【経験者が語る】転職のデメリット3選【転職しない方がいいケース】

【経験者が語る】転職のデメリット3選【転職しない方がいいケース】

転職のデメリットを知りたいな。

転職したいと思いつつも、けっこう不安もある…

僕は転職してもいいのかなぁ?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職のデメリットがわかる
  • 転職のメリットがわかる
  • あなたが転職していいかわかる

 

僕、佐藤誠一は5回も転職してます。

履歴は下記のとおり。

年齢 職業 成功or失敗
21~22歳 国家公務員 失敗
22~26歳 フリーター どちらでもない
26~31歳 外資系の保険会社 失敗
31~33歳 保険代理店 失敗
33~36歳 Webマーケティングのベンチャー企業(営業) 成功
36歳~ フリーランスのWebライター 成功

正直、転職にはデメリットがあると思ってます。

何度も転職に失敗した僕が「転職のデメリット」をまとめたので、信ぴょう性あるかと。

 

ちなみに僕は、このブログや他の転職系サイトで3000人以上の転職相談にものってきてまして、多くの失敗体験も聞いてます。

それらも踏まえた転職のデメリットを解説します。

 

転職するか迷っているあなたの参考になればうれしいです。

目次

【経験者が語る】転職のデメリット3選

【経験者が語る】転職のデメリット3選

転職のデメリットは下記の3つです。

  1. 入社してみないとわからない
  2. ローンで借りれる金額が下がる
  3. もらえる退職金が減る

この3つに集約される感じですね。

1つずつ解説します。

①入社してみないとわからない【人間関係もギャンブル】

結局のところ、入社してみないとわからないことが多いです。

どんなに企業分析しても、全貌はつかめないので。

 

例えば、下記のようにある程度ギャンブルの要素があります。

  • 仕事内容
  • 仕事の難易度
  • 職場の人間関係

転職前に極限まで調べる方法

転職前に企業のことを極限まで調べる方法は、下記のとおり。

  • 口コミサイトで調べる(転職会議とか)
  • SNSで調べる
  • 転職エージェントの担当者に聞く
  • 知り合いに聞いて回る

結論、調べられる情報は取りにいきましょう。

ミスマッチが減ります。

 

詳しいやり方は、転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】にまとめたのでどうぞ。

【悲報】それでも最後まではわかりません

  • 口コミサイトで調べる
  • SNSで調べる
  • 転職エージェントの担当者に聞く
  • 知り合いに聞いて回る

をやっても、残念ながら最後まではわかりません。

最後に少しの「賭け」が残る感じ。

 

最後の決め手は、仕事内容でいいかと。

仕事ができれば、人間関係とかもあんまり辛くないから。

この辺は、【断言】転職の決め手は仕事内容でいい【条件で選ぶと失敗しやすい】にまとめてます。

【断言】転職の決め手は仕事内容でいい【条件で選ぶと失敗しやすい】

意を決して入社したら、後ろを振り返らない

振り返っても仕方ないですからね。

極限まで調べて「エイヤー!」で飛び込んだら、あとはポジティブに攻めるしかないですよ。

 

会社に良くしてもらうのではなく、自分で働きやすい環境を作りましょう。

自分から環境づくりをすれば、高確率で転職に成功します。

②ローンで借りれる金額が下がる

勤続年数が長いほど、たくさん借りれるから。

転職しちゃうと勤続年数がリセットされちゃうので、借りれる金額は減ります。

転職前に借りちゃうのがおすすめ

住宅ローンとかを借りる予定があるなら、転職前が良いですよ。

借りれる金額が大きいので。

住宅ローンを借りてから転職するのは自由なので、借りてからがおすすめです。

③もらえる退職金が減る

退職金も勤続年数が長いほど、たくさんもらえるから。

勤続年数がリセットされちゃうので、トータルでもらえる退職金は減ります。

【ただし】退職金をアテにする時代でもない

終身雇用が崩壊してるから。

なので、あなたの意図しないタイミングで退職する可能性もアリ。

 

大手メーカーは早期退職者を募り、大規模なリストラをやってます。

参考:2020年、大企業の40代・50代を襲う「大・早期退職時代」が来る

 

退職金がない会社も増えてますしね。

結論、

退職金が減るから、転職はやめておこう…

と考える必要なしです。

転職して生涯賃金を上げれば、退職金の減少をカバーできる

もらえる退職金が減るなら、給料を上げればいいだけ。

スキルアップして、年収を上げていけば問題なしです。

 

「終身雇用の崩壊=手に職をつけろ」という意味なので、手に職をつけましょう。

そしたら給料が上がります。

 

年収が上がりやすい「手に職」は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたので、興味あればどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

ちなみに次は、転職相談でよく聞かれたデメリットを解説していきます。

転職エージェントを使った転職のデメリット

結論、相談する転職エージェントに相談しちゃうと、相手にしてもらえないことです。

あくまで商売だから。

 

合わない転職エージェントだと、ミスマッチも起こりやすいから要注意。

この辺は、転職エージェントがムカつくときの3つの対策【嫌な会社を実名で公開】にまとめたのでどうぞ。

転職エージェントがムカつくときの3つの対策【嫌な会社を実名で公開】

ベンチャー企業に転職するデメリット

ベンチャー企業のデメリットは、下記のとおりです。

  • 経営が不安定
  • 1人の仕事量が多い
  • 給料は高くない
  • ブラックもある
  • コロコロと方針が変わる
  • 福利厚生が弱い

 

この辺は、【第二新卒版】ベンチャー企業のメリットとデメリット【起業診断あり】にまとめました。

※第二新卒向けの記事ですが、第二新卒じゃなくても参考になるかと。

【第二新卒版】ベンチャー企業のメリットとデメリット【起業診断あり】

Uターン転職のデメリット

地方にUターン転職するデメリットは、下記の5つです。

  1. 仕事が少ない
  2. 給料が下がりやすい
  3. 車が必要
  4. 出会いが少ない
  5. チャンスが少ない

 

Uターン転職に失敗しないコツは、Uターン転職に失敗しない3つのコツ【地元に帰る3つのデメリット】にまとめてます。

外資系に転職するデメリット

ドライなことですね。

僕は日系(公務員)と外資系(保険会社)の両方も経験があり、外資はドライでしたよ。

 

超実力主義なので、ベテランでも仕事ができなきゃゴミ扱いです。

弱肉強食で勝負したい人は良いですが、そうじゃないならおすすめしません。

転職するメリット3選【けっこう良いところもある】

転職するメリット3選【けっこう良いところもある】

転職のデメリットはわかった。

じゃあ、メリットはなんなの?

5回転職した僕が感じた「転職のメリット」は、下記の3つです。

  1. 人生が変わる
  2. スキルが身について人生の選択肢が広がる
  3. 転職に近づける

体験談つきで解説します。

①人生が変わる

転職は人生が変わります。

圧倒的に環境が変わるからです。

人生を変える3つの方法

人生を変える3つの方法は、下記のとおり。

  1. 考え方を変える
  2. つきあう人を変える
  3. 居場所を変える

 

特に「居場所を変える」は、強制的に人生が変わります。

転職はまさに「居場所を変える」なので、人生が変わりますよ。

「こんな人生は嫌だ!」という人は転職が手っ取り早い

今の人生のままでいいのかな…?

これが一生続くなんて、絶対に嫌だな…

という人は、転職した方がいいですよ。

今の環境に居続けても、未来はないから。

居場所を変えて、強制的に人生を変えればOKです。

【体験談①】僕は仕事と土地を変えたら人生が変わりました

僕は33歳で東京に引っ越して、仕事も変えました。

年齢 職業 都道府県
21~22歳 国家公務員 長野
22~26歳 フリーター 新潟
26~31歳 外資系の保険会社 新潟
31~33歳 保険代理店 新潟
33~36歳 Webマーケティングのベンチャー企業(営業) 東京
36歳~ フリーランスのWebライター 埼玉

今までやってきた保険営業をバッサリ辞めて、Webの世界へ。

結論、Web系の仕事が向いてたみたいで、マジで人生変わりました。

 

保険営業時代は破産とかもしてて辛かったですが、今は毎日家でパソコン作業しててのんきです。

引越しと転職をして良かったと、心の底から思ってます。

結論、転職すると人生が変わります。

②スキルが身について人生の選択肢が広がる

転職すると、人生の選択肢が広がります。

新しいスキルが身につくから。

転職するたびに新しいスキルを身につけていくと、人生の選択肢が広がって楽しいですよ。

【体験談②】営業×Web人材は希少性が高い

僕のキャリアをざっくり言うと、下記のとおり。

  • 営業:10年
  • Web系:7年

つまり「営業できるWebエンジニア」みたいな感じです。

 

一般的には、

  • 営業できる人はWebが弱い
  • Webができる人は営業が苦手

という感じでして、僕は両方できるのが強みになりました。

 

営業×Webのスキルがあるので、今後は下記をやろうかと。

  • Webライターの教科書を作る
  • Webを活用した営業研修を作る

スキルの数だけ選択肢が増えるので、今は純粋に仕事を楽しめています。

③天職に近づける

試行錯誤できるからです。

転職は失敗することもあるけど「向いてない仕事を発見した」という結果は残ります。

 

まさにエジソンみたいな感じですよ。

失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ

トーマス・エジソン

転職を1万回も失敗する必要はないですが、消去法で天職が見えてきます。

【体験談③】比較できないと天職はわからない

営業を10年もやりましたが、正直Web系の方が向いてました。

営業より苦労が少ないから。

 

で、思ったのが、天職は比較対象がないとわからないってことです。

例えば僕の場合なら、

Web系の仕事は、営業より向いてるな。

だって、営業より苦労が少ないから。

というように、比較できるから天職が鮮明になってくる感じ。

 

つまり、転職しないと天職は見えないと思ってます。

天職に出会いたいなら転職しましょう。

【結論】転職しない方がいい人はこんな人

【結論】転職しない方がいい人はこんな人

転職のメリットとデメリットはわかった。

で、僕は転職していいのかな?

結論、下記の人は今すぐの転職はやめておきましょう。

  1. 今の会社で半年たってない
  2. そもそも、働きたくない
  3. なんの実績もない
  4. 今より楽な仕事に転職したい
  5. 条件だけで仕事を選ぼうとしてる

たぶん失敗します。

 

上記に概要してない人は転職してOK。

上記に該当してる人は、まず転職の下準備から始めましょう。

転職活動に入る前の下準備【転職理由をポジティブにする】

転職活動に入る前の下準備は、転職理由をポジティブにすること。

  • 人間関係が辛い
  • 給料が安い
  • 休みが少ない

などが本音でも、面接で言ったら不採用ですからね。

 

転職理由をポジティブにできれば、転職してOKです。

詳しくは、転職理由=キャリアアップの型4ステップ【まとまらないときの対処法】をどうぞ。

自分の中でもポジティブな転職に変わるので、前向きな転職ができますよ。

転職理由=キャリアアップの型4ステップ【まとまらないときの対処法】

ポジティブな転職理由は自己分析でわかります

ポジティブな転職理由に変換できない…

という人は、自己分析からやってみましょう。

あなたのポジティブな面が見えてくるから。

 

自分のことをよく知らないと、どこに転職すればいいかもわからないですからね。

自己分析のやり方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】の中で解説してます。

 

簡単な自己分析のやり方や、無料の適職診断ツールも紹介してるので楽です。

結論、転職しない方がいい人→転職していい人に変われます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

まとめ【転職のデメリットを知った上で、慎重に検討しましょう】

まとめ【転職のデメリットを知った上で、慎重に検討しましょう】

最後にもう一度、転職の3つのデメリットをまとめておきます。

  1. 入社してみないとわからない
  2. ローンで借りれる金額が下がる
  3. もらえる退職金が減る

 

反対に、転職の3つのメリットは下記です。

  1. 人生が変わる
  2. スキルが身について人生の選択肢が広がる
  3. 転職に近づける

 

本気で転職したい人は、さっそく転職活動を始めましょう。

転職は1歳でも若い方が有利なので。

 

このページを閉じることもできますが、100%腰が重くなりますよ。

悩んでいる間にどんどん転職が不利になるので、思い立ったが吉日です。

 

今日から行動して、あなたに合う仕事に転職して、人生を楽しめばOK。

 

具体的な転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめています。

 

転職しない方がいい条件に当てはまる人でも、ポジティブな転職理由に変換すれば転職してOK。

結論、転職ってデメリットがあるから、得られるものも大きいんですよね。

投資で言うところの、リスクとリターンみたいなもの。

 

リスクを取らないとリターンは得られないので、本気で人生を変えたいならリスクはあるけど行動しましょう。

あなたの転職の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ