20代で2回目の転職は不利じゃない【失敗しない5つのコツも解説する】

20代で2回目の転職は不利じゃない【失敗しない5つのコツも解説する】

20代で2回目の転職って、やっぱり多いかな…?

ちゃんと検討して今の会社に転職したけど、なんか違った。

 

でも、20代で2回目の転職が不利で、まともな会社に転職できなかったらどうしよう…

もうブラック企業しかない…?

20代の2回目の転職に失敗しないコツを知りたいな。

こういった不安や疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 20代で2回目の転職は不利じゃないとわかる
  • 20代で2回目の転職に失敗しないコツがわかる
  • また転職したくなっても大丈夫な方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は5回転職してまして、20代で2回転職します。

結論、20代で2回目の転職は余裕です。

なぜなら2回目なら、まだ転職回数は少ない方だから。

 

事実、僕も転職できました。

20代で2回の転職を経験した僕が、コツを解説します。

 

あと、また転職したくなってしまった場合でも大丈夫な人生設計も解説。

この記事を読むことで、あなたも良い転職ができるし、人生が安定しますよ。

20代で2回目の転職は不利じゃない

20代で2回目の転職は不利じゃない

結論、20代で2回目の転職は不利じゃないです。

なぜなら、20代で転職2回目は多くない方だから。

 

さすがに4回とかだと多いですが、2回なら普通かなと。

あんまり気にしないでいいですよ。

20代の2回目なら、未経験の仕事に転職も可能

なぜなら、まだ若いから。

20代だと「ポテンシャル採用」といって、将来性だけで採用されることあり。

 

未経験の仕事に転職したいなら、20代のうちがチャンスです。

ちなみに転職しやすい職種は、未経験でも転職しやすい職種11選【その中で向いてる仕事を選ぶ方法】にまとめたのでどうぞ。

未経験でも転職しやすい職種11選【その中で向いてる仕事を選ぶ方法】

20代で2回目なら、大手にも転職可能です

意外かもですが、20代の2回目の転職なら大手にも転職可能です。

大手も20代を求めてるから。

 

実際に20代を募集してる大手企業は、第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】にまとめたので、参考にどうぞ。

第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】

【ただし】20代で2回目の転職でも不利になるケース

ただし下記のケースは、20代で2回でもちょっと不利になります。

  • 20代前半で2回目の転職
  • 前職期間が1年未満
  • 空白期間が半年以上

理由は、採用担当者が不安になるから。

 

でも大丈夫、コツを押さえれば転職できるので安心してください。

該当する人は、下記の記事を読んで実践すれば大丈夫。

  1. 転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】
  2. 【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】
  3. 第二新卒の空白期間の伝え方5選【ブランク×ノースキルで転職する方法】

20代で2回目の転職に失敗しない5つのコツ【これで成功】

20代で2回目の転職に失敗しない5つのコツ【これで成功】

20代で2回目なら転職できるのはわかった。

でも転職に失敗したくないから、コツを知りたいな。

結論、20代で2回目の転職に失敗しないコツは、下記の5つです。

  1. 退職理由と転職理由はポジティブにする
  2. 職務経歴書に実績を書く
  3. 自己PRは2社で身につけたスキルや実績を伝える
  4. 志望動機は「2社の経験を活かして貢献したい」で締める
  5. 不安なら転職エージェントに相談する

1つずつ解説しますね。

①退職理由と転職理由はポジティブにする

退職理由と転職理由がポジティブだと、印象が良いから。

良い例は下記のとおり。

  1. もっと裁量権のある仕事に挑戦したかったから
  2. キャリアアップしたいから
  3. やりたい仕事が見つかったから

 

NGなのは、下記のようなネガティブな理由ですね。

  1. 仕事がつまらなかったから
  2. 人間関係が悪かったから
  3. 給料が安かったから

退職理由や転職理由のコツは、下記の記事にまとめたのでどうぞ。

2社目がダメだった理由は反省を伝えればOK

退職理由や転職理由をポジティブに伝えても、

でも、うちの会社も辞めちゃうんじゃないの?

と聞かれる可能性があります。

 

この場合は、前回の転職の反省を伝えればOKです。

2社目の転職活動のときも十分に検討したはずなんですが、企業分析が甘かったと反省しています。

なので、今回の転職活動では同じ失敗をしないよう、企業分析を徹底しました。

その結果、御社に入社したいと思いました。

みたいに伝えればOKです。

失敗を反省し、学び、前に進める人に見えて好印象です。

②職務経歴書に実績を書く

仕事ができる人だと伝われば、採用されやすいから。

具体的には、下記のように書けばOK。

  • A社:営業成績が同期でTOP3に入りました
  • B社:売上が前年度比で20%アップ

 

このときのコツは、応募企業が興味をもつ実績を選ぶこと。

例えば、営業に応募するのに、事務職の実績を書いても意味ないです。

 

応募する企業が「おっ!この人よさそう!」と思う実績を書きましょう。

③自己PRは2社で身につけたスキルや実績を伝える

なぜなら、積み上げてきた人は採用されやすいから。

具体的には下記のとおり。

私はA社とB社で、コミュニケーションスキルを向上させてきました。

お客様をはじめ、社内でも「話がわかりやすい」という評価をもらっていました。

私が今まで積み上げてきたコミュニケーションスキルで、御社に貢献したいです。

これも、応募企業が喜ぶ内容によせるのがコツ。

  • 営業→営業スキル、コミュニケーションスキル
  • 事務→パソコンスキル、電話対応スキル
  • エンジニア→プログラミングスキル

って感じです。

 

自己PRのコツは、【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】を参考にどうぞ。

【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】

④志望動機は「2社の経験を活かして貢献したい」で締める

理由は、そう言われると採用したくなるから。

具体的には下記のとおり。

私が御社を志望する理由は、事業内容に共感したからです。

御社の◯◯事業は、今の世の中に必要とされるものだし、私もそれを展開してみたいと思ったからです。

 

私は過去の2社で◯◯の経験を積んでいますので、スキルを活かせると思います。

2社の経験を活かして御社に貢献したいです。

転職1回目の人より重みがあるので、アピールすべき。

「2社の経験を活かして貢献したい」というと即戦力にも聞こえるので、内定率がグッと上がりますよ。

 

ちなみに志望動機のコツは、【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】にまとめてます。

【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】

⑤不安なら転職エージェントに相談する

転職活動が不安なら、転職エージェントに相談すればOK。

彼らは転職のプロだから。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  1. 印象が良い退職理由や転職理由を考えてくれる
  2. 職務経歴書や履歴書に書く内容を考えてくれる
  3. 自己PRや志望動機を考えてくれる
  4. あなたに合う仕事・会社を紹介してくれる

結論、転職活動のめんどくさい部分を無料で代行してくれます。

そもそも、あなたが転職のプロになる必要はないので、餅は餅屋に任せるとですよ。

 

無料だし、相談してみてから利用するか決めてもいいし、嫌ならメール1本で断れます。

不安な人は、念のため相談しといて損はないかと。

 

信頼できる転職エージェントは、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめてます。

転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

また転職したくなっても大丈夫な人生設計

また転職したくなっても大丈夫な人生設計

また転職したくなるのが不安な人

転職活動のコツはわかった。

ただ、なんとなく怖いのが、もしまた転職したくなったらどうしよう…

 

さすがに3回目の転職とかはヤバいでしょ…?

でも、2回転職したいんだから、3回転職したくなるかも…

結論、今回の転職では、「手に職がつく仕事」に転職するのがコツです。

なぜなら、手に職があれば何回でも転職できるから。

 

手に職がある人はどの企業からも欲しがられるので、転職回数とか関係ないです。

【体験談】僕が5回転職できた理由

結論、手に職があるからです。

僕が身につけた手に職は、下記の2つです。

  1. 営業スキル
  2. Webマーケティングスキル

 

営業を3社で10年やって、副業でWebライターもやってました。

この2つがあったので、5回転職できた感じ。

 

現在は39歳ですが、今でもスカウトはきます。

手に職さえ身につければ何回でも転職できるし、自分の判断で自由な人生を設計できるので超おすすめですよ。

20代で転職できるおすすめの手に職

結論、下記の7つかなと。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 営業
  7. 宅地建物取引士

 

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

今回で手に職がつく仕事に転職すれば、あなたの人生は自由です。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

まとめ【20代で2回目の転職は不利じゃないから、転職活動を始めよう】

まとめ【20代で2回目の転職は不利じゃないから、転職活動を始めよう】

結論、20代で2回目の転職はぜんぜん不利じゃないので、さっそく転職活動を始めましょう。

 

というか、転職回数よりも、年齢が上がる方が不利ですよ。

転職って1歳でも若い方が有利だし、転職活動がなんだかんだで3~6ヶ月かかるので、早めに行動すべき。

 

「明日からでいいや」だと明日もやらないので、今日からできることを始めればOKです。

 

転職活動に失敗しないコツは、下記の5つ。

  1. 退職理由と転職理由はポジティブにする
  2. 職務経歴書に実績を書く
  3. 自己PRは2社で身につけたスキルや実績を伝える
  4. 志望動機は「2社の経験を活かして貢献したい」で締める
  5. 不安なら転職エージェントに相談する

 

無料なので、不安なら転職エージェントにも相談しといて損はないかと。

相談してみて、紹介される求人を見てから利用するか決めてもいいし、転職サポートを受けつつ利用するか判断してもOKです。

 

微妙ならメール1本で相談をやめられるので、相談しつつ考えればOKです。

参考:転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

 

そして、手に職がつく仕事に転職すれば、また転職できます。

結論、自由な人生を設計できますよ。

 

ということで、あとは行動あるのみ。

転職活動の手順は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】をどうぞ。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

行動すれば良い会社に転職できるし、あなたの人生も自由で安定します。

あなたの転職がうまくいくことを祈ってます!