ブランク5年でも転職できる3つのコツ【大丈夫、内定もらえますよ】

ブランク5年でも転職できる3つのコツ【大丈夫、内定もらえますよ】

ブランクが5年もあるけど、転職したい。

ただ、5年も働いてなかった僕が、無事に採用されるか不安…

 

どうすれば、ちゃんと採用されるかな?

面接とか不安だなぁ…

 

あと、そもそもどういう仕事に転職すればいいかわからない…

今から、5年のブランクを埋められるかなぁ…?

こういった要望や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • ブランク5年で転職する方法がわかる
  • 面接に自信がないときの対処法がわかる
  • どんな仕事に転職すればいいかわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

ブランク5年の人

ブランクが5年もあるんですが、転職できますか?

という相談はちょいちょいありましたね。

僕がアドバイスして、無事に転職できた人もいます。

 

5年のブランクがあっても無事に転職する方法を、記事にまとめました。

この記事を読むことで、あなたも転職できますよ。

ブランク5年でも転職できる3つのコツ【内定率が上がる】

ブランク5年でも転職できる3つのコツ【内定率が上がる】

ブランクが5年あっても、転職できるコツは下記の3つです。

  1. 5年のブランクの理由を説明する
  2. スキルや資格をアピールする
  3. ブランク期間中に身につけたことをアピールする

これをやるだけでも、かなり内定率が上がります。

1つずつ解説しますね。

①5年のブランクの理由を説明する

なぜ5年のブランクがあったか、面接官に説明しましょう。

面接官が知りたいのは、そこだから。

 

ブランクの理由は、仕方ない理由とダメな理由があり、仕方ない理由で説明してください。

仕方ない理由 ダメな理由
介護など家庭の事情

出産や育児

ケガや病気

ただダラダラしていた

ボランティア活動をしていた

うつ病など精神疾患

仕方ない理由の説明方法

「仕方ない理由」は、面接官も理解してくれて問題はありません。

本人の問題ではなく、やむを得ない理由ですからね。

 

ただしいずれも、現在は業務に支障がないことを伝えましょう。

  • 介護→現在は施設に預けたので業務に支障がない
  • 出産や育児→昼間、実家に預けているので業務に支障がない
  • ケガや病気→現在は完治してるので、業務に支障がない

ここまできちんと説明すれば、採用される確率が高くなります。

ダメな理由が採用されない理由

  • ただダラダラしていた→すぐ辞めそうでNG
  • ボランティア活動をしていた→仕事から逃げてる感じでNG
  • うつ病など精神疾患→再発が怖いのでNG

結論、ダメな理由に該当する場合は、ウソでもいいのでポジティブな理由にすり替えてください。

例えば、家庭の事情など。

 

ダメな理由をそのまま言うと、不採用になる確率が高いです。

この辺は、第二新卒の空白期間の伝え方5選【ブランク×ノースキルで転職する方法】にもまとめてるので、参考にどうぞ。

第二新卒の空白期間の伝え方5選【ブランク×ノースキルで転職する方法】

②スキルや資格をアピールする

もっているスキルや資格はアピールしましょう。

ブランクがあっても、仕事ができる人なら採用されるので。

 

ただし、もちろん応募企業に役立つスキルや資格をアピールしましょう。

例えばこんな感じ。

  • IT企業に応募→プログラミングスキル
  • 事務に応募→パソコンスキル
  • 美容師に応募→美容師資格

ブランク中もスキルが落ちないように、練習していました。

と伝えると、さらに採用されやすくなりますよ。

③ブランク期間中に身につけたことをアピールする

ブランク期間中に身につけたことも、しっかりアピールしましょう。

転職に向けてきちんと準備をしていた印象が伝わるので。

 

例えば、下記は印象が良いですね。

  • プログラミングを勉強していた
  • 英会話を勉強していた
  • 業務に役立つ資格を取得していた

もちろん、応募企業に役立つ内容をアピールしてください。

【補足】ブランク5年×ノースキルの場合の対処法

結論、転職を数ヶ月遅らせて、スキルを習得しましょう。

何かスキルがある方が、採用されやすいからです。

 

例えば、プログラミングスキルとか。

どこの企業も、プログラミングスキルがある人は割と歓迎です。

なぜなら、どの企業もホームページ運用をしており、自社で作成・修正できると楽だから。

 

スクールに通えば、1~3ヶ月くらいで基礎スキルは身につきますよ。

1~3ヶ月だけ転職が遅れますが、内定率は飛躍的に上がるので、投資する価値はあるかと。

 

無料体験があるスクールを、【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

転職の面接に自信がないときの対処法【ブランク5年の不安を解消】

転職の面接に自信がないときの対処法【ブランク5年の不安を解消】

ブランク5年で転職するコツは、なんとなくわかった。

でも、面接とか自信ないなぁ…

 

仕事自体から遠のいてたのもあるから、いきなり面接とか緊張しまくりそう…

面接が不安な人は、下記の2つが大事。

  1. まず、面接のマナーを知る
  2. 練習あるのみ

面接って独特で非日常空間なので、独特のマナーがあります。

それらは最低限知っておかないと採用されないので、勉強しましょう。

 

そして、必ず練習してください。

練習でできないことは、本番でもできないから。

 

詳しくは、転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】をどうぞ。

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

どうしても面接が怖いときの対処法

結論、ブランクに強い転職エージェントに相談すると良いですよ。

理由は下記の2つ。

  1. 応募企業ごとに面接対策をきっちりやってくれるから
  2. ブランクがある人を採用してる優良企業を紹介してくれるから

 

ようは、面接のアドバイスをもらって、ブランクある人に理解ある企業に応募すれば、成功率は高いってことです。

ブランクがある人に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたので、参考にどうぞ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

ブランク5年の人が転職先を選ぶ3つの方法

ブランク5年の人が転職先を選ぶ3つの方法

あと、そもそもどんな仕事に転職すればいいかわからない…

という人は、下記の3つが重要。

  1. そもそも採用されやすい職種を選ぶ
  2. 向いてる仕事を選ぶ
  3. ブラック企業を避ける

1つずつ解説しますね。

①そもそも採用されやすい職種を選ぶ

ブランク5年でも、採用されやすいから。

具体的には、下記の5つがおすすめです。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. マーケティング職
  5. 営業

いずれも未経験から応募できます。

※ただし、プログラマーとWebデザイナーはスクールに行ってからがおすすめ。

 

5つともいわゆる「手に職」の仕事なので、スキルが身につけばもう食いっぱぐれはありません。

終身雇用も崩壊したことだし、どうせやるなら手に職をつけましょう。

 

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

②向いてる仕事を選ぶ

あなたに向いてる仕事に転職しましょう。

向いてる仕事なら、5年のブランクを取り返せるから。

 

向いてる=才能があるってことなので、他の人より成長スピードが速く、取り返せますよ。

あなたに向いてる仕事に出会う方法

MIIDAS(ミイダス)など無料アプリで、簡単にわかります。

僕もやってみましたが、けっこう当たってましたよ。

ミイダスの適職診断

 

現在の僕はフリーランスのWebライターですが、たしかに企画力とかマーケティングが必要な仕事です。

事実、僕の仕事はうまくいってるので、MIIDAS(ミイダス)はけっこう精度が高いかと。

 

結論、あなたに向いてる仕事もわかりますよ。

③ブラック企業を避ける

ブランクがあると、どうしてもブラック企業から狙われがち。

ブラック企業は誰でもいいから採用して、使い倒そうとしてるから。

 

なかなか内定が出ないブランクある人に、甘い言葉で誘惑してきます。

特に、下記のような会社はブラックの可能性大なので、転職しちゃダメです。

  • 面接の翌日に内定が出る
  • 面接の現場で内定が出る
  • 悪いことを言わない

 

この辺は、ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめたので、事前に読んでおくと安心です。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

まとめ【ブランクが5年あっても転職できるから大丈夫】

まとめ【ブランクが5年あっても転職できるから大丈夫】

最後にもう一度、ブランク5年でも転職できる3つのコツをまとめておきますね。

  1. 5年のブランクの理由を説明する
  2. スキルや資格をアピールする
  3. ブランク期間中に身につけたことをアピールする

これをやるだけでも、内定率はグンと上がります。

 

また、面接が不安な人は、転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】で基礎を勉強しましょう。

どうしても面接が怖いなら、ブランクに強い転職エージェントに相談すればOKです。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

仕事の選び方は、下記の3つでOK。

  1. 採用されやすい仕事を選ぶ→参考:20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】
  2. 向いてる仕事を選ぶ→MIIDAS(ミイダス)など無料アプリでわかる
  3. ブラック企業を避ける→参考:ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

 

というわけで、さっそく転職活動を始めましょう。

具体的な転職活動の手順は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

あなたが無事に転職できることを祈ってます。