【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】

【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】

転職の志望動機の書き方を知りたいな。

例文とかも見て参考にしたい。

どうすれば、内定をもらえる志望動機を書けるかな?

 

ただ、ぶっちゃけ志望動機を考えるのってメンドくさい…

楽に志望動機を作る方法はないかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 転職の志望動機の書き方のコツ【未経験者向けのコツも解説】
  • 転職の志望動機の例文【面接でも使ってOK】
  • 転職の志望動機を楽に作る2つの方法【未経験者も楽に書ける】

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もしていました。

 

志望動機には型があるので、型に沿って書けば簡単です。

僕がアドバイスして内定をもらえた人も多いので、信ぴょう性があると思います。

 

また、僕は現在フリーランスのWebライターをしていますが、人を募集していた時期がありました。

採用する側の気持ちがわかるので、それも信ぴょう性があるかと。

  • 志望動機をうまく書けない
  • 志望動機を考えるのがメンドくさい

という人の参考になればうれしいです。

目次

転職の志望動機の書き方のコツ【未経験者向けのコツも解説】

転職の志望動機の書き方のコツ【未経験者向けのコツも解説】

転職の志望動機の書き方は、下記の型で書くのがコツです。

  1. 結論(志望理由)を書く
  2. 結論の理由を書く
  3. 応募企業でなければいけない理由を書く
  4. 応募企業に役立てることをアピール
  5. 応募の意思で締める

型を詳しく解説していきますね。

①結論(志望理由)を書く

まず結論(志望理由)から書きましょう。

採用担当者は忙しいので、結論から書かないとちゃんと読んでもらえないから。

 

例えばこんな感じ。

私が貴社を志望する理由は、さらにお客様に喜んでもらえると思ったからです。

②結論の理由を書く【転職理由を志望動機に入れる】

次に、上記「結論」の理由を書きましょう。

理由を書くことで、説得力が増すからです。

 

コツは、

  • 今の会社でできないこと
  • 応募企業でできること

をつなげる感じです。

 

例えばこんな感じ。

私は保険の営業をやっていますが、貴社のIT営業はお客様に利益を生み出せるからです。

もちろん保険も大事ですが、保険はマイナスをゼロに戻すことしかできません。

私のお客様にプラスの利益をもたらしたいのです。

 

③応募企業でなければいけない理由を書く

次に、応募企業でなければいけない理由を書きましょう。

他の企業でもできることだと、説得力に欠けるから。

 

ここは企業分析を徹底すると書けますね。

 

例えばこんな感じ。

貴社のWebサービスは、大手でも取れないような領域の集客に強いため魅力を感じました。

たくさんの企業が高額の広告費を払わされている中、貴社のように費用対効果の良いサービスは他にないと思います。

 

④応募企業に役立てることをアピール

ここで1つアピールを入れましょう。

上記①~③はあなたのメリットですが、企業側のメリットもないとフェアじゃないので。

 

あなたを採用するメリットを伝えましょう。

 

例えばこんな感じ。

現在の保険営業で築き上げた人脈は、1000人を超えます。

保険ではお客様にならなかった企業も、御社のサービスなら興味をもつと思います。

 

⑤応募の意思で締める

最後は応募の意思で締めましょう。

決意を伝えることで気持ちが伝わるから。

 

例えばこんな感じです。

御社でさらにお客様の役に立てると思いましたし、私自身の営業スキルも上がると思います。

結果、貴社に貢献できると思い志望します。

 

未経験転職の志望動機の書き方

未経験の仕事の志望動機の書き方のコツも、前述の型と同じでOKです。

  1. 結論(志望理由)を書く
  2. 結論の理由を書く
  3. 応募企業でなければいけない理由を書く
  4. 応募企業に役立てることをアピール
  5. 応募の意思で締める

 

しいて言えば「未経験の仕事への転職に向けて、今とりくんでいること」を伝えると良いですね。

本気度が伝わるからです。

 

例えばこんな感じ。

プログラマーは未経験の仕事なので、現在、プログラミングスクールに通って勉強しています。

 

この一文があるだけで、本気度が伝わりますよね。

自己分析を徹底すれば志望動機が見えてくる

なんか志望動機ってボヤッとしてて、うまく書けないんだよね…

という人は、自己分析を徹底しましょう。

あなたのことがわかれば、何をしたいのかわかるので。

 

あなたのやりたいこと=志望動機です。

 

自己分析のやり方については、

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】にまとめています。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

企業分析を徹底すれば志望動機は見えてくる

「この会社じゃなきゃいけない理由」が難しい…

なんかボヤッとした理由しか書けないから、刺さらない志望動機になっちゃう…

という人は、改めて企業分析を徹底しましょう。

応募企業でなければいけない理由が書けない原因は、情報不足です。

 

ネットやSNSを調べまくるのはもちろん、応募企業がやってるイベントに参加するなど、企業分析を徹底すれば見えてきます。

志望動機は体験談を混ぜるのがコツ【オリジナルになるから】

志望動機には、必ず体験談を混ぜましょう。

他の人とカブらない、オリジナルの内容になるから。

 

オリジナル性がなくありきたりな志望動機は、採用担当者の目にも止まらないです。

企業が求める人物像に合わせた志望動機にする

志望動機は、応募企業が求める人物像に合わせるのがコツです。

どんな素晴らしい志望動機でも、求められてない人材は採用されないから。

 

応募企業の採用ページなどを見て、求める人物像を調べましょう。

 

例えば、応募企業が「コミュニケーション力のある人」を求めてるなら、コミュニケーションのアピールを入れましょう。

私は接客業の経験があるので、コミュニケーションスキルで御社に貢献できると思いました。

 

みたいな一文があるだけでも、印象が良くなりますよ。

転職の面接の志望動機も基本は履歴書と同じでOK

面接で伝える志望動機も、基本は履歴書と同じで大丈夫。

変に変えてしまうと、一貫性がなくて印象が悪いから。

 

そもそも、書類選考を通って面接にいけてる時点で、面接官はあなたに興味があります。

なのに、履歴書と違う志望動機を言ってしまうと裏切りになるので、同じでOK。

 

履歴書に書ききれない、具体的なエピソードを話すのも良いですね。

転職回数が多い人の志望動機のコツ【履歴書の注意点】

転職回数が多い人の志望動機のコツは、

  • 退職理由をポジティブに伝える
  • 前職までの反省を伝える

などがあります。

 

具体的なノウハウは、転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】にまとめてます。

転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】

ダメな志望動機の例

ダメな志望動機の例は下記のとおりです。

  • 理念に共感しました→誰でも言える
  • 応募企業をほめまくる→あなたのことが伝わらない
  • 何もできないけど学びたい→もらうことばかり考えてる印象
  • 企業側のメリットがない→もらうことばかり考えてる印象
  • 前職の悪口→ネガティブな印象

この5つは書かないようにしましょう。

【注意】給料や休みで企業を選ばない【志望動機作りに苦労します】

志望動機が書けない人の多くは、条件で応募企業を選んでいます。

給料や休みが志望動機になってしまうので、

まともな志望動機を後から考えるのが大変なんです。

 

コツは、企業分析のときに給料や休みなどの条件を見ないこと。

事業内容や業務内容だけを見ることで、純粋な志望動機を書けます。

 

意識してやってみるだけでも、かなり志望動機作りが楽になりますよ。

転職の志望動機の例文【面接でも使ってOK】

転職の志望動機の例文【面接でも使ってOK】

転職の志望動機の例文を、いくつか紹介します。

あなたの志望動機作りの参考にしてください。

営業→事務の転職の志望動機の例文

私が貴社を志望する理由は、御社の仕事に関わりたいと思ったからです。

私自身が御社の商品のユーザーでして、好きな商品が世の中に広がる仕事をしたいのです。

貴社に問い合わせした際に、事務の女性にとても丁寧にしていただけました。

それがきっかけで、貴社のことが好きになりました。

営業職をやってきましたが、私の対応をしてくれた事務の女性のような、人に喜ばれる仕事をしたいです。

営業で培ったコミュニケーションスキルがあるので、電話対応や社内のコミュニケーションには自信があります。

貴社の商品がさらに世の中に喜ばれる仕事をしたいです。

 

体験談を入れて、オリジナルの志望動機になっていますね。

 

実は、志望動機が一番難しいのは事務職です。

事務職って業務内容が曖昧なので、志望動機を作りにくいから。

 

コツは「前職のスキルを活かして貴社に貢献したい」というアプローチですね。

 

ちなみに、営業から事務職への転職の志望動機は、

営業から事務に転職する志望動機の3つのコツ【履歴書の例文つき】にまとめています。

営業から事務に転職する志望動機の3つのコツ【履歴書の例文つき】

営業→ITの転職の志望動機の例文

私が貴社を志望する理由は、時代の波に乗りたいからです。

私は印刷会社の営業をやっていますが、時代の流れは変えられないと痛感しています。

ペーパーレスの時代になり印刷の需要が減っているからです。

時代に合わせて私も変化しないといけないと思い、転職を決意しました。

貴社はアプリ開発の分野で、一番伸びていると知りました。

アプリはこれからもっと需要が増えるでしょうし、進化も続けていくと思います。

その時代背景で、アプリ業界で先頭を走る貴社で働きたいです。

貴社の仕事で早く戦力になれるよう、現在はプログラミングスクールでアプリ開発を学んでいます。

自分で作ったアプリも、少しずつユーザーを獲得しています。

戦力になる努力は惜しみませんので、貴社で働きたいです。

 

未経験の転職ですが、アプリ開発の勉強をしている点で熱意は伝わりますね。

もちろん、スキル的にはまだまだだとわかりますが、これからも熱意をもって働いてくれそうな印象を受けます。

 

未経験の転職は、本気度を伝えましょう。

事務→ITの転職の志望動機の例文

私が貴社を志望する理由は、プログラマーとして働きたいからです。

今は事務職をやっていますが、エクセルで業務ソフトを作ったら社内ですごく喜ばれました。

それがきっかけで、プログラミングを仕事にしたいと思うようになりました。

貴社が開発したソフトは、私も使っています。

とても便利ですし、プログラミングの参考にもさせていただきました。

貴社のようなソフトを作る会社で、本格的にプログラマーとして成長したいです。

現在もプログラミングスキルを高めるために、プログラミングスクールで勉強中です。

即戦力になれると思うので、貴社でスキルを高めつつ貢献したいです。

 

プログラミングに興味をもったエピソードが、オリジナルで良いですね。

純粋にプログラミングに興味をもっているのも伝わります。

 

勉強をしている点でも、本気度が伝わりますね。

他の職種への転職にも使える例文なので、参考にしてみてください。

転職の志望動機を楽に作る2つの方法【未経験者も楽に書ける】

転職の志望動機を楽に作る2つの方法【未経験者も楽に書ける】

うーん、いざ自分で志望動機を書こうとすると、やっぱりうまく書けない…

手っ取り早く、上手な志望動機を書くコツはないの?

という人も多いと思うので、楽に志望動機を書くコツをお伝えします。

どうしても志望動機が書けない人は、下記を実践してみてください。

社員インタビューを見て「◯◯さんのようになりたいと思ったので」と書く

応募企業のホームページの社員インタビューを見て、

◯◯さんのようになりたいと思ったので、貴社を志望します。

 

と書いてください。

あなたがどうなりたいのかを、採用担当者がイメージしやすいからです。

 

社員インタビュー=求める人物像です。

すぐにその社員さんのようになれなくても、いずれなりそうな可能性を見せればOK。

 

例えばこんな感じ。

私が貴社を志望する理由は、貴社のホームページの社員インタビューに載っていた◯◯さんのようになりたいからです。

実は、私も◯◯さんと同じようなキャリアを歩んでいます。

貴社に転職することであのように活躍されているなら、私も活躍できると思いました。

少しでも◯◯さんに近づくために、現在は◯◯◯◯の勉強をしています。

私も◯◯さんのようになるので、貴社で働きたいです。

 

困ったらこの手法が楽です(^^)

転職エージェントに履歴書の志望動機を作ってもらう

どうしても自分で志望動機を書けないなら、

プロのキャリアカウンセラーに作ってもらいましょう。

人の志望動機を作るプロですからね。

 

そもそも、あなたが志望動機を作るプロになる必要はないので、餅は餅屋でプロに任せていいですよ。

 

プロのキャリアカウンセラーは、

  • あなたのヒアリング
  • 応募企業の選定
  • 応募企業ごとに志望動機の作成サポート

をしてくれるので、ぶっちゃけ楽です。

 

プロのキャリアカウンセラーに相談するのは、転職エージェントでOKです。

※在籍してるので。

 

20代向けの信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

志望動機で苦しむのは時間がもったいないので、面倒ならプロに任せれば時短できますよ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【転職の志望動機の書き方はコツがあるし、楽な方法もある】

まとめ【転職の志望動機の書き方はコツがあるし、楽な方法もある】

この記事をまとめます。

  • 転職の志望動機は型に沿って書くとカンタン
  • 未経験の転職は、今がんばってることも書くと良い
  • 自己分析と企業分析を徹底すれば、志望動機は見えてくる
  • 例文を参考に志望動機を作ってみよう
  • 応募企業のホームページの社員インタビューを志望動機に使うと楽
  • プロのキャリアカウンセラーに志望動機を作ってもらうと楽

本気で内定を取りたいなら、今すぐ志望動機を書いてみましょう。

この記事を読んだだけでは、何もなりませんからね。

 

型に沿って志望動機を書いてみてください。

 

ちなみに、型からは多少それても大丈夫。

型はあくまで目安なので、まずは書いてみましょう。

 

どうしても自分で志望動機をかけないなら、

プロのキャリアカウンセラーに相談すればOKです。

 

ちなみに、この記事で紹介した20代向けの信頼できる転職エージェント(キャリアカウンセラー)は、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめています。

 

あなたの転職活動の参考になればうれしいです(^^)