売れる文章の書き方【20倍売れたセールスライティングを解説】

売れる文章の書き方【20倍売れたセールスライティングを解説】

売れる文章の書き方を知りたいな。

 

ブログを運営してて、アクセスを集められるようにはなったけど、商品が売れない…

SEOの記事とセールスライティングは、別のライティングスキルが必要なんだなぁ…

 

アクセスは集められてるから、あとはCV(成約)だけなんだけどなぁ。

 

売れる文章のスペシャリストになって、もっと稼げるようになりたいなぁ!

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 売れる文章の書き方【セールスライティングの14のテクニック】
  • 結局、売りやすい商品の方が売れる

僕、佐藤誠一はWebライターです。

自分のブログの運営と、企業から依頼されて文章を書いています。

 

実は僕、セールスライティングは苦手でした(^^;

 

アクセスはそれなりに集めることができるけど、売れる文章が書けない…

結果、売上にならないというドツボにハマっていました。

 

でも、このままではいけない!と思って、セールスライティングを猛勉強。

その結果、売上が20倍ほどになりました(^^)

 

結論、セールスライティングは超重要なスキル。

SEOライティングとセールスライティングができたら、一生食っていけますよ。

 

この記事では、実際に僕が勉強したセールスライティングで、売上20倍になったスキルだけを解説します。

 

たぶん、この記事の内容だけでセールスライティングはOK。

あなたのブログやサイトでも実践してみてください!

 

※ちなみに、本サイトでもセールスライティングを多用して売れてるので、よーく読んでみてください(^^)

売れる文章の書き方【セールスライティングの14のテクニック】

売れる文章の書き方【セールスライティングの14のテクニック】

売れる文章の書き方は、下記の14項目です。

  1. 想定読者は絞る【ペルソナ設定】
  2. 想像させる【読者のイメージを利用する】
  3. 「おすすめ・ぜひ」は書かない
  4. みんなが買ってます
  5. 商品のメリットではなく、商品から得られる結果を伝える
  6. 本音と建て前の間を埋めてあげる
  7. 従来と何が違うのか伝える
  8. メリット→デメリット→メリットの順で書く
  9. 好奇心をあおる
  10. 購入の手軽さを伝える
  11. 信ぴょう性や根拠を伝える
  12. 不安がらせる
  13. 損しないことを伝えて、行動を促す
  14. セールスライティングの文章は長くなってもいい

ちょっと長いですが、セールスライティングをマスターしたら一生食っていけるので、頑張って勉強しましょう(^^)

 

1つずつ解説しますね!

①想定読者は絞る【ペルソナ設定】

想定読者は絞りましょう。

絞らないと「私のことだ!」と共感を生まず、売れないからです。

 

これを「ペルソナ設定」といいます。

 

ペルソナ設定の項目は、下記のとおり。

  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 年収
  • 職業
  • 最終学歴
  • 住んでる都道府県
  • 仕事の価値観
  • お金の価値観
  • 家族の価値観
  • 人間関係の価値観
  • 健康の価値観
  • 読者のライフスタイル
  • 生存欲求(最低限の生活をしたい欲求)
  • 社会欲求(人から良く見られたい欲求)
  • 自己欲求(自己実現の欲求)
  • 本音
  • 建て前 

ここまで詳しく設定しないと、売れません。

 

ペルソナ設定については、

「10倍売れるWebコピーライティング」という本を読んでください。


10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

 

どちらかというとセールスページ用の本ですが、ペルソナ設定をめっちゃ詳しく解説してます。

 

セールスライティングができるようになりたいなら、読むべき。

1500円くらいする本ですが、売れるようになるので投資回収はすぐです(^^)

②想像させる【読者のイメージを利用する】

想像させる文章を入れましょう。

読者のイメージを利用できるからです。

 

例えば、ダイエット系の商材ならこんな感じ。

想像してください。

写真うつりがスマートになったあなたを。

 

これでOK (^^)

「想像してください」と書くと、

都合の良いイメージをして、勝手に欲しくなってくれます。

 

欲しくなるスイッチは、相手の中にしかありません。

だから、相手のイメージを利用しましょう。

 

先日、妻が電車内の広告でこんなのを見つけてくれました(^^)

想像させる広告

英語を話せるようになりたい人の、

イメージをかきたてる広告ですよね(^^)

 

文章は書きすぎないのがコツ。

書きすぎると相手のイメージを奪うので、売れなくなります。

 

想像させる文章については、メンタリストDaiGoさんの著書、

「人を操る禁断の文章術(メンタリズム)」を読みましょう。


人を操る禁断の文章術

 

セールスライティングをする人なら、この本は読まなきゃダメ。

文章で相手を操り、購入させる禁断のノウハウ本なので、必ず勉強しましょう。

 

1400円する本ですが、売れるようになるので、すぐに元はとれますよ(^^)

③「おすすめ・ぜひ」は書かない

「おすすめ」「ぜひ」はNG。

売り込みに見えるからです。

 

「○○してください」でOK。

 

例えば、こんな感じ。

  • この本を買ってください。
  • この勉強会に行ってください。

 

これはけっこうマインドの問題。

売ろうとしてるから「おすすめ」「ぜひ」が出てしまいます。

 

「相手にとって有益な情報を提供してるんだ」というマインドにしてください。

そしたら自然と「○○してください」と書けます(^^)

④みんなが買ってます

  • みんなが買ってる
  • みんなやってる

は王道のセールスライティングです。

みんなが買ってる=品質が保証されてるからです。

 

例えば、こんな感じ。

  • 1日1万個売れてるシュークリームです
  • 1秒に1個売れてます
  • のべ1万人以上が利用してます

人は人と同じ行動をすると安心します。

おいていかれたくないからです。

 

このへんのスキルは、メンタリストDaiGoさんの著書「メンタルハック大全」で解説されてます。


人生が変わる メンタルハック大全

 

「商品に関する情報を10回以上書くと、説得率82%」など、他のセールスライティングスキルも解説されてます。

 

1000円する本ですが、セールスライティングに限らず生きるためのノウハウが90個以上紹介されているので、すぐに元はとれますよ(^^)

⑤商品のメリットではなく、商品から得られる結果を伝える

売りたい商品のメリットではなく、

商品から得られる結果を伝えましょう。

読者は商品に興味がないからです。

 

例えば、リポビタンDならこんな感じ。

  • 商品のメリット:タウリン1000mg配合
  • 商品から得られるメリット:仕事のパフォーマンス上がります

 

商品のメリットだけだと、

  • タウリン1000mgが多いのか少ないのか?
  • そして、そもそもタウリンって何?

ってなっちゃいますよね(笑)

 

一方、商品から得られる結果は、とてもわかりやすい。

「仕事のパフォーマンスが上がる」という、

商品から得られる結果が明確ですよね。

 

だから、商品から得られる結果を伝えましょう。

 

この辺のスキルは、

「ドリルを売るには穴を売れ」という本が勉強になります。


ドリルを売るには穴を売れ

 

前述のペルソナ設定でも出てきた、

  • 生存欲求(最低限の生活をしたい欲求)
  • 社会欲求(人から良く見られたい欲求)
  • 自己欲求(自己実現の欲求)

も詳しく解説されてるので、

セールスライティングをやるなら読むべき本。

 

1500円くらいしますが、売れるようになるのですぐにペイできます(^^)

⑥本音と建て前の間を埋めてあげる

ペルソナ設定した読者の、本音建て前の間をうめてあげましょう。

人は、本音と建て前の間をうめたい生き物だからです。

 

例えば、こんな感じ。

  • 建て前:主婦なんだから、たまには手のこんだ煮込み料理とかも作らないとなぁ…
  • 本音:でも煮込み料理って時間かかるし、めんどくさい
  • 本音と建て前の間を埋めるもの:圧力鍋

本音と建て前の間を埋められるとわかると、人は行動します。

 

コツは、文章で本音と建て前にきちんと触れてあげること。

「この人、わかってる!」と思って、行動してくれるからです(^^)

⑦従来と何が違うのか伝える

売りたい商品が、従来と何が違うのか伝えましょう。

人は新しい情報に興味をもつからです。

 

人は、知ってる商品だと、

どうせあれでしょ?

もう知ってるよ

と、興味をもってくれません。

 

従来と違う新しい情報を盛り込むと、読んでくれます。

⑧メリット→デメリット→メリットの順で書く

メリット→デメリット→メリットの順で書くと、購入率が上がります。

デメリットを1つ入れることで、信頼されるからです。

 

例えば、こんな感じ。

この車は7人乗りなので、お父さんお母さんも連れてドライブに出かけられますよ。(メリット)

型式がちょっと古いんですが、(デメリット)

その分、お値段がお安くなってます。(メリット)

 

ちなみに、デメリットを入れないとこんな感じ。

この車は7人乗りなので、お父さんお母さんも連れてドライブに出かけられますよ。(メリット)

お値段もお安くなってます。(メリット)

 

不思議と、売り込み色が強くなりますよね?

なので、デメリットを1つ入れるようにしましょう。

 

デメリットを1つ入れると、

読者はそれ以上デメリットを探さなくなるもの。

なんていうか、誠実さが伝わるので購入率が上がるんですよね(^^)

 

コツはデメリットで終わらせないこと。

印象が悪いからですね。

 

メリット→デメリット→メリットの順で書きましょう。

⑨好奇心をあおる

ようは、キャッチコピーです。

キャッチコピーは、相手の興味を引きつけるので必須。

 

例えば、

ようは、この圧力鍋は、

あなたの自由時間を増やしてくれる圧力鍋です。

 

「圧力鍋が自由時間を増やす」というフレーズが興味づけのポイントです。

 

キャッチコピーも本を読んで勉強しましょう。

キャッチコピーの教科書は、

「ザ・コピーライティング」ですね。


ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

 

ジョン・ケープルズさんというコピーライティングの巨匠が、1932年にまとめたノウハウ本です。

キャッチコピーの教科書のような本なので、一度は目を通しておくべき。

 

売れてるライターのほとんどが読んでる本なので、避けては通れません。

 

3200円する本ですが、今より売れるので投資回収は楽勝です(^^)

⑩購入の手軽さを伝える

簡単に購入できることを伝えましょう。

購入の作業が一番めんどくさいからです。

 

例えば、こんな感じ。

  • ご購入は1分で終わります
  • 登録は30秒で終わります
  • こちらのお問い合わせフォームに名前とメアドを入力するだけ

「ここまでやるの?」と思うかもですが、

文章で人を動かすには丁寧さが必須。

 

購入が簡単なことを伝えてください。

⑪信ぴょう性や根拠を伝える

信ぴょう性や根拠も重要。

セールスライティングは商品をほめることが多いので、怪しく感じるからです。

 

例えば、こんな感じ。

  • 実際に商品を使っている人の声をご紹介します
  • 臨床実験で成果が認められています
  • 100人中96人がリピートしています

信ぴょう性や根拠があると、心理的ハードルが一気に下がって購入につながります。

⑫不安がらせる

商品を購入しないデメリットを伝えて、不安がらせましょう。

人は、機会損失を嫌がるからです。

 

例えば、こんな感じ。

  • この商品、あと10名までとさせていただきます。再販はありません。
  • プロに相談しないで独断で行動すると、重いペナルティがあることも…
  • 消費税が上がってからでは、100万円も損します。

不安がらせることで、購入を急がせましょう。

⑬損しないことを伝えて、行動を促す

セールスライティング文章の最後の方で、損しないことを伝えて、行動を促しましょう。

人は、背中を押してほしいからです。

 

例えば、「損しないことを伝える」はこんな感じ。

  • 無料で相談できるので、途中で嫌になったら相談をやめればOK
  • 返金保証があるので、安心です
  • もし途中で使わなくなっても、○○として使えます

こんな感じで、損しないことをアピールしましょう。

 

そして、「行動を促す文章」はこんな感じ。

  • こちらのお問い合わせフォームからどうぞ
  • 無料なので、気軽に相談してみましょう
  • こちらの商品購入ページからご購入してください

背中を押してますよね(^^)

 

ここまで丁寧に書かないと、人は文章だけで行動してくれません。

⑭セールスライティングの文章は長くなってもいい

こんなに盛り込んじゃうと、

セールスライティングの文章が長くなっちゃうよ?

と不安になるかもしれませんが、大丈夫。

 

セールスライティングの文章は、

長くてもいいんです。

真剣な人は、最後まで読んでくれるからです。

 

文章が長くなるほど読む人が減りますが、

全部読んだ人の成約率は上がります。

 

事実、僕もセールスライティングの文章は1000文字以上が普通ですが、普通に売れてます。

 

きちんとペルソナ設定して、その人の悩みを解決するマインドで書けば売れるので、長文でも大丈夫です(^^)

結局、売りやすい商品の方が売れる

結局、売りやすい商品の方が売れる

セールスライティングのスキルを使っても、どうしても売りにくい商品はあります。

結局、商品力がなければ売りにくいからです。

 

セールスライティングで売りやすい商品の特徴は、下記のとおり。

  • 知名度がある
  • 無料版がある
  • 返金保証がある
  • みんなが欲しがって希少性がある
  • 商品購入ページがわかりやすくて、買いやすい

 

反対に売りにくい商品の特徴は、下記のとおり。

  • 知名度がない
  • 無料版がない
  • 返金保証がない
  • そもそもニーズがない
  • 商品購入ページが不便

僕も過去に依頼された仕事で、クライアントのサイトにたくさんのアクセスを送ったのですが、ぜんぜん売れなかったことがありました。

 

上記の「売れにくい商品」だったからです。

売りやすい商品の企業ではどんどん売れてたので、これは完全に商品側の問題。

 

どんなにセールスライティングしても売れないときは、商品側に問題があるので対策しましょう。

 

アフィリエイターの場合は、売りやすい商品を選びましょう。

マーケッターは、売れる商品をもってる企業と組みましょう。

まとめ【売れる文章の書き方は14のテクニックがある】

まとめ【売れる文章の書き方は14のテクニックがある】

この記事をまとめます。

  • セールスライティングの14のテクニックをマスターしよう
  • 結局、売りやすい商品の方が売れる【商品側の努力も必要】

売れる文章の書き方を知りたいな。

 

アクセスを集められるようにはなったけど、商品が売れない…

あとは成約だけなんだけどなぁ

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、セールスライティングと切っても切れないのが、SEO。

SEOとセールスライティングの両方ができないと、稼げません。

 

Google検索で上位表示させるSEOスキルについては、

SEO対策の方法7選【売上を上げるセールスライティングも解説】にまとめているので、読んでみてください。

 

SEOとセールスライティングができたら、もう食いぱぐれはありませんよ(^^)

SEO対策の方法7選【売上を上げるセールスライティングも解説】

あなたのライティングの参考になればうれしいです!