無職の転職活動に疲れたときの対処法【ちょっと休んでメンタルケア】

無職の転職活動に疲れたときの対処法【ちょっと休んでメンタルケア】

無職の転職活動に疲れた…

無職期間が長くなるほど内定が出ない感じだし、焦るほどうまくいかない…

転職が決まってないのに「疲れた」とか言ってる場合じゃないけど、本音はちょっと休みたい…

 

他人と比較するとマジで落ち込むなぁ…

自分は「ダメ人間」じゃないかとヘコむ…

どうすれば転職が決まって安心できるかなぁ…

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 無職の転職活動に疲れたときの対処法がわかる
  • 無職の転職活動中のメンタルケアの方法がわかる
  • 無職の転職活動のコツがわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

無職の転職活動に疲れてしまった人たちの相談も、けっこうありましたよ。

 

結論、ちょっと休んだ方がいいですよ。

うまくいかないまま続けても、結果は変わらないから。

 

メンタルケアの方法も解説するので、1回整えてからまた動けばOK。

転職活動のコツも解説しますね。

 

僕がアドバイスして、実際に転職が決まった人もいるので信ぴょう性あるかと。

この記事を読むことで、あなたの人生も安定します。

無職の転職活動に疲れたときの対処法【ちょっと休もう】

無職の転職活動に疲れたときの対処法【ちょっと休もう】

結論、ちょっと休みましょう。

少し休んだ方が、転職活動はうまくいくから。

  • 2~3日ドカーンと休んでみる
  • ちょっとドライブにいってみる
  • 友達と昼間から飲んでみる

など、リフレッシュした方がいいですよ。

 

悪い流れを断ち切るためにも、1回休んでみましょう。

詳しくは、【朗報】転職活動に疲れたら休んでいい【落ち着いて見直せば大丈夫】にまとめてます。

【朗報】転職活動に疲れたら休んでいい【落ち着いて見直せば大丈夫】

実家に戻ることも検討しましょう

実家に戻ることも検討していいかと。

なぜなら、お金の問題を解消できるから。

失業保険の給付も終わってしまう…

でも、内定が出ない…

という場合は、仕方ないと思います。

 

一度実家に戻って、再スタートを切ればいいだけ。

金銭的なリスクを下げるだけでも、冷静に転職活動できますよ。

無職の転職活動中のメンタルケア

無職の転職活動中のメンタルケア

無職の状態で転職活動がうまくいかないと、メンタルをやられる…

他人と比較すると、自分はダメ人間じゃないかと落ち込む…

という人は、まずメンタルケアに集中しましょう。

メンタルが健康じゃないと、転職活動のパワーが出ないから。

 

1つずつ解説しますね。

あなたはダメ人間じゃない

内定が出ないとしても、あなたはダメ人間じゃないです。

シンプルに、応募する求人にハマってないだけだから。

 

「内定が出ない」という結果と、「あなたがダメ人間かどうか」は、冷静に考えたら関係ない話ですよね。

頭の中で勝手に解釈してしまってる状態ですが、まったく理論的じゃない。

 

転職活動なんてコツさえ押さえれば大丈夫なので、あなたはダメ人間じゃないですよ。

※転職活動のコツは後述します。

他人との比較は不要です

なぜなら、他人とあなたは違う人間だから。

例えば、同じ野菜でも「キュウリとトマトを比べて、どちらが劣ってるか」とか比べられないですよね?

 

人間も一緒でして、そもそも違う人間は比較しようがありません。

この辺は、メンタリストDaiGoさんのYoutubeが参考になるのでどうぞ。

無職の転職活動のコツ5選【内定率がグリッと上がる】

無職の転職活動のコツ5選【内定率がグリッと上がる】

どうしたら内定が出るかなぁ…?

内定をもらって、自信を取り戻したい。

 

人生の安定を手に入れたい。

結論、無職の転職活動のコツは下記の5つです。

  1. スキルの棚卸し
  2. 応募条件の再設定
  3. 履歴書や面接の見直し
  4. 転職エージェントに相談する
  5. 友人・知人の紹介

この辺を実行すると、内定率がグリッと上がります。

1つずつ解説しますね。

①スキルの棚卸し

もう1回、あなたのスキルを棚卸ししてみましょう。

アピールすべきスキルを、見落としてるかもしれないから。

 

どんな小さなスキルや経験でもいいですよ。

もちろん、アルバイトの経験も含めてください。

こんなの使えるの?

と思うかもですが、それを判断するのは応募する企業です。

 

スキルを棚卸ししたら、即戦力の求人に応募すればOK。

割とすぐに内定がでますよ。

足りないスキルは補えばOK

でも、私は何もスキルがない…

という人は、スキルを身につければOK。

ないものは、あるようにすればいいだけだから。

 

「スキルを身につけてこなかった過去」はどうでもいいので、「スキルを身につける未来」にフォーカスしましょう。

 

具体的には下記のようなところで、スキル習得が可能です。

  • 職業訓練校(ハローワークでわかります)
  • 資格を取得する
  • 各種スクール

 

ヒューマンアカデミーなど大手スクールだと、けっこうコースがあるので学べます。

無料で資料請求できますよ。

②応募条件の再設定

応募条件を変えるだけで、内定がすぐ出ることがあるからです。

例えば、こだわりが強すぎて内定がでないとか。

 

あなたの応募条件を改めて見直して、

  1. どうしても譲れないところ
  2. 譲ってもいいところ

を再設定しましょう。

詳しくは、1年転職が決まらないならやり方を変えよう【憂鬱や焦りからの解放】にまとめてます。

1年転職が決まらないならやり方を変えよう【憂鬱や焦りからの解放】

③履歴書や面接の見直し

履歴書の内容は、面接で話してることも見直しましょう。

自己PRや志望動機、面接の話し方に問題があるかもしれないから。

 

ちょっとしたことを変えるだけでも、内定は出るもんですよ。

※採用担当者も人間なので、ちょっとしたことで印象が変わるものです。

 

具体的なノウハウは、下記の記事にまとめてます。

  1. 【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】
  2. 【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】
  3. 転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

④転職エージェントに相談する

彼らは転職のプロだから。

考えてみれば、あなたが転職のプロになる必要はないので、プロに任せるのも手かなと。

 

無料なので、とりあえず様子見で相談しつつ、紹介される求人がよかったら利用すればOK。

嫌なら、メール1本で相談をやめられます。

 

信頼できる転職エージェントは、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】をどうぞ。

転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

⑤友人・知人の紹介

盲点なのは、友人・知人の紹介です。

一般には出回らない、隠れ求人があるから。

 

特に中小企業は、ハローワークや求人サイトに出してない求人をもってます。

たった1人を採用したいだけなので、ハローワークや求人サイトに求人を出すのがめんどくさいんですよね。

誰かいい人いないかなぁ…

と思いながら年月が経ってる中小企業なんて、ごまんとありますよ。

 

こういうのは紹介でしか情報がわからないので、聞いてみて損はないかも。

地元の優良求人が見つかることがあります。

 

ただし、紹介はデメリットもあるので慎重に判断しましょう。

詳しくは、友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】にまとめてます。

友人や知人の紹介で転職するデメリット5選【人間関係を壊さない方法】

まとめ【無職の転職活動に疲れたら、ちょっと休んでから再スタート】

まとめ【無職の転職活動に疲れたら、ちょっと休んでから再スタート】

ということで、転職活動に疲れたらちょっと休みましょう。

メンタルもケアして再スタートする方が、結果はよかったりします。

 

準備が整ったら、転職活動を再開しましょう。

 

ちょっと想像してみてください。

内定がでて、自信を取り戻して、人生の安定を手に入れてるあなたを。

 

転職活動のやり方を変えれば、そのあなたになれますよ。

 

無職の転職活動のコツは、下記の5つです。

  1. スキルの棚卸し
  2. 応募条件の再設定
  3. 履歴書や面接の見直し
  4. 転職エージェントに相談する
  5. 友人・知人の紹介

 

信頼できる転職エージェントは、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】をどうぞ。

無料なので、相談してから利用するか決めてもOKです。

 

あとは行動あるのみ。

行動を変えれば、あなたの人生は大丈夫ですよ。