公務員→民間の転職活動の手順3ステップ【民間に来たら幸せでした】

公務員→民間の転職活動の手順3ステップ【民間に来たら幸せでした】

公務員の転職活動の手順を知りたいな。

民間に転職を考えてるけど、初めてだからうまくいくか不安…

 

民間に転職して幸せになれるかなぁ…?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 公務員→民間の転職活動の手順がわかる
  • 公務員→民間の転職活動のコツがわかる
  • 公務員→民間に転職した未来がわかる

 

僕、佐藤誠一は元公務員です。

公務員は1年半で辞めて、民間に転職しています。

 

現在は在宅フリーランスのWebライターでして、こんな生活。

  1. 通勤なし
  2. 職場の人間関係なし
  3. 休憩も休日も自由
  4. 起きる時間も寝る時間も自由
  5. 家・カフェ・旅行先で仕事
  6. 年収750万円くらい

って感じでして、控えめにいっても幸せです。

 

公務員→民間の転職に成功した僕が書いた記事なので、けっこう信ぴょう性あるかと。

この記事を読むことで、あなたも幸せに生きていけますよ。

公務員→民間の転職活動の手順【3ステップで解説】

公務員→民間の転職活動の手順【3ステップで解説】

結論、公務員→民間の転職活動の手順は、下記の3ステップです。

  1. まずは上司に退職を申し出る
  2. 在職中に転職活動を始める
  3. 引き継ぎ、退職

1つずつ解説しますね。

①まずは上司に退職を申し出る

最初に、上司に退職を申し出てください。

100%引き留められるので、辞めるまでに時間がかかるから。

 

上司が引き留める理由は、主に下記の3つ。

  1. 人員の補充が大変→年度末まで続けるよう引き留められる
  2. 上司の評価にも関わる→退職者を出すと評価が下がる
  3. 公務員を辞めるのが理解できないから

 

事実、僕も退職まで6ヶ月かかりました。

早めに言っとかないと転職活動に影響するので、まずは退職を申し出ましょう。

②在職中に転職活動を始める

退職まで時間があるからです。

在職中の転職活動のコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

 

※民間向けの記事ですが、公務員の人でもやり方は一緒です。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

【違法】課長補佐以上の公務員は在職中の転職活動が禁止

ちなみに、課長補佐以上の人は在職中に転職活動をしてはいけません。

国家公務員法で禁止されてるから。

 

ようは「天下りを防ぐための法律」です。

課長補佐未満の人は関係ないので、在職中に転職活動してOKです。

③引き継ぎ、退職

引き継ぎはきちんとしましょう。

「立つ鳥跡を濁さず」が基本だから。

 

引き継ぎが甘いと、転職しても連絡がきますよ。

幸い退職まで時間があるので、きっちりと引き継ぎしましょう。

公務員→民間の転職活動のコツ5選

公務員→民間の転職活動のコツ5選

転職活動の手順はわかったけど、なんかコツはないの?

民間の転職活動が初めてだから、不安なんだよね…

結論、下記の5つがコツです。

  1. 職業体験してみる
  2. 事務職は選ばない
  3. 向いてる仕事を選ぶ
  4. 手に職がつく仕事に転職する
  5. 民間の基礎スキルを身につけてから転職

 

で、この辺のノウハウは下記の2記事にまとめてます。

これで民間の転職に失敗しないので、読んどいて損はないかと。

  1. 公務員から民間の転職に成功する5つのコツ【後悔しない3つの理由】
  2. 公務員から民間の転職に後悔しない3つの方法【もし後悔しても大丈夫】

資格は取らなくていい

なんか資格とかとった方がいいの?

民間の転職が有利になる?

結論、資格は取らなくてOK。

なぜなら、資格を取っても幸せになれないから。

 

資格を取るなら、スキルを身につけた方が100倍有利です。

自由に生きたいならスキルを身につけましょう。

 

詳細は、公務員から転職するのに有利な資格3選【ただし、幸せにはなれません】にまとめてます。

公務員から転職するのに有利な資格3選【ただし、幸せにはなれません】

公務員→民間のおすすめの転職先

ちなみに、公務員→民間でおすすめの転職先ってある?

おすすめは下記の3つです。

  1. IT業界
  2. 宅地建物取引士
  3. CADオペレーター

 

詳細は、【厳選】公務員のおすすめの転職先3選【民間でやってけるから大丈夫】にまとめてます。

特にやりたい仕事がない人は参考になるかと。

【厳選】公務員のおすすめの転職先3選【民間でやってけるから大丈夫】

不安なら転職エージェントも活用する

やっぱり民間の転職活動は不安だなぁ…

面接とかテンパりそう…

と不安な人は、転職エージェントに相談してもいいかと。

彼らは、公務員→民間の転職のプロだから。

 

具体的には下記を無料でやってくれます。

  1. あなたに合う仕事・会社の紹介
  2. 内定が出やすい履歴書の作成
  3. 内定が出やすい面接の内容を考えてくれる

 

無料なので、とりあえず相談してみてから利用するか決めてOK。

公務員→民間に強い転職エージェントは、公務員におすすめの転職エージェント3選【民間の転職に失敗しないコツ】で解説してます。

公務員におすすめの転職エージェント3選【民間の転職に失敗しないコツ】

【ちなみに】公務員の転職活動はばれるのか?→バレません

ちなみに、民間の転職活動してたら職場にバレるの?

バレない方法とかも知りたい。

結論、あまりバレません。

言わなきゃいいだけだから。

 

ただし、下記の理由でバレる人がいるので要注意。

  1. 急な有給休暇を何度もとる
  2. 職場のメールアドレスで転職活動してしまう
  3. 同僚に転職活動してることを言ってしまう
  4. スマホ画面に転職サイトが表示されてる
  5. 職場のパソコンで転職サイトを見る

 

詳細は、在職中の転職活動がばれるケースと対応策【さっさと内定をもらう方法】にまとめたでの事前対策にどうぞ。

バレると引き留めが強くなるので、バレないにこしたことはありません。

在職中の転職活動がばれるケースと対応策【さっさと内定をもらう方法】

公務員→民間に転職した未来【割と幸せでした】

公務員→民間に転職した未来【割と幸せでした】

民間に転職すると、どんな未来になるんだろう?

今より良くなれるかな?

公務員→民間に転職すると、こんな未来になります。

  1. 働きやすくなる
  2. 職業の選択肢が広がる
  3. 手に職がついて安定する

1つずつ解説しますね。

①働きやすくなる

なぜなら、民間は労働基準法が適用されるから。

公務員は労働基準法適用外ですが、民間は法律に守られてます。

  1. サービス残業の禁止
  2. サービス休日出勤の禁止
  3. 残業時間の上限がある(月45時間まで)

公務員よりホワイトなので、体も楽ですよ。

 

ただし、民間にもブラック企業はあるので要注意。

ブラック企業を見分けるコツは、ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

②職業の選択肢が広がる

公務員の種類に対して、民間は膨大だから。

民間のキャリアプランは無限大ですよ。

  1. プログラマー→SE→在宅フリーランス
  2. 営業→起業
  3. マーケティング→副業ブロガー→ノマド人生

 

公務員のキャリアプランは決まってますが、民間は選択肢がアメーバ状に広がります。

あなたの人生の可能性も広がるので、未来にワクワクできます。

③手に職がついて安定する

手に職がつけば、多くの民間企業から必要とされる人材になれるから。

民間は終身雇用が崩壊してますが、手に職があれば何も問題なし。

 

仮に会社が倒産しても、すぐに転職できます。

社内の人間関係が理由で辞めたくなっても、手に職があれば自由に転職可能。

 

公務員より安定してますよ。

民間=ビジネススキルなので、経験を積んでいけば人生がどんどん安定します。

【体験談】僕も民間で人生が安定した

僕も、民間に転職してから人生が安定しました。

なぜなら、手に職がついたから。

 

現在の僕はWebライターですが、「Webライティング」というスキルがあります。

文章を書くスキルは常に求められるので、おかげさまで仕事も安定してます。

 

収入もじわじわ上がってる感じ。※年収は750万円くらい。

 

冒頭でも触れましたが、のんきにノマド生活できてるので幸せです。

結論、民間で手に職をつければ、人生は楽しいですよ。

まとめ【公務員→民間の転職活動のコツを押さえて行動あるのみ】

まとめ【公務員→民間の転職活動のコツを押さえて行動あるのみ】

ということで、本気で民間に転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

 

転職って1歳でも若い方が有利なので、考えてる間にどんどん歳をとって、どんどん転職先が減りますよ。

 

いつから動くか、それは「今日」です。

できることからでいいので、今日から行動してみましょう。

 

想像してみてください。

手に職をつけて、自由に人生を生きているあなたを。

 

今日から行動すれば自由な人生になるので、行動あるのみです。

 

公務員→民間の転職活動の手順は下記の3ステップ。

  1. まずは上司に退職を申し出る
  2. 在職中に転職活動を始める
  3. 引き継ぎ、退職

 

公務員→民間の転職活動のコツは、下記の5つです。

  1. 職業体験してみる
  2. 事務職は選ばない
  3. 向いてる仕事を選ぶ
  4. 手に職がつく仕事に転職する
  5. 民間の基礎スキルを身につけてから転職

 

詳細は、下記の2記事を参考にどうぞ。

  1. 公務員から民間の転職に成功する5つのコツ【後悔しない3つの理由】
  2. 公務員から民間の転職に後悔しない3つの方法【もし後悔しても大丈夫】

 

民間の転職活動が不安な人は、転職エージェントも利用していいかと。

無料なので、とりあえず相談してみて、紹介される求人を見てから利用するか決めてOKです。

 

※もしビミョーなら、メール1本ですぐ相談を辞められますよ。

参考:公務員におすすめの転職エージェント3選【民間の転職に失敗しないコツ】

 

あとは行動あるのみ。

今日から行動して、人生の自由を手に入れましょう( ̄^ ̄)ゞ