【結論】SEOと文字数は関係ない【悲報:長文SEOは売れない】

【結論】SEOと文字数は関係ない【悲報:長文SEOは売れない】

初心者ブロガー

SEOに最適な記事の文字数を知りたいな。

 

検索上位の記事を見ると長文記事が多いけど、

正直あんなに長い文章を書くのはしんどいな…

 

多すぎない文字数で、効率的に記事を書けないかなぁ?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【結論】SEOと文字数は関係ない【ベストは1記事3000~4000文字】
  • 【悲報】長文SEOは売れない

 

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

100以上のキーワードでGoogle検索1位を獲得しました。

佐藤誠一のseo実績

TOP10以内なら数百のキーワードで上位を獲得しています。

そんな、ある程度SEOに詳しい僕が思うに、SEOに文字数は関係ないですね。

 

2020年も長文記事が検索上位に来ていますが、たぶん長文SEO時代は終わります。

長文じゃない記事でもSEOで上位を獲得している僕が書いた記事なので、けっこう信ぴょう性があると思います。

 

あなたのSEOライティングの参考になればうれしいです(^^)

【結論】SEOと文字数は関係ない【ベストは1記事3000~4000文字】

【結論】SEOと文字数は関係ない【ベストは1記事3000~4000文字】

結論、SEOと文字数は関係ないです。

読者の問題解決になっていれば、勝手に検索上位にくるからです。

 

Googleも下記の正式コメントを発表しています。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用元:Google「Google が掲げる 10 の事実

 

「SEOに文字数は関係ない」ともコメントしているため、SEOと文字数の関係はありません。

長文記事が検索上位にくる理由

そうはいっても、

検索上位の記事はだいたい長文だよね?

 

やっぱり、長文の方がSEOに強いんじゃないの?

と思うかもしれません。

2020年1月現在では、たしかに検索上位には長文記事が目立ちます。

 

でも、長文記事が検索上位にくる理由は、

「文字数が多いから」ではありません。

 

長文記事が検索上位にくる理由は、下記の3つ。

  1. 情報量が多い
  2. 滞在時間が長い
  3. キーワードを多く含んでいる

つまり長文記事が検索上位にくるのは結果論であり、長文だから上位に来ているわけではありません。

 

その証拠に、長文だけど中身のない記事は検索上位にはきません。

 

ブロガー

長文を書けば検索上位にくる!

認識違いをしないように注意しましょう。

文字数が少なくても検索上位にくる事例

てことは、品質の高い長文記事を書かなきゃいけないのかぁ…

正直めんどくさいなぁ…

と思いますよね(^^;

 

でも安心してください。

長文じゃなくても、検索上位は獲得できます。

 

僕の書いた記事ですが、

保険営業で行くところがないときは既契約者にアポをとれを見てみてください。

保険営業で行くところがないときは既契約者にアポをとれ

「保険営業 行きたくない」というキーワードを狙った記事で、2020年1月現在でGoogle検索1位を獲得しています。

 

文字数は3812文字。

決して長文ではないですよね。

 

なので、

長文じゃなくてもGoogle検索1位をとれるんです。

 

反対に、長文記事でも検索上位をとれないことがあります。

同じく僕が書いた記事ですが、

既卒の就活方法27選!履歴書や面接で採用されるコツは、検索上位にきてません。

既卒の就活方法27選!履歴書や面接で採用されるコツ

文字数は18460文字です。

ライバルサイトリサーチもゴリゴリにやったのに、検索上位に来ません。

 

結論、

  • 長文じゃなくても検索上位にくる
  • 長文を書いても検索上位にこないこともある

って感じです。

【悲報】長文SEOは終わりがくる【文字数をチェックしよう】

2017~2019年で流行った長文SEOですが、たぶん終わります。

あまりに長文は、読者の利便性が損なわれるからです。

 

極端な話、長文の記事が勝つなら、どんどん長い記事を書けばいいだけです。

 

例えば、

「SEOで上位を獲得できる方法500選!」とかって書けばいいことになっちゃいます。

でも、500選も読めないですよ(^^;

 

長文になればなるほど読者の利便性が減るので、Googleがメスを入れるはず。

 

この辺は、有名ブロガーのマナブさんも言及しています。

長文SEOは1記事で20万円稼げる【SEO対策と文字数を考察した】を読んでみてください。

 

ちなみに、文字数だけ長くて論外です。

【結論】ベストな文字数は1記事3000~4000文字

100以上のキーワードでGoogle検索1位を獲得した僕の結論ですが、

最適な文字数は3000~4000文字です。

SEOでも上位に来て、読者が読み疲れないちょうど良い文字数だからです。

 

5000文字を超えてくると、検索上位をとれても途中の離脱者が増えます。

結果、

  • 読んでほしいところ
  • 押してほしいリンク

にたどり着かずに離脱されやすくなります。

 

反対に、1000文字未満はさすがに情報量不足です。

Googleから「品質の低いページ」と判定されて、検索上位にこない可能性大です。

 

結論、1記事3000~4000文字がベストでした。

長文じゃなくても検索上位にくる記事の書き方

長文じゃなくても検索上位にくる記事の書き方は、下記のとおりです。

  • ライバルが弱くて売上に繋がるキーワードを選定
  • ライバルサイトリサーチで想定読者と知りたいことを整理
  • 想定読者を細かく設定する
  • 想定読者が知りたいことで記事設計
  • 筆者の専門性・権威性・信頼性を伝える
  • タイトルにキーワードを入れる
  • 見出しにも関連キーワードを入れる
  • 主張→理由→具体例の順に本文を書く
  • h2の下に画像を入れる
  • キーワードを入れたディスクリプションを書く
  • 記事内で別記事を紹介(内部リンク)
  • 記事をSNSで拡散する

 

詳細は、SEO対策の方法7選【売上を上げるセールスライティングも解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

SEO対策の方法7選【売上を上げるセールスライティングも解説】

【悲報】長文SEOは売れない

【悲報】長文SEOは売れない

長文SEOの最大の弱点は、売れないことです。

 

前述のとおり、読者が読み疲れて、

  • 読んでほしいところ
  • クリックしてほしいところ

までたどり着かずに、離脱される確率が高くなるから。

 

例えば、10万文字の記事って最後まで読みますか?

まぁ、読まないですよね?

 

知りたい情報だけ取って、サヨナラする感じかと。

結果、売上につながる行動をする前に離脱されます。

 

せっかく検索上位を獲得しても、売上にならないなら本末転倒です。

網羅系記事の終焉

検索上位を獲得するなら、情報を網羅する記事を書きましょう!

というアドバイスが多かったですが、

網羅系記事は2020年以降に終焉するかも。

方法を網羅するほど、読者に不要な情報が増えるからです。

 

例えば、読者が20代女性なのに、網羅性を高めるために、

  • 20代男性の場合
  • 30代男性の場合
  • 30代女性の場合
  • 40代男性の場合
  • 40代女性の場合
  • 50代男性の場合
  • 50代女性の場合
  • 60代男性の場合
  • 60代女性の場合

とかって網羅されてたら、ほとんど読まないじゃないですか。

結果、大事なところも読まれず売上にもなりません。

 

「情報を網羅する記事を書きましょう!」と言われたのは、2017~2018年の頃。

まだまだ、網羅系記事が少ない時代だったからです。

 

でも、2020年以降は違います。

 

みんなが網羅系の長文記事を書いたことで、

網羅系記事が乱立。

「情報を網羅すればいいんだ!」という知識だけが、一人走りしたわけです。

 

結果、読者を置き去りにした、不必要な情報が多い記事が増えてしまったという感じです。

  1. 不要な情報が増える
  2. 離脱率が上がる
  3. その結果、検索上位をとれない

という悪循環です。

網羅系の長文記事を避けるにはペルソナ設定すればOK

きちんとペルソナ設定をすれば、

「書かなくていいこと」が見えてきます。

ペルソナ設定とは「想定読者を限定すること」です。

 

ようは「誰に向けた記事なのか?」を明確にすれば、網羅系の長文記事になりません。

 

例えば、20代女性を想定読者にするなら、

  • 男性の情報はいらない
  • 30代以上の情報はいらない

となり、書かなくていいことが明確になりますよね。

 

ペルソナ設定は、ライバルサイトを見ればわかります。

ライバルサイトからペルソナ設定する方法は、僕のYoutubeで解説してるので見てみてください(^^)

 

また、SEOとはを初心者向けに解説【読者の悩み解決に徹すれば上位にくる】でもペルソナ設定をまとめています。

SEOとはを初心者向けに解説【読者の悩み解決に徹すれば上位にくる】

 

本気でペルソナ設定を勉強したい人は、バズ部さんの「10倍売れるWebコピーライティング」を読んでください。


10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

 

プロのペルソナ設定のノウハウがまとめられてます。

 

僕もこの本を読んでから、

  1. 検索順位が上がった
  2. 売上が上がった

一石二鳥でした(^^)

 

1500円くらいする本ですが、売上が上がるので投資回収はすぐです。

【朗報】ペルソナ設定すると売れます

読者が「私のことだ!」と思ってくれるからです。

結果、最後まで読んでくれて、

売上にもつながります。

 

僕も、ペルソナ設定をしっかりやるようになってから、売上が上がりました。

 

あとはしいて言えば、

セールスライティングスキルを身につけると良いですね。

ペルソナ設定×セールスライティングで、僕の売上は約20倍になりましたよ(^^)

 

セールスライティングもYoutubeで話してるので、興味あればみてください。

まとめ【SEOに文字数は関係ない】

まとめ【SEOに文字数は関係ない】

この記事をまとめます。

  • SEOに文字数は関係ありません
  • 長文SEOは終わりがくるかも
  • ベストな文字数は、1記事3000~4000文字
  • 網羅系の長文SEOは売れない
  • ペルソナ設定をすれば、長文じゃなくても検索上位にきて売れる

SEOに最適な記事の文字数を知りたいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに検索上位にくる記事は、

キーワード選定の時点でほとんど決まっています。

検索上位をとれない理由の90%は、

キーワード選定ミスのことが多い。

 

検索上位を獲得できるキーワード選定方法も、僕のYoutubeで解説してるので見てみてください(^^)

あなたのSEOの参考になればうれしいです!