20代前半の男性が転職に失敗しない6つのコツ【辞めても人生は大丈夫】

20代前半の男性が転職に失敗しない6つのコツ【辞めても人生は大丈夫】

20代前半の男性が転職で失敗しない方法を知りたいな。

 

20代前半で辞めるのは早すぎると思うけど、

今の仕事がキツすぎて、すぐにでも辞めたいんだよね。

 

そのためには、早く次の転職先を見つけないと。

でも、焦って転職してブラック企業とかだったら嫌だなぁ…

 

20代前半の転職だけど、まともな仕事に転職したい。

できれば、次は向いてる仕事に転職して活躍したいな。

こういった疑問や悩みに答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 20代前半の男性が転職に失敗しない6つのコツ
  • 【体験談つき】20代前半の男性が転職しても人生は大丈夫【辞め方も紹介】

僕、佐藤誠一は、このサイトや他の転職系サイトで3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで相談対応もしてました。

 

20代前半の男性から、

転職したいんですが、転職活動はどうやればいいですか?

という相談も多かったです。

実際に僕がアドバイスして良い転職ができた人は多いでの、そのノウハウを記事にまとめました。

 

また、僕自身、20代前半で仕事を辞めてます。

 

経験があるのでわかるんですが、20代前半で自分に合う仕事に出会うのは難しいです。

社会人経験が浅いので、どんな仕事が合ってるかデータが少なすぎるんですよね。

 

僕は新卒で公務員になりましたが、1年半で退職しています。

でも、結果的に人生は大丈夫でした(^^)

今は好きな仕事・向いてる仕事で、毎日のんきに暮らしています。

 

結論、20代前半で仕事を辞めても人生は大丈夫。

僕の体験談も含めながら、20代前半の男性の転職を解説します。

20代前半の男性が転職に失敗しない6つのコツ

20代前半の男性が転職に失敗しない6つのコツ

20代前半の男性が転職で失敗しないコツは、下記の6つです。

  1. 若さをアピールする
  2. すぐに辞めないことを伝える
  3. 前職で身につけたスキルをアピール
  4. 自己分析を重点的にやる
  5. 履歴書と職務経歴書は完璧にまとめる
  6. できたら在職中に転職活動する

1つずつ解説しますね。

①若さをアピールする【第二新卒で応募できる】

20代前半の最大の武器は、若いことです。

一般的に、転職は若いほど有利なので。

 

第二新卒枠で応募もできるので、若いだけで強みです。

若いので、スキルが未熟でも許されますしね。

 

まずはフレッシュさをアピールすると、武器を活かせます。

【男性のコツ】体力があることはアピールしていい

肉体労働への転職じゃなくても、体力があることはアピールしてOK。

若さをわかりやすくアピールできるからです。

 

20代前半で、業務に支障があるほど体力がないと採用されにくいので、体力はアピールしておきましょう。

②すぐに辞めないことを伝える

すぐに辞めないことは、絶対にアピールしてください。

前職を短期間で辞めているため、

うちもすぐ辞めるのでは?

と思われるからです。

すぐに辞めないことを伝えるコツ

すぐに辞めないことを伝えるコツは、前職を選んだときの反省を伝えることです。

失敗を活かして行動できる人に見えて、好印象だからです。

 

例えばこんな感じ。

新卒の就活では考えが甘かったと反省しています。

正直にいうと、給料や休みの多さばかりで就職先を選んでしまいました。

 

でも、肝心の仕事に打ち込めないとダメだと気付きました。

失敗した経験を活かして、今回は自己分析を徹底し、自分が打ち込める仕事に絞って転職活動しています。

 

御社の◯◯◯◯事業の、◯◯◯◯◯の部分に興味をもちました。

世の中の人の役に立てる事業だと思い、御社を志望します。

 

若者が失敗を経験し、前に進もうとしている姿は美しいものなんです。

だから、失敗を正直に伝えて、失敗を活かして行動していることをアピールしましょう。

【難易度が高いけど有効】人生の目標を伝えると最高

ちょっと難易度が高いですが、あなたの人生の目標を伝えると最高に印象が良いです。

若者が未来を語るのは美しいからです。

 

具体的な伝え方の手順は、下記の3ステップ。

  1. まずはあなたの人生の目標を語る
  2. その目標を達成するために、応募企業で働くことが必要だと伝える
  3. あなたの目標を達成する=応募企業の利益にもなる

 

例えばこんな感じです。

私の人生の目標は、売れる営業マンになることです。

でも、どうせ売るなら自分も好きな商材が良いです。

 

御社の◯◯◯という商材は、世の中の役に立ちそうだし、自分も好きです。

なので、御社の◯◯◯で売れる営業マンになりたいと思いました。

 

「私が売れる営業マンになる=御社に貢献できる」ということなので、ぜひ御社で働きたいです。

年上の採用担当者(面接官)は、こういうのに弱いんです(笑)

年齢を若いことを活かして、人生の目標を伝えましょう。

③前職で身につけたスキルをアピール【応募企業に合わせる】

前職で身につけたスキルは、必ずアピールしてください。

前職期間が短かったとはいえ、身につけたスキルはあるはずなので。

 

反対に何もスキルが身についてないと、採用担当者に「この人、何してたんだ」と思われて印象が悪いです。

 

具体的には、下記のスキルを伝えればOKです。

  • パソコンの基礎的なスキルが身についた
  • 電話対応をできるようになった
  • 丁寧語・尊敬語・謙譲語の使い分け
  • ビジネスメールの送り方が身についた
  • 名刺交換の方法は知っている

大したスキルじゃなくても大丈夫。

なぜなら企業側が気にしているのは、基礎的なビジネスマナー研修の必要があるかを知りたいから。

 

ビジネスマナー研修が必要=コストがかかるので、嫌がるんです。

なので、基礎的な仕事のスキルをアピールするだけでも好印象です。

④自己分析を重点的にやる【ブラック企業も避ける】

企業を選ぶ前に、自己分析を重点的にやりましょう。

ミスマッチを防ぐためです。

 

自己分析の具体的な方法は、

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】にまとめてるので、参考にどうぞ。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

⑤履歴書と職務経歴書は完璧にまとめる

履歴書と職務経歴書は、完璧にまとめましょう。

書類選考に通らないと、話にならないからです。

 

履歴書・職務経歴書のコツは、下記のとおり。

  • 誤字脱字がないように書く(PC作成可)
  • 経歴を偽らない(詐欺です)
  • 履歴書・職務経歴書は使いまわさない(バレます)
  • 自己分析の結果から、応募企業に合う自己PRを作成する
  • 自己分析の結果から、応募企業に合う志望動機を作成する

履歴書と職務経歴書が難しいならプロに任せる

ぶっちゃけ、自己PRとか志望動機が苦手…

新卒の就活でもやったけど、すごい苦手だった。

 

応募企業に合わせて自己PRとか志望動機を書くのって、難しすぎて自分には無理そう…

という人は、無理せずプロのキャリアカウンセラーに任せましょう。

 

プロのキャリアカウンセラーは、無料で下記をやってくれます。

  1. まずはあなたのヒアリングをして、自己分析を手伝ってくれる
  2. 自己分析結果から、あなたに合う企業を紹介
  3. 応募企業に合わせて、自己PRと志望動機を一緒に作ってくれる

あなたが転職のプロになる必要はないので、プロにやってもらいましょう。

 

プロのキャリアカウンセラーに相談するには、転職エージェントに相談すればOK。

※在籍してるので。

 

20代におすすめの転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたので、参考にどうぞ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

⑥できたら在職中に転職活動する【ブランクを防ぐ】

できたら、在職中に転職活動しましょう。

辞めてから転職活動すると、ブランクができて不利だから。

 

辞めちゃうと、収入もなくなりますしね。

でも今の仕事が忙しくて、転職活動してる暇がないよ…

という人も、転職エージェントを利用すればOKです。

あなたが仕事をしている間も、あなたに合う企業をピックアップしてくれます。

 

時短で転職活動をするなら、転職エージェントがです。

【体験談つき】20代前半の男性が転職しても人生は大丈夫【辞め方も紹介】

【体験談つき】20代前半の男性が転職しても人生は大丈夫【辞め方も紹介】

せっかく新卒で就職した会社なのに、20代前半で辞めちゃって、俺の人生大丈夫かな…?

なんか、レールから外れるんじゃないかな?

 

辞めてから、後で後悔したくないな…

と不安になるかもですが、結論、

あなたの人生は大丈夫。

今は、1つの会社で定年まで働く時代じゃないから。

 

むしろ転職が当たり前の時代なので、まったく問題なしです。

【体験談】20代前半で転職しても人生は大丈夫だった

僕は22歳で、公務員を辞めています。

公務員を辞めることで、周りからはいろいろ言われましたよ(^^;

もったいない!

は、一番言われましたね(笑)

 

でも、現在の僕はフリーランスのWebライターをしています。

毎日家で働きながら、安定して年収750万円くらいを稼げています。

 

通勤もないし、上司もいません。

人生の自由度はかなり上がりました。

 

もし、22歳で公務員を辞める決断をしていなかったらと思うと、ゾッとします。

マジで辞めてよかった。

 

結論、20代前半で辞めても、

人生は後からどうにでもなりますよ。

次は向いてる仕事に転職するのがおすすめ

転職するにしても、次にやりたい仕事がない…

という人は、向いてる仕事に転職しましょう。

向いてる仕事は、人より苦労せずにできるので、人生に余裕が生まれるから。

 

向いてる仕事がわからない人

でも、向いてる仕事なんてわからないよ…

という人は、フューチャーファインダーという適職診断ツールを使えばOK。

151の質問に答えることで、かなり細かい自己分析と適職を診断してくれます。

フューチャーファインダー

フューチャーファインダー

しかも、フューチャーファインダーは無料。

 

約20分で向いてる仕事がわかるので、超カンタンです。

次の転職先の参考になるかと。

今の会社を辞める方法

ちなみに、今の会社を辞める方法も事前に知っておきましょう。

転職活動と退職手続きはセットなので。

 

会社の辞め方は、営業を辞めたいなら辞めても大丈夫【退職後の転職先も解説】を読んでみてください。

 

営業を辞める人向けの記事ですが、全職種に共通する退職方法をまとめています。

営業を辞めたいなら辞めても大丈夫【退職後の転職先も解説】

まとめ【20代前半の男性が転職しても人生は大丈夫】

まとめ【20代前半の男性が転職しても人生は大丈夫】

この記事をまとめます。

  • 20代前半の男性は、若さや体力をアピールしつつ、すぐに辞めないことも伝える
  • 自己分析を重点的にやって、自己PRや志望動機に活かす
  • 自己PRや志望動機が苦手なら、プロのキャリアカウンセラーに任せる
  • 20代前半で転職しても人生は大丈夫【後からどうとでもなる】
  • やりたい仕事がないなら、次は向いてる仕事に転職するのがおすすめ

本気で転職したいなら、今すぐ行動しましょう。

時間が経過してしまうと、年齢が上がってどんどん転職が不利になるから。

 

1歳でも若い方が転職に有利だし、すぐに転職できるわけじゃないので、すぐに行動開始です。

 

ちなみに、本記事で紹介した20代におすすめの転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめています。

 

また、向いてる仕事を知りたいなら、

フューチャーファインダーで無料診断できます。

 

最後に、20代におすすめの職種を、

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたので、こちらも仕事選びの参考にしてみてください。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです(^^)