【厳選】公務員のおすすめの転職先3選【民間でやってけるから大丈夫】

【厳選】公務員のおすすめの転職先3選【民間でやってけるから大丈夫】

公務員におすすめの転職先を知りたいな。

できたら安定してる仕事がいいな、親も安心させたいし。

 

ついでに、おすすめしない転職先も知っておきたいな。

あと、公務員が民間への転職に成功するコツも教えてほしい。

 

ただちょっと心配なのは、僕は民間でやっていけるのかなぁ…?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 公務員におすすめの転職先がわかる
  • 公務員におすすめしない転職先がわかる
  • 公務員→民間の転職に成功する方法がわかる
  • 民間でやっていけるかわかる

 

僕、佐藤誠一は元公務員です。

安定してると思って公務員になったんですが、仕事がつまらなすぎて辞めました。

 

僕の履歴書はこんな感じ。

年齢 職業 業界
21~22歳 国家公務員 公務員
22~26歳 フリーター
26~31歳 外資系の保険会社 金融業界
31~33歳 保険代理店 金融業界
33~36歳 法人向けWebコンサル営業 IT業界
36歳~現在 フリーランスのWebライター IT業界

結論、公務員は民間に転職できるので安心してください。

 

僕はこのブログや他にも転職系サイトを運営しており、3000人以上の転職相談にのってきました。

公務員から民間に転職したい人の相談も多かったですよ。

 

僕がアドバイスして、無事に民間に転職できた人は多いので、そのノウハウを記事にしました。

民間への転職に失敗したくないあなたの、参考になればうれしいです。

【厳選】公務員のおすすめの転職先3選【最初はこの辺からが優しい】

【厳選】公務員のおすすめの転職先3選【最初はこの辺からが優しい】

結論、公務員におすすめの転職先は下記の3つです。

  1. IT業界
  2. 宅地建物取引士
  3. CADオペレーター

 

この3つに厳選した理由は下記の3つです。

  1. 安定してるので、親も安心してくれる可能性大
  2. ビジネス経験があまり必要ない
  3. 未経験でも転職できる

公務員の最大の弱点は、営利目的の仕事経験がないこと。

でもこの3つは、無理なく入っていける仕事です。

 

1つずつ解説しますね。

①IT業界

もっともおすすめなのはIT業界です。

理由は安定してるから。

 

日本でもっとも栄えている業界は、IT業界です。

ICT の経済分析に関する調査(平成30年度)

出典:総務省「ICT の経済分析に関する調査(平成30年度)

 

手に職の仕事なので、スキルが身につけば公務員より安定して生きていけますよ。

IT業界の安定性については、

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】にまとめてます。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

公務員×未経験でもIT業界に転職可能

理由は、IT業界は人不足だから。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

採用してから育てるIT企業も増えてます。

 

具体的に、未経験から転職できるIT職種は下記の3つです。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー

この辺は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】で詳しく解説してます。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

いきなりIT業界が不安ならスクールで体験する

IT業界って何するの?

全然イメージがわかない…

 

転職して合わなかったら怖いじゃん…

という人は、安心してください。

今はIT系のスクールが多く、無料体験もできます。

 

まずはITに触れてみて、

  • 楽しいと思えるか
  • 興味をもてるか

などを確かめてからでも遅くないです。

 

無料体験できるITスクールは、

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

【体験談】個人的にはIT業界が一番よかったです

冒頭でお伝えしたとおり、僕の履歴を大まかにいうと下記のとおり。

  1. 公務員
  2. 金融業界
  3. IT業界

3業界を経験して、もっとも良かったのがIT業界です。

その証拠に、今もIT業界にいます。※フリーランスのWebライター

 

IT業界で働いてみた感想は下記です。

  • 仕事が安定してる→収入も安定する
  • 1進むと5進む感じ→伸びてる業界なので成果が出やすい
  • 手に職がつく
  • 働きやすい→毎日家で仕事してます

結論、かなり良かったので個人的にはおすすめ。

②宅地建物取引士

別名「もっとも潰しのきく資格」と言われてます。

不動産の賃貸契約や売買契約を行う、独占業務の資格です。

 

不動産を扱う会社は、一定割合以上の宅地建物取引士を雇用しないといけないので、雇用は確保されてます。

公務員のうちに資格を取得できるので、けっこうおすすめ。

 

この辺も、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

ぶっちゃけスクールで勉強した方が短期間で合格できる

なんだかんだで、スクールで勉強するのがおすすめ。

短期間で合格できるので。

 

ヒューマンアカデミーなど、大手の資格スクールだと合格率が高いです。

安定して働きたい人はどうぞ。

③CADオペレーター

別名「手に職がつく事務職」と言われてます。

設計補助の仕事ですね。

 

設計士がデザインしたものを、CADと言われるソフトに入力していく仕事です。

CADオペレーターは不足しており、スキルが身につけば安定して働けます。

CADオペレーターは資格不要

資格がなくても転職できます。

スキル重視の仕事なので。

 

未経験で転職して、働きながら資格をとる感じです。

今は未経験者を採用して、自社で育てる会社も増えてるので大丈夫。

CAD利用技術者試験などでお試しできる

いきなりCADオペレーターに転職するのが心配なら、CAD利用技術者試験などの資格を目指してみるのがおすすめ。

自分のパソコンで実技も練習できるので、CADオペレーターに向いてるかも事前に確認できます。

 

まずはCADソフトに触れてみて、楽しいと思えるか確認しましょう。

詳しくは、CADオペレーターは未経験でも転職できる【あなたに向いてるか診断】が参考になります。

CADオペレーターは未経験でも転職できる【あなたに向いてるか診断】

公務員におすすめしない転職先3選【未来が暗い】

公務員におすすめしない転職先3選【未来が暗い】

反対に、公務員におすすめしない転職先は下記の3つです。

  1. 営業
  2. 事務
  3. 介護

けっこうデメリットが大きいので、やめときましょう。

 

理由を解説します。

①営業→営利目的の仕事経験がないときつい

営利目的の最前線の仕事なので、公務員からいきなり営業は難しいです。

  • 相手にメリットがある
  • 会社も儲かる

を両立させるのは、公務員だった人にはけっこうハードルが高いですね。

公務員時代にはなかったノルマもあるので、なかなか大変。

 

結論、公務員と真逆すぎるので、けっこうストレスが大きいです。

この辺は、営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】にまとめてます。

営業が辛い時の5つの理由と解決策【辞めたいなら転職して大丈夫だよ】

②事務→AIに奪われる仕事

公務員で事務に慣れてても、事務職への転職はおすすめしません。

AIに奪われる仕事で、将来性がないから。

 

なくなるとわかっている仕事に、わざわざ転職するのは危険すぎます。

 

パソコン系の仕事がしたいなら、上記で解説した、

  • IT業界
  • CADオペレーター

など、手に職がつく仕事の方が将来性ありますよ。

③介護→割に合わない

募集は多いですが、割に合わないのでおすすめしません。

  • 肉体労働
  • 夜勤
  • 罵声をあびせられる

という仕事なので、長く続けるのは困難です。

 

安定はしてますが激務なので、やめときましょう。

公務員から民間に転職を成功させるコツ【見せ方が大事】

公務員から民間に転職を成功させるコツ【見せ方が大事】

公務員から民間に転職するときは、どういうことに気をつければいいの?

転職に成功するコツを知りたいな。

前述のとおり、公務員最大の弱点は「営利目的の仕事経験がないこと」です。

民間はすべて営利目的なので。

 

営利目的の仕事経験がないことを、どう払拭するかが勝負です。

民間でも歓迎されるスキルを強調する

コツは、公務員時代に培ったスキルで、民間でも歓迎されるスキルを強調すること。

民間でも活かせるスキルなら、公務員でも採用したいから。

 

具体的には、下記のスキルを強調してください。

  • コミュニケーションスキル
  • パソコンスキル
  • 体力

特に、コミュニケーションスキルはどの仕事でも必要なので、ポイント高いです。

 

スキルが弱いと感じるなら、アルバイト時代の経験とかでもOK。

履歴書や面接では、上記3つのスキルを強調してください。

先にスキルを身につけると最強です

公務員であっても、民間で重宝されるスキルを先に身につけておけば問題なしです。

即戦力扱いされるから。

 

具体的には、下記のスキルが良いですね。※前述のとおりですが。

  • プログラミングスキル
  • インフラエンジニアスキル
  • Webデザインスキル
  • 宅地建物取引士の資格
  • CADスキル

公務員の仕事をしながら、夜や土日を使ってスキルを身につければ、まったく問題なしです。

不安ならキャリアカウンセラーに相談すれば大丈夫

う~ん、でも民間は初めてだから、やっぱり不安だなぁ…

という人は、プロのキャリアカウンセラーに相談すればOK。

転職のプロなので。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  1. ヒアリング
  2. 適職診断
  3. あなたに合う民間企業の紹介
  4. 内定が出るように履歴書と面接の対策

結論、あなたに合う民間企業に転職できます。

キャリアカウンセラーの相談は転職エージェントでOK

プロのキャリアカウンセラーは転職エージェントに在籍してるので、転職エージェントに相談でOK。

公務員→民間の転職に強い信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたので参考にどうぞ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

【安心】公務員は民間でもやっていけます【転職先でも大丈夫】

【安心】公務員は民間でもやっていけます【転職先でも大丈夫】

僕、民間でやっていけるかなぁ…

民間に向いてなかったらどうしよう…

この辺は心配しなくて大丈夫。

営利の感覚は1年もすれば身につくので。

 

僕も元公務員ですが、民間の営利の感覚はすぐに慣れました。

営利の基本=価値を提供すること

「営利目的」というと、人を騙して儲けるみたいな印象あるかもですが、そんなことないです。

価値を提供した結果、報酬をもらうのが営利の基本だから。

 

例えば、こんな感じ。

  • 結婚したい人に出会いを提供する→結婚相談所
  • 普段できない豪華な空間を提供する→高級ホテル
  • 家庭では作れない味を提供する→レストラン

すべて相手に価値を与えた上で、報酬をもらってますよね。

だから、営利=相手を騙すではありません。

 

相手に価値を与えて、喜んでもらうのが民間企業の醍醐味です。

まとめ【公務員におすすめの転職先は3つに厳選される】

まとめ【公務員におすすめの転職先は3つに厳選される】

最後にもう一度、公務員におすすめの転職先をまとめておきます。

  1. IT業界
  2. 宅地建物取引士
  3. CADオペレーター

 

これら3つは、

  1. 安定してるので、親も安心してくれる可能性大
  2. ビジネス経験があまり必要ない
  3. 未経験でも転職できる

という点で、公務員→民間の最初の転職には優しいです。

 

本気で民間に転職したいなら、すぐに行動開始しましょう。

転職は1歳でも若い方が有利なので。

 

30歳以上になると一気に不利なので、本気なら今日から転職活動を始めてください。

 

転職活動の具体的な手順は、

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

 

また、この記事で紹介した無料体験できるITスクールは、

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】をどうぞ。

 

公務員→民間の転職が不安な人は、キャリアカウンセラーに相談すると安全です。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あなたに合う民間企業に転職できるので、さっそくやってみましょう。

無事に転職できることを祈ってます。