【元公務員が警告】社会人2年目で公務員に転職するのは危険【冷静に】

【元公務員が警告】社会人2年目で公務員に転職するのは危険【冷静に】

社会人2年目だけど、公務員に転職していいかなぁ…?

今の仕事がキツすぎて、もう辞めたい…

 

なんか公務員の仕事って楽そうだし、安定してるから転職したいな。

でも、やっぱり公務員への転職は難しいかな…?

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 社会人2年目で公務員に転職するのは危険だとわかる
  • あなたに向いてる仕事なら楽になれる
  • 向いてる仕事に転職した未来がわかる

 

僕、佐藤誠一は元公務員です。

公務員の仕事がキツすぎて、1年半で辞めてます。

 

結論、社会人2年目で公務員に転職を目指すのは、ちょっと待ってください。

民間1社の経験だけで、民間すべてを選択肢から除外するのは危険すぎるから。

 

現在の僕は在宅フリーランスのWebライターでして、こんな生活をしてます。

  1. 通勤なし
  2. 職場の人間関係なし
  3. 服装自由
  4. 家・カフェ・旅行先で仕事
  5. 起きる時間も寝る時間も自由
  6. 休憩も休日も自由
  7. 年収750万円くらい

夫婦でのんきにノマド生活してまして、控えめにいっても幸せです。

たぶん、Webライターという仕事が向いてたんだと思います。

 

結論、あなたに向いてる仕事に転職すれば楽になれますよ。

収入もメンタルも安定するので、公務員より良かったです。

佐藤誠一

この記事を読むことで、今後の人生の方向性が見えると思います。

転職に失敗したくない人は最後まで読んでみてください。

 

「公務員以外でおすすめの仕事を知りたい!」という人は、「あなたに向いてる仕事ならキツくない」をクリックすると該当箇所にとべますよ。

【元公務員が警告】社会人2年目で公務員に転職するのは危険

【元公務員が警告】社会人2年目で公務員に転職するのは危険

結論、社会人2年目で公務員に転職目指すのは、ちょっと危険。

なぜなら、公務員の仕事は楽じゃないからです。

 

労働基準法と最低賃金法が一部適用外なので、けっこうキツい職場もあります。

参考:ベリーベスト法律事務所「公務員は労働基準監督署へ相談できる?労働基準法の適用や相談先について

 

ちなみに、元公務員の僕が経験した「公務員のブラックなところ」は下記のとおり。

  1. 残業代がない(100%サービス残業)
  2. 毎日12時間労働
  3. 休日出勤あり(もちろん無給)
  4. 時給換算すると400円台
  5. ボーナスの使い道を上司に決められる
  6. 陰湿ないじめ

この辺は、【元公務員が語る】公務員がつまらない理由4選【向いてない人の特徴】も参考にどうぞ。

他の公務員の人たちの悲鳴

Twitterとかを見ると、公務員の人たちの悲鳴が見えてきます。

現実にはこうして苦しんでる人もいまして、一概に「公務員が楽」とは言えないのがわかります。

「民間は向いてない」と判断するのは危険

民間1社の経験で「自分に民間は向いてない」と判断するのは、さすがに極端すぎるから。

民間の仕事は膨大な種類があり、会社の数も膨大。

  • 業界:140以上
  • 職種:17000以上
  • 会社の数:410万社以上

 

佐藤誠一

「たった1つの仕事が合わない=民間は合わない」というのは、いくらなんでも極端な考えだとわかるかと。

結論、まずは冷静になりましょう。

民間の転職も視野に入れておく【比較すべし】

転職してもいいと思いますが、一応、民間も選択肢に入れておきましょう。

公務員と比較できて、冷静に判断できるからです。

 

具体的には、下記の両方をやればOK。

  1. 公務員の種類を調べる
  2. 転職サイトで民間の求人を見てみる

一番危険なのは「公務員しか調べない」という行為でして、あなたの天職を見逃すかも。

民間でもあなたに合う仕事はきっとあるので、冷静に情報収集から始めましょう。

あなたが公務員に向いてるか適職診断

そもそも、あなたが公務員に向いてるかも重要。

向いてなかったら地獄なので。

僕も公務員に向いてなかったので、適職診断は大事だなと思いました。

 

公務員の適職診断は、公務員に向いてる人の特徴11選【向いてないときの対処法も伝授】にまとめてます。

記事を読むだけで、あなたが公務員に向いてるかわかりますよ。

公務員に向いてる人の特徴11選【向いてないときの対処法も伝授】

それでも本気で公務員になりたいなら目指すべき

冷静に考えたけど、やっぱり公務員になりたいな。

という人は、公務員を目指していいかと。

幸い、公務員試験は前職期間とかを見られないので、フェアに転職できます。

 

社会人2年目で公務員に転職するコツは、第二新卒で公務員を目指すのは不利じゃない【元公務員が解説します】にまとめてます。

第二新卒で公務員を目指すのは不利じゃない【元公務員が解説します】

【答え】あなたに向いてる仕事ならキツくない

【答え】あなたに向いてる仕事ならキツくない

ぶっちゃけ、今の仕事がキツすぎるから、楽な仕事に転職したいんだよね…

という人は、公務員・民間を問わず向いてる仕事に転職しましょう。

なぜなら、向いてる仕事は下記の好循環が生まれて、楽に生きれるから。

  1. 向いてるので、人よりできちゃう
  2. 人よりできるのでほめられる
  3. ほめられるので、また頑張れる
  4. 頑張るから、さらに成果が出る
  5. 自信がついて仕事が好きになる

楽に生きれるループに入るので、けっこうおすすめです。

【体験談】僕も向いてる仕事に転職したら楽になった

公務員の仕事がキツすぎて1年半で辞めました。

 

その後、いくつか仕事を転々として、現在のWebライターに転職。

ようやく天職に出会えた感じでして、かなり人生が楽になりました。

  1. 文章を書くのが嫌いじゃない
  2. 家で仕事をしたい
  3. 誰かに支配されたくない

という性格でして、Webライターが向いてた感じ。

今では仕事=趣味のレベルになったので、仕事をしていても楽しいです。

 

結論、向いてる仕事に転職すると、人生レベルで楽に生きれますよ。

参考までに、僕の暮らしぶりをYoutubeにしてるので、興味あればどうぞ。



あなたに向いてる仕事を見つける方法

でも、自分に向いてる仕事なんてわからないよ…

という人は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】をどうぞ。

記事内の「7つの質問」に答えることで、あなたに向いてる仕事が見えてきます。

 

「どうしても向いてる仕事がわからないときの対処法」もまとめたので、向いてる仕事を知りたい人は参考にしてみてください。

自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】

向いてる仕事に転職した未来【公務員より安定します】

向いてる仕事に転職した未来【公務員より安定します】

向いてる仕事に転職すると、どんな未来になるの?

結論、公務員より安定します。

元公務員の僕が比較したので、説得力あるかと。

 

具体的には、下記の2つが安定します。

  1. メンタル
  2. 収入

1つずつ解説しますね。

メンタルが安定します

なぜなら、仕事ができるのであまり怒られないから。

どこの世界でもそうですが、仕事できないと怒られますよね。

怒られると嫌な気持ちになるわけでして、怒られないのはメンタル的に重要。

向いてる=仕事ができるので、必然的に怒られなくなります。

 

余裕をもって仕事ができるのも、メンタルが安定する要因かなと。

平和に生きたい人は、向いてる仕事に転職するのがいいかなと。

手に職系の仕事なら収入も安定します

手に職系の仕事が向いてると、収入も安定しますよ。

なぜなら、世の中から必要とされる人材になれるから。

 

民間では終身雇用が崩壊したので、安定するには手に職をつければOK。

  • 会社が倒産した
  • 職場の人間関係でモメた

とかがあっても、手に職があればすぐ転職できます。

佐藤誠一

現在の僕もWebライター=手に職系の仕事なので、たしかに収入は安定します。

 

手に職がつくと、公務員並みに安定して、公務員より稼げるのでおすすめ。

ちなみに、これからの時代も需要がある「おすすめの手に職」は下記の8つです。

  1. プログラマー(平均年収450万円):スキルアップすればノマド生活も可能
  2. インフラエンジニア(平均年収500万円):ITインフラを作る仕事で超安定
  3. Webデザイナー(平均年収450万円):Webの需要にのれて安定
  4. Webライター(年収10万~700万円):完全在宅で働ける。副業から始められる
  5. マーケティング(平均年収500万円):売れる仕組みを作る仕事。安定した需要あり
  6. 営業(年収300万〜無制限):売れれば売れるほど稼げる
  7. 宅地建物取引士(平均年収450万円):独占業務資格で安定
  8. CADオペレーター(平均年収470万円):設計補助の仕事。スキルアップすると安定

 

手に職がつく仕事は、手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】にまとめてるので、参考にどうぞ。

手に職がつくおすすめの仕事8選【おすすめしない手に職31選も解説】

まとめ【社会人2年目で公務員への転職は、慎重に判断すべし】

まとめ【社会人2年目で公務員への転職は、慎重に判断すべし】

この記事をまとめます。

  • 公務員の仕事は楽じゃないので、楽さを求めて転職しない
  • 1社の経験だけで「民間は向いてない」と判断するのは極端すぎる
  • 民間も視野に入れて、冷静に検討する
  • あなたに向いてる仕事なら、楽に生きれる
  • 向いてる仕事はメンタルと収入が安定する

 

ということで、公務員への転職は慎重に判断してください。

安易に民間への転職をすべて捨ててしまうと、天職に出会えなくなるかもです。

 

本気で今の会社を辞めて転職したいなら、さっそく転職活動を始めてみましょう。

行動しないと、今の会社から抜け出せないので。

注意
転職活動は3ヶ月くらいかかります。

行動が遅くなるほど転職できる時期が遅くなるので、下手するとあと1年くらい今の会社にいることになるかも…

 

あと1年とかムリですよね。

 

なので、転職活動を始めるなら今日から動きましょう。

1日でも早く行動を始めることで、今の会社から抜け出せる日が早まります。

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

 

転職するなら、あなたに向いてる仕事がおすすめ。

あなたに向いてる仕事は、自分に向いてる仕事がわからないあなたへ【適職がわかる7つの質問】を読むと見えてきます。

 

最後に、公務員に転職するなら、公務員試験を突破しないといけません。

注意
でも、1日8時間の勉強を1年続ける必要があります。

そこまでして、本気で公務員になりたいですか?

 

公務員試験に合格する方法は、働きながら公務員試験の勉強をして転職は可能【ただし1日8時間です】にまとめてます。

公務員試験の勉強ができるかも含めて、慎重に検討してください。

 

あなたの転職の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ