20代の教員が民間に転職する方法【教師を辞めても人生は余裕です】

20代の教員が民間に転職する方法【教師を辞めても人生は余裕です】

20代の教員が民間に転職する方法を知りたいな。

教員を辞めるなんて親とかに反対されそうだけど、

仕事がキツすぎるので辞めたい。

 

民間は初めてだから、どうやって転職活動すればいいのかな?

あと、教員におすすめの転職先とかも知りたい。

 

ただ、ほんとに教員を辞めて大丈夫かな…?

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 20代の教員が民間に転職する方法【まずはマインドシフトから】
  • 20代の教員におすすめの仕事7選
  • 教員の辞めどきは3月【11月には退職を申し出ること】
  • 教員を辞めても人生は余裕です【むしろ教員の方が地獄】

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで相談対応もしてました。

 

教員の転職相談はかなり多かったです。

やっぱり、みんな辞めたがってるんですよね。

 

みんなが辞めたい理由は、下記が多かったです。

  • 休みがない
  • 体を壊しそう
  • 責任が重すぎる
  • 仕事内容と給料が釣り合ってない

僕が相談対応したことで、民間に転職していった先生も多いです。

そのときの相談対応のノウハウを記事にまとめました。

 

実際に民間に転職できた先生が多いので、信ぴょう性がある内容かと。

20代のうちに、教員から民間に転職したいあなたの参考になればうれしいです。

20代の教員が民間に転職する方法【まずはマインドシフトから】

20代の教員が民間に転職する方法【まずはマインドシフトから】

20代の教員が民間に転職する方法を解説します。

下記のとおりに行動してみてください。

【重要】営利目的で働くマインドに変える

最重要なのは、働く目的を変えることです。

民間企業は営利目的で働いているので。

 

社員の存在意義はただ1つ、会社の売上を伸ばすことです。

 

公務員の感覚のまま転職活動すると、面接とかズレが出て不採用になりがち。

まずは、働く目的を営利目的にチェンジしてください。

できれば在職中に転職活動【無理なら辞めてから】

可能であれば、在職中に転職活動をしましょう。

退職してから転職活動をする場合、内定が出ないと無収入になるので。

 

テスト期間中などを利用して、転職活動するのがおすすめです。

在職中の転職活動のコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】を参考にどうぞ。

 

ただし、どうしても現職中に転職活動の時間を取れないなら、退職してからの転職活動でもOKです。

退職後の転職活動のコツは、辞めてから転職活動するメリットとデメリット【先に辞めてもOKです】にまとめてます。

転職理由はポジティブにする

面接では転職理由を聞かれますが、ポジティブに伝えましょう。

ネガティブな転職理由は、印象が悪くて採用されにくいので。

 

例えばこんな感じでOKです。

どうしてもプログラミングの仕事をやってみたかったので

教員ではどうしても営業に携われなかったので

 

悪い例はこんな感じ。

  • 休みが少なかったので。
  • 業務量に対して給料が安かったので。

面接のノウハウについては、

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】にまとめてます。

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

キャリアカウンセラーに相談する

民間への転職は初めてだから、不安が多いなぁ

という人は、キャリアカウンセラーに相談すればOK。

民間への転職の専門家なので、アドバイスをくれますよ。

  • あなたに向いてる仕事の診断
  • あなたに合う企業の紹介
  • 志望動機作りや面接の練習

などをすべて無料でやってくれます。

 

キャリアカウンセラーの相談は、転職エージェントに相談すればOK。

※在籍してるので。

 

20代向けの信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

転職活動の手順

転職活動って何からすればいいの?

という人は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】を読んでみてください。

民間の転職活動の手順を解説しています。

 

手順に沿って行動すれば問題なしですよ。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

20代の教員におすすめの仕事3選

20代の教員におすすめの仕事7選

20代の教員におすすめの仕事ってあるのかな?

という人は、下記の3職種がおすすめ。

  1. プログラマー
  2. 営業
  3. マーケティング

 

いずれも、

  • 手に職がつく仕事
  • 未経験から転職できる

という仕事です。

 

民間では終身雇用が崩壊しているので、手に職をつけるのが必須。

手に職がつけば、安定して稼げますよ。

上記3職種については、教員におすすめの転職先3選【辞めても後悔しないので大丈夫ですよ】にまとめています。

教員におすすめの転職先3選【辞めても後悔しないので大丈夫ですよ】

【注意】教員におすすめしない仕事

反対に、おすすめしない仕事は下記のとおり。

  • 塾講師:教員と同じくらい激務
  • 他の公務員:労働基準法が適用されない
  • 学校事務:また学校で働きます

おすすめしない理由は、教員とあんまり変わらないから。

せっかく転職するのに同じような仕事なら、転職しない方がいいですよ。

 

まったく違う畑の仕事に転職できるのは20代だけなので、経験も兼ねて今のうちに別の仕事に挑戦してみましょう。

幅広い経験を積むことで、30代以降の可能性が広がります。

教員の辞めどきは3月【11月には退職を申し出ること】

教員の辞めどきは3月【11月には退職を申し出ること】

教員っていつ辞められるのかな?

あと、いつ頃に退職を申し出ればいいんだろう?

教員の辞めどきは3月です。

一応3月以外でも退職できますが、やはり年度末が一般的。

年度の途中で辞めると、かなり迷惑がかかりますからね。

 

退職の申し出は、11月頃の人事希望を出すときがベスト。

学校側も、あなたの後任を探す余裕があります。

 

教員は急に辞められないので、11月頃から退職を伝えましょう。

転職活動は12月くらいからスタート

現職を続けながら転職活動をするなら、12月くらいからで大丈夫。

3ヶ月もあれば民間の内定は出るから。

 

12月から転職活動を始めて、2月くらいに内定をもらうイメージですね。

 

ちなみに、退職してから転職活動を始める人は、

  • 4月:転職活動スタート
  • 6月:内定
  • 7月:転職先で勤務開始

みたいなスケジュールを想定しておきましょう。

教員を辞めても人生は余裕です【むしろ教員の方が地獄】

教員を辞めても人生は余裕です【むしろ教員の方が地獄】

本当に教員を辞めても大丈夫かなぁ…?

みんなに反対されそう…

結論、教員を辞めても人生は余裕です。

なぜなら、教員以上にキツい仕事はあんまりないから。

 

激務の教員でやってこれた人なら、民間なんて楽勝ですよ。

休みもあるし、給料も上がります。

 

教員は、

  • 休みも少ない
  • 責任が重い
  • なのに給料は安い

で、あらゆる仕事の中で難易度が高い方です。

手に職をつければ公務員並みに安定します

前述の7職種のような手に職がつく仕事なら、公務員並みに安定するので大丈夫。

スキルがある人は常に重宝されるから。

 

なので、手に職を身につけましょう。

公務員は仕事に縛られますが、

手に職をつければ自ら仕事を選べるようになります。

 

結果、人生がイージーになりますよ。

親には誠意をもって話す

教員を辞めるなんて言ったら、親が反対しそう…

という人は、誠意をもって親に話すしかありません。

親が思ってる教員のイメージと、現実はけっこう違いますからね。

  • どれくらい厳しい仕事なのか伝える
  • 手に職をつければ公務員並みに安定することを伝える
  • どうしてもやりたい仕事あると伝える

など、誠意をもって話しましょう。

 

もちろん、親への感謝はお忘れなく。

誠意をもって話せば、だいたいの親は納得してくれるものです。

まとめ【20代のうちに教員から民間に転職しちゃいましょう】

まとめ【20代のうちに教員から民間に転職しちゃいましょう】

この記事をまとめます。

  • 20代の教員が民間に転職する方法を実践すれば大丈夫
  • おすすめの仕事は3つ【おすすめしない仕事に注意】
  • 教員の辞めどきは3月【11月には退職を申し出る】
  • 教員はキツすぎるので民間に行ったら余裕
  • 手に職をつければ公務員並みに安定する

本気で教員を辞めて民間に転職したいなら、

行動を開始しましょう。

最悪の場合でも、1月に退職を申し出れば受け入れてくれる学校はあるかと。

 

3月が近いほど、すぐに転職活動を始めてください。

 

ちなみに、この記事で紹介した20代向けの信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

不安なら、プロのキャリアカウンセラーに相談するのもアリかと。

あなたの転職成功を祈っています。