SEOとはを初心者向けに解説【読者の悩み解決に徹すれば上位にくる】

SEOとはを初心者向けに解説【読者の悩み解決に徹すれば上位にくる】

SEOってどうやるんだろう?

初心者でもわかるように教えてほしいな。

 

会社がコンテンツマーケティングをやるってことで、担当者になっちゃった。

任せられたからには成果を出して、認められたいな。

 

あと、SEOを身につけたら脱サラもできるかな?

 

SEOもブログや本を読んではみたけど、なんだかよくわからないなぁ…

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • SEOとはを初心者向けに解説【とりあえずこれだけやればOK】
  • 記事は多い方がいい【1日1記事、月30記事が目標】

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

 

Webライター歴は6年。

書いた記事は7000記事以上です。

 

企業からSEO対策を依頼されることもあり、いくつかの企業のサイトを上位表示させてきました。

メインはワードプレスで、

検索10位以内に入る確率は50%くらいあります。

 

下記に僕のサイトを掲載しておきます。

実際に記事のキーワードを検索してもらうと、けっこう上位に出てきます。

 

結論、SEOのコツは、

「読者の悩み解決に徹すること」です。

 

読者の悩み解決に徹すれば、結果はすべて後からついてきます。

※Googleもそう言ってます。

 

この記事は、SEOでそれなりに成果を出した僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

初心者の方向けに、SEOのやり方を解説していきます。

SEOとはを初心者向けに解説【とりあえずこれだけやればOK】

SEOとはを初心者向けに解説【とりあえずこれだけやればOK】

SEOでやることを、初心者向けに解説します。

まずは、この記事に書いてあることだけやればOK。

 

それ以外の専門的な方法は、おいおい勉強していけば大丈夫です。

超基礎だけまとめたので、下記のとおりにやってみてください(^^)

①サイト作成はワードプレスが良い

そもそも何でサイトを作ればいいの?

については、ワードプレスが一番です。

 

ワードプレスは、サイトを作るシステムのことです。

SEOにも強いし、費用が安いのでワードプレス一択です。

②Ubersuggestでキーワードの検索ボリュームとSEO難易度を調べる

Ubersuggest」というサイトを開いて、どんなキーワードで上位表示させるか決めていきましょう。

 

検索窓にキーワードを入れると、検索されてるボリューム(VOL)とSEOの難易度(SD)が表示されます。

※無料です。

 

慣れないうちは、検索ボリューム50~1000までを狙った方がいいですよ。

1000以上はライバルが多いし、検索順位が安定しません。

 

SEO難易度は20台までにしておきましょう。

30以上は初心者には難しいので。

 

1記事1キーワードで記事を書くイメージです。

※この記事は「SEOとは 初心者」で上位表示を狙って書きました。

ubersuggest画面

③どんな人が検索してるか想定(ペルソナ設定)

キーワードを決めたら、どんな人が検索してるか想定しましょう。

読者想定を「ペルソナ設定」といいます。

 

下記の項目で、あなたなりに想像してみましょう。

【例】

・年齢:29歳

・性別:男性

・世帯規模:独身

・所得:年収400万円

・職業:人材紹介会社のマーケティング担当

・学歴:大卒

・住所(エリアを限定する場合のみ):東京

 

・仕事の価値観:会社でコンテンツマーケティングを任された。SEOの知識がないので基礎を知りたい。できれば広告をかけずに集客したい。

 

・お金の価値観:できるだけ広告費をかけないように言われている

 

・家族の価値観:結婚したい彼女がいる。このプロジェクトを成功させて出世して結婚したい。

 

・人間関係の価値観:会社の人間関係は良好

 

・健康の価値観:若いので元気。

 

・読者のライフスタイル:平日仕事。たまに土日にキャリアカウンセリングもする。

 

ペルソナ設定が細かいほど、読者が行動してくれます。

読者

僕のことだ!

と思うからです。

 

ペルソナ設定が甘いと、アクセスが集まっても行動してくれません。

つまり、やってる意味がありません。

④読者が抱えている悩みを想定

ペルソナ設定から、読者が抱えている悩みを想定しましょう。

上記のペルソナなら、こんな感じです。

SEOってどうやるんだろう?

初心者でもわかるように教えてほしいな。

 

SEOもブログや本を読んではみたけど、

なんだかよくわからないなぁ…

結論、読者の悩みを解決する記事を書けば検索上位にきます。

⑤記事の信ぴょう性を説明する

近年は「誰が記事を書いてるか」が重視されてます。

Googleで上位表示されてても、読者が信じなくなったからです。

 

なので、記事の内容の信ぴょう性を説明しましょう。

 

例えば、上位のペルソナならこんな感じです。

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

Webライター歴は6年。

書いた記事は7000記事以上です。

 

企業からSEO対策を依頼されることもあり、いくつかの企業のサイトを上位表示させてきました。

メインはワードプレスで、検索10位以内に入る確率は50%以上あります。

 

それなりにSEOで成果を出した僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

初心者の方向けに、SEOのやり方を解説していきます。

 

⑥記事の構成を考える【読者の悩み解決だけ考えて書けばOK】

読者の悩みに答えるように、記事の設計をしていきましょう。

基本的には、読者の悩み解決だけに徹すれば検索上位にきやすいです。

 

例えば、上記のペルソナなら下記の感じです。

※h2は大見出し、h3は中見出しです。

記事タイトル:SEOとはを初心者向けに解説【読者の悩み解決に徹すれば上位にくる】

h2:SEOとはを初心者向けに解説【とりあえずこれだけやればOK】

h3:サイト作成はワードプレスが良い

h3:Ubersuggestでキーワードの検索ボリュームとSEO難易度を調べる

h3:どんな人が検索してるか想定(ペルソナ設定)

h3:読者が抱えている悩みを想定

h3:記事の信ぴょう性を説明する

h3:記事の構成を考える【読者の悩み解決だけ考えて書けばOK】

h3:上位サイトをリサーチ

h3:主張・理由・具体例の順に記事を書く

h3:ディスクリプションを書く

h2:記事は多い方がいい【1日1記事、月30記事が目標】

h3:内部リンクを貼ると上位にきやすい

h3:記事を書いてから上位に来るまで最低3ヶ月はかかる

 

見出しを決めてから文章を書くほうが、早く書けますよ(^^)

 

記事のタイトルと、最初の見出しh2は同じにするのがコツです。

読者はタイトルに惹かれてクリックするのに、最初が違う内容だと離脱するからです。

 

あと、狙いたいキーワードはできるだけ前に書きましょう。

おまじない的ではありますが、検索上位にきやすいと言われています。

 

例えば、「SEOとは 初心者」で上位を狙うなら、こんな感じ。

  • 良いタイトル例:SEOとはを初心者向けに解説【読者の悩み解決に徹すれば上位にくる】
  • 悪いタイトル例:サイトを始める上で知っておきたいこと!SEOとはを初心者向けに解説

タイトルは32文字以内が理想的です。

※33文字を越えると、検索結果にすべて表示されないので。

⑦上位サイトをリサーチ

狙いたいキーワードでGoogle検索して、1~10位のサイトを見ておきましょう。

上位に来ている=良い記事なので、研究の価値があるからです。

 

上位サイトで見るべきポイントは、下記の2つ。

  1. ペルソナ(誰に向けて書いてるのか)
  2. 自分の記事にも使えるネタ

特に、ペルソナは重要です。

あなたのペルソナ設定があまりにもズレてたら、修正しましょう。

 

ちなみに、上位サイトのマネをして書くのはおすすめしません。

同じ内容なら、すでに上位表示されているサイトの方が強いからです。

 

明らかに読者の役に立つ、独自の情報を盛り込むのがコツです。

⑧主張・理由・具体例の順に記事を書く

文章は、主張・理由・具体例の順番で書きましょう。

説得力があるからです。

 

例えば、こんな感じ。

記事には画像を入れましょう。(主張)

文字だけだと読みにくいからです。(理由)

 

例えば、

O-DAN

ぱくたそ

いらすとや

などのサイトで、無料画像をダウンロードできます。(具体例)

 

慣れないうちは、主張・理由・具体例の順に忠実に書けば大丈夫です(^^)

型がある方が、早く書けますよ。

 

ちなみに、1記事3000文字台が良いですね。

読者が読みやすいし、満足感があるのが3000文字台だからです。

 

3000文字台でも、内容が良ければ検索上位に来ます。

⑨ディスクリプションを書く

ディスクリプションは、検索結果に表示される記事の概要です。

 

ディスクリプションの最初に狙いたいキーワードを書くと、上位表示されやすいといわれています。

 

例えば、「SEOとは 初心者」を狙うディスクリプションは、こんな感じ。

SEOとは?を初心者でもわかるように教えてほしいと思っていませんか?この記事では、SEOとはを初心者向けに解説、記事は多い方がいい、などを解説しています。記事の内容を参考にサイト作成をしてみてください。

 

ディスクリプションは表示の関係で、124文字以内が良いといわれてます。

 

ちなみに、ディスクリプションがないワードプレスのテーマの場合は、「All in One SEO Pack」というプラグインを入れてください。

記事は多い方がいい【1日1記事、月30記事が目標】

記事は多い方がいい【1日1記事、月30記事が目標】

6年やってきた感想ですが、

記事数は多い方が良いです。

 

理由は下記の2つ。

  1. 流入経路が増えるから
  2. 早くスキルアップできるから

例えば、僕は月に50記事以上かいてます。

早くたくさん失敗できるので、成功も早いです。

 

できれば1日1記事、月30記事が理想的ですね。

 

ただし、品質の低い記事を量産すると、検索順位が落ちます。

Googleのガイドラインにも、そう書かれているからです。

 

例えば、

  • 文字数が1000文字未満
  • 内容が乏しい
  • 読者の悩み解決ができてない

という記事を量産すると、検索順位が落ちます。

 

品質の高い記事を量産しましょう。

記事の品質は書くほどに高まるので、できれば毎日記事を書きましょう。

内部リンクを貼ると上位にきやすい

記事数が多いと、記事内で他の記事を紹介できます。

これを「内部リンク」といいます。

 

内部リンクを貼るとサイト内で回遊が起きて、検索順位が上がります。

記事数が多いほど、内部リンクを貼りやすいので有利。

 

ただし、文脈と関係ない記事を貼るのはNG。

あくまでも「読者の悩み解決に徹する」のがSEOのコツなので、読者に役立つ記事を貼りましょう。

 

内部リンクを貼ると「くわしくはこちらの記事を読んでください」とできるので、文章が長くならないメリットもあります。

 

ちなみに、Webライティングの勉強方法は、

Webライターの勉強方法は実戦が基本【スキルアップできる本も紹介】にもまとめているので、参考に読んでみてください(^^)

Webライターの勉強方法は実戦が基本【スキルアップできる本も紹介】

記事を書いてから上位に来るまで最低3ヶ月はかかる

検索上位にくるのは、記事作成から最低でも3ヶ月はかかります。

Googleが記事を読み込んで、検索順位を決定するのに時間がかかるからです。

 

場合によっては、1年後に急に上位にくることもありますね。

 

これは僕が作った言葉ですが、SEOは、

果報は新記事を書きながら待て

 

が良いと思います(^^)

 

1記事かいて検索順位ばかり見てても、意味はありません。

次々新しい記事を書いていけば、スキルも上がります。

 

ぜんぜん検索上位にこない場合は、記事を修正しましょう。

 

毎日記事を書いていればスキルが上がるので、過去に書いた記事をどう直せばいいかわかります(^^)

だから、継続が大切です。

まとめ【SEOは読者の悩み解決の一点だけ】

まとめ【SEOは読者の悩み解決の一点だけ】

この記事をまとめます。

  • 読者の悩み解決に徹すれば上位にくる
  • 記事は多い方がい【内部リンクとスキルアップ】

SEOってどうやるんだろう?

初心者でもわかるように教えてほしいな。

 

SEOもブログや本を読んではみたけど、

なんだかよくわからないなぁ…

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、Webライティング初心者がやるべきことを、

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】にまとめたので、参考にしてみてください。

 

Webライティングのコツも紹介しています(^^)

Webライター初心者がやるべきこと【ライティングの3つのコツ】

また、SEOについて何か質問があれば、お気軽に僕に連絡ください。

可能な限り質問に答えさせていただきます。

佐藤誠一への問い合わせフォーム

あなたのSEOの参考になればうれしいです!