スキルなしの30代女性でも転職は可能【安定して生きれるから大丈夫】

スキルなしの30代女性でも転職は可能【安定して生きれるから大丈夫】

スキルなしの30代女性が転職するのは難しいのかな…?

転職したいんだけど、スキルも資格もないから不安…

もうまともな仕事には転職できない…?

 

どうしたらまともな仕事に転職できるかな?

結婚とか育児とかライフイベントも考えて、人生設計したい。

こういった不安や疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • スキルなしの30代女性も転職は可能だとわかる
  • 30代女性がスキルなしで転職する3つのコツがわかる
  • スキルなしの30代女性の人生設計がわかる

 

僕、佐藤誠一の妻は、31歳から未経験でWebライターに転職しました。

実は僕自身もWebライターでして、夫婦でのんきにノマド生活をしています。

 

また、僕は以前に「全国職業相談センター」というサイトで、3000人以上の転職相談にのった経験があります。

スキルなしの30代女性からの相談も多く、僕がアドバイスして転職に成功した人も多いです。

 

結論、スキルなしの30代女性でも、普通に転職できるので安心してください。

ただし、20代よりは不利なので、転職活動にはちょっとしたコツが必要。

転職がうまくいくコツもまとめたので、参考にどうぞ。

 

また、結婚や育児などライフイベントも考慮した人生設計も解説。

この記事を読むことで、将来の展望が見えると思います。

それでは、さっそくみていきましょう。

スキルなしの30代女性でも転職は可能

スキルなしの30代女性でも転職は可能

結論、スキルなしの30代女性でも普通に転職できます。

実際に求人サイトで検索すると、スキルなし30代女性の求人が普通に出てくるから。

リクナビNEXTで検索してみましたが、数千件は求人が出ますよ。

※実際に検索してみてください。→リクナビNEXT

 

つまり、スキルがなくても30代の女性を求めてる企業はあるということです。

僕が相談対応したスキルなしの30代女性も、普通に転職していきました。

結論、普通に転職できるので安心してください。

20代よりは不利だけど、転職できないわけじゃない

でも、もう30代だから20代よりは転職が不利でしょ?

たしかに、20代よりは転職が不利です。

理由は下記の3つ。

  • スキルなしの転職は若い方が有利だから
  • 30代は即戦力を求められるから
  • 30代女性は結婚や出産ですぐ辞めそうだから

事実、20代よりは求人数も少ないでしょう。

 

でも、転職自体はできるわけなので問題ないかと。

時間を戻すことはできないので、過去を振り返って後悔しても仕方ないです。

むしろ、今まだ求人があることにホッとしましょう。

これが40代だったら大変ですよ(汗)

【ただし】転職するなら早い方がいい

ホッとする30代女性

転職できるなら問題ないか。

よかったよかった。

と安心して、行動しないのはNGです。

前述のとおり、スキルなしの転職は1歳でも若い方が有利だから。

 

結論、転職したいなら今日から転職活動を始めましょう。

転職活動って、最低でも3ヶ月はかかります。

3ヶ月のうちに年齢が1歳ふえちゃうと、さらに不利になりますよ。

 

動き出すべきは今日からでして、できることから始めてみましょう。

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

30代女性がスキルなしで転職する3つのコツ

30代女性がスキルなしで転職する3つのコツ

転職できるのはわかったけど、転職活動の自信がないなぁ…

どうしたら採用されるかな?

30代女性がスキルなしで転職するコツは、下記の3つです。

  1. 経験がある仕事に応募する
  2. 知り合いを当たる
  3. 先にスキルを身につけてしまう

1つずつ解説しますね。

①経験がある仕事に応募する

即戦力人材に見せれば、内定率が上がるからです。

具体的には、あなたの経歴を棚卸ししてみましょう。

  • 事務経験がある→事務に応募
  • 資格がある→資格が必要な仕事に応募
  • 趣味でブログを書いてた→マーケティング会社に応募

まったくスキルなしの仕事に応募するより、はるかに内定率が高いです。

②知り合いを当たる

これ盲点ですが、知り合いを当たりましょう。

世に出てない掘り出し物求人があるから。

 

特に、中小企業ってこういう掘り出し物求人をもってたりします。

誰か1人ほしいけど、求人サイトに募集を出すと広告費が高いしなぁ…

かといって、ハローワークに掲載したら応募が殺到しちゃうのでメンドくさい…

って思ってる中小企業は多く、こういう掘り出し物求人は「知り合いの紹介」でしかわかりません。

聞くのはタダですから、知り合いに「人を募集してる良い会社ない?」と聞いてみましょう。

【ただし】知り合いの紹介はデメリットあり

下記の5つのデメリットがあるので注意しましょう。

  1. 会社が合うとは限らない
  2. 不採用だとカッコ悪い
  3. 話が違うことがある
  4. 人間関係にヒビが入ることあり
  5. 辞めづらい

詳しくは、友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】にまとめてます。

友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】

③先にスキルを身につけてしまう

転職する前に、スキルを身につけてしまいましょう。

スキルを身につければ、転職が一気に有利になるから。

 

たしかにそうだけど、どんなスキルを身につければいいの?

まったく知識がなくても大丈夫?

30代女性が身につけるなら、下記の5つのスキルがおすすめです。

  1. プログラミング:IT企業に転職できる
  2. Webデザイナー:IT企業に転職できる
  3. Webライター:在宅ワークできる
  4. 宅地建物取引士:不動産会社やハウスメーカーに転職できる
  5. CADオペレーター:メーカーや設計事務所に転職できる

これらは、今後も需要があるスキルで、まったく知識がなくても身につけられます。

スキルを学習する具体的な方法

プログラミングやWebデザイナーは、スクールで学ぶのがおすすめ。

なぜなら、独学だと最初でつまづきやすいから。

無料体験とかもあるので、興味あればまずはプログラミングに触れてから考えればOKです。

無料体験があるスクールは、【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめてます。

【無料あり】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

 

Webライターは、手前味噌ですが僕が作った「Webライターの完全講義」がおすすめ。

無料で勉強できるので、勉強してから検討してもOKかなと。

※一部有料部分がありますが、それは本気になるまで買わないでください。

 

宅地建物取引士は、資格スクール大栄などで学べば1年くらいで取得できます。

CADオペレーターは、ヒューマンアカデミーなど大手スクールのCADコースでOKだと思います。

【裏ワザ】出産の予定がないことをウソでもいいから伝える

転職活動の面接では、出産の予定がないことをウソでもいいから伝えるのがコツ。

企業側はすぐ産休に入られると困るので、その心配がないとわかると採用されやすいから。

 

今はコンプライアンスが厳しい時代なので、面接官が「出産の予定はありますか?」と聞くのはセクハラになっちゃうんですよね。

だから面接官からは聞けない、でも聞きたいってのが本音。

 

なので、あなたから、

出産の予定はしばらくありません。

と伝えると、安心してくれて採用されやすいですよ。

不安なら転職エージェントを使ってもOK

なんとなくわかったけど、1人で転職活動するのは不安だなぁ…

という人は、転職エージェントを使ってもいいかなと。

彼らは転職のプロだから。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  1. あなたに合いそうな求人の紹介
  2. 履歴書の中身を考えてくれる
  3. 面接の台本を考えてくれる

ようはプロが転職活動を代行してくれるので、内定率が高いです。

 

まず登録してみて、求人情報をみつつ、興味ある会社の話を聞いてみつつ、良さげな求人があれば応募してみましょう。

この辺は行動しながら考えればOKです。

女性に強い転職エージェントは、女性におすすめの転職エージェント3選【在宅×手に職で家庭と両立】にまとめてます。

女性におすすめの転職エージェント3選【在宅×手に職で家庭と両立】

手に職をつけちゃえば将来も大丈夫【女性の人生設計】

手に職をつけちゃえば将来も大丈夫【女性の人生設計】

転職っていうか、今後の人生が不安なんだよね…

転職するのはいいけど、今後の人生、どういう仕事をしていけば安定するかな?

できたら、結婚・育児とかにも対応できる仕事がいいなぁ。

結論、手に職をつけましょう。

手に職があれば、安定して稼げるから。

終身雇用は崩壊してるので、これからの時代の安定=手に職をつけるです。

【コツ】在宅ワークできる手に職をつけるのがおすすめ

手に職をつけたい女性

手に職をつけるって言っても、どんな手に職がいいの?

30代の女性には「在宅ワークできる手に職」がおすすめです。

理由は、結婚や育児などのライフイベントに対応しやすいから。

ぶっちゃけ、家で稼げたら多くの問題が解消しますよね。

仕事と家庭が一緒なので、両立しやすいですよ。

 

具体的に、どんな在宅ワークの職種がいいのかな?

特におすすめの在宅ワークは下記の3つ。

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. プログラマー

詳しくは、【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】にまとめてます。

【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】

アルバイト+在宅ワークでもOK

でも、在宅ワークでいきなりたくさん稼げるわけじゃないでしょ?

たしかに、在宅ワーク系の仕事は技術職なので、いきなりたくさん稼ぐことはできません。

なので、最初は副業で始める人が多いですね。

 

30代の女性なら、アルバイトで最低限の生活費を稼ぎつつ、空き時間で在宅ワークをやるのもアリです。

なぜなら、手に職がつけば在宅フリーランスで独立できるから。

手に職がついてしまえば、個人で仕事をもらうことも可能です。

 

事実、うちもフリーランスでして、個人で仕事を受けて年収750万円くらい。

こうなると、正社員じゃなくても在宅フリーランスで食っていけます。

※技術があるので正社員にもなれますが、束縛されたくないのでうちはフリーランスです。

 

結論、別に正社員にこだわる理由がないかと。

なので、アルバイト+在宅ワークで手に職をつけていけば、人生は割と安定します。

もちろん、家庭との両立も可能。

【体験談】僕の妻は31歳で未経験からWebライターになった

冒頭でもお伝えしましたが、僕の妻は31歳で未経験からWebライターになりました。

月の半分くらい働いて、15万円くらい稼いでます。

もっと働けば稼げますが、フリーランスなのでこの辺は自由。

仕事が終わったらゲームして遊んでます(笑)

 

仮に僕が体を壊しても、妻が稼げるので割と安心。

もちろん、家事もテキパキやってくれてます。※ありがたい(T-T)

 

結論、在宅ワークの手に職を身につけると、女性の人生はけっこう安定するかと。

まとめ【スキルなしの30代女性は転職できる。ただしすぐ行動しよう】

まとめ【スキルなしの30代女性は転職できる。ただしすぐ行動しよう】

ということで、転職したいならさっそく転職活動を始めましょう。

お伝えしたとおり、転職は1歳でも若い方が有利なので。

 

あおるわけじゃないですが、30代で年齢が1歳あがるのは、転職では大きな損失。

24歳が25歳になっても転職にはあまり影響しませんが、34歳が35歳になるのはインパクトが大きい。

転職活動は最低でも3ヶ月くらいかかるので、その間に年齢が増えてしまうと不利です。

 

本来は転職できたはずの会社を逃すことにもなりかねないので、本気なら今日から行動しましょう。

まずは行動して、行動しながら考えるのがコツですよ。

 

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

 

30代女性がスキルなしで転職するコツは、下記の3つです。

  1. 経験がある仕事に応募する
  2. 知り合いを当たる
  3. 先にスキルを身につけてしまう

 

30代女性が身につけるなら、下記のスキルがおすすめ。スキルの学習方法もどうぞ。

 

1人で転職活動するのが不安なら、転職エージェントを使ってもOKです。

登録して求人情報を確認しつつ、興味ある求人に応募するだけ。

参考:女性におすすめの転職エージェント3選【在宅×手に職で家庭と両立】

 

あとは行動あるのみです。

まずは一歩踏み出してみてください。

あなたの人生設計の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ