「給料が安い」という理由で転職してOK【ただし給料だけで選ばない】

「給料が安い」という理由で転職してOK【ただし給料だけで選ばない】

「給料が安い」っていう理由で転職していいのかな?

同級生の給料聞いたら僕より全然高かったので、なんか馬鹿らしくなってきた。

 

好きでもない仕事で、残業させられて、挙げ句の果てに給料安いってダメじゃね?

 

職場に仲良い人もいるから、給料を理由に転職するのは気が引けるけど、

ぶっちゃけ、もっと給料が良い仕事に転職して稼ぎたい。

で、生活にゆとりがほしいなぁ。

 

でもスキルはないし、どんな仕事に転職すれば給料が上がるんだろう?

あと、給料が上がるっていっても、激務な会社は嫌だなぁ…

できたら、今より楽しい仕事で給料もアップしたい。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 「給料が安い」という理由で転職していいかわかる
  • 給料が高い仕事がわかる
  • 給料だけで転職するのは危険だとわかる

 

僕、佐藤誠一は21~22歳まで、下記のような給料で働いてました。※郵便局です。

手取り月給 106,000円
ボーナス 年2回で合計40万円ほど
手取り年収 180万円くらい
残業代 なし
月の残業時間 50時間くらい
時給換算 540円/hくらい

社宅に暮らしてたので家賃は安かったですが、それでも生活は苦しかったです。

 

結論、「給料が安い」という理由で転職しました。

現在はフリーランスのWebライターをしており、年収は750万円ほど。

毎日家でのんきにパソコン作業するだけなので、かなり幸せです。

 

結論、「給料が安い」という理由で転職してOKです。

僕も「給料が安い」という理由で転職して、本当に良かったと思っているので。

 

この記事は「給料が安い」という理由で転職して、好きな仕事で稼げてる僕が書いたので、かなり信ぴょう性があるかと。

あなたも、今より楽しめる仕事に転職して、

給料が上がります。

「給料が安い」という理由で転職してOK【まずは普通の生活をしよう】

「給料が安い」という理由で転職してOK【まずは普通の生活をしよう】

結論、「給料が安い」という理由で転職してもOKです。

なぜなら、生活が整わないと他のこともうまくいかないからです。

健康で文化的な最低限度の生活が最優先

貧乏な状態は、メンタルが病むから。

メンタルが病むと前向きな行動ができなくなり、今の生活から抜け出せません。

 

まずは、普通に生活できる給料を確保しましょう。

特に、アルバイトより時給換算が安い人は、

1回アルバイトに転職してもいいですよ。

 

僕も郵便局を辞めて、一度フリーターになってます。

時給は高いし、仕事の責任は軽いので、リハビリには丁度いいです。

あなたの年収と平均年収を比較

ちなみに、僕の給料って平均より安いの?

平均以下なら、マジで転職しようかな。

日本人の世代別・男女別の平均年収は、下記のとおりです。

年齢 男女の平均年収 男性の平均年収 女性の平均年収
~19歳 252万円 262万円 234万円
20~24歳 323万円 338万円 306万円
25~29歳 340万円 428万円 368万円
30~34歳 460万円 499万円 387万円
35~39歳 507万円 557万円 399万円
40~44歳 544万円 606万円 419万円
45~49歳 578万円 655万円 427万円
50~54歳 614万円 709万円 430万円
55~59歳 597万円 687万円 412万円
60~64歳 428万円 467万円 335万円

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

 

あなたの年収の方が低ければ、「給料が安い」と判断してOKです。

転職しましょう。

給料が高い仕事に転職する方法3選

給料が高い仕事に転職する方法3選

どうやら僕の給料は、平均以下みたいだ。

やっぱり転職しよう。

 

でも、どういう仕事なら今より給料が上がるのかな?

特にスキルとかないから、今より給料を上げるのは難しいんじゃない?

結論、下記の3つの方法で、今より給料が上がります。

  1. 伸びてる業界に転職する
  2. 歩合給が高い仕事に転職する
  3. 転職エージェントに年収交渉してもらう

1つずつ解説します。

①伸びてる業界に転職する【IT業界】

IT業界など、伸びてる業界に転職しましょう。

給料が上がっていくからです。

IT業界の今後【けっこう明るい】

  • AI
  • 5G
  • Youtube
  • SNS
  • 自動運転

など、伸びる要素が満載です。

伸びる業界に転職すると、少ない努力量で稼げるのでおすすめです。

 

僕もWebライターでIT業界にいますが、明らかにイージーに稼げてます。

IT業界の今後は、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

IT業界は未経験でも転職できる

なぜなら、基礎スキルを身につければ採用されるから。

基礎スキルとは、例えば下記があります。

スキル 仕事内容 平均年収
プログラミングスキル システムやWebサイトを作る人 400万~500万円
インフラエンジニアのスキル ネット環境を作る人 400万~500万円
Webマーケティングのスキル Webから集客する人 400万~500万円

これらの基礎スキルを身につければ、30代前半までなら未経験でも転職できます。

転職前にITの基礎スキルを身につける方法

プログラミングスキルとインフラエンジニアスキルは、ITスクールで勉強するのが良いですね。

担当講師がつくので、挫折しにくいです。

 

おすすめのITスクールは、【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめてます。

無料体験があるので、興味あればまずは体験から。

ITスクールが、スキルに合った優良IT企業も紹介してくれるので転職も可能です。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

Webマーケティングスキルは、

  • ブログ:月間3万アクセス
  • Youtube:チャンネル登録1000人
  • SNS:フォロワー1000人

とかまでやれば、普通に転職できます。

②歩合給が高い仕事に転職する【営業職】

営業職など、歩合給が高い仕事に転職すると給料が上がります。

売れたら売れた分、給料が入るので。

 

未経験から転職可能な営業職は、下記のとおりです。

  • IT企業の営業
  • 保険の営業
  • 不動産の営業
  • 車の営業
  • 広告営業

営業に未経験で転職を考える人は、営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】をどうぞ。

営業に未経験で転職するときの注意点を解説してます。

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】

【ただし】営業はノルマがあります

ノルマとか嫌いな人は、あまりおすすめしません。

僕も営業を10年やりましたが、決して甘くなかったですよ。

 

ノルマ未達だと、返って給料が下がることもあります。

営業のノルマについては、【元営業マンが語る】営業は売れないとブラック、売れたらホワイトにまとめてます。

 

営業が嫌な人は、前述のIT技術者を目指しましょう。

【元営業マンが語る】営業は売れないとブラック、売れたらホワイト

③転職エージェントに年収交渉してもらう

転職エージェントを通して転職活動しましょう。

企業に年収交渉してくれるので、給料アップできる可能性が高まるから。

企業も一見さんは怖い【紹介者を間に入れるのがコツ】

企業に直接応募もできますが、内定率は低いです。

京都のお座敷遊びみたいなもんで、企業も一見さんを採用するのは怖いから。

 

間に紹介者である「転職エージェント」が入ることで、企業側も安心します。

企業にも人事の人はいますが、自社に適正がある人を絞るのはぶっちゃけ面倒な作業。

なので、採用を転職エージェントに外注してるイメージです。

 

取引が長い信用のある転職エージェントから紹介された人は、企業側も印象が良いんです。

年収交渉も転職エージェントがやってくれるので、結論、転職エージェントを通しましょう。

給料アップに強い転職エージェント

下記の3社かなと。

目的は転職エージェント選びじゃなくて、企業選びです。

どの転職エージェントが良い会社を紹介してくるか分からないので、とりあえず3社に相談しておけば無難かなと。※無料だし。

同時進行で企業選定が進むので、転職できるまでが早いです。

 

あとは、求人内容とか、転職エージェントのキャリアカウンセラーとの相性とかで企業を絞ればOK。

履歴書とか面接のサポートもやってくれるので、内定率も高いです。

 

3社の評判は下記の3記事にまとめたので、興味あればどうぞ。

【注意】未経験の転職は1回給料下がります

一応知っておいてほしいのは、未経験の転職は、最初のうち給料が下がる可能性もあります。

なぜなら未経験者だから。

 

でも給料が上がる会社なら、時間の問題で前職の給料を超えていくイメージです。

この辺は、20代の転職で年収が下がるケース【好きな仕事に転職して稼ぐ方法】にまとめてます。

20代の転職で年収が下がるケース【好きな仕事に転職して稼ぐ方法】

在職中に転職活動すればOK

なんかまだ転職に100%踏み切れないんだよなぁ…

職場には仲良い人もいるし…

という人は、在職中に転職活動を始めればOK。

もし気が変わっても、今の会社で働けるから。

 

今の仕事をしながら、水面下で転職活動して、ほんとに良い会社が出てきたら真剣に検討する感じでもOKですよ。

この辺は、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】をどうぞ。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

給料以外にも配慮して転職する【やりがい・残業・休日も大事】

給料以外にも配慮して転職する【やりがい・残業・休日も大事】

給料アップできる転職のやり方はわかった。

でも、給料だけ上がっても、仕事がキツかったら嫌だなぁ…

残業が多いとか、休日出勤があるとか…

 

そもそも仕事自体に興味なかったら、給料が上がっても地獄じゃね?

おっしゃる通りで、給料だけで転職先を決めるのはNGです。

  • やりがい
  • 残業
  • 休日

なども重要な要素だからです。

やりがいのある仕事を見つける方法

結論、下記のどちらかを選べばOKです。

  1. 好きな仕事
  2. 向いてる仕事

この2つを見つける方法は、仕事をしたくないから転職はOK【甘えじゃないし人生がもったいない】にまとめてます。

仕事をしたくないから転職はOK【甘えじゃないし人生がもったいない】

ちなみに、あなたに向いてる仕事は、MIIDAS(ミイダス)など無料アプリの適職診断でカンタンにわかるので参考にどうぞ。

ミイダスの適職診断

残業が少ない会社・休日がしっかりとれる会社を選ぶ方法

転職会議」など、口コミサイトを熟読しましょう。

社員さんの本音が書いてあるので。

 

もちろん中にはダミー情報もありますが、雰囲気はつかめるかと。

求人情報ってちょっと盛られてるので、口コミサイトで真実を確かめましょう。

まとめ【給料が安いから転職したいは全然OK】

まとめ【給料が安いから転職したいは全然OK】

結論、「給料が安い」とい理由で転職してOKです。

まずは「健康で文化的な最低限度の生活」にシフトして、ポジティブに挑戦できる環境を作りましょう。

 

本気で生活を変えたいなら、今すぐ転職活動開始です。

今の仕事を続けながら、水面下で動き出しましょう。

 

給料が高い仕事に転職する方法は、下記の3つです。

  1. 伸びてる業界に転職する【IT業界】
  2. 歩合給が高い仕事に転職する【営業職】
  3. 転職エージェントに年収交渉してもらう

基礎的なITスキルは、ITスクールで身につけると挫折しにくいです。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめたITスクールには、無料体験もあるので、興味あればまずは体験からどうぞ。

 

また、給料アップに強い転職エージェントは下記の3社。

各社の評判は、下記の3記事にまとめてます。

 

そして、給料だけで転職先を選ぶのは危険なので、転職会議など口コミサイトで内情を確認しましょう。

 

また、転職活動の具体的な手順は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】をどうぞ。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

結論、あなたが楽しめる仕事で、今より給料が上がります。

あなたの生活が豊かになるのを祈っています。