【失敗経験者が語る】転職で気をつけること5選【これで後悔しない】

【失敗経験者が語る】転職で気をつけること5選【これで後悔しない】

転職で気をつけることを知りたいな。

今の仕事は限界だから転職したいけど、失敗したくない。

 

もし、失敗したらどうしよう…

「こうすればよかった」みたいに、後悔したくないな。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職で気をつけることがわかる
  • 万が一、転職に失敗したときの対処法がわかる
  • 人生の遠回り感の解消法がわかる

 

僕、佐藤誠一は5回も転職してます。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 成功or失敗
21~22歳 公務員 失敗(ブラック)
22~26歳 フリーター 成功(仕事が楽しい)
26~31歳 保険営業 失敗(多重債務になった)
31~33歳 保険代理店 失敗(破産した)
33~36歳 ベンチャー企業 失敗(人間関係)
36歳~現在 Webライター 成功(仕事が楽しい)

結論、割と転職に失敗してます。

 

そんな「転職に失敗してきた僕」が、転職で気をつけることを記事にまとめました。

失敗者の僕が書いたので、かなり信ぴょう性があるかと。

 

僕の転職失敗の経験から導き出された内容なので、実践してみてください。

この記事を読むことで、あなたは転職に成功するから大丈夫。

【失敗経験者が語る】転職で気をつけること5選

【失敗経験者が語る】転職で気をつけること5選

結論、転職で気をつけることは下記の5つです。

  1. 勢いで転職先を決めないこと
  2. 条件だけで転職先を選ばないこと
  3. 自分に向いてる仕事を選ぶこと
  4. 手に職がつく仕事に転職すること
  5. 必ず面接の練習をすること

 

すべて実証したものです。

1つずつ解説しますね。

①勢いで転職先を決めないこと【比較検討すべし】

勢いで転職しないこと。

なぜなら、失敗しやすいから。

 

例えば、下記はNGです。

  1. 知り合いの会社に誘われて、勢いで転職
  2. 求人サイトで見つけた1社だけに応募、転職する
  3. 「有名な会社」というだけで転職

調べる量が少なすぎるので、転職先のデメリットが見えず失敗します。

必ず、冷静に比較検討してください。

 

企業研究のやり方は、転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】にまとめてます。

転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】

【体験談】僕は勢いで転職して失敗した

僕は、勢いで保険会社に転職して失敗しました。

知り合いの保険会社の人が、なんか稼いでそうでカッコよくて、よく調べずに転職した感じ。

 

そしたら、保険が売れなくて多重債務者になってしまいました。

勢いで転職するのは、絶対NGです。

参考:保険営業はやめとけと言われる15の理由【売れれば天国の仕事】

②条件だけで転職先を選ばないこと

理由は、仕事自体を好きになれず、続かないから。

「条件だけで選ぶ」とは、具体的に下記で転職先を決めることです。

  • 給料
  • 休み
  • 通勤距離

これだと、肝心の仕事内容にフォーカスしてないので、失敗しやすいです。

「条件はいいんだけど、仕事がキツすぎる」とかだと、続かないですよね。

 

結論、仕事内容もきちんと調べるべき。

この辺は、【断言】転職の決め手は仕事内容でいい【条件で選ぶと失敗しやすい】にまとめたのでどうぞ。

【断言】転職の決め手は仕事内容でいい【条件で選ぶと失敗しやすい】

【体験談】僕も条件で就職して失敗した

僕は「安定してる」という理由だけで、公務員に就職して失敗しました。

  • 仕事自体が超つまらない
  • 人間関係がきつい
  • 給料が安い

などの理由で、1年半でやめてます。

 

結論、条件だけで転職しちゃダメです。

参考:【元公務員が語る】公務員がつまらない理由5選【向いてない人の特徴】

③自分に向いてる仕事を選ぶこと

向いてる仕事は長続きするからです。

具体的には、下記の好循環がおきますよ。

  1. 仕事ができるので、社内で評価される
  2. 評価されて給料が上がる
  3. 自信がつく
  4. 仕事を好きになる

 

結論、割と良いことばかりです。

長く続けるためにも、向き不向きは重要。

あなたに向いてる仕事を見つける方法

結論、MIIDAS(ミイダス)などの適職診断アプリでわかります。

僕もやりましたが、けっこう当たってました。

Webライターって、企画力やマーケティングが必要なんですよね。

ミイダスの適職診断

130問くらいに答えないとなのでメンドいですが、その分、高精度の診断結果がでます。

無料で診断してくれるので、転職活動を始める前にやっときましょう。

【体験談】僕も向いてる仕事に転職したらうまくいった

現在の僕はWebライターで、この仕事は向いてたのでうまくいってます。

  1. 向いてるから成果が出やすい
  2. 仕事がたくさんくる(受けきれず断ってる)
  3. 自信がつく
  4. それなりに稼げる(年収750万円くらい)

 

結論、向いてる仕事は最高です。

参考:年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

④手に職がつく仕事に転職すること

なぜなら、終身雇用が崩壊してるからです。

具体的には、下記の手に職が将来性あっておすすめ。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 営業
  7. 宅地建物取引士

 

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

【体験談】手に職がつく仕事は心が安定します

現在のWebライターは、完全に「手に職」です。

手に職があるので、ぶっちゃけ仕事には困りません。

良いライターを求めている企業は多いので。

 

この安心感が「心の安定」を生むので、控えめにいっても幸せです。

⑤必ず面接の練習をすること

面接の練習は、絶対にやってください。

練習でできないことが、本番でできるはずがないから。

 

具体的な面接のコツは、転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】をどうぞ。

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

【ちなみに】先に退職したら保険と年金の手続きが必要

補足ですが、先に退職したら保険と年金の手続きをしましょう。

1日でもブランク期間があると、自分で手続きが必要だから。

 

具体的には、下記の手続きが必要です。

  1. 健康保険→国民健康保険に切り替え
  2. 厚生年金→国民年金に切り替え

お住まいの役所で手続きできるので、やっておきましょう。

※ブランクができない人は不要。

万が一、転職に失敗したときの対処法

万が一、転職に失敗したときの対処法

転職で気をつけることはわかったけど、それでも万が一失敗したらどうしよう…

結論、また転職すればいいだけです。

今は基本的に「人不足」の時代なので、割と転職できます。

 

令和2年7月の有効求人倍率は1.08倍。

コロナ不況でも、まだ1倍以上です。

転職回数が多かったり、年齢が高くても大丈夫

でも、そんなに何回も転職できないでしょ?

なぜなら、今は働き方が多様化してて、転職できるから。

具体的には「フリーランス」がありますね。

 

ようは個人事業主のことですが、今はフリーランスに仕事を依頼する企業が多く、仕事はあります。

もちろんスキルは必要ですが、それはどの仕事でも同じこと。

 

きちんとスキルを身につければ、フリーランスでも食っていけますよ。

【体験談】僕もフリーランスになった

ちなみに、現在の僕もフリーランスです。

個人事業主として、企業さんから仕事をもらって稼いでます。

 

毎日家で仕事できるし、休憩や休日も自由なのでのんきなもんですよ。

年収は750万円くらいなので、普通に生活できます。

 

フリーランスで稼ぐ方法は、「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】をどうぞ。

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】

転職は人生の遠回りじゃない【むしろ近道】

転職は人生の遠回りじゃない【むしろ近道】

なんか「転職」って、人生を遠回りしてるみたいでヘコむ…

友達は転職しないで働いてるのに、僕はなんか回り道だ…

 

あーあ、今から取り返せるかなぁ…?

結論、まったく問題なしです。

なぜなら、失敗しないと本当の天職には出会えないから。

 

転職の失敗を繰り返すほどデータが取れるので、天職が見えてきますよ。

結論、転職に失敗を繰り返す方が早く転職に出会えるので、むしろ近道だと思います。

【イチローの名言】遠回りすることが一番の近道

イチローさんもこんなこと言ってますよ。

遠回りすることってすごく大事ですよ。

無駄なことって結局無駄じゃない。

遠回りすることが一番の近道。

結論、遠回りすることが一番の近道です。

辛いならキャリアカウンセラーに相談するのもアリ

でも、なんか自分の人生に悲観的になっちゃうよなぁ…

本当に今からでも、僕の人生は大丈夫になるんだろうか…?

結論、不安なら誰かに話を聞いてもらいましょう。

 

具体的には、キャリアカウンセラーとかでいいかと。

転職のプロなので、プロとして話を聞いてくれるし、元気づけてくれますよ。

 

キャリアカウンセラーの相談は、転職エージェントとかでいいと思います。

無料だから。

 

彼らは「転職してほしい」と思ってますが、別に相談だけでもいいですよ。

ついでに転職のコツとか、あなたに合う企業の情報ももらえば、一石三鳥くらいになります。

 

話だけでも丁寧に聞いてくれる転職エージェントは、ウズウズジェイックですね。

無理やり転職させようともしないし、ちゃんと相談にのってくれますよ。

 

2社の詳細は下記にまとめたので、興味あればどうぞ。

まとめ【転職で気を付けることは5つ。もし失敗しても大丈夫】

まとめ【転職で気を付けることは5つ。もし失敗しても大丈夫】

ということで、本気で転職したいなら、すぐに転職活動を始めましょう。

転職活動の手順は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

 

最後にもう一度、転職で気をつける5つをまとめるので、チェックしてください。

  1. 勢いで転職先を決めないこと
  2. 条件だけで転職先を選ばないこと
  3. 自分に向いてる仕事を選ぶこと
  4. 手に職がつく仕事に転職すること
  5. 必ず面接の練習をすること

これで、だいたいの失敗は防げます。

 

あなたに向いてる仕事は、MIIDAS(ミイダス)など無料の適職診断アプリで簡単にわかります。

 

また、もし転職に失敗しても、また転職すればいいだけです。

誰かに相談したいときは、転職エージェントのキャリアカウンセラーで良いかと。

 

ウズウズジェイックは、無料で、話だけでも聞いてくれますよ。

 

また、類似記事として、【たったこれだけ】転職の5つの注意点【後悔しない転職ができます】も参考になるかと。

転職で注意すべきことをまとめてます。

【たったこれだけ】転職の5つの注意点【後悔しない転職ができます】

 

ということで、さっそく転職活動を始めてみてください。

あなたが無事に良い会社に転職できるのを祈っています。