教員におすすめの転職先3選【辞めても後悔しないので大丈夫ですよ】

教員におすすめの転職先3選【辞めても後悔しないので大丈夫ですよ】

教員におすすめの転職先を知りたい。

教員がキツすぎて辞めたいけど、どんな仕事に転職したらいいかわからない…

おすすめしない転職先とか、転職に失敗しないコツも知りたいな。

あと、教員を辞めて後悔しないか不安…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 教員におすすめの転職先がわかる
  • おすすめしない転職先もわかる
  • 教員→民間の転職に失敗しないコツがわかる
  • 教員を辞めても後悔しないとわかる

 

僕、佐藤誠一は「全国職業相談センター」というサイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

教員の人からの相談も多く、僕がアドバイスして無事に民間に転職していった人も多いです。

 

また、僕自身も元公務員でして、公務員の後に民間に転職しています。※教員ではありませんが。

年齢 職業 年収
21~22歳 公務員 180万円
22~26歳 フリーター 180万円
26~31歳 保険の営業 600万円
31~33歳 保険代理店の営業 600万円
33~36歳 Webマーケティングの営業 600万円
36歳~現在 Webライター 750万円

保険の営業時代は、学校の先生のお客さんが多かったですね。

僕が担当した人で、教員を辞めて民間に転職した人も普通にいます。

みなさん、楽しく働いてるみたい。

結論、教員から民間に転職するのは、全然アリだと思います。

 

実は僕の父親も高校教師でした。

教員家庭で育ったため、教員がどれくらい大変な仕事かは非教員の家庭の人よりわかってるかと。

教員はあらゆる職業の中でもかなりキツい方なので、民間に転職するのは全然アリだと思います。

 

前置きが長くなりましたが、こんな僕が書いた記事なので、それなりに信ぴょう性はあるかと。

おすすめの転職先や、おすすめしない転職先も解説するので、転職の参考にしてみてください。

教員におすすめの転職先3選【小学校~高校の教員まで共通】

教員におすすめの転職先3選【小学校~高校の教員まで共通】

結論、教員におすすめの転職先は下記の3つです。

  1. プログラマー
  2. 営業
  3. マーケティング

1つずつ解説しますね。

①プログラマー

プログラマーがおすすめの理由は、下記の3つです。

  1. 将来性があるから
  2. 手に職がついて安定するから
  3. 継続的な勉強が必要だから

プログラマーはIT業界の仕事でして、将来性は問題なし。

伸びてる業界なので、プログラマーでスキルアップしていくと、むしろ教員より安定します。

なぜなら、スキルがあると多くの企業から引っ張りだこになるから。

 

教員は辞めたら終了ですが、スキルがあるプログラマーは転職先がいくらでもあるので、教員より安定してます。

参考:【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

プログラマーは継続的な勉強が必要だから教員向き

プログラマーのスキル習得には、終わりがありません。

なぜなら、常にIT技術は進歩し続けてるから。

 

空き時間を使ってプログラミング学習をするときもあるでしょう。

一般的にはそれってキツいことですが、授業の準備などで継続的な学習が必要な教員の人には何でもないこと。

 

継続的な勉強の対象がプログラミングになるだけで、勉強する行為自体は一緒です。

結論、割とすんなりプログラミングに入っていけることアリ。

プログラマーに転職する前にやっておくといいこと

転職する前に、プログラミングに触れてみましょう。

なぜなら、転職しなくてもプログラミングはできるから。

いきなり転職してプログラミングが合わなかったらキツいので、転職の前に触れてみるのが無難です。

 

でも、プログラミングって何すればいいの?

が本音じゃないですかね。

学校でプログラミング教育が進んでる時代ですが、教員自身がプログラミングに疎かったりしますよね(汗)

 

テックアカデミーというプログラミングスクールで、オンラインで1週間の無料体験があるので、これがいいかなと。

この無料体験だけでもWebサイト制作くらいのレベルを体験できるので、けっこう有益だと思います。

まずは1週間プログラミングに触れてみながら、考えていけばOK。

 

もしプログラミングを面白いと思えば、転職を検討しましょう。

IT企業はプログラミングスクールの卒業生を採用したがってるので、転職も可能です。

参考:【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

②営業

営業がおすすめの理由は下記の3つです。

  1. スキルが身につけば食いっぱぐれがないから
  2. 教員時代に身につけたコミュニケーションスキルを活かせるから
  3. マネジメント(部下の育成)もできるから

営業って「お金をもってくるスキル」なので、営業スキルが身につけば食いっぱぐれはありません。

業界が変わっても人間を相手にするのは一緒だし、営業スキルはどの業界でも一緒なので問題なし。

 

実は、【厳選】公務員のおすすめの転職先3選【民間でやってけるから大丈夫】の記事内では営業はおすすめしてないんですが、教員ならOKです。

なぜなら、コミュニケーション主体の仕事だから。

教員時代に身につけたコミュニケーションスキルを、そのまま活かせます。

【実話】中学教員→営業に転職した女性の話

僕が保険営業時代に担当した中学校教員の女性は、化粧品の営業に転職しました。

もともとやってみたかった仕事だそうで、教員を辞めて10年以上経ちますが、現在も営業を継続しています。

コミュニケーション能力はある人だったので、営業にもすんなり入っていけた感じ。

なので、教員→営業の転職はアリだと思います。

営業の転職に失敗しないコツ

でも、営業っていっても色々あるでしょ?

どれを選べばいいの?

元営業マンの僕が断言しますが、営業の転職で失敗しないコツは「商材で会社を選ぶこと」です。

なぜなら、あなた自身が好きになれない商材は売れないから。

辛い営業マン

自分では良いと思ってない商品だけど、ノルマがあるから売らなきゃいけない…

とかって地獄ですよ。

※これなら教員の方がマシ。

あなた自身が好きになれる商材を扱う会社を探して、転職するのがコツです。

あなたが好きになれる商材の探し方

でも、自分が好きな商材とか特にないんだよね…

という人は、営業に強い転職エージェントを利用してもいいかなと。

キャリアカウンセリングしてくれて、あなたが好きになれそうな商材の候補を見せてくれるから。

 

営業未経験者に強い転職エージェントは下記の3つ。

登録してキャリアカウンセリングしてもらいつつ、商材情報を見せてもらいつつ、興味ある商材があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

  1. マイナビジョブ20’s:教員→営業の転職の成功実績多数。大手マイナビの非公開求人も見れる
  2. ウズウズ:他社の10倍のカウンセリングであなたが好きになれる商材がわかる。転職後の定着率95%
  3. 【第二新卒エージェントneo】:こちらも教員→営業の転職は強い。あなたが好きになれる商材が見つかりやすい

3社の詳細は、営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】にまとめたので、営業の転職に興味があればどうぞ。

営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】

③マーケティング

マーケティングがおすすめの理由は下記の3つです。

  1. 手に職がついて安定して稼げるから
  2. 継続的な勉強が必要だから
  3. 1人のことを深く考える仕事だから

 

マーケティングとは、簡単にいうと「広告の仕事」です。

自社商品を多くの人に買ってもらうために集客して、買ってもらうための仕組みを作る仕事ですね。

具体的には下記みたいな仕事をします。

  • 自社サイトのアクセス数を増やす
  • SNSやYoutubeを会社でやる
  • 効果が高い広告を出す

なんか難しそう…

と思うかもですが、ほぼ全員が未経験から始める仕事なので大丈夫。

基礎的な知識なら、最初の1ヶ月でわかります。

マーケティングは手に職がついて安定して稼げる

なぜなら、どこにいっても通用するスキルだから。

すべての民間企業は「売上を上げたい」と思っています。

マーケティングスキル=売上を上げるスキルなので、実務経験を積めばどこでも転職可能。

 

なんなら、副業でブログやYoutubeを同じことをやっても稼げます。

※マーケティング業界は、副業の方が収入が高い人が多い。

結論、教員よりよほど安定できるスキルなので、けっこうおすすめの仕事です。

【体験談】僕もマーケティングで食ってます

冒頭でもお伝えしましたが、現在の僕はWebライターをやってます。

業界でいうと、マーケティング業界の仕事ですね。

  1. Google検索上位に表示できる記事を書いて、企業の売上に貢献する
  2. 自分でもブログをやって稼ぐ

って感じでして、同じスキルを複数の仕事で使ってます。

 

ちなみに、このブログも月収10万円以上を稼いでますよ。

完全に在宅で働くノマドスタイルでして、結論、マーケティングスキルが身につくと人生の自由度が上がります。

【感想】マーケティングは1人と向き合う仕事

マーケティングにどっぷりの僕ですが、マーケティングは「1人と向き合う仕事」だと思ってます。

なぜなら、記事でも広告でも、たった1人に向けて書かないと刺さらないから。

 

万人受けする内容=誰にも刺さらないという感じでして、たった1人で真剣に向き合うスキルが必要です。

なので、教員だった人には向くかなと。

 

疲れた先生

本当は生徒1人1人と向き合いたかったけど、激務すぎてムリ…

という先生は、マーケティングで1人1人と向き合うのがおすすめです。

この記事も、たった1人の「あなた」に向けて書いてますよ。

マーケティングに転職する方法

割と普通の転職活動でOKです。

  1. 未経験OKの求人を出してるマーケティング会社を探す
  2. 応募して詳しく話を聞いてみる
  3. 良さげだったら転職する

民間の転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

 

でも、どのマーケティング会社がいいか見分けがつかない…

という人は、未経験者の転職に強い転職エージェントに、求人を絞ってもらえばOKだと思います。

キャリアカウンセリングしてくれつつ、あなたに合いそうなマーケティング会社の求人を見せてくれるので、見ながら考えればOK。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

【注意】教員におすすめしない転職先

ちなみに、教員におすすめしない転職先ってどこかな?

結論、下記はおすすめしません。

他のサイトでは「おすすめ」になってますが、トンデモナイですよ。

  1. 塾講師→教員より大変だし稼げない。少子化で将来性が不安
  2. 家庭教師→教員より大変だし稼げない。少子化で将来性が不安
  3. 児童支援員→給料が低い
  4. 放課後デイサービス→給料が低い
  5. インストラクター→給料が低い
  6. 学校事務→教員を辞める意味がない
  7. 他の公務員→教員を辞める意味がない

転職先選びを間違えると転職回数が増えて、次の転職が不利になります。

もし上記に転職を考えているなら、慎重に判断してください。

教員から民間の転職に失敗しないコツ

教員から民間の転職に失敗しないコツ

でも、民間に転職するのは初めてだから、失敗しないか不安…

教員→民間の転職活動のコツとかある?

失敗しないコツは下記のとおりです。

  • 営利目的で働くマインドに変える
  • 転職理由はポジティブにする
  • キャリアカウンセラーも利用する
  • 11月には退職を申し出る

詳細は、20代の教員が民間に転職する方法【教師を辞めても人生は余裕です】にまとめたので参考にどうぞ。

20代の教員が民間に転職する方法【教師を辞めても人生は余裕です】

転職先選びに失敗しないコツ

でも、転職先選び自体を間違ったらダメじゃない…?

ブラック企業とかに転職したらどうしよう…

民間の転職先選びに失敗しないコツは、下記の2つです。

  1. 必ず職場見学させてもらう
  2. わからないことは面接で聞く

この2つをやるだけでも、かなりミスマッチを防げます。

※転職先選びで失敗する人は、だいたいこの2つをやってません。

この辺の詳細は、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】にまとめたのでどうぞ。

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】

【断言】教員を辞めても後悔しないから大丈夫

【断言】教員を辞めても後悔しないから大丈夫

教員を辞めても後悔しないかな…

気持ち的には民間に転職したいんだけど、「やっぱり教員を辞めなきゃよかった…」って後悔したらどうしよう…

割と断言できますが、教員を辞めても後悔しないですよ。

なぜなら、民間の仕事は教員ほど辛くないから。

  1. 朝早くから夜遅くまで働く
  2. 部活で休みがない
  3. 生徒からいじめられる
  4. 保護者のクレームを受ける
  5. 教員同士のいじめ

とかって、民間ではないですからね。

 

たしかに民間にもブラック企業はありますが、それは一部の話。

教員は本当にハードな仕事なので、民間の方が働きやすいかと。

安定を捨てるのが怖い→手に職をつければいい

でも、教員って公務員だし、安定してるのが強みだよね…

この安定を手放していいのか迷う…

結論、手に職をつければ安定して稼げますよ。

民間では終身雇用が崩壊してるので、つまり「手に職がある人」の需要が高くなってます。

 

前述のとおり、手に職があれば転職先も選び放題だし、給料も高いです。

紹介した3つの職種はスキルが身につけば人生が安定するので、教員を辞めても大丈夫ですよ。

  1. プログラマー
  2. 営業
  3. マーケティング

子供と関わりたい→趣味で関わればいい

でも、子供との関わりがなくなるのは、ちょっとイヤだなぁ…

結論、子供とは趣味で関わればOK。

地域の社会活動など、いくらでもチャンスはありますよね。

 

ようは「子供と関わることを仕事にしなくてもよくない?」って話でして、なんでもかんでも仕事にしない方がいいですよ。

好きなことは趣味でもできるので、考え方を変えちゃえばOKです。

あなたに合う仕事に転職すれば後悔しない

当たり前すぎる結論ですが、あなたに合う仕事に転職すれば後悔はありません。

なぜなら、仕事が楽しいから。

記事冒頭でプログラマー、営業、マーケティングを紹介しましたが、最終的には興味があって合う仕事ならOKかなと。

 

でも、どれが自分に合うかわからない…

という人は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】を参考にどうぞ。

記事内で適職診断できる方法を解説してます。

まとめ【教員におすすめの転職先は3つ。転職活動を始めましょう】

まとめ【教員におすすめの転職先は3つ。転職活動を始めましょう】

ということで、あとは行動あるのみ。

行動しないと何も始まらないので。

 

教員が辞められるのは一般的に3月なので、早めに行動しないともう1年余計に働くハメになりますよ。

民間の転職は1歳でも若い方が有利なので、1年のロスは「本来は転職できたはずの仕事を失う」を意味します。

 

「う~ん」と考えてもいいですが、行動しながら考える方が時短できますよ。

行動すべきは今日からでして、今日からできることを始めていきましょう。

民間の転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】で解説してます。

 

教員の人におすすめの転職先は下記の3つ。

  1. プログラマー
  2. 営業
  3. マーケティング

 

プログラマーは、転職する前に実際にプログラミングに触れてみて相性をみましょう。

テックアカデミーで、オンラインで1週間のプログラミング無料体験ができるので、まずはここで試せばいいかなと。

参考:【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

 

営業は「あなたが好きになれる商材」で転職先を選ぶのがコツです。

好きな商材がない人は、営業未経験者に強い転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けつつ、あなたが好きになれそうな商材情報を見せてもらいつつ考えていくといいと思います。

  1. マイナビジョブ20’s:教員→営業の転職の成功実績多数。大手マイナビの非公開求人も見れる
  2. ウズウズ:他社の10倍のカウンセリングであなたが好きになれる商材がわかる。転職後の定着率95%
  3. 【第二新卒エージェントneo】:こちらも教員→営業の転職は強い。あなたが好きになれる商材が見つかりやすい

参考:営業未経験者向けのおすすめの転職エージェント3選【不向きの特徴】

 

マーケティングも転職先候補を絞れないなら、未経験者に強い転職エージェントに求人を絞ってもらうと効率的です。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

あとは行動あるのみ。

さっそく今日から一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ