アルバイトから正社員に転職する5つのコツ【履歴書で差をつけるコツ】

アルバイトから正社員に転職する5つのコツ【履歴書で差をつけるコツ】

アルバイトから正社員になりたい人

今はアルバイトだけど、正社員に転職したいな。

でも、アルバイトしかしたことないから、正社員になれるか不安…

履歴書も、アルバイトしか書くことないよ…

 

どうしたら正社員に転職できるかな?

ぜんぜん自信がないから、解決策を知りたいです。

こういった要望や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • アルバイトから正社員に転職するコツがわかる
  • アルバイトから正社員に転職する履歴書の書き方がわかる
  • 転職に自信がないときの対処法がわかる

 

僕、佐藤誠一は22~26歳までアルバイトをしてました。

20代の職歴はこんな感じ。

年齢 職業
21~22歳 公務員
22~26歳 アルバイト
26歳~ 正社員

結論、アルバイト→正社員の転職は可能です。

コツがあるので、それを記事にまとめました。

 

ちなみに現在の僕は、フリーランスのWebライターです。

毎日家でパソコン作業しながら、年収は750万円くらいで安定してます。

 

この記事を読むことで、あなたの人生も安定しますよ。

アルバイトから正社員に転職する5つのコツ

アルバイトから正社員に転職する5つのコツ

アルバイトから正社員に転職するコツは、下記の5つです。

  1. 応募企業で活かせるスキルをアピールする
  2. アルバイトのでの実績をアピールする
  3. 未経験OKの求人に応募する
  4. アルバイトをしていた理由を説明する
  5. 正社員登用を狙う

1つずつ解説しますね。

①応募企業で活かせるスキルをアピールする

応募企業にすぐ活かせそうなスキルがあれば、アピールしてください。

即戦力の人材に見えて、採用されやすいから。

 

例えば、販売のアルバイトをしてて営業に応募するなら、下記のとおり。

  1. コミュニケーション能力が高い
  2. 販売スキルが高い
  3. ノルマを達成できた

営業でも活躍してくれそうに見えて、採用されやすいですよ。

応募する企業の採用担当者が、喜びそうなスキルをアピールすればOKです。

②アルバイトのでの実績をアピールする

アルバイトで誇れる実績があれば、アピールしましょう。

仕事ができる人に見えて、採用されやすいから。

 

例えば、下記みたいな感じ。

  1. 上司から「仕事が速い」とほめられた
  2. 販売実績1位を獲得した
  3. アルバイトの指導を任されていた

仕事ができる人に見えますよね。

こうした演出も大事。

③未経験OKの求人に応募する

未経験OKの求人は、アルバイトしかやってなくても採用されやすいから。

具体的には下記の職種は、未経験でも正社員になれます。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. マーケティング職
  5. 営業
  6. CADオペレーター

 

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたのでどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

④アルバイトをしていた理由を説明する

採用担当者は、正社員じゃない理由を知りたいから。

アルバイトをしてた理由をきちんと説明しないと、下記のような悪い印象をもたれることも。

  • 正社員の応募で、どこにも採用されなかったのかな?
  • 正社員が嫌で逃げてただけなのかな?

 

具体的には、「いろいろな仕事を試して、向いてる仕事を見つけたかった」と言ってください。

いろいろ試した結果、◯◯の仕事が向いてるとわかり、それを活かせる御社に応募しました。

みたいにいうと、つじつまが合います。

⑤正社員登用を狙う

今のアルバイト先で正社員登用を狙うのは、正社員になれる確率が高いから。

  • 仕事内容も知ってる
  • 職場の人間関係もできてる

という感じで、雇用する側もされる側もメリットありです。

 

ただし、正社員登用がない会社が多いので、確認すべき。

勝手に「いつかこの会社で正社員になるんだ」と思っていて、正社員登用制度がなかったアウトですよ。

アルバイトから正社員に転職するときの履歴書の書き方

アルバイトから正社員に転職するときの履歴書の書き方

履歴書ってどうやって書けばいいの?

アルバイトしかしたことないんだけど…

職歴の欄は、アルバイトの履歴を書くだけでなく、応募企業が喜ぶ情報を記載しましょう。

例えば、販売のアルバイト→営業の正社員を目指すなら、履歴書はこんな感じ。

職歴
2018年 5月 ◯◯株式会社にアルバイトで入社

販売成績で1位を5回獲得

優秀スタッフ賞を受賞

一言添えるだけで、インパクトが上がって採用されやすくなりますよ。

履歴書に書ききれないことは、職務経歴書に書く

履歴書の職歴欄はスペースが限られてるので、書ききれないことは職務経歴書に書いてOK。

まず、履歴書は下記のように書けばOK。

職歴
2018年 5月 ◯◯株式会社にアルバイトで入社

販売成績で1位を5回獲得

優秀スタッフ賞を受賞

※詳細は職務経歴書に記載してます。

 

で、職務経歴書にアピールしたい詳細を書けばOK。

具体的には、職務経歴書で下記をアピールしましょう。

  • どんな販売手法を1位を獲得したのか
  • 仕事で意識していたこと
  • 仕事で見つけた法則

 

こういうちょっとしたことが、ライバルと差をつけて採用につながります。

コロナ不況で正社員になりづらい時代なので、ツメを甘くしないように。

アルバイトの数が多いなら、全部を書く必要なし

アルバイトの数が多すぎて、履歴書に全部書けないんだけど…

という人は、全部書かなくていいですよ。

そもそもアルバイトって、本来は履歴書に書かなくていいものから。

 

長く続いたアルバイトだけ記載しましょう。

空白期間ができてしまいますが、それは面接で聞かれたら、

他のアルバイトをしていました。

履歴書の記入欄の関係で、記載を省略させていただきました。

と答えればOKです。

アルバイトからの転職に自信がないときの3つの対処法【裏ワザあり】

アルバイトからの転職に自信がないときの3つの対処法【裏ワザあり】

う~ん、なんとなくわかったけど、転職できる自信がないなぁ…

うまくできるかなぁ…?

という人は、下記の3つを試してみてください。

  1. 転職エージェントに相談する
  2. 友人・知人に当たる
  3. 手に職をつけてみる

 

これで内定率がグリっと上がります。

1つずつ解説しますね。

①転職エージェントに相談する

転職エージェントは、アルバイト→正社員の転職のプロだから。

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  1. アルバイトだった人を積極的に採用している優良企業の紹介
  2. 履歴書や職務経歴書に書くことを考えてくれる
  3. 面接で話すことを考えてくれる

 

結論、内定率がグッと上がります。

無料なので、とりあえず話を聞いてから利用するか決めてもOKですよ。

 

アルバイト→正社員の転職に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

②友人・知人に当たる

紹介で採用されやすいから。

いわゆる「裏口入学」的な感じですが、実際、内定率は高いです。

 

ただし、「辞めにくい」などのデメリットもあるので、判断は慎重に。

詳しくは、友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】にまとめてます。

友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】

③手に職をつけてみる

手に職がある人は、無条件で採用されるから。

具体的には、下記をやると超有利になります。

  1. プログラミングを学ぶ
  2. CADオペレーターの勉強をする
  3. 宅地建物取引士を取得する

いずれも技術職なので、未経験で応募するより手に職をつけてからだと、圧倒的に採用されやすいです。

 

プログラミングはスクールに通った方がいいですね。

独学は挫折しやすいし、本代とかで結局スクールくらいお金がかかるから。

 

おすすめのプログラミングスクールは、【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめてます。

無料体験があるので、興味あればまずは触ってみましょう。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

 

CADオペレーターや宅地建物取引士も、スクールで学べばOK。

CADオペレーターはヒューマンアカデミー

宅地建物取引士はLECが良いかと。

興味あれば資料請求してみてください。

【裏ワザ】ダメでもフリーランスがあるから大丈夫

それでももし、正社員になれなかったらどうするの…?

結論、フリーランスがあるから大丈夫。

 

僕はフリーランスのWebライターですが、在宅ワークで年収750万円くらい。

ぶっちゃけ、かなり幸せです。

 

最初はアルバイトしながら、副業で手に職をつけていけばOKですよ。

スキルを高めつつ、徐々にアルバイトの量を減らしていってフリーランスになればOK。

 

下手に正社員になると、副業で手に職をつける時間が減るから、アルバイトでいいですよ。

コロナ不況なので、この人生設計は一番賢いと思います。

参考:「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】

まとめ【アルバイトから正社員に転職するコツを実践しよう】

まとめ【アルバイトから正社員に転職するコツを実践しよう】

ということで、本気で正社員になりたいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

あまりアルバイト期間が長すぎると正社員の転職は不利なので、1日も早く行動すべき。

 

「明日でいいや」だと明日もやらないので、結論、今日から動きましょう。

できることからでいいので行動すれば、きちんと正社員になれますよ。

 

具体的な転職活動のコツは、下記の5つ。

  1. 応募企業で活かせるスキルをアピールする
  2. アルバイトのでの実績をアピールする
  3. 未経験OKの求人に応募する
  4. アルバイトをしていた理由を説明する
  5. 正社員登用を狙う

 

転職の自信がないなら、下記の3つを試せばOK。

  1. 転職エージェントに相談する
  2. 友人・知人に当たる
  3. 手に職をつけてみる

アルバイト→正社員に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】をどうぞ。

無料なので、相談してから利用するか決めても大丈夫。

メール1本で相談をやめられるので、心配なら念のため相談してみて損はないかと。

 

手に職をつけると、採用される確率が一気に上がります。

無料体験があるプログラミングスクールは、【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】をどうぞ。

CADオペレーターはヒューマンアカデミー、 宅地建物取引士はLECが良いかなと思うので、興味あれば資料請求をどうぞ。

 

ということで、本気で正社員に転職したいなら、さっそく転職活動を始めてみましょう。

行動すれば、あなたも安定した人生が手に入りますよ。

行動あるのみです。