試用期間で退職すると転職が不利です【正しく対処すれば辞めてOK】

試用期間で退職すると転職が不利です【正しく対処すれば辞めてOK】

試用期間中に退職したい人

試用期間中に退職すると、次の転職が不利なのかな…?

転職してみたんだけど、合わないのですぐ辞めたい。

なんか、思っていたのと違った…

 

でも、具体的に次の転職はどうしたらいいのかな…?

面接とかで、退職理由はどう言えばいいんだろう…?

ブラック企業にしか転職できなかったら、どうしよう…

こういった不安や悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 試用期間で退職すると転職が不利だとわかる
  • 試用期間中に退職したいときの対処法がわかる
  • ブラック企業を避ける方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

試用期間中に退職したい人

試用期間中に退職すると、次の転職は不利になりますか?

という相談は、かなりありました。

 

結論、不利になります。

ただし、転職自体はできるので安心してください。

ブラックじゃない会社に転職もできるので大丈夫。

 

この記事を読むことで、今の苦境から抜け出して、あなたらしい人生を送れるようになりますよ。

試用期間で退職すると転職が不利です

試用期間で退職すると転職が不利です

結論、試用期間で退職すると、次の転職は不利です。

すぐ辞める人に見えて、企業側は採用したくないから。

 

例えば、あなたが採用担当者だったとして、下記の2人のどちらを採用したいですか?

  • Aさん:前職期間5年
  • Bさん:前職期間1ヶ月

まぁAさんですよね。

なぜなら、長く活躍してくれそうに見えるから。

 

結論、試用期間中に辞めると、次の転職は不利です。

結果、短期離職を繰り返しやすくなる

なぜなら、収入がなくなって、焦って転職しちゃうから。

  1. 辞めて収入がなくなる
  2. 焦って転職活動する
  3. 内定が1つでも出たら承諾してしまう
  4. フタを開けたらブラック企業
  5. 短期離職を繰り返す

みたいな流れです。

 

結果、どんどん転職が不利になります。

ヘタすると「クビになった人」に見えることも

試用期間で退職=使えないと判断されて、クビになった人にも見えます。

企業側は、試用期間中なら簡単にクビにできるので。

この人、そんなに仕事ができないのかな…?

採用するの怖いな…

と思われてしまうかも。

 

結論、試用期間中に退職すると、転職は不利になります。

試用期間中に退職したい場合の対処法【不利な転職を有利に】

試用期間中に退職したい場合の対処法【不利な転職を有利に】

やっぱり不利なのかぁ…

でも、今の会社は辞めたいのは変わりません。

 

具体的に、どうしたらいいですか?

具体的には、下記の2ステップで行動すればOKです。

  1. まず転職活動を開始する
  2. 直属の上司に退職を申し出る

1つずつ解説しますね。

①まず転職活動を開始する

辞めるより前に、転職活動を始めてください。

内定はすぐに出ないので、1日も早く転職活動を始めた方がいいから。

 

具体的には、下記をすべてやりましょう。

  1. 求人サイトに登録する
  2. 転職エージェントに登録する
  3. ハローワークに行く
  4. SNSで面白い社長を探す
  5. LinkedInWantedlyで会社を探す

すべてやる理由は、すぐに内定がほしいから。

 

転職=情報戦なので、とにかくすべてやって、情報を集めまくりましょう。

あとは、条件に合う求人を絞っていけばOKです。

試用期間中の転職活動は転職エージェントが楽

ぶっちゃけ試用期間中の転職活動は、転職エージェントが良いですね。

理由は下記の2つ。

  1. 内定率が高いから
  2. 転職活動を代行してくれるから

 

結論、あなたが働いてる間も転職活動を進めてくれるので、時間を短縮できます。

無料だし、とりあえず大手の転職エージェントに登録して、求人の紹介を待ちましょう。

  1. doda:転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?・求人は約10万件。まずはここで情報収集。
  2. マイナビエージェント:こちらも大手。登録して損はないかと。
  3. 【type転職エージェント】:関東の求人を多数保有。関東の人は登録。

 

どの転職エージェントが良い求人をもってくるかわからないので、3社くらいに登録しておけばいいかと。

本格的に利用するかは、紹介される求人を見てからでOKです。

 

ちなみに3社の評判は下記にまとめたので、詳しく知りたい人はどうぞ。

  1. doda(デューダ)の評判や口コミのまとめ【期限は3ヶ月まで】
  2. マイナビエージェントの評判や口コミまとめ【サポート無制限を使う】
  3. type転職エージェントの評判・口コミ【関東の女性の転職が超得意】

②直属の上司に退職を申し出る

転職活動を始めたら、上司に退職を申し出ましょう。

退職ってなんだかんだで1ヶ月くらいかかるので、早めに言うほど早く辞められるから。

 

具体的な退職手続きについては、会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】にまとめたのでどうぞ。

会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】

転職活動での退職理由の伝え方

試用期間中に辞めると、転職の面接で苦戦しそう…

退職理由とか、どう言えばいいの?

結論、正直に話してOKです。

どうせ不利なのは変わらないので、いっそ正直に言う方が印象が良いから。

 

伝える型は下記の4ステップでOK。

  1. 正直な退職理由を伝える
  2. 前の会社を選んでしまった反省を伝える
  3. 今回の転職活動では反省を活かしていると伝える
  4. 貢献できることを伝える

 

具体例はこんな感じ。

前の会社は、業務内容が事前に聞いていた話と大きく違ったので退職しました。

具体的には、事務だと聞いていたんですが、実際に入社したら営業でした。

正直、リサーチが甘かったと反省しています。

 

同じ失敗を繰り返さないよう、今回は企業分析に力を入れました。

その結果、御社を見つけました。

御社は私がやりたかった仕事ですし、今までの実務経験を活かして貢献できると思います。

「反省」を伝えることで、人のせいにしてない感じがしてマシですよね。

 

ちなみに面接のコツは、転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】にまとめたので参考にどうぞ。

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

次の転職でブラック企業を避ける方法

次の転職でブラック企業を避ける方法

転職できたとしても、もうブラック企業くらいしか転職できないんじゃない…?

試用期間中に辞める人なんて、まともな企業は採用しないでしょ?

 

あーあ、もうブラック企業で生きていくしかないのかな…?

結論、試用期間中に辞めたとしても、ブラックじゃない会社に転職できるので安心してください。

ブラック企業を避けるコツは、下記の2つです。

  1. 転職前にブラック企業を見抜く
  2. 向いてる仕事を選ぶ

1つずつ解説しますね。

①転職前にブラック企業を見抜く

事前にブラック企業を見抜く方法があります。

具体的には下記をチェック。

  • 夜中に電気がついてないか
  • 離職率が高くないか
  • 口コミサイトやSNSが荒れてないか
  • 平均年齢が若すぎないか
  • 求人情報が抽象的じゃないか

 

詳しくは、ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】をどうぞ。

20のチェック項目があるので、これだけ調べればかなりブラックを避けられますよ。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

②向いてる仕事を選ぶ

向いてる仕事は、できてしまうので楽にこなせるから。

発想の転換ですが、仮にブラック気味の会社でも、向いてる仕事ならできてしまいます。

 

あなたに向いてる仕事は、MIIDAS(ミイダス)など無料の適職診断アプリでわかります。

僕もやりましたが、けっこう当たってました。

ミイダスの適職診断

無料だし、15分くらいで天職がわかるので、やっといて損はないかと。

まとめ【試用期間の退職は転職が不利だが、無事に転職も可能】

まとめ【試用期間の退職は転職が不利だが、無事に転職も可能】

結論、試用期間中の退職は次の転職が不利ですが、正しく対処すれば大丈夫。

具体的な対処法は下記のとおり。

  1. 求人サイトに登録する
  2. 転職エージェントに登録する
  3. ハローワークに行く
  4. SNSで面白い社長を探す
  5. LinkedInWantedlyで会社を探す

結論、すぐに内定がほしいので、できる転職活動はすべてやりましょう。

 

1日でも早く行動するほど、1日でも早く抜け出せるので、さっそく行動開始すべき。

転職=情報戦なので、情報収集するほど失敗が減ります。

 

転職エージェントは、下記の3社に登録して求人の紹介を待てばOK。

  1. doda:転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?・求人は約10万件。まずはここで情報収集。
  2. マイナビエージェント:こちらも大手。登録して損はないかと。
  3. 【type転職エージェント】:関東の求人を多数保有。関東の人は登録。

まずは紹介される求人を見てみて、内容がよかったら本格的に相談すればOK。

無料なので損はないし、微妙ならメールで断りを入れましょう。

 

3社の評判は、下記の記事にまとめてます。

  1. doda(デューダ)の評判や口コミのまとめ【期限は3ヶ月まで】
  2. マイナビエージェントの評判や口コミまとめ【サポート無制限を使う】
  3. type転職エージェントの評判・口コミ【関東の女性の転職が超得意】

 

また、次の転職でブラック企業を避けるコツは下記の2つ。

  1. 転職前にブラック企業を見抜く
  2. 向いてる仕事を選ぶ

あなたに向いてる仕事は、MIIDAS(ミイダス)など無料の適職診断アプリでわかります。

 

結論、正しく対処すれば、今の会社を抜け出して、あなたらしく生きることができますよ。

無事に退職と転職ができることを祈ってます。