30代後半の転職は難しいのか【コツを押さえれば大丈夫。失敗も可能】

30代後半の転職は難しいのか【コツを押さえれば大丈夫。失敗も可能】

30代後半で転職するのは難しいのかな?

もっと早く転職すればよかったけど、30代後半になってしまった…

どうすれば良い転職ができるかな?

 

30代後半の転職だから、失敗は許されないぞ…

でも、もし失敗したらどうしよう…

人生オワリ…?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 30代後半の転職は難しいのかわかる
  • 30代後半の転職に成功するコツがわかる
  • 30代後半の転職に失敗したときの対処法がわかる

僕、佐藤誠一は、36歳で現在の仕事「Webライター」に転職しました。

 

また、その前はWeb系の会社で働いており、「全国職業相談センター」というサイトで3000人以上の転職相談にのった経験もあります。

30代後半の人からの相談は多く、僕がアドバイスして無事に転職できた人もいます。

 

ただし、30代後半になるとうまく転職できない人がいるのも事実。

この記事では、上記のような経歴をもつ僕が、30代後半で転職に成功するコツを解説します。

 

もし転職活動に失敗してしまったときの対処法もまとめたので、けっこう安心感があるかと。

この記事を読むことで、人生の不安を少し解消できると思います。

30代後半の転職は難しいのか【即戦力+マネジメント力が必要】

30代後半の転職は難しいのか【即戦力+マネジメント力が必要】

結論、30代後半の転職はちょっと難易度が上がります。

30代後半に求められてるのは、即戦力+マネジメント力だから。

 

わかりやすくいうと「もう30代後半なんだから、即戦力は当然として、マネジメント経験もあるよね?」って意味です。

社会人歴が15年以上になってるわけなので、この辺は求められるのが現実。

なので、あなたが即戦力になれる仕事で、なおかつマネジメント経験もあれば割と転職できますよ。

【悲報】30代後半で未経験の転職は難しい

ぐっ…

即戦力になる自信もないし、マネジメント経験もない…

ちょっと厳しい現実ですが、30代後半から未経験の転職はさすがに難しいです。

未経験者を採用するのは、20代が中心だから。

 

理由は完全に「年齢」でして、未経験者を育成するのは時間がかかるから、20代がいいという意味。

ここは変に期待をもたせてしまってもよくないので、現実をお伝えしました。

参考:30代の未経験転職の厳しい現実【でも、まともな仕事に転職できる】

30代の未経験転職の厳しい現実【でも、まともな仕事に転職できる】

【ちなみに】30代後半で未経験の仕事に転職するコツ

じゃあ、即戦力にもなれないし、マネジメント経験もない僕は人生オワリってこと…?

大丈夫、勉強してスキルを身につけましょう。

スキルを身につけて即戦力人材になれば、採用されやすいから。

 

30代後半からスキルを身につけて、転職できる可能性がある仕事は下記の3つかなと。

職種 仕事内容 転職先
CADオペレーター 設計補助の仕事 メーカー、設計事務所
宅地建物取引士 不動産の契約業務を行う資格 不動産会社、ハウスメーカー
マーケティング 集客するスキル マーケティング会社

CADオペレーターの学習は、ヒューマンアカデミーなど大手スクールのCADコースでいいかなと。

宅地建物取引士は、資格スクエアとかで学ぶと空き時間に勉強できて効率的です。

 

マーケティングは下記を初めてみればOK。

転職できそうなライン
ブログ 月5万アクセス
Youtube チャンネル登録1000人
SNS フォロワー5000人

やり方はググれば無料でわかります。

興味あればやってみましょう。

30代後半の転職に成功する3つのコツ

30代後半の転職に成功する3つのコツ

30代後半の転職に成功するには、どうしたらいいの?

結論、下記の3つがコツです。

  1. 家族の理解を得る
  2. 即戦力+マネジメント力をアピールする
  3. 非公開求人を狙う

1つずつ解説しますね。

①家族の理解を得る

基本ですが、家族の理解は得ましょうね。

30代後半の転職は、家族も不安だから。

  1. なぜ転職しないといけないのか
  2. どんな仕事に転職するつもりなのか
  3. 収入がどれくらいになりそうなのか

など家族に相談しましょう。

ここで理解を得られないと、家庭崩壊する危険もありますよ。

【注意】転職すると1回年収が下がるかも

一般的には、転職したばかりだと年収が下がりやすいです。

なぜなら、転職先の会社ではまだ実績がないから。

 

転職先の企業側はあなたの過去の実績を見て採用しますが、やっぱり不安なわけです。

会社によっては試用期間が設けられていて、給料が下がる可能性あり。

参考:【悲報】30代の未経験転職は年収が下がる【でも収入アップできます】

 

具体的には下記のように対応すればOK。

  1. 内定承諾の前に、給料について詳しく聞いておく
  2. 転職エージェントを利用して年収交渉してもらう
  3. 家計を見直して支出を削る(特に固定費を下げる)

転職後に実績を出せば給料が上がる会社もあるので、結論、転職したら仕事をがんばりましょう。※当たり前ですが。

昇給制度があるかも、事前に聞いておくと良いですよ。

②即戦力+マネジメント力をアピールする

前述のとおり、30代後半に求められてるのは即戦力+マネジメント力だから。

具体的には、あなたの実務経験を棚卸しすればOK。

アピールできそうな経験をピックアップしていきましょう。

 

例えば下記のようなイメージでもOK。

  • 不動産営業をやってた→営業力は全職種で共通なので、他の営業に応募してみる
  • 会社の後輩がいたことがある→マネジメント経験としてアピール

ぶっちゃけこの辺はちょっと盛ってもいいので、アピールした方がいいですよ。

面接官は過去のことまで知らないので、ちょっとデフォルメしてもOK。

※ただし、まったく経験がないのにウソをつくのはNGです。

③非公開求人を狙う

これが一番効果ありますが、非公開求人を狙いましょう。

非公開求人は、30代後半向けの求人が多いから。

 

そもそも非公開求人とは、求人サイトとかハローワークに出てない隠れ求人のこと。

非公開にする理由は、公開しちゃうと応募がたくさんきて、人事の人が大変だから。

非公開求人ほど「たった1人の即戦力人材がほしい」みたいな求人が多く、30代後半のベテランを求めてます。

非公開求人を探す2つの方法

具体的に、非公開求人を探す方法は下記の2つ。

  1. 友人・知人を当たる
  2. 非公開求人が多い転職エージェントを利用する

友人・知人が非公開求人をもってるのはよくあるケース。

まだどこにも出てない、掘り出し物求人が見つかることアリです。

聞くのはタダなので、聞くだけ聞いてみましょう。

 

非公開求人が多い転職エージェントは、下記のような大手にいくつか登録すればOK。

  1. doda:約10万件の求人のうち8割(約8万件)が非公開求人
  2. マイナビエージェント:約33000件の求人のうち8割(約26000件)が非公開求人
  3. 【パソナキャリア】:約3万件の求人のうち8割(約24000件)が非公開求人

登録すると非公開求人を見れるので、求人情報をみつつ、興味ある会社に話を聞いてみつつ、気に入った求人があれば応募してみましょう。

思わぬ求人があるかもしれません。

登録作業は5分くらいで終わるので、可能性を広げればOK。

30代後半の転職に失敗したときの対処法【副業しよう】

30代後半の転職に失敗したときの対処法【副業しよう】

でもさ、もし転職に失敗したらどうしよう…

人生終了…?

万が一、転職に失敗したら、副業しましょう。

副業でスキルアップしていけば、また転職できるから。

副業で実績をあげて、それを次の転職でアピールすれば、普通に採用されることアリです。

 

具体例はこんな感じ。

  • フルコミッション営業を副業でやって、実績を買われて営業の会社に転職
  • 副業でブログをやって、マーケティング会社に転職

例え副業でも立派な実務経験だし、即戦力をアピールできるのでまた転職できますよ。

※会社によっては40代でも大丈夫。

在宅で稼げる副業がおすすめ

副業って言っても、仕事が終わった後にバイトに行くのはキツすぎる…

結論、在宅でできる副業がおすすめです。

夜にバイトに出るのはキツいから。

 

具体的には下記の在宅副業がおすすめ。

  1. Webライター:メディア系の会社に転職できる
  2. 動画編集:動画制作会社に転職できる
  3. プログラミング:IT企業に転職できる

いずれも、後の転職にも役立つスキルですよ。

詳しくは、【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】にまとめてます。

【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】

あなたがもつスキルや情報をネット上に配信するのもアリ

あなたが今まで積み上げてきたスキルや情報を、ネット上で配信するのもアリですよ。

稼げる可能性があるから。

 

具体例は下記のとおり。

  1. あなたがもってる仕事のノウハウをYoutubeで配信する→広告収入
  2. あなたのとっておきのノウハウをブログに書く→広告収入
  3. ノウハウをSNSで発信して、教材を作って売る

今はこんなことが自由にできる時代なので、ステキすぎますね。

 

趣味の配信とかでもいいと思いますよ。

たっちゃんねる」なんかが有名ですよね。

本業がイマイチなら、副業で思い切りやりたい仕事をやればOK。

【朗報】副業には年齢の壁がない

30代後半から副業なんかやって、ちゃんと実績を作れるの?

結論、30代後半でも、まじめに副業すれば実績は作れます。

なぜなら、正社員みたいに年齢の壁がないから。

 

正社員の転職は「35歳の壁」なんて言われますが、副業はスキルや実績がすべてなので、年齢は一切関係なし。

90代のおばあちゃんYoutuberがゲーム配信で稼ぐような時代なので、30代後半なんて何も障壁なしです。

 

副業の世界は正社員の世界とはまったく別の価値観なので、好きな仕事を副業でやればOKかなと。

繰り返しですが、副業の実績をもって転職活動すれば、希望の仕事に転職できる可能性ありです。

【体験談】僕も副業からWebライターを始めたら本業になった

冒頭で「僕は36歳からWebライターに転職した」とお伝えしましたが、Webライターは33歳から副業でやってました。

副業がうまくいったので、本業にした感じです。

 

結論、副業が人生を変えることアリ。

仮に転職に失敗しても、副業で頑張れば人生はまだまだ大丈夫です。

てことで、転職に一歩踏み出してみましょう。

まとめ【30代後半の転職は少し難しいけど、コツがあるし失敗しても大丈夫】

まとめ【30代後半の転職は少し難しいけど、コツがあるし失敗しても大丈夫】

ということで、あとは行動あるのみ。

さっそく今日から転職活動を始めましょう。

 

正社員の転職は1歳でも若い方が有利なので、行動が遅れるほど可能性が減っていきますよ。

転職活動は最低でも3ヶ月くらいかかるので、その間に年齢が1歳上がるとさらに不利。

 

30代後半で1歳上がるのは、転職ではかなり印象が変わってしまいます。

もちろん良い求人ほど早く埋まっていくので、今も求人がどんどん奪われてます。

 

結論、今日からできることを始めるのが正解です。

考えている時間はないので、行動しながら考えましょう。

 

転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

 

30代後半の転職に成功するコツは、下記の3つです。

  1. 家族の理解を得る
  2. 即戦力+マネジメント力をアピールする
  3. 非公開求人を狙う

 

非公開求人を探す方法は下記の2つ。

  1. 友人・知人を当たる
  2. 非公開求人が多い転職エージェントを利用する

 

非公開求人が多い転職エージェントは、下記の3社です。

  1. doda:約10万件の求人のうち8割(約8万件)が非公開求人
  2. マイナビエージェント:約33000件の求人のうち8割(約26000件)が非公開求人
  3. 【パソナキャリア】:約3万件の求人のうち8割(約24000件)が非公開求人

登録したら、あとは非公開求人をみつつ、興味ある会社に応募するだけです。

 

あとは行動あるのみ。

仮に失敗しても副業すればまたチャンスが広がるので、一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ