無形商材でおすすめの法人営業3選【起業して自由度が高い人生へ】

無形商材でおすすめの法人営業3選【起業して自由度が高い人生へ】

転職を考える人

無形商材の法人営業に転職を考えてるけど、どんな業界があるんだろう?

特におすすめの業界ってどれなの?

無形商材のメリットデメリットも知っておきたいな。

 

でも未経験だから、採用されるか心配…

転職のコツとかあれば教えてほしい。

 

あと、仮に転職できたとしても、無形商材の法人営業でやっていけるか不安…

ちゃんと売れるかな…?

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 無形商材の法人営業でおすすめの業界がわかる
  • 無形商材の法人営業のメリットとデメリットがわかる
  • あなたが無形商材の法人営業に向いてる人かわかる
  • 未経験で無形商材の法人営業に転職するコツがわかる
  • 無形商材の法人営業でスキルを身につけると起業できる
  • 無形商材の法人営業で売れるコツがわかる

 

僕、佐藤誠一は無形商材の法人営業をやってきました。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 営業の種類
26~31歳 メットライフ生命の営業 無形商材(法人営業+個人営業)
31~33歳 保険代理店の営業 無形商材(法人営業+個人営業)
33~36歳 Webマーケティング営業 無形商材(法人営業)
36歳~現在 Webライター 無形商材(非営業だが法人向け)

 

長く営業をやってると、他業界の営業マンとも知り合いになることが多く、おそらく1000人以上に営業マンと会ってきました。

無形商材の法人営業マンも多くて、たくさん話を聞きましたよ。

そんな僕が「無形商材でおすすめの法人営業」をまとめたので、それなりに信ぴょう性があるかと。

 

また、Webマーケティング営業時代に「全国職業相談センター」というサイトを作って、3000人以上の転職相談にのった経験もあります。

転職を考える人

無形商材の法人営業って、どの業界がおすすめですか?

という相談は、まぁまぁありました。

僕が相談にのって、無事に無形商材の法人営業に転職していった人もいます。

 

無形商材の法人営業でスキルアップすると、起業することも可能。

自由度の高い人生にしたい人には、無形商材の法人営業はおすすめです。

転職に失敗しないコツや、無形商材の法人営業で売れるコツも解説してます。

佐藤誠一

今回の転職で失敗したくない人は、最後まで読んでみてください。

目次

無形商材の法人営業の業界は主に5種類

無形商材の法人営業の業界は主に5種類

結論、無形商材の法人営業には下記の5つの業界があります。

  1. IT・Web業界
  2. 電気・ガス・NTTなどインフラ業界
  3. 銀行・保険・証券会社など金融業界
  4. 広告代理店やメディアなど広告業界
  5. コンサルティング業界

 

各業界の詳細は、法人営業の業界15選【ラクに売れて稼ぎやすい4つの業界も紹介する】にまとめたので参考にどうぞ。

無形商材でおすすめの法人営業3選【業界で解説】

転職を考える人

で、おすすめの無形商材の業界はどれなの?

結論、下記の3つがおすすめです。理由とともにどうぞ。

  1. IT業界:常に最新技術が生まれてるので目新しさで売れやすい
  2. Web業界:多くの企業は集客したいので、常にWebに興味があり売れやすい
  3. 電気・ガス・NTTなどインフラ業界:インフラは不可欠なので売れやすい

 

佐藤誠一

僕はWeb業界の営業をやりましたが、ラクに売れました。

個人的には一番おすすめ。

未経験でも転職できて、ちゃんと売れますよ。

おすすめの3つの業界に転職するコツは、営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】にまとめたので参考にどうぞ。

未経験から転職するコツも解説してます。

【反対に】おすすめしない無形商材の法人営業3選

転職を考える人

反対に、おすすめしない無形商材の法人営業はどれ?

結論、下記の3つかなと。こちらも理由とともにどうぞ。

  1. 金融系(銀行・保険・証券会社):ノルマがきつすぎる
  2. 広告営業(広告代理店・メディア系):飛び込みやテレアポがメインできつい
  3. コンサルティング業界の営業:採用倍率が高すぎる

 

金融・広告は、激しい営業なのでキツめ。

この辺は、営業が辛い業界ランキング20【辛くない営業に転職する方法】も参考になるかなと思います。

佐藤誠一

コンサルティング業界の営業はかなり良いんですが、そもそも転職が難しいです。

※エリートしか転職できない。

無形商材の営業手法は主に5種類

転職を考える人

ちなみに、無形商材の営業手法ってどんな感じ?

営業手法は下記の5種類ですね。

  1. 新規営業
  2. ルート営業
  3. 反響営業
  4. ソリューション営業
  5. コンサルティング営業

ルート営業の詳細は、ルート営業に向いてる人の15の特徴【転職に失敗しないコツも解説】を参考にどうぞ。

 

「反響営業」とは、問い合わせがあった人に営業する方法です。

「問い合わせしてくる=興味がある人」なので、割と売りやすい感じ。

反響営業の詳細は、【経験者が解説】反響営業に向いてる人の特徴7選【意外と難しいです】にまとめてます。

 

ソリューション営業は「企画営業」ともいいますね。

自社のコンテンツを使って、クライアントに貢献するイメージです。

佐藤誠一

Webメディアをもつ会社が、クライアントの広告を企画するとか。

ソリューション営業は、営業の19種類一覧【あなたに合う営業や会社に出会う方法まで解説】で解説してるので、興味あればどうぞ。

【ちなみに】有形商材の法人営業6選

転職を考える人

念のため、有形商材の法人営業も知っておきたい。

代表的な有形商材の法人営業は下記の6つです。

  1. メーカー営業
  2. 石油業界の営業
  3. 不動産営業
  4. 建設会社の営業
  5. 医薬品営業(MR)
  6. 印刷会社の営業

この辺も、法人営業の業界15選【ラクに売れて稼ぎやすい4つの業界も紹介する】にまとめてるので参考にどうぞ。

無形商材の法人営業のメリット4選【やりがいも解説】

無形商材の法人営業のメリット4選【やりがいも解説】

転職を考える人

そもそも、無形商材の営業ってどんなメリットがあるの?

メリットは下記の4つです。

  1. イメージを使えるので売れやすい
  2. 相手に合わせて形を変えられるので売れやすい
  3. 給料が高い
  4. スキルアップすると年収アップの転職が有利

けっこうやりがいがありますよ。

1つずつ解説しますね。

【メリット①】イメージを使えるので売れやすい

形がないので、見込み客にとって「都合のいい未来」を想像させられるので売れやすいです。

よく使うセールストークは下記のとおり。

  • もしこれで売上が1.5倍になったらどうしますか?
  • これで20%のコストカットができたらどうしますか?
  • これで1億円ほど余ります。どうしますか?

見込み客が「都合のいい未来」を想像して、勝手にほしくなってくれます。

無形商材だからこそ、イメージで売れる感じですね。

 

ちなみに、イメージで売るコツはメンタリストDaiGoさんの「人を操る禁断の文章術」が参考になります。

佐藤誠一

文章の本ですが、営業にもそのまま使えますよ。

営業で売れたい人は必読本です。

【メリット②】相手に合わせて形を変えられるので売れやすい

無形だからこそ、自由に形を変えてアプローチできるのがメリット。

商品の使い方は見込み客によって違うので、見込み客に合わせて形を変えてアプローチすると売れます。

 

例えば、ITシステムの導入を考えてる企業もさまざまなので、相手によって形を変えればOK。

見込み客のニーズ アプローチ話法
業務を効率化したい これで業務を効率化して人件費を減らせますよ。
法人税の節税に有効な投資先を探してる 減価償却と月額料金で継続的に節税できますよ。

佐藤誠一

有形商材でもアプローチを変えることはできますが、無形商材の方が自由度が高いです。

この辺もやりがいかなと。

【メリット③】給料が高い【利益率が高いから】

結論、無形商材の営業は給料が高いです。

無形=利益率が高いから。

有形商材は「原材料費」が高いので、どうしても利益率が低くなります。

※無形商材の主なコストは人件費くらい。

 

例えば、同じ売上でも有形・無形で下記のように年収が違います。※イメージ

  • 有形商材の法人営業マンの年収:600万円
  • 無形商材の法人営業マンの年収:800万円

佐藤誠一

稼げるのはやりがいありますよね。

結論、稼ぎたい人は無形商材がおすすめです。

【メリット④】スキルアップすると年収アップの転職が有利

無形商材を売れるようになると、転職をきっかけに年収アップしやすいです。

多くの企業が、優秀な営業マンを採用したがってるから。

有形商材は「モノが語ってくれる」で売れることがありますが、無形商材にはそれがない。

それでも売れる無形商材の営業マンは、市場価値が高いです。

 

前述のとおり無形商材は利益率が高いので、スキルアップすればもっと稼げる会社に転職しやすいですよ。

佐藤誠一

くりかえしですが、稼ぎたい人は無形商材がいいかなと。

無形商材の法人営業のデメリット3選【難しいところ】

無形商材の法人営業のデメリット3選【難しいところ】

転職を考える人

反対に、無形商材のデメリットも知っておきたいな。

結論、デメリットは下記の3つです。

  1. 形がないのでわかりやすい説明が必要
  2. 人間性もアピールしないと売れない
  3. かなり練習が必要

こちらも1つずつ解説しますね。

佐藤誠一

難しいけど、対策すれば大丈夫です。

【デメリット①】形がないのでわかりやすい説明が必要

くりかえしですが、有形商材はモノが語ってくれるけど、無形商材はそれができません。

なので、相手がイメージできるくらいわかりやすい説明が必要です。

佐藤誠一

イメージさせられないと「よくわからない」と言われて売れません。

 

具体的には下記のような工夫をしましょう。

  • プレゼン資料を作り込む
  • 事例を説明する
  • 数字を見せる

MEMO
前述のとおり、見込み客の「都合のいい未来」を想像させるのがコツです。

【デメリット②】人間性もアピールしないと売れない

見込み客にとって、目に見えるのは「あなた」しかいないから。

あなたは唯一の「有形物」なので、あなた自身も商品だと思ってください。

 

下記のように、あなたの人間性も伝わる営業をしましょう。

  • 見込み客の悩みをよく聞く
  • 悩みに寄り添った提案をする
  • 潜在ニーズも満たす

ちなみに、見込み客の悩みをヒアリングして潜在ニーズを発見するコツは、営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】にまとめてます。

【デメリット③】かなり練習が必要

無形商材の法人営業は、かなり練習が必要です。

モノを見せられないので、イメージさせる話法をマスターしないと売れないから。

 

具体的には、下記のようなトレーニングがおすすめです。

  • 営業のプレゼンの型を繰り返しロープレ
  • 「ということは?」ゲーム
  • 好きな映画プレゼンゲーム
  • 共通点探しゲーム
  • 5W1Hゲーム
  • ヒアリングゲーム
  • スマホを使って1人で練習

トレーニングの詳細は、売れる営業トークの7つの練習方法【努力しない人との差は圧倒的】にまとめたので、興味あればどうぞ。

無形商材の法人営業に向いてる人の特徴5選

無形商材の法人営業に向いてる人の特徴5選

転職を考える人

ところで、僕は無形商材の法人営業に向いてるのかな…?

もし向いてないなら辞めといた方がいい…?

結論、無形商材の法人営業に向いてる人の特徴は下記の5つです。

  1. リサーチがうまい
  2. 話を聞くのがうまい
  3. 例え話がうまい
  4. ロジカルシンキングできる
  5. 資料作りがうまい

佐藤誠一

3つ以上に当てはまるなら、無形商材を売れると思います。

あなたがいくつ当てはまるか数えてみてください。

1つずつ解説しますね。

【特徴①】リサーチがうまい

相手を知らずに商品は売れないからです。

見込み企業のホームページを見るのはもちろん、下記も調べるとカンペキ。

  • 四季報
  • IR情報
  • 東京商工リサーチ
  • ニュースリリース
  • 社長のSNS

 

具体的には、下記のような人が向いてます。

  • ググる習慣がある
  • SNSをチェックする習慣がある
  • わからないことは本を買ってでも調べる

ちなみにリサーチの方法は、法人営業の新規開拓の方法3ステップ【自動集客のマーケティング戦略】も参考にどうぞ。

佐藤誠一

相手をリサーチしないで営業する人は、無形商材に向いてません。

【特徴②】話を聞くのがうまい

無形商材は、見込み客の悩みを聞き出して、その悩みを解決する方法を提案すれば売れるから。

商談中の発言の割合は下記が理想的です。

  • 見込み客:7割
  • 営業マン:3割

佐藤誠一

ついつい自分が話しすぎてしまう人は、無形商材には向かないかも。

 

ちなみに、見込み客の悩みを聞き出すテクニックは下記の7つです。

  1. 事前に見込み客を調べる
  2. ヒアリングシートを使えば楽勝
  3. SPINで質問する
  4. 3C分析をする
  5. BANTで質問する
  6. 想像させる
  7. 「ぶっちゃけた話…」と聞く

詳しくは、営業のヒアリングのコツ7選【法人契約をもらいまくったテクニック】にまとめてます。

【特徴③】例え話がうまい

例え話はイメージしやすいからです。

前述のとおり、無形商材はイメージさせないと売れないので、例え話のスキルは重要。

佐藤誠一

「例えがうまいね」と言われたことがある人は向いてます。

 

ちなみに、例え話のレパートリーを増やすには、インプットするしかありません。

  • 読書する
  • SNSを読む
  • Google検索

などで、例え話のレパートリーを増やしておきましょう。

【特徴④】ロジカルシンキングできる

法人営業は論理的じゃないと売れないから。

論理的なセールスをしないと、稟議に通らず売れません。

特に無形商材は形がないので、論理的に説明する必要があります。

 

下記のような人はちょっと向いてないかも…

  • 感情的な人
  • 感覚的な人

佐藤誠一

ちなみに、ロジカルシンキングが苦手な人は勉強すればOK。

本を読むことでも身につけられますよ。

【特徴⑤】資料作りがうまい

わかりやすい資料を作らないと、稟議が通らず売れないから。

無形商材はモノを見せられないので、プレゼン資料が重要です。

見込み法人の担当者は、あなたが作ったプレゼン資料をそのまま上司に見せて稟議にかけます。

担当者があなたの業界のプロとは限らないので、「資料を見せれば稟議が通る」くらいわかりやすい資料じゃないとダメです。

 

具体的なプレゼン資料の順序は下記のとおり。

  1. ヒアリングで明らかになった見込客の問題点・悩みの再確認
  2. 商品・サービスから得られる結果
  3. 理由や根拠を数字で説明
  4. 他社との違い
  5. 商品・サービスのメリット→デメリット→メリット
  6. こちらのメリット
  7. 他のお客様の声や事例
  8. 手軽に始められることを伝える
  9. 希少性を伝える

佐藤誠一

僕はこの順序の資料で、上場企業から契約をもらってました。

稟議が通るプレゼンの型です。

詳しくは、営業のプレゼンテーションの9ステップ【成約率が上がる資料のコツ】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【ちなみに】あなたが法人営業に向いてる人か適性診断

転職を考える人

そもそも、僕は法人営業自体に向いてるんだろうか…?

と不安な人は、法人営業に向いてる人の特徴23選【適性がないなら転職はやめとけ】を参考にどうぞ。

法人営業に向いてる人の特徴をまとめてるので、適性診断できますよ。

 

佐藤誠一

もし向いてないなら、他の仕事も検討しましょう。

未経験から無形商材の法人営業に転職する4つのコツ

未経験から無形商材の法人営業に転職する4つのコツ

転職を考える人

ちなみに、未経験から無形商材の法人営業に転職するにはどうしたらいいの?

転職活動が不安だから、コツとかあれば教えてほしいな。

結論、転職活動のコツは下記の4つです。

  1. 商材が好きであることを伝える
  2. 無形商材の営業経験があれば伝える
  3. 「稼ぎたい」と伝える
  4. 非公開求人もチェックしておく

こちらも1つずつ解説しますね。

【コツ①】商材が好きであることを伝える

「商材が好き」は最低限だから。

企業研究だけでなく、商材の研究もしておきましょう。

 

できれば他社比較してください。

他社比較して調べたんですが、御社の商品が業界No.1なので私も売りたいです。

と言えば説得力があって、採用されやすくなります。

注意
というか、そもそも商材を好きになれないと売れないですよ。

好きでもない商材をムリやり売るのは地獄だし、お客様にも失礼です。

【コツ②】無形商材の営業経験があれば伝える

即戦力だと思われて、採用されやすいからです。

個人営業の無形商材の経験でもOKですよ。

 

例えば下記は無形商材なので、個人営業しか経験してなくてもアピールすべき。

  • 保険営業
  • 証券営業
  • 銀行の営業

佐藤誠一

法人であろうが個人であろうが、「人に売る」のは一緒なので、個人営業の経験しかなくてもOKです。

きちんとアピールすることで、採用されやすくなりますよ。

【コツ③】「稼ぎたい」と伝える

企業は、基本的に「稼ぎたい営業マン」を採用したいから。

「あなたが稼ぐ=会社の売上も上がる」って意味なので、Win-Winですよね。

 

志望動機を聞かれたら、

稼ぎたいからです。

と言っちゃうのもアリです。

MEMO
シンプルな志望動機に見えますが、そもそも営業は「稼ぐ仕事」だし、企業側も納得してくれることが多いです。

この辺は、営業の転職の志望動機は「稼ぎたいから」でOK【商材で会社を選ぶ】にも詳しくまとめてるので参考にどうぞ。

【コツ④】非公開求人もチェックしておく

求人を選ぶときは、念のため非公開求人も見ておくといいですよ。

無形商材の法人営業は利益率が高いので、良質な求人が多いから。

 

佐藤誠一

カンタンにいうと「条件がいい求人」が多いので、企業側としては「公開求人」にしたくないんですよね。

公開求人にしちゃうと応募が殺到して、採用担当者が大変だから。

好条件の求人があるので、非公開求人もチェックしといて損はないと思います。

無形商材の法人営業の非公開求人をチェックする方法

非公開求人は転職エージェントがもってるので、見せてもらえばOKです。

※当たり前ですが、転職サイトに非公開求人は載ってません。

 

いくつか登録して、非公開求人を見せてもらいつつ、興味がある求人があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

無形商材の法人営業の非公開求人が多いのは、下記のような大手の転職エージェントです。

  • doda:約10万件の求人数がある大手。とりあえずここに登録しましょう
  • マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。こちらも非公開求人多数
  • 【パソナキャリア】:年収アップの転職が得意な大手。こちらも登録して損はないはず

各社とも5分くらいで登録作業は終わります。

思わぬ求人の紹介があるかもしれないので、可能性を広げてみてください。

無形商材の法人営業でスキルアップ→起業できる【自由度が高い人生】

無形商材の法人営業でスキルアップ→起業できる【自由度が高い人生】

個人的な感想を含みますが、無形商材の法人営業はかなりおすすめです。

無形商材の法人営業で売れるなら、別に企業に属さなくても食っていけるから。

佐藤誠一

無形=原材料費がかからないので、起業しやすいんですよね。

僕も無形商材の法人営業で起業しました。※Webマーケティング営業

会社に縛られず、自由に生きたい人は、無形商材の法人営業スキルを身につける価値アリです。

無形商材の法人営業で起業する方法【業務提携でOK】

無形商材の法人営業に興味がある人

えっ…、でも商材を売るには会社に属してないとダメじゃないの?

結論、売りたい商材を扱う企業と業務提携すればいいだけです。

具体的には、下記の手順で進めればOK。

  1. ググって商材を調べる
  2. 気になった商材を売ってる会社に連絡する
  3. 詳しく話を聞いて業務提携をもちかける
  4. 業務提携契約書を交わして営業スタート
  5. 売れた分の報酬をもらう

佐藤誠一

僕もこんな感じで、売りたい商品を自由に売って稼いでました。

 

けっこうカンタンだし、自由度が高い人生になるので、無形商材の法人営業のスキルアップは有益すぎます。

この辺の起業のコツは、フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやっていけるか診断】にもまとめたので、興味ある人はどうぞ。

【おまけ】無形商材の法人営業で売れるコツ

う~ん、たしかに無形商材の法人営業でスキルを身につけるのは魅力かも…

でも、具体的にどうすれば売れるの?

結論、無形商材を売るコツは下記の9つです。

  1. ひたすら与えまくる
  2. 根回しを徹底する
  3. セールスステップどおりに商談を進める
  4. 売れる営業プレゼンの型を使う
  5. 顕在ニーズだけではなく潜在ニーズも満たす
  6. 理想の未来を想像させる
  7. クロージングは「みんな買ってて残りわずか」
  8. ついで買いを狙う
  9. 小さな契約からもらう

 

この辺のノウハウの詳細は、営業のコツ14選【営業10年経験者が本当に売れたスキルだけを厳選】にまとめたので、どうしても成功したい人は参考にどうぞ。

まとめ【無形商材の法人営業でおすすめの業界は3つ。自由度の高い人生へ】

まとめ【無形商材の法人営業でおすすめの業界は3つ。自由度の高い人生へ】

ということで、無形商材の法人営業に転職したいなら、さっそく今日から転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

注意
当たり前ですが、良い求人から埋まっていきます。

「う~ん…」と考えてるうちに、本来なら転職できたはずの「運命の会社」を逃すことも…

 

来週にはあなたに合うに求人がなくなってることもあるし、こうしてる今も良い求人を誰かに取られてます。

人生単位の損失かなと思うので、考えてもいいですが、転職活動しながら考えると機会損失を減らせますよ。

 

最後にもう一度、無形商材の法人営業でおすすめ3つをまとめておきます。

  1. IT業界:常に最新技術が生まれてるので目新しさで売れやすい
  2. Web業界:多くの企業は集客したいので、常にWebに興味があり売れやすい
  3. 電気・ガス・NTTなどインフラ業界:インフラは不可欠なので売れやすい

おすすめの3つの業界の詳細や、未経験から転職する手順は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件や12のおすすめしない業界】にまとめてます。

 

また、未経験から無形商材の法人営業に転職するコツは、下記の4つです。

  1. 商材が好きであることを伝える
  2. 無形商材の営業経験があれば伝える
  3. 「稼ぎたい」と伝える
  4. 非公開求人もチェックしておく

 

非公開求人は転職エージェントがもってるので、見せてもらえばOKです。

  • doda:約10万件の求人数がある大手。とりあえずここに登録しましょう
  • マイナビエージェント:サポート期間無制限の大手。こちらも非公開求人多数
  • 【パソナキャリア】:年収アップの転職が得意な大手。こちらも登録して損はないはず

 

あとは行動あるのみ。

今日から一歩を踏み出してみてください。

あなたの今回の転職の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ