20代後半の女性の転職でよくある失敗5選【結婚や育児と両立する仕事】

20代後半の女性の転職でよくある失敗5選【結婚や育児と両立する仕事】

20代後半の女性の転職の注意点を知りたいな。

転職で失敗したくない。

 

結婚・出産・育児と両立できて、安定して長く働ける仕事をしたいな。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 20代後半の女性の転職でよくある失敗5選【逆をやれば大丈夫】
  • 20代後半の女性が転職に成功する3つのコツ
  • 20代後半の女性は結婚・出産・育児と両立できる仕事に転職【フリーランスのすすめ】

僕、佐藤誠一は、このブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※「全国職業相談センター」というサイトで、相談対応もしていました。

 

20代後半の女性から転職相談も多く、僕のアドバイスで転職がうまくいった人もいます。

そのときのノウハウをこの記事にまとめたので、参考にしてみてください。

 

結婚・出産・育児と両立できる仕事の選び方も解説します。

目次

20代後半の女性の転職でよくある失敗5選【逆をやれば大丈夫】

20代後半の女性の転職でよくある失敗5選【逆をやれば大丈夫】

20代後半の女性の転職で、よくある失敗は下記の5つです。

  1. 事務職に転職しようとしてしまう
  2. 寿退社を想定して転職する
  3. 彼氏に合わせて派遣や契約社員に転職してしまう
  4. 結婚後に転職活動を始める
  5. 出産後に転職活動を始める

まずは失敗例から学びましょう。

 

逆の行動をすればOKです。

1つずつ解説しますね。

【失敗①】事務職に転職しようとしてしまう【20代後半の女性には不利】

これ、一番多いですね。

事務職を目指さない方がいい理由は、下記のとおり。

  • 求人が少ないので、転職活動が長期化する
  • 事務は手に職がつかないので、30代以降でつぶしが効かない
  • 給料が安い
  • 出産=退職の会社が多い

そもそも、事務職は募集が少ないので難しいです。

平成30年12月の有効求人倍率は、わずか0.41倍。

つまり、事務の求職者1人に対して、0.41件の求人しかありません。

 

1つの求人に応募者が殺到するので、超難関です。

事務職は危険な仕事【AIに取られます】

事務作業は、どんどんAIにシフトしていきます。

つまり、事務職の需要は下がるばかり。

 

どんなに事務スキルを身につけても、AIに勝つのは無理です。

将来性がなさすぎるので、事務職を目指すのはおすすめしません。

 

大丈夫、事務職よりも結婚や育児と両立できる仕事はあります。

※後述します。

【失敗②】寿退社を想定して転職する

今の時代は、寿退社を想定しない方がいいです。

男性は、女性にも仕事をしてほしいと思っているから。

 

2015年のマイナビウーマンの調査によると、男性が結婚したい女性は下記のとおり。

  • 自分もバリバリに働いて稼ぐ女性:65.0%
  • 完璧に旦那をサポートする家庭に入る女性:35.0%

参考:マイナビウーマン「男性の本音! 結婚するならバリバリに働く女性or家庭を守り旦那をサポートする女性?

 

寿退社→専業主婦はもう非現実的なので、寿退社を想定した転職はやめましょう。

彼氏と結婚するし、今の仕事が嫌だから、

とりあえずつなぎの仕事にテキトーに転職すればいいや

という考えは超危険です。

【失敗③】彼氏に合わせて派遣や契約社員に転職してしまう

これもよく相談があったんですが、派遣や契約社員はおすすめしません。

スキルが身につかないから。

彼氏が全国転勤のある会社に勤める予定だから、

私は派遣でとりあえず働こうかな

という考えのリスクは、下記のとおり。

  • 彼氏と本当に結婚できるかわからない
  • 日本の離婚率は35%
  • 終身雇用が崩壊したので、彼氏の仕事は保証されていない

つまり、女性も働ける方が良いということです。

 

記事後半で後述しますが、在宅ワークできる手に職をつけると一気に解決できますよ(^^)

【失敗④】結婚後に転職活動を始める

結婚後に転職活動を始めるのは、おすすめしません。

採用担当者に、

すぐ出産や育児がやってくるんだろうな…

と思われてしまい、内定が出にくいからです。

 

企業側としては、採用した人がすぐに産休や育休に入るのは嫌がります。

  • 仕事を覚えるのが遅くなる
  • 戦力にならない

などの理由で。

 

コツは、結婚前に転職してしまうことです。

【失敗⑤】出産後に転職活動を始める

厳しいようですが、出産後に転職活動を始めるのはおすすめしません。

圧倒的に採用されにくいからです。

 

企業側が、出産後の女性を採用したがらない理由は下記のとおり。

  • 子供の用事や体調不良で、仕事を抜ける可能性があるから
  • 家庭があるので、残業が難しいから
  • どうしても、仕事より子供が優先になるから

怒る女性

女性に厳しすぎる!

と思うかもしれませんが、企業は商売をしている以上こういうことは気にします。

 

前述のとおり、結婚する前に転職してしまうのがコツです。

20代後半の女性が転職に成功する3つのコツ

20代後半の女性が転職に成功する3つのコツ

20代後半の女性が転職に成功する方法を、深掘りしていきます。

具体的には、下記の3つが重要。

  1. 未経験職種への転職も視野に入れる
  2. 20代前半で身につけたスキルを売り込む
  3. 女性向けの福利厚生がしっかりした会社を選ぶ

1つずつ解説しますね。

①未経験職種への転職も視野に入れる【20代後半の女性は手に職をつけるべし】

未経験職種も視野に入れて、転職活動しましょう。

20代後半の女性でも、未経験の職種に転職できるからです。

 

30代になると未経験の転職は一気に難しくなるので、今のうちです。

 

ちなみに、20代の未経験転職におすすめの職種は、

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたので、興味あればどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

20代後半の女性ほど手に職をつける価値が高い

未経験職種に転職するときのコツは、

手に職がつく仕事に転職すること。

後述しますが、結婚・出産・育児と両立できるからです。

 

手に職がつけば、在宅の仕事が可能です。

子供のそばにいながら仕事ができるし、仕事量の調節もできるのでおすすめですよ。

 

ちなみに、20代の未経験転職を得意とする転職エージェントの情報を、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたので、参考にどうぞ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

②20代前半で身につけたスキルを売り込む

20代後半は社会人経験があるので、20代前半で身につけたスキルを見られます。

応募企業が欲しがる人物像に合わせて、売り込んでいきましょう。

 

ちなみに、未経験職種への転職でも、20代前半のスキルを売り込めます。

例えば、下記のような感じ。

転職の内容 アピールできるスキル
アパレル販売→営業 アパレル時代に身につけたコミュニケーションスキル
事務→IT 事務職時代に身につけたパソコンスキル
フリーター→正社員 フリーター時代で経験した多職種の経験

未経験職種への転職でも、アピールできる経験を探して売り込めばOKです。

③女性向けの福利厚生がしっかりした会社を選ぶ

女性向けの福利厚生は、きちんと見ておきましょう。

出産や育児と両立できないのは、やはりきついですからね。

 

チェックすべきは、主に下記の福利厚生。

  • 産休
  • 育休
  • 時短勤務

このへんは最低限ほしいところですね。

 

ちなみに、type転職エージェントは20代女性の転職に強いので、女性向けの福利厚生がしっかりしている会社を紹介してくれます。

type転職エージェントの評判・口コミ【向いてる仕事を見つける方法】にまとめたので、興味あればどうぞ。

type転職エージェントの評判・口コミ【向いてる仕事を見つける方法】

20代後半の女性は結婚・出産・育児と両立できる仕事に転職【フリーランスのすすめ】

20代後半の女性は結婚・出産・育児と両立できる仕事に転職するがおすすめ

前述のとおり、20代後半の女性こそ手に職をつけましょう。

結婚・出産・育児と両立できるからです。

 

特におすすめなのは、在宅のフリーランスを目指せる職種です。

 

在宅のフリーランスになるメリットは、下記のとおり。

  • 常に家で仕事ができる
  • フリーランスなので、仕事の量を調節できる
  • 子供の行事や体調不良にも対応できる
  • 夫の転勤にも対応できる

結婚・出産・育児すべてに対応しやすいので、おすすめです。

フリーランス人口は1100万人以上【生活もできます】

フリーランスって、正社員じゃないんでしょ?

いくらなんでも不安定すぎるでしょ…

と不安にならなくて大丈夫。

 

日本のフリーランス人口は1100万人以上で、もはや普通の働き方。

スキルが身につけば、生活もできますよ。

 

また、それでも不安なら、

  • 夫:正社員
  • 妻:在宅のフリーランス

だと安心ですよね。

どちらの良いところも活かせますよ。

 

ちなみに、フリーランスで生活できる話を、

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】にまとめたので、不安ならどうぞ。

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】

在宅のフリーランスで働ける「手に職」

在宅のフリーランスで働けるのは、下記の職種です。

  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター

すべて未経験から始められます。

 

ちなみに僕は在宅フリーランスのWebライターですが、年収は750万円くらいです。

まずは正社員で転職してからフリーランスを目指す

上記職種のうち、

  • プログラマー
  • Webデザイナー

は、まず正社員で働きましょう。

給料をもらいながら、フリーランスを目指せるスキルが身につくから。

 

両方とも、未経験から正社員の転職ができます。

 

ちなみに、プログラマーやWebデザイナーの転職に強い転職エージェントを、

IT未経験者向けのおすすめ転職エージェント3選【ブラック企業に注意】にまとめたので、必要があればどうぞ。

IT未経験者向けのおすすめ転職エージェント3選【ブラック企業に注意】

いきなり正社員が不安ならITスクールで勉強する

でも、なんの知識もないのに、

いきなりプログラマーとかWebデザイナーに転職するのは不安…

という人は、ITスクールで基礎を学びましょう。

 

あなたが、仕事自体を好きになれるかもわかりますからね。

勉強することで、向き不向きもわかると思います。

 

代表的なITスクールは、下記のとおり。

2校の評判を下記の記事にまとめているので、興味あればどうぞ。

Webライターは副業で始める

Webライターは正社員募集がほとんどないので、副業から始めるのがおすすめ。

プログラマーやWebデザイナーと比べると、「文章を書く」という点でハードルは低めです。

 

僕も未経験からWebライターを始めて、普通に生活できています。

 

Webライターに興味がある人は、

Webライターは未経験から始められる【仕事内容・収入・始め方も解説】を読んでみてください。

Webライターは未経験から始められる【仕事内容・収入・始め方も解説】

あと、僕のYoutubeでも解説しているので、動画が良い人はこちらをどうぞ(^^)

フリーランスの仕事は長期で安定して稼げる

上記で紹介した、

  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター

は、長期で安定して稼げるので安心してください。

今後もまだまだ需要があるから。

 

上記の3職種の共通点は、IT業界の仕事であること。

IT業界はまだまだ伸びるので、今後も需要は豊富。

 

結論、長い目で見て問題なしです。

もしIT業界の今後が不安なら、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】が参考になるかと(^^)

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

僕の妻の事例【在宅のフリーランスです】

ちなみに、僕の妻も在宅フリーランスのWebライターです。

月収は15~20万円くらい。

 

妻が20代後半のときに僕の仕事を手伝い始めて、今ではどこでもやっていけるレベルのWebライターです。

毎日家で、パジャマ姿で仕事をしてます(笑)

 

うちはまだ子供はいませんが、おそらく子供ができても特に問題ないかと。

だって、家にいますからね。

 

フリーランスなので、仕事量の調整もしやすいです。

 

結論、20代後半の女性は、在宅フリーランスが可能な仕事に転職すると、結婚・出産・育児と両立しやすいです。

まとめ【20代後半の女性はフリーランスで働ける仕事に転職するのがおすすめ】

まとめ【20代後半の女性はフリーランスで働ける仕事に転職するのがおすすめ】

この記事をまとめます。

  • 安易に事務職を目指さない
  • 寿退社を想定した転職は危険
  • 結婚する前に転職しておく
  • 未経験職種への転職も視野に入れる
  • 在宅フリーランスで働ける仕事に転職すれば、結婚・出産・育児と両立しやすい

20代後半の女性の転職の失敗事例に注意しながら、転職活動を始めてみましょう。

ぶっちゃけ、20代の転職は1歳でも若い方が有利ので、結論、今すぐ行動すべき。

 

転職活動を始めてすぐに内定が出るわけじゃないので、早め早めに行動しましょう。

 

ちなみに本記事で紹介した、20代の未経験転職に強い転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

また、女性の福利厚生がしっかりしている会社を紹介してくれるtype転職エージェントについては、

type転職エージェントの評判・口コミ【向いてる仕事を見つける方法】をどうぞ。

 

あと、プログラマーやWebデザイナーの転職に強い転職エージェントは、

IT未経験者向けのおすすめ転職エージェント3選【ブラック企業に注意】でわかります。

 

そして、プログラミングやWebデザインを学べるITスクールは、下記の2校です。

2校の評判は、下記の記事にまとめてます。

  1. テックキャンプの評判・口コミまとめ【あなたがITに向いてるか診断】
  2. ウズウズカレッジの評判まとめ【ITスキルが身につくと未来は明るい】

 

あなたの転職活動の参考にしてください(^^)