高卒社会人でも公務員に転職できる【元高卒公務員が感じたデメリット】

高卒社会人でも公務員に転職できる【元高卒公務員が感じたデメリット】

高卒でも公務員に転職できるのかな?

安定してそうだし、親も喜びそうだから挑戦してみようかな…

高卒だと、どんな公務員になれるんだろう?

 

あと、公務員になるメリットデメリットも知りたいな。

公務員と民間、どっちに転職すべきだろう?

こういった疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 高卒で公務員に転職できるとわかる
  • 公務員に転職するメリットとデメリットがわかる
  • 公務員と民間、どちらに転職すべきかわかる

 

僕、佐藤誠一は高卒区分で公務員に合格しました。

最終学歴は専門学校卒ですが、調理師の専門学校。

調理師の道に進んでないので、事実上の高卒です。

 

結論、高卒で公務員に転職することは可能です。

ただし、デメリットも多いので慎重に検討してください。

 

事実、僕は公務員を1年半で辞めてます。

ブラックだったので、、、

 

現在の僕は、在宅フリーランスのWebライターで、年収は750万円くらい。

  1. 通勤なし
  2. 職場の人間関係なし
  3. 休憩も休日も自由
  4. 起きる時間も寝る時間も自由
  5. 自由な人生

って感じでして、夫婦でのんきにノマド生活を送ってます。

 

心の底から、

公務員やめてよかったーーー!!!

と思ってます(笑)

 

公務員になるべきかも解説してるので、転職の参考にどうぞ。

この記事を読むことで、あなたも楽しい人生になりますよ。

高卒社会人でも公務員に転職できる

高卒社会人でも公務員に転職できる

結論、高卒でも公務員に転職できます。

普通に募集が出ていますよ。

 

高卒でも応募できる公務員の種類は、下記のとおりです。

まずは国家公務員から。

種類 年齢制限
高卒区分の一般職(事務、技術、農業土木、林業) 高校卒業後2年以内
高卒区分の一般職(社会人採用枠) 40歳まで
税務職員 高校卒業後3年未満
刑務官 29歳まで
航空保安大学校学生 高校卒業後3年未満
気象大学校学生 高校卒業後2年未満
海上保安大学校学生 高校卒業後2年未満
海上保安学校学生 高校卒業後5年未満
海上保安学校学生(特別) 高校卒業後6年未満
自衛官 27歳まで
入国警備官 高校卒業後5年未満
皇居護衛官 高校卒業後5年未満
裁判所の一般職(高卒区分) 高校卒業後2年未満

 

続いて、地方公務員はこちらです。

種類 年齢制限
地方公務員の初級 30歳くらいまで(自治体による)
警察官 35歳未満
警察事務 29歳まで
消防官 29歳まで

 

結論、けっこう応募できるので、検討してみてください。

詳しくは各職種の募集ページで調べてみましょう。

大卒程度の試験も受験可能【ただし難易度高い】

「大卒程度」となっている公務員でも、応募はできます。

大卒じゃなくても「大卒程度の学力がある」と認められれば、採用されますよ。

 

具体的には下記のとおり。

種類 年齢制限
国家公務員の大卒区分の一般職 30歳まで
法務教官 30歳まで
保護観察官 30歳まで
労働基準監督官 30歳まで
航空管制官 30歳まで
裁判所の一般職 30歳まで

 

ただし、試験は大卒の人が受けるレベルなので難関。

勉強に自信がない人は、やめといた方がいいですよ。

公務員に転職するメリットとデメリット【高卒は不利な部分あり】

公務員に転職するメリットとデメリット【高卒は不利な部分あり】

高卒でも公務員に転職できるのかぁ。

ちなみに、公務員に転職するメリットデメリットも知りたいな。

結論、下記の表のとおりです。

メリット デメリット
安定している

年功序列

ノルマがない

ローンが通りやすい

親戚ウケがいい

モテる

ブラック(労働基準法が適用外)

生涯賃金が決まってしまう

副業できない

大卒区分と出世コースが違う

どんなに頑張っても給料は一緒

30代になったら民間に転職できない

公務員試験の勉強は1日8時間必要

デメリットをいくつかピックアップして、解説しますね。

【デメリット①】公務員はブラック

なぜなら、労働基準法適用外だから。

※労働基準法は、民間企業のための法律です。

 

事実、僕の公務員時代の実態は下記のとおり。

  • 時給400円台
  • 12時間勤務で残業代なし

サービス残業バリバリの世界です。

詳しくは、【元公務員が語る】公務員がつまらない理由5選【向いてない人の特徴】をどうぞ。

【元公務員が語る】公務員がつまらない理由5選【向いてない人の特徴】

 

Twitterも参考になりますよ。

【デメリット②】大卒区分と出世コースが違う

高卒区分と大卒区分では、出世コースが違います。

大卒区分だと、将来は幹部になったり、管理職になるイメージ。

 

高卒はずっと現場で下っ端をやる感じです。

公務員の体質は古いので、学歴で人生が決まってしまう感じですね。

【デメリット③】30代になったら民間に転職できない

理由は、ビジネススキルが身につかないから。

公務員は営利目的じゃないので、民間で通用するスキルは身につきません。

 

例えば、30代の公務員が職場の人間関係に悩み、辞めたとします。

で、民間企業に転職活動しますが、ビジネススキルがないので採用されない感じ。

結論、バイト生活になります。

 

公務員は意外とつぶしが効かないのがデメリット。

この辺は、公務員から民間の転職に失敗する5つのケース【後悔しない3つの方法】にまとめてます。

公務員から民間の転職に失敗する5つのケース【後悔しない3つの方法】

【デメリット④】公務員試験の勉強は1日8時間必要

結論、今から毎日8時間の勉強を、1年続けてください。

そうしないと公務員になれないから。

 

これが嫌なら、悪いことは言わないので公務員より民間がいいですよ。

詳しくは、働きながら公務員試験の勉強をして転職は可能【ただし1日8時間です】にまとめてます。

働きながら公務員試験の勉強をして転職は可能【ただし1日8時間です】

公務員と民間、どちらに転職すべきか【志望動機による】

公務員と民間、どちらに転職すべきか【志望動機による】

結局、僕は公務員と民間、どちらに転職したらいいんだろう?

結論、志望動機によりますね。

 

具体的には、下記のように選べば失敗しません。

  1. 公務員でなりたい職種が決まっている→公務員を目指すべき
  2. 「公務員になりたい」と思っている→民間を目指すべき

①公務員でなりたい職種が決まっている→公務員を目指すべき

例えばこんな感じです。

  • どうしても警察官になりたい
  • どうしても消防官になりたい
  • どうしても刑務官になりたい

これだと、公務員になるしかないですよね。

民間にはこういう仕事がないから。

 

公務員でなりたい職種が明確なら、公務員を目指しましょう。

②「公務員になりたい」と思っている→民間を目指すべき

これは「安定」を求めてるだけだから。

 

結論、安定を求めてるだけなら、民間でもOKですよ。

なぜなら、手に職をつければ、民間でも人生は安定するから。

  • 会社が倒産した
  • 職場の人間関係で辞めた

とかでも、手に職があればすぐ転職できます。

 

※前述のとおり、公務員だとビジネススキルが身につかないので再就職は困難。

終身雇用も崩壊したので、現代の本当の安定とは「手に職をつけること」です。

高卒の人ほど手に職をつけるべき

なぜなら、大卒より安定して稼げるから。

前述のとおり終身雇用も崩壊したので、安定して生きたいなら手に職をつけるといいですよ。

 

手に職をつけると支配されにくいので、公務員より人生の自由度も上がります。

 

現在は手に職をつけて、在宅フリーランスとかでも働ける時代。

誰にも支配されず、家とかカフェとかでパソコン作業しながら生きていける時代です。

 

ぶっちゃけ、下記のどっちがいいですか?

  • A:嫌いな仕事だけど、公務員を頑張る
  • B:手に職をつけて、のんきに自由に生きる

Bがいいなら、公務員じゃなくて手に職をつけましょう。

高卒の人におすすめの手に職

結論、下記の4つです。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. Webライター
  4. Webマーケティング

すべて高卒×未経験からでも転職できます。

あと、スキルが身につけば、全部ノマド生活できます。

 

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたのでどうぞ。

興味あるものを試してみればOKです。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

【体験談】手に職をつけたら公務員より幸せだった

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は1年半で公務員を辞めてます。

 

その後は職を転々として、現在は在宅フリーランスのWebライターです。

奥さんとMacbookで、のんきに仕事してます。

 

気が向いたらスタバとかコメダ珈琲で仕事も可能。

というか、仕事はどこでもできるので、旅行しながら仕事もします。

 

マジで公務員の1000倍幸せですね。

 

「Webライティング」という手に職があるので、収入は安定してます。

※というか、じわじわ上がってます。

 

誰にも支配されてないので、幸福度も高いです。

心の底から、公務員を辞めてよかったと思ってます。

 

結論、こういうライフスタイルがいいなら、手に職をつけましょう。

参考:年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

まとめ【高卒で公務員に転職できるけど、慎重に判断してね】

まとめ【高卒で公務員に転職できるけど、慎重に判断してね】

結論、高卒社会人でも公務員に転職できます。

ただし、下記のメリットデメリットを改めて確認しましょう。

メリット デメリット
安定している

年功序列

ノルマがない

ローンが通りやすい

親戚ウケがいい

モテる

ブラック(労働基準法が適用外)

生涯賃金が決まってしまう

副業できない

大卒区分と出世コースが違う

どんなに頑張っても給料は一緒

30代になったら民間に転職できない

公務員試験の勉強は1日8時間必要

 

人生の大事な選択なので、くれぐれも慎重に。

公務員か民間か迷うなら、下記の判断基準でOK。

  1. 公務員でなりたい職種が決まっている→公務員を目指すべき
  2. 「公務員になりたい」と思っている→民間を目指すべき

 

あなたが公務員を目指すべきなら、さっそく勉強あるのみ。

働きながら公務員試験の勉強をして転職は可能【ただし1日8時間です】を参考にどうぞ。

【追伸】ノマドで生きていくスキルの身につけ方

民間でいいみたいなら、手に職をつけましょう。

 

想像してみてください。

あなたが毎日家で、のんきにパソコン作業する姿を。

 

ノマド系の手に職をつけると、そんなのんきな人生も可能です。

 

ノマド生活できるのは下記の4つ。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. Webライター
  4. Webマーケティング

 

ちなみにプログラマーとWebデザイナーは、プログラミングスクールで学ぶと短期間で基礎が身につきます。

無料体験があるので、まずは相性を見てみてからでいいかなと。

参考:【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

 

Webライターは、僕が作った教科書「Webライターの完全講義」で、無料で勉強できます。

※一部有料部分がありますが、本気の人しか買わないでください。

 

Webマーケティングは、ブログとかYoutubeを副業で始めればOKです。

 

あとは行動あるのみ。

行動しないと何も変わらないですからね。

 

できることから行動すれば、あなたも楽しく人生を生きられますよ。