25歳で転職していい3つの理由【転職に失敗しない3つのコツも解説】

25歳で転職していい3つの理由【転職に失敗しない3つのコツも解説】

25歳で転職していいのかな?

今の会社でずっと働く気はないから転職したいけど、25歳の転職は早すぎる?

 

転職活動とかも不安だなぁ…

転職はしたいけど、転職に失敗したくない。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 25歳で転職していい理由がわかる
  • 25歳の転職活動のコツがわかる
  • 転職に失敗しないコツがわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談を受けてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

25歳で転職してもいいですか?

という相談は、けっこうありました。

 

結論、25歳は転職の適齢期なので、転職していいですよ。

僕自身も、25歳で転職を考え始めて、26歳で転職しました。

 

ただ、当時の僕はよく調べずに転職したので、失敗してしまいました。

僕の失敗談から「もっとこうすればよかった」というアドバイスを相談者さんたちにしたところ、多くの人が転職に成功しています。

 

この記事では、そのノウハウをまとめています。

あなたも25歳の転職に成功して、楽しく生きていけますよ。

25歳で転職していい3つの理由

25歳で転職していい3つの理由

結論、25歳が転職していい理由は、下記の3つです。

  1. 3年以上がんばったので転職しやすいから
  2. 前職の経験を活かしてキャリアアップできるから
  3. 25歳だと未経験の仕事にも転職できるから

1つずつ解説しますね。

①3年以上がんばったので転職しやすいから

「石の上にも3年」という印象があり、転職に有利です。

もしあなたが採用担当者だとしたら、下記のどちらを採用しますか?

  • Aさん:23歳、前職期間1年
  • Bさん:25歳、前職期間3年

 

まぁ、Bさんですよね。

仕事の経験値が高そうだし、3年がんばってきた信頼があります。

ということで、前職で3年がんばった25歳は転職に有利。

②前職の経験を活かしてキャリアアップできるから

3年も経験を積んでいれば立派な経験者だし、今後に期待できるので採用されやすいです。

もしあなたが採用担当者なら、下記のどちらを採用しますか?

  • Aさん:23歳、経験年数1年、まだまだ初心者。
  • Bさん:25歳、経験年数3年、基本はできている。

 

まぁ、Bさんですよね。

基本ができてるので、教育が楽だから。

今後の期待値が大きい分、25歳の転職は有利です。

③25歳だと未経験の仕事にも転職できるから

まだ「若者扱い」をされるので、未経験の転職も可能。

もしあなたが採用担当者なら、下記のどちらを採用しますか?

  • Aさん:35歳の未経験者
  • Bさん:25歳の未経験者

 

まぁ、Bさんですよね。

なぜなら、まだ若いし吸収も速そうだから。

 

35歳のAさんは、覚えが悪そうだし、クセもありそうで扱いにくいです。

結論、25歳なら未経験の仕事にも挑戦できます。

転職していいかチェックリスト

一応、あなたが転職してOKかチェックしてみましょう。

下記に1つでも当てはまるなら転職してOKです。

  1. やりたい仕事がある
  2. 今の会社で何かしらの成果をあげた
  3. 仕事がつまらない、飽きた
  4. 人間関係に不満
  5. 今以上に給料が上がる見込みがない
  6. パワハラ・セクハラを受けている
  7. 今の会社がブラック企業

 

反対に、下記に1つでも当てはまるなら、転職はおすすめしません。

  1. 今の会社で何も成果をあげてない
  2. 今の会社が3年未満の人

現職が3年未満で、なんの成果もあげてないと転職できない可能性が高いから。

 

チェックリストを見て、転職してOKなら、さっそく転職活動に入りましょう。

25歳の転職活動のコツ3選

25歳の転職活動のコツ3選

僕は転職して良さそうだ。

でも、転職活動って初めてだから不安だな…

ちゃんと内定もらえるだろうか…?

25歳が内定をもらう転職活動のコツは、下記の3つ。

  1. 在職中に転職活動する
  2. 今の会社での実績をアピールする
  3. 退職理由・転職理由はポジティブにする

こちらも1つずつ解説しますね。

①在職中に転職活動する

転職活動は、在職中に始めましょう。

先に辞めちゃうと、無収入の期間ができてしまうから。

失業保険をもらえるのは辞めてから4ヶ月目なので、先に辞めるのは金銭リスクが高すぎます。

 

また、先に辞めてしまうと「計画性がない人」に見えて、内定も出にくくなるので注意。

在職中の転職活動のコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

②今の会社での実績をアピールする

理由は、即戦力人材ほど採用されやすいから。

例えば、今の会社で営業をやってきた人なら、下記のようにアピールすればOK。

  1. 新人の中では、TOP10に入っていた
  2. オフィスでTOP10以内に入った月もある
  3. お客さんから紹介をもらえた

 

簡単にいうと、うまくいったときのことだけをアピールすればいいですよ。

そんなにたいそうな実績がなくても、良かったときだけを伝えれば印象が良くて採用されやすくなります。

③退職理由・転職理由はポジティブにする

ポジティブな人に見えて、採用されやすいからです。

例えば、下記のような感じ。

  1. 御社の仕事をやりたいと思ったから
  2. もっと裁量権をもって働きたかったから
  3. キャリアアップしたかったから

 

NGなのは下記のような理由ですね。

  1. 今の仕事がつまらなかったから
  2. 人間関係が悪かったから
  3. 給料が安いから

本音ではそうでも、面接ではNGです。

面接なんて一瞬のイベントなので、ポジティブな印象を伝えましょう。

 

下記の記事が参考になるかと思います。

  1. 退職理由が人間関係の場合の伝え方【例文や突っ込まれた対処法も解説】
  2. 転職理由を「やりがい」にする3つの注意点【間違うと諸刃の剣です】
  3. 転職理由=キャリアアップの型4ステップ【まとまらないときの対処法】
  4. 転職理由が「会社の将来性」の場合の伝え方【将来性がない5つの業界】

25歳の転職に失敗しない3つのコツ

25歳の転職に失敗しない3つのコツ

転職活動のコツはわかったけど、転職に失敗したら嫌だな…

うっかりブラック企業とかに転職したらどうしよう…

 

合わない会社だったら、「転職しなきゃよかった」って後悔しそう…

結論、25歳の転職に失敗しないコツは、下記の3つです。

  1. 手に職がつく仕事に転職する
  2. ブラック企業を避ける
  3. 条件だけで会社を選ばない

 

転職に失敗しないためにも、チェックしておきましょう。

1つずつ解説しますね。

①手に職がつく仕事に転職する【年収が上がる】

理由は、終身雇用が崩壊したから。

もう1つの会社で定年まで働く時代じゃないので、25歳のうちから手に職をつければ人生は安泰です。

 

手に職のメリットは、スキルが上がれば年収も上がること。

2020年以降のキーワードは「手に職」です。

 

ちなみに、20代におすすめの手に職がつく仕事は、下記の7つです。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 営業
  7. 宅地建物取引士

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

②ブラック企業を避ける

ブラック企業は絶対に避けましょう。

キツすぎて、すぐ辞めることになるから。

 

ブラック企業を事前に見分ける方法は、ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】をどうぞ。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

③条件だけで会社を選ばない

くれぐれも、条件だけで会社を選ばないようにしましょう。

仕事がつまらなくて、長続きしないから。

 

具体的には、下記だけで転職先を選ぶと失敗します。

  1. 給料
  2. 休み
  3. 残業時間
  4. 通勤時間
  5. 福利厚生

 

コツは「仕事内容」で転職先を選ぶこと。

なんだかんだで、仕事内容が合ってれば楽しく仕事ができるから。

 

この辺は、【断言】転職の決め手は仕事内容でいい【条件で選ぶと失敗しやすい】にまとめてます。

【断言】転職の決め手は仕事内容でいい【条件で選ぶと失敗しやすい】

不安なら転職エージェントに相談する

転職先選びが不安な人

う~ん、なんとなくわかったけど、自分で転職先を選ぶのは自信がない…

どの会社が合うのかわからないよ…

という人は、念のため転職エージェントにも相談しておくと良いかと。

彼らは転職のプロだから。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  1. あなたに合う仕事・会社を紹介してくれる
  2. ブラック企業を排除してくれる
  3. 手に職がついて人生が安定する仕事を紹介してくれる

 

無料なので念のため相談してみて、とりあえず紹介される求人を見てから判断すればOK。

紹介される求人が微妙なら、相談を断ればOKです。

※メール1本で断れます。

 

結論、転職活動で動きながら判断すれば大丈夫。

【失敗談】僕は転職エージェントを使わず10年ムダにした

冒頭でも触れましたが、僕は25歳から転職活動を始めて、割と失敗しました。

営業職に転職して、その後10年も営業をやるんですが、今はまったく違う「在宅のWebライター」をやってます。

 

結論、Webライターの方が向いてました。

営業 Webライター
年収 600万円 750万円
生活レベル 超貧乏 ゆとりがある
仕事の楽しさ 辛い 楽しい
働く場所
服装 スーツ パジャマ
休日 なし 自由

断然Webライターの方が向いてたし、楽しいです。

 

結論、独断で営業に転職したら10年もムダにしてしまいました。

転職エージェントとかに相談して、向いてる仕事を紹介してもらえばよかった…

とかなり後悔してます。

無料だし、相談だけでもすればよかったです。

 

僕のように失敗してほしくないのでアドバイスですが、無料なので、一応転職エージェントに相談しといてもいいと思いますよ。

前述のとおり、微妙ならいつでも断れるので、とりあえず相談しといて損はないかなと。

 

相談だけでも丁寧に対応してくれる転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【25歳は転職していい。この転職で人生を好転させられる】

まとめ【25歳は転職していい。この転職で人生を好転させられる】

結論、25歳が転職していい理由は下記の3つです。

  1. 3年以上がんばったので転職しやすいから
  2. 前職の経験を活かしてキャリアアップできるから
  3. 25歳だと未経験の仕事にも転職できるから

 

本気で転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

転職って1歳でも若い方が有利だし、なんだかんだ3~6ヶ月くらいかかるので、すぐに始めた方がいいですよ。

 

転職活動のコツは下記の3つ。

  1. 在職中に転職活動する
  2. 今の会社での実績をアピールする
  3. 退職理由・転職理由はポジティブにする

 

そして、転職に失敗しない方法は、下記の3つです。

  1. 手に職がつく仕事に転職する
  2. ブラック企業を避ける
  3. 条件だけで会社を選ばない

 

転職先を選ぶのが不安なら、念のため転職エージェントにも相談しとくと無難です。

相談だけでも丁寧に対応してくれる転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】をどうぞ。

 

無料なのでとりあえず相談してみて、紹介される求人をみてから、利用するか決めてもOKです。

 

あとは行動あるのみ。

25歳の転職がうまくいけば、30歳にはもう人生が安定して楽しく生きれますよ。

 

低ストレスで、楽しく働きたい人は、さっそく転職活動を始めましょう。

参考:20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】