スキルアップ転職に失敗する3つの例【失敗しない3つのコツも解説】

スキルアップ転職に失敗する3つの例【失敗しない3つのコツも解説】

スキルアップ転職したい人

スキルアップ転職したいけど失敗が怖い…

業務レベルが自分に合わなかったらどうしよう…

どうしたらスキルアップ転職に失敗しないかな?

 

あと、効率的にスキルアップしていくコツも知りたいです。

こういった不安や疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • スキルアップ転職に失敗する例がわかる
  • スキルアップ転職に失敗しないコツがわかる
  • 効率的にスキルアップしていく方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談を受けてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

スキルアップ転職に失敗しました…

という相談はけっこうありましたね。

 

相談を受けてきたことで「スキルアップ転職に失敗する例」が見えたので、記事にまとめました。

反面教師になるので、失敗を防げるかと。

具体的にスキルアップ転職の失敗を防ぐ方法も解説します。

 

また、現在の僕はフリーランスのWebライターをやりつつ、このブログで稼いでいます。

効率的にスキルアップするには、副業するのがおすすめ。

 

この記事を読むことで、あなたは効率的にスキルアップできて、自信をもって生きれる人生になりますよ。

スキルアップ転職に失敗する3つの例

スキルアップ転職に失敗する3つの例

結論、スキルアップ転職でよくある失敗例は下記の3つです。

  1. 業務レベルが高すぎて失敗
  2. 業務レベルが低すぎて失敗
  3. 激務すぎて失敗

まぁ、なんとなく想像つきますよね。

【現実】あなたにちょうどいい求人はない

ちょっと残念なお知らせですが、「あなたの現在のスキルにちょうどいい求人」は存在しません。

なぜなら、すべて人が作った会社だから。

※あなたのスキルにちょうどいい仕事=起業しかないかと。

 

なので、スキルアップを狙った正社員の転職は、「あなたのスキルレベルに合わない部分」があることを覚悟しましょう。

これはサラリーマンの宿命なので、受け入れるしかないですね。

 

でも、少しでも自分のスキルレベルに合う会社に転職したい。

が本音だと思うので、できるだけあなたのレベルに合う会社に転職するコツを次で解説します。

スキルアップ転職に失敗しない3つのコツ

スキルアップ転職に失敗しない3つのコツ

あなたのスキルレベルにできるだけ合う会社に転職するコツは、下記の3つ。

  1. 業務レベルを面接で聞く
  2. 職場見学させてもらう
  3. 社員さんと面談の機会をもらう

これしかないですよね。

一応、1つずつ解説します。

①業務レベルを面接で聞く

面接で、業務レベルの感じを聞きましょう。

面接はこちらのわからないことも聞いていい場だから。

 

具体的には、面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれるので、そこで聞けばOK。

私が今まで経験してきた業務は◯◯◯が中心なのですが、御社の業務レベルとフィットしていますか?

みたいに聞けばいいですよ。

 

面接なので詳細までは教えてくれないですが、聞かないよりマシです。

※ミスマッチを防ぐためにも重要。

②職場見学させてもらう

できれば、職場見学をさせてもらいましょう。

現場を見た方が早いから。

 

まともな会社なら職場見学させてくれますよ。

※というか、職場見学を嫌がる会社は裏があるかもだから要注意。

 

実際に業務を見せてもらえば、あなたにできそうかイメージが湧きやすいです。

③社員さんと面談の機会をもらう

可能であれば社員さんと面談の機会をもらいましょう。

実際に働いてる人に業務レベルを聞けば、間違いないから。

 

こちらも、まともな会社なら面談の場を設けてくれます。

詳細な質問はここですればOK。

 

実際の業務の感じも見せてもらいつつ、あなたのスキルレベルでやっていけそうか見てみましょう。

※社員さんとの面談を嫌がる会社も、なんか裏があるかもなので要注意。

スキルアップ転職に失敗したときの対処法

念のため、スキルアップ転職に失敗しちゃったときの対処法も解説しておきますね。

失敗のケース 対処法
①業務レベルが高すぎて失敗 憧れの先輩がいるなら頑張ってもいいかと
②業務レベルが低すぎて失敗 副業すればOK
③激務すぎて失敗 水面下で転職活動を始める

①業務レベルが高すぎた場合は、憧れの先輩がいるなら頑張る価値があります。

同じ環境にいれば、その先輩みたいになれる可能性があるから。

この辺は、転職先の仕事についていけないとき辞めていいか【失敗じゃないですよ】を参考にどうぞ。

転職先の仕事についていけないとき辞めていいか【失敗じゃないですよ】

 

②業務レベルが低すぎたら、副業すればOK。※副業は後述します。

 

③激務すぎたら、水面下で転職活動を始めましょう。

詳しくは、転職に失敗して辞めたいときの対処法【戦略的な人生の立て直し方】にまとめてます。

転職に失敗して辞めたいときの対処法【戦略的な人生の立て直し方】

もし失敗しちゃった場合は参考にしてください。

効率的にスキルアップしていく方法【副業かなと】

効率的にスキルアップしていく方法【副業かなと】

なんとなく転職のコツはわかった。

あと、どうせなら効率的にスキルアップしていきたいけど、なんか良い方法ある?

結論、副業が良いかなと思います。

副業はあなたのペースで調整しやすいから。

 

具体的には、下記のような調整がききます。

  • 仕事のレベル
  • 仕事の種類
  • 仕事のボリューム

例えば、「ちょっとここをスキルアップしたいな」と思っても、いちいち正社員の転職をすると面倒ですよね。

転職回数も増えてしまうので、あんまり良いことじゃないです。

 

でも、副業なら割と自由に調節可能。

会社の業務で足りない部分は、副業でスキルアップしましょう。

お金も稼げるので一石二鳥です。

クラウドソーシングで副業可能

でも、副業ってどうやってやるの?

夜も働きに出るのって、キツくない?

今はクラウドソーシングサイトで副業できるので、体力的な負担は少ないかなと。

「クラウドソーシングサイト」とは、副業を紹介してくれるサイトです。

 

職種によっては難しいですが、PC系の仕事ならけっこう副業案件がありますよ。

代表的なのは下記のサイト。

無料の会員登録をすると、副業案件を見ることができます。

スキルアップに役立ちそうな案件をやってみると良いかと。

【体験談】副業したらスキルアップのスピードが上がった

僕も副業したら、スキルアップのスピードが上がりました。

冒頭でもお伝えしましたが、僕の本業はWebライターであり、副業でこのブログをやってます。

 

業務内容は両方一緒でして、ようはライティングです。

企業さんから依頼されてWebライターをやりつつ、このブログも書いてる感じ。

 

例えば、このブログで新しいノウハウを習得したら、Webライターの仕事にも転用します。

※逆もあります。

こんな感じで、Webライター⇄ブログの相乗効果でスキルレベルが上がります。

 

おそらく、Webライターしかやってない人に比べたら、成長スピードも速いです。

結論、効率的にスキルアップしていきたいなら、副業も検討してみてください。

まとめ【スキルアップ転職に失敗しないコツを実践してみよう】

まとめ【スキルアップ転職に失敗しないコツを実践してみよう】

ということで、本気でスキルアップ転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

 

できるだけあなたのスキルレベルに近い会社を見つけるコツは、下記の3つです。

  1. 業務レベルを面接で聞く
  2. 職場見学させてもらう
  3. 社員さんと面談の機会をもらう

 

求人って流動的なので、あなたのスキルレベルに近い求人が、来週にはなくなってることもあります。

本来なら転職できたはずの新天地に行けないので、人生単位の機会損失かと。

 

結論、動くべきは今日からでして、できることからでいいので行動しましょう。

「明日でいいや」は、チャンスを逃す人生の典型です。

 

想像してみてください。

あなたが次の会社でさらにスキルアップして、自信と余裕をもって生きている姿を。

今日から行動すればそんな未来になるので、さっそく今日から転職活動あるのみです。

 

ちなみに失敗しない転職活動の手順は、転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】をどうぞ。

転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】

また、転職に失敗しないコツは、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】にまとめてます。

 

あとは行動あるのみ。

今日から行動すれば、あなたはスキルアップできて、安定した人生を生きれますよ( ̄^ ̄)ゞ

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】