損害保険営業の仕事内容【経験者がきついところや転職方法も解説】

損害保険営業の仕事内容【経験者がきついところや転職方法も解説】

損害保険の営業に転職を考えてるんだけど、詳しい仕事内容を知りたい。

どれくらい稼げる仕事なの?

ノルマとかキツくないのかな…?

 

離職率はどうなの…?

自分にやっていけるか不安、本当に転職して大丈夫…?

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 損害保険営業の仕事内容や年収がわかる
  • 損害保険営業のやりがいがわかる
  • 損害保険営業のきついところがわかる
  • あなたが損害保険営業に向いてるかわかる
  • 損害保険営業に転職する方法がわかる
  • 損害保険営業で売れるコツがわかる

 

僕、佐藤誠一は損害保険営業の経験が5年ほどあります。

  • AIG損保の営業(メットライフ生命にて):2年
  • 保険代理店で損害保険の営業:3年

結論、損害保険営業はなかなか大変な仕事です。

この記事は、実際に損害保険営業をやった僕が解説するので、けっこう信ぴょう性があるかと。

 

あなたが損害保険営業でやっていけるか適職診断もできるので、転職の参考にどうぞ。

佐藤誠一

最終的に、あなたが損害保険営業に転職すべきかわかるので、転職に失敗したくない人は最後まで読んでみてください。

目次

損害保険営業の仕事内容【3つの種類も解説】

損害保険営業の仕事内容【3つの種類も解説】

まず、損害保険営業の仕事内容を知っておきましょう。

具体的には下記の種類があります。

  • 自動車保険の営業
  • 火災保険の営業
  • 地震保険の営業
  • その他の損害保険の営業

1つずつ解説します。

自動車保険の営業

もっとも件数が多いのが自動車保険です。

後述しますが、損害保険営業には下記の3種類があります。

  1. 直販(保険会社の社員)
  2. 代理店営業
  3. 保険代理店の営業マン

自動車保険の9割は、保険代理店の営業マンが売っています。

直販で売るのは、大手の運送会社などの大口契約です。

 

※保険代理店の営業マンの仕事内容は、保険代理店の営業マンの仕事内容や年収【経験者が転職していいか解説】を参考にどうぞ。

火災保険の営業

火災保険とは、下記などを補償する保険です。

  • 火事
  • 風災
  • 水害
  • 雪害

こちらもほとんどは保険代理店の営業マンが販売しています。

余談ですが、「火災保険からお金をおろす方法」があるので、知識として知っておきましょう。

詳しくは、火災保険の保険金をもらって修理しないのはOK【お金だけもらえる】にまとめてます。

地震保険の営業

地震保険は、火災保険とセットで販売します。

なぜなら、地震保険は単体で契約できないから。

 

大規模な震災の影響もあり、地震保険の加入が増えています。

グラフで見る!地震保険統計速報

出典:損害保険料率算出機構「グラフで見る!地震保険統計速報

その他の損害保険の営業

損害保険には、他にも下記があります。

  • ペット保険
  • 情報漏洩の保険
  • イベント保険
  • ケガの保険
  • 医療保険
  • ガン保険
  • 介護保険
  • ゴルファー保険
  • 海外旅行保険
  • 収入補償保険
  • 損害賠償保険

佐藤誠一

これらを売るのも、損害保険営業の仕事です。

損害保険営業には3種類ある

前述のとおり、損害保険営業には下記の3種類があります。

  1. 直販
  2. 代理店営業
  3. 保険代理店の営業マン

仕事内容がけっこう違うので、それぞれ解説します。

①直販【損害保険会社の社員】

損害保険会社の正社員として営業を行います。

主には、大口の法人契約を狙う感じ。

 

具体的には下記のような契約です。

  • 大手運送会社の自動車保険
  • 大型商業施設グループの火災保険
  • 航空会社の損害保険

当然ながら他社と競争になるので、保険料の値引きを行うのも仕事です。

佐藤誠一

後述しますが、損害保険の商品内容は各社であまり差がないので、事実上は保険料争いになるケースも多いです。

②代理店営業【損害保険会社の社員】

保険代理店の営業マンのサポートをする仕事です。

特徴は、自分で損害保険の営業はしないこと。

あくまで保険代理店の営業マンに「売ってもらう仕事」です。

 

代理店営業については、保険代理店営業の3つの仕事内容【激務やノルマなどきついところも解説】に詳しくまとめたのでどうぞ。

佐藤誠一

サポート役に回りたい人や、マネジメント力を身につけたい人は代理店営業がおすすめです。

③保険代理店の営業マン【保険代理店の社員】

保険代理店の社員として、損害保険を売る仕事です。

※僕はこれをやってました。

主に個人や中小企業向けに、損害保険の営業を行う感じ。

 

前述のとおり、損害保険の9割は保険代理店の営業マンが売ってます。

ちなみに、大手保険代理店は下記など。

佐藤誠一

保険代理店に転職する場合は、上記のような大手にしときましょう。

手数料率が高いし、扱える保険会社の数も多いので、稼ぎやすいです。

 

ちなみに、保険代理店の営業マンの詳細は、保険代理店の営業マンの仕事内容や年収【経験者が転職していいか解説】を参考にどうぞ。

保険代理店の営業マンの仕事内容や年収【経験者が転職していいか解説】

保険代理店で独立を目指す研修生制度あり

損害保険会社では、保険代理店で独立を目指す人向けに「研修生制度」があります。

保険会社の研修生として採用されて、きちんと営業も出ます。

 

一定期間の研修を終えたら、保険代理店を立ち上げて独立するイメージですね。

佐藤誠一

起業したい人には良いかなと思います。

損害保険会社の一覧【平均年収も解説】

ちなみに、損害保険会社には下記があります。

平均年収が公開されてるところは記載しておいたので、転職先の参考にどうぞ。

保険会社名 平均年収
東京海上日動 1245万円
三井住友海上 741万円
あいおいニッセイ同和損保 643万円
AIG損保
SBI損保 401万円
損保ジャパン 606万円
セコム損保
ソニー損保
明治安田損保
Au損保
アクサ損保
イーデザイン損保
楽天損保 614万円
三井ダイレクト
共栄火災 598万円
大同火災 428万円
さくら損保 554万円
ジェイアイ傷害火災 415万円
エイチ・エス損保 601万円
セゾン自動車火災
日新火災海上 587万円
アニコム
アイペット損保 390万円
ペット&ファミリー損保

損害保険営業のやりがい

損害保険営業のやりがい

ちなみに、損害保険営業のやりがいって何?

損害保険営業の3種類別に、やりがいを解説します。

  1. 直販
  2. 代理店営業
  3. 保険代理店の営業マン

直販のやりがい【仕事がダイナミック】

直販のやりがいは、大規模案件に関われること。

有名な大手企業の大口案件を扱うため、とにかく仕事がダイナミックです。

年間保険料が100億円を超える商談もありますよ。

佐藤誠一

デカい仕事をしたい人におすすめです。

直販のキャリアプラン

ちなみに、直販のキャリアプランは下記があります。

  • 昇進
  • マネジメントに回る
  • 他の保険会社に転職

キャリアプランは申し分ないかと。

ちなみに、保険会社のキャリアプランについては、保険会社の2つのキャリアプラン【ただし、売れることが大前提です】に詳しくまとめてます。

保険会社の2つのキャリアプラン【ただし、売れることが大前提です】

代理店営業の5つのやりがい

代理店営業のやりがいは下記の5つです。

  1. 保険代理店の営業マンの契約があがったとき
  2. 自社を選んでもらえたとき
  3. 保険代理店の営業マンに感謝される
  4. マネジメント力が評価されて給料が上がる
  5. 成績がよければ昇進できる

この辺の詳細も、保険代理店営業の3つの仕事内容【激務やノルマなどきついところも解説】で解説してます。

代理店営業のキャリアプラン

ちなみに、代理店営業のキャリアプランは下記のとおり。

  • 昇進
  • マネジメントに回る
  • 他業界の代理店営業に転職

佐藤誠一

マネジメントスキルが身につくので、他業界のマネジメントに進む道もあるかと。

保険代理店の営業マンの2つのやりがい

保険代理店の営業マンのやりがいは、下記の2つです。

  1. 売れればたくさん稼げる
  2. 収入が安定する

保険代理店の営業マンは歩合給の割合が大きいので、売れたら売れただけ稼げます。

年収3000万円以上の人もいますよ。

 

また、生命保険と違って、損害保険は収入が安定するのが大きなメリット。

  • 生命保険:最初の1年しか大きな報酬をもらえない
  • 損害保険:更新されるたびに報酬が入ってくる

例えば、損害保険で年間1000万円の収入があれば、更新されてる限り来年も年収1000万円です。

 

極論ですが、新規契約をもらわなくても安定してお金が入ってきます。

※生命保険で年収1000万円を維持するには、新規契約をあげ続けるしかない。

 

ちなみに生命保険の営業の詳細は、生保レディの6つの仕事内容【やりがいや給与を知ってから転職しよう】にまとめたので、比較にどうぞ。

保険代理店の営業マンのキャリアプラン

保険代理店の営業マンのキャリアプランですが、他のビジネスに挑戦するのもアリかと思います。

ちなみに僕は、保険代理店の営業マンの後にWebマーケティング営業に転職しました。

佐藤誠一

現在はフリーのWebライターをやってまして、在宅で年収750万円くらいです。

損害保険営業のきついところ

損害保険営業のきついところ

反対に、損害保険営業のきついところも知っておきたい。

もちろん、損害保険営業にもきついところがあります。

こちらも3種類ごとに解説します。

  1. 直販
  2. 代理店営業
  3. 保険代理店の営業マン

直販のきついところ【競争が激しい】

直販のきついところは、他社との競争が激しいところ。

前述のとおり、損害保険の商品内容は他社と似たりよったりなので、差別化しにくいんです。

 

結果、保険料で差別化するケースも多いため、「保険料が一番安い会社」が選ばれてしまうことも。

※もちろんすべてではないけど。

 

大口契約なので、契約をもらえれば天国ですが、契約をもらえないと落胆は激しいです。

佐藤誠一

価格競争がイヤな人は、ちょっときついかも。

代理店営業のきついところ5選

代理店営業のきついところは下記の5つです。

  1. 激務のこともある
  2. 休日も対応が必要
  3. ノルマがきつい
  4. 立場が弱い
  5. 売上の低い保険代理店のフォローが大変

こちらも、保険代理店営業の3つの仕事内容【激務やノルマなどきついところも解説】で詳しく解説してます。

佐藤誠一

僕も代理店営業の人にお世話になりましたが、とにかくいつも忙しそうでした。

ノルマはあるけど「自分で売れない」のが大変そうでしたね。

保険代理店の営業マンのきついところ4選【離職率ちょっと高い】

保険代理店の営業マンのきついところは下記の4つです。

  1. 売れないとクビになる
  2. 営業経費が自腹
  3. 土日も仕事がある
  4. 大手代理店じゃないと稼ぎにくい

保険代理店の営業マンは個人事業主みたいなもんなので、営業経費が自腹だったり、土日も仕事だったりします。

 

また、最低限の売上がないとクビになるので、本当に営業力がある人向けです。

この辺は、保険営業はやめとけと言われる15の理由【きついけど売れれば天国】が参考になるかと。

 

結論、離職率はちょっと高めかなと。

注意
厳しい仕事なので、事実、辞めていく人も多いです。

売れる人しか生き残れない、厳しい世界だと思ってください。

参考:【元保険屋が暴露】保険営業の離職率は90%以上【覚悟してください】

佐藤誠一

ちなみに、小規模な保険代理店は手数料率が低いので、あまりおすすめしません。

損害保険営業に向いてる人の特徴【適職診断】

損害保険営業に向いてる人の特徴【適職診断】

う~ん、損害保険営業のことは少しわかったけど、そもそも僕は向いてるのかな?

結論、あなたが損害保険営業に向いてるかは、【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選【勧誘のウラ側】を読むとわかります。

 

向いてる人の13の特徴があり、7つ以上に当てはまればやっていけるかと。

あなたがいくつ当てはまるか数えてみましょう。

佐藤誠一

適職診断のつもりでどうぞ。

損害保険営業に向いてなさそうなら他の仕事を検討しよう【手に職】

う~ん、どうやら僕は損害保険営業に向いてないみたいだ…

でも、転職はしたいんだよね。

なんかおすすめの転職先ってある?

損害保険営業に向いてなさそうなら、他の仕事に転職しましょう。

向いてない仕事をするのは辛いですからね。

 

おすすめの職種は下記の8つ。

理由は、すべて「手に職がつく仕事」だから。

※すべて未経験から転職できます。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング
  6. 営業
  7. 宅地建物取引士
  8. CADオペレーター

終身雇用も崩壊したので、これからの時代で安定して食っていくには、手に職をつけるしかないかと。

 

上記8つの仕事の詳細や転職する方法は、下記の2記事にまとめたので参考にどうぞ。

 

ちなみに、安定・成長しているおすすめの業界は下記の3つです。

  1. IT業界
  2. Web業界
  3. インフラ業界

詳しくは、転職におすすめの業界は3つだけ【3000人の声を聞いて厳選しました】にまとめてます。

佐藤誠一

安定して食っていきたい人におすすめです。

ピンとこないならあなたに向いてる仕事に転職すればOK

う~ん、どの仕事もピンとこないなぁ…

という人は、あなたに向いてる仕事に転職すればOKです。

向いてる仕事は、だんだん仕事が楽しくなってくるから。

 

あなたに向いてる仕事に転職すると、下記の好循環が起こります。

  1. 向いてるから仕事ができてしまう
  2. 上司にほめられる
  3. ほめられて嬉しいから、もっと頑張る
  4. もっと頑張るから、さらに成果が出る
  5. 仕事に自信がついて楽しくなる

結論、生きてて楽しくなります。

佐藤誠一

現在の僕はWebライターをやってますが、ありがたいことに向いてました。

最初は興味なかったけど、やってるうちに楽しくなってきた感じです。

参考:年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

あなたに向いてる仕事が一発でわかる方法

でも、自分に向いてる仕事なんてわからないよ…

という人は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】を参考にどうぞ。

記事内で「一発であなたに向いてる仕事がわかる方法」を解説してます。

佐藤誠一

向いてる仕事も知った上で、どんな仕事に転職するか考えてみてください。

損害保険営業に転職する方法【割と普通です】

損害保険営業に転職する方法【割と普通です】

ちなみに、損害保険営業に転職するにはどうしたらいいの?

損害保険営業への転職は、大きく分けると下記の2つで転職方法が違う感じです。

  1. 直販と代理店営業
  2. 保険代理店の営業マン

それぞれ解説します。

直販と代理店営業に転職する方法

直販と代理店営業に転職する方法は、ぶっちゃけ普通です。

下記のどれかでOK。

  • 直接応募する
  • 転職サイトから応募する
  • 転職エージェントに紹介してもらう

転職活動の流れは、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

佐藤誠一

失敗しない転職活動の流れなので、参考になるかなと。

【ただし】直販の転職難易度はかなり高い

ただし、直販の転職はかなり難しいです。

なぜなら、直販は新卒採用がメインだから。

中途採用はなかなか難関です。

 

少しでも直販に転職できる確率を上げる方法はないの?

ぶっちゃけ、大手に強い転職エージェントに頼った方がいいと思います。

なぜなら、損害保険会社と強いパイプをもってるから。

MEMO
直販は、ようは「一見さんお断り」的な感じでして、転職エージェントの推薦状をもらった方が内定率が上がります。

 

もちろん転職エージェントを使っても採用されないことはありますが、大手に強い転職エージェントに登録して、紹介を待てばOKかと。

もし求人があれば連絡がきます。

 

無料で登録できるので、やれることは全部やっといた方がいいかなと思います。

行動して、可能性を広げてみましょう。

 

損害保険会社の直販にも強い転職エージェントは、下記の大手3つです。

  • doda:約10万件の求人数があり損害保険会社も得意。まずはこちらに登録しましょう
  • マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。非公開求人多数で損害保険会社も得意
  • 【パソナキャリア】:年収アップの転職が得意な大手。もちろん損害保険会社も得意。こちらも登録して損はないはず

各社とも5分くらいで登録作業は終わります。

非公開求人も多いので、思わぬ紹介があるかもしれませんよ。

保険代理店の営業マンに転職する方法

保険代理店の営業マンに転職する方法は、直接応募が一般的です。

ただし、経験者しか採用してない保険代理店もあるので要注意。

未経験者も採用してる保険代理店 経験者しか採用してない保険代理店
ほけんの窓口など ファイナンシャルアライアンス

ファイナンシャルジャパン

ニュートンフィナンシャルコンサルティング

ライフプラザパートナーズ

リスクマネジメントラボラトリー

あなたの状況に応じて、応募する代理店を選びましょう。

佐藤誠一

経験者しか採用しない大手代理店は、入社基準が厳しいこともあります。

とりあえず話を聞いてみましょう。

損害保険営業に必要な資格【転職時は資格不要】

ちなみに、損害保険営業に転職するのに、なんか必要な資格はあるの?

結論、資格はなくて大丈夫です。

「損害保険一般試験」に合格する必要がありますが、これは入社後に取得する資格。

なので、転職活動時の資格は不要です。

 

しいて言えばFPはあってもいいかもしれませんが、ぶっちゃけなくても採用されます。

※FPも入社後に取得する資格だから。

【おまけ】損害保険営業で売れるコツ

ちなみに、損害保険営業で売れるコツってあるの?

結論、生命保険も損害保険も売り方はだいたい一緒です。

具体的なコツは、【COT直伝】生命保険営業のコツ7選【意外な7つの成功ノウハウあり】にまとめたので参考にどうぞ。

佐藤誠一

年収3000万円クラスの保険営業マンに聞いたノウハウをまとめてます。

まとめ【損害保険営業への転職を慎重に検討しよう】

まとめ【損害保険営業への転職を慎重に検討しよう】

この記事をまとめます。

  • 損害保険営業は、直販・代理店営業・保険代理店の営業マンの3種類
  • 損害保険営業はやりがいもあるけど、きつい部分もある
  • 直販と代理店営業への転職は、直接応募・転職サイト・転職エージェントでOK
  • ただし直販は大手の強い転職エージェントの推薦状をもらう
  • 保険代理店は経験者しか採用してないところもある

ということで、まずはあなたが損害保険営業に向いてるか診断しましょう。

参考:【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選【勧誘のウラ側】

 

もし向いてるなら、さっそく転職活動を始めてみてください。

行動しないと何も始まらないので。

「う~ん」と考えてても答えは出ないので、行動しながら考えるのがコツです。

 

失敗しない転職活動の流れは、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

 

ただし、直販の転職難易度は高いので、大手に強い転職エージェントの推薦状をもらうと無難です。

損害保険会社の紹介に強い転職エージェントに登録して、紹介を待てばOK。

無料で登録できるので、やれることは全部やっておきましょう。

 

損害保険会社の紹介が強い転職エージェントは、下記の大手3つです。

本気なら3社とも登録しておくと、チャンスが広がります。

  • doda:約10万件の求人数があり損害保険会社も得意。まずはこちらに登録しましょう
  • マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。非公開求人多数で損害保険会社も得意
  • 【パソナキャリア】:年収アップの転職が得意な大手。もちろん損害保険会社も得意。こちらも登録して損はないはず

 

もし損害保険営業に向いてなさそうなら、手に職がつく仕事がおすすめ。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング
  6. 営業
  7. 宅地建物取引士
  8. CADオペレーター

詳細は下記の2記事にまとめてます。

 

また、安定・成長しているおすすめの業界は下記の3つです。

  1. IT業界
  2. Web業界
  3. インフラ業界

詳しくは、転職におすすめの業界は3つだけ【3000人の声を聞いて厳選しました】をどうぞ。

 

ピンとこないなら、あなたに向いてる仕事に転職すればOK。

あなたに向いてる仕事が一発でわかる方法は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】で解説します。

 

あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出してみてください。

あなたの転職の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ