞めるときモメてない
  3. 前職で3年以上は勤めている

3つすべてに該当してると、短期間でも出戻り転職できる可能性大です。

1つずつ解説しますね。

①前職で実績を出している

即戦力になれるからです。

例えばこんな感じ。

  • 営業成績が良かった
  • 業務に必要なスキルを持っていた
  • 業務に必要な資格を持っていた

 

企業側も即戦力人材をゼロから探す手間が省けるので、メリットあり。

割とすんなり出戻りできます。

②辞めるときモメてない

人間関係が崩れてないから。

例えば、下記のような人は出戻りしやすいです。

  • 送別会をやってもらった
  • 今でも前職の人たちと仲が良い
  • 前向きな理由で転職した(キャリアアップとか)

 

やっぱり人間関係は重要です。

モメて辞めてたら、戻るのは絶望的でしょう。

③前職で3年以上は勤めている

すぐ辞めないイメージがあるから。

反対に、前職期間が3年未満だと、

怪しむ同僚

また辞めるんじゃねぇの?

と疑われて、採用されにくいです。

出戻りの転職活動の方法

下記の3ステップです。

  1. 元上司や元同僚に出戻りたい旨を連絡
  2. 面接を受ける
  3. 採用

一般的な応募をする必要がないので、割と楽ですね。

面接も形式だけのことも多く、そこまで緊張しません。

【注意】出戻り転職でも志望動機は用意しておくこと

ただし、志望動機だけはきちんと準備すべき。

やっぱり前の方が良かったから…

などネガティブな志望動機だと、「また辞めそう」と思われるから。

 

良い志望動機を話す人

会社から離れてみたことで、ようやく御社の魅力に気づくことができました。

離れないとわからないような奴ではありますが、他社と比較して、やはり御社に貢献したいと思いました。

みたいに、ポジティブな言い方に変換しましょう。

そもそも出戻り転職して失敗しないのか【メリットとデメリット】

そもそも出戻り転職して失敗しないのか【メリットとデメリット】

出戻り転職するか迷う人

出戻り転職する方法がわかった。

でも、そもそも出戻りしていいのかな?

 

人生的に、出戻り転職していいのか悩む…

まず、出戻り転職のメリットデメリットを見ておきましょう。

メリット デメリット
採用されやすい

仕事のやり方がわかる

裏切り者扱いされる

以前より給料や待遇が下がるかも

まぁ、良いことばっかりじゃないです。

デメリットをわかった上で、慎重に判断してください。

【迷うなら】出戻り転職はやめといた方がいい

出戻り転職するか超迷う人

う~ん、正直なところ判断ができない…

ほんと、どうしよう…

と迷うなら、悪いことは言わないので、出戻り転職はおすすめしません。

理由は下記の3つです。

  1. 人生が前に進まないから
  2. 結局またやめたくなるから
  3. 「辞める」と言いにくいから

1つずつ解説します。

①人生が前に進まないから

世の中には、ごまんと会社があります。

それなのに、わざわざ辞めた会社を選ぶ必要がないと思います。

 

元ヤンキースの松井秀喜さんも、こんな言葉を言ってますよ。

調子が悪くなったときも、絶対に前の感覚を思い出そうとするのは嫌なんです。

そう思った時点で、それは後戻りですから。

出戻り転職も後戻りなので、人生の前進ではありません。

どうせ動くなら、前に動きましょう。

【体験談】僕も出戻りしなくてよかった

冒頭でお伝えしたとおり、僕も出戻りを迷いましたが、今は出戻りしなくてよかったと心から思ってます。

結局、前に進んで挑戦した方が、良い結果を得られるから。

 

現在の僕は、前職より安定して稼げてるし、上司がいないので自由な人生。

もし出戻りしてたら、また嫌な思いをして働くところでした。

 

個人的には、出戻りはしない方がいいと思います。

②結局またやめたくなるから

そもそも、何か不満があったから前職を辞めてるわけなので、出戻りしたらまた同じことで辞めたくなります。

辞めたくなるとわかってる会社に、転職する人はいませんよ。

③「辞める」と言いにくいから

出戻りした会社は、辞めにくいですよ。

だって、また「辞める」って言いにくいじゃないですか。

さすがに気まずすぎます。

 

つまりそれは、あなたを前の会社に縛りつける行為になってしまうので、怖いですよ。

出戻りしたんだから、辞められない…

という呪縛が、あなたの人生の貴重な時間を奪っていきます。

短期離職で、他の会社に転職する3つの方法

短期離職で、他の会社に転職する3つの方法

う~ん、出戻り転職はちょっとデメリット多そうだなぁ…

でも、もし他の会社に転職するにしても、短期離職になっちゃうから転職できないんじゃないの?

結論、条件が合えば短期離職でも転職できますよ。

具体的には、下記の3つがコツです。

  1. 今あるスキルや実績で採用してくれる会社を探す
  2. ノースキルなら、短期離職に強い転職エージェントに相談する
  3. スキルを身につけてから転職する

1つずつ解説しますね。

①今あるスキルや実績で採用してくれる会社を探す

即戦力なので、短期離職でも採用されやすいからです。

例えば、下記のような人は短期離職でも大丈夫。

  • 営業スキルがある
  • プログラミングスキルがある
  • 独占業務の資格がある(宅地建物取引士とか)

求人サイトとかを見て、気になる会社に応募してみましょう。

転職エージェントに相談して、即戦力になれる企業を紹介してもらうのもアリ

自分が即戦力になれる会社って、どうやって探すの?

とわからない人は、転職エージェントに相談すればOKです。

あなたのヒアリングをして、マッチする企業を紹介してくれるから。

 

即戦力の転職なら、下記の大手転職エージェントでOKです。

非公開求人(掘り出し物求人)も持ってるので、あなたに良い条件の会社を紹介してもらいましょう。

結果、前より良い会社に出会えますよ。

 

3社の評判は、下記にまとめてます。

②【ノースキルなら】短期離職に強い転職エージェントに相談する

う~ん、即戦力になれるようなスキルなんてないよ…

やっぱり、短期離職だと転職はムリかなぁ…?

という人は、短期離職に強い転職エージェントに相談すればOKです。

理由は下記の3つ。

  1. 短期離職者を採用してる優良企業を紹介してくれる
  2. 内定が出やすい履歴書の書き方を教えてくれる
  3. 内定が出やすい面接の対策をしてくれる

転職のプロなので、短期離職でも内定率が高いです。

 

ノースキル×短期離職に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

結果、ノースキル×短期離職でも、前より良い会社に転職できますよ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

③スキルを身につけてから転職する

スキルを身につければ、即戦力で採用されやすいから。

転職前に身につけられるスキルは、例えば下記のとおりです。

  • プログラミングスキル→未経験でもIT企業に転職できる
  • 宅地建物取引士→未経験でも不動産会社に転職できる

 

転職が有利になるスキルは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたので、参考にどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

【注意】必ず在職中に転職活動すること

短期離職からの転職は長引く可能性があるので、辞めてからだと生活できなくなるから。

とりあえずは今の会社で働きながら、水面下で転職活動してください。

 

内定が出たら、退職手続きをしましょう。

この辺は、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

まとめ【出戻り転職はできるけど、後悔しないように慎重に判断してね】

まとめ【出戻り転職はできるけど、後悔しないように慎重に判断してね】

最後にもう一度、出戻り転職できる3つの条件をまとめておきます。

  1. 前職で実績を出している
  2. 辞めるときモメてない
  3. 前職で3年以上は勤めている

 

そして、出戻り転職のメリットデメリットは、下記の表のとおりです。

メリット デメリット
採用されやすい

仕事のやり方がわかる

裏切り者扱いされる

以前より給料や待遇が下がるかも

 

別の会社に転職するなら、短期離職になるので下記の3つがコツです。

  1. 今あるスキルや実績で採用してくれる会社を探す
  2. ノースキルなら、短期離職に強い転職エージェントに相談する
  3. スキルを身につけてから転職する

 

即戦力の転職は、下記の大手3社の転職エージェントが有効です。

 

3社の評判は、下記にまとめてます。

 

そして、ノースキル×短期離職なら、それに強い転職エージェントに相談すればOKです。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

結論、前の会社より良い会社に転職できますよ。

 

前の会社より良い会社はいくらでもあるので、個人的には出戻り転職はおすすめしません。

あなたの今後の進路の参考になればうれしいです。