【悲報】20代後半の女性が公務員転職を目指すのはキツすぎる

【悲報】20代後半の女性が公務員転職を目指すのはキツすぎる

公務員に転職したい20代後半の女性

20代後半の女性が、公務員に転職を目指すのは無謀かな…?

安定がほしいし、出産とか育児と両立しやすい公務員に転職したいんだよね。

仕事をしながら公務員試験の勉強って、できるもんなのかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【悲報】20代後半の女性が公務員転職を目指すのはキツすぎる
  • 【合格者が解説】20代後半の女性が公務員に転職する3つの方法
  • 公務員以外で出産や育児と両立できる安定した仕事に転職する方法【20代後半の女性向け】

 

僕、佐藤誠一は元公務員です。

公務員試験は5つ受けて、4つ合格しました。

 

公務員試験の経験者としていいますが、20代後半から公務員を目指すのは、かなりきついです。

勉強時間の確保が難しいからです。

 

この記事は、実際に公務員試験に合格した僕が、20代後半から公務員を目指す難しさを書いたので、かなり信ぴょう性があるかと。

公務員試験はマジで甘くないので、慎重に検討してください。

また、記事後半では、公務員以外で出産や育児と両立できる仕事を解説します。

【悲報】20代後半の女性が公務員転職を目指すのはキツすぎる

【悲報】20代後半の女性が公務員転職を目指すのはキツすぎる

現実的な話をすると、20代後半の女性が公務員を目指すのは、かなりきついです。

前述のとおり、勉強時間の確保が難しいからです。

合格した僕の勉強のスケジュールを公開【ここまでやれば受かる】

公務員試験に合格した僕の、当時の勉強スケジュールを紹介します。

当時の僕は調理師の専門学校に通っており、昼間は調理師専門学校に通いつつ、夜とか土日に公務員の勉強をしてました。

※調理師になろうと思ったのですが、途中で公務員になりたいと思ったんです。

 

まず月~金曜のスケジュールはこんな感じ。

7:00 起床
8:30~16:00 調理師専門学校
17:00~19:00 公務員試験の予備校
20:00~4:00 試験勉強
4:00 就寝

翌朝も朝7時に起きるので、平日の睡眠時間は1日3時間です。

 

続いて、土日のスケジュールはこんな感じ。

16:00 起床
20:00〜4:00 試験勉強
4:00 就寝

平日3時間しか寝てないので、土日で寝溜めするイメージ。

日曜日も朝4時まで勉強して、月曜朝からまた7時起きがスタートします。

 

この生活を8~9ヶ月続けたら、合格できました。

調理師専門学校に行っている時間を、あなたが仕事をしている時間に置き換えればイメージできるかと。

結論、めっちゃキツいですよ。

参考:働きながら公務員試験の勉強をして転職は可能【ただし1日8時間です】

働きながら公務員試験の勉強をして転職は可能【ただし1日8時間です】

【質問】そこまでして本気で公務員になりたいですか?

上記の僕の地獄のスケジュール、本気でやれますか?

これくらいやらないと、合格できないですよ。

 

20代後半で中途半端に公務員の勉強して、合格しなければ時間の無駄です。

やるなら徹底的に勉強しないといけません。

その覚悟がないなら、悪いことは言わないので公務員はやめておきましょう。

20代後半の女性が公務員試験の勉強をするデメリット

20代後半の女性が、公務員試験の勉強をするデメリットをまとめてみました。

  • 睡眠時間が圧倒的に少ないので、美容に悪い
  • 生理など体調不良のときも、勉強をしなければならない
  • 年齢的に、仕事がかなりきつくなる(眠いので)
  • 勉強期間中、出会いは一切ない

これらを覚悟できるなら、公務員を目指してもいいと思います。

【合格者が解説】20代後半の女性が公務員に転職する3つの方法

【合格者が解説】20代後半の女性が公務員に転職する3つの方法

本気で公務員になりたい人のために、20代後半の女性が公務員試験に合格する方法を紹介します。

  1. 毎日8時間は勉強する
  2. 実家に帰る
  3. 参考書と問題集は1冊ずつでOK

1つずつ解説しますね。

①毎日8時間は勉強する【休日はありません】

まず、絶対に1日8時間の勉強時間を確保してください。

もちろん休日は一切なく毎日8時間です。

 

ここまで徹底しないと、合格できないので。

仕事をしながら公務員試験に挑戦するなら、極限まで勉強時間を増やしてください。

もちろん、遊びに行くなんて絶対NGです。

②実家に帰る【親に頭を下げる】

現実的には、実家に帰ることをおすすめします。

仕事をしながら公務員試験の勉強をするのは、かなり難しいので。

 

親に頭を下げて、1年間は世話になってください。

仕事を辞めて、公務員試験に集中すれば合格できます。

③参考書と問題集は1冊ずつでOK【何冊も買わない】

最初は、参考書と問題集を1冊ずつ買えばOK。

1冊の内容を完璧にマスターする方が、合格できるからです。

 

参考書や問題集はAmazonで買ってもいいですが、書店に行くのもおすすめ。

パラパラとページをめくってみて、わかりやすそうなものから買いましょう。

公務員試験に合格した勉強方法の手順

具体的な勉強の手順は下記のとおり。

  1. まずは参考書をざっと読む
  2. 問題集を解く
  3. 問題集でわからないところは、解答や参考書を見て覚える
  4. あとは問題集を20周解いて丸暗記

この手順で合格しました。

 

最重要なのは、問題集を20周解くこと。

社会や理科系はもちろん、数学も丸暗記してください。

丸暗記すれば、試験本番でもだいたい解けます。

問題集を20周したら過去問集を買う

問題集を20周したら、いよいよ過去問集を買ってください。

問題集も過去問で形成されてることが多いですが、2冊目の問題集は過去問集がおすすめ。

より実戦的だからです。

 

注意点なのが、いきなり過去問集で勉強はしない方がいいです。

いきなり過去問集からやると、基礎が身につかないから。

  • 最初はカンタンな問題集
  • 次に過去問集

の順で買いましょう。

もちろん、過去問集も20周解いて丸暗記してください。

公務員以外で出産や育児と両立できる安定した仕事に転職する方法【20代後半の女性向け】

公務員以外で出産や育児と両立できる安定した仕事に転職する方法【20代後半の女性向け】

うーん、やっぱり公務員試験の勉強は私にはムリかも…

公務員以外で、安定していて、出産や育児をしやすい仕事ってあるのかな?

という人は、将来、在宅のフリーランスを目指せる仕事に転職するといいと思います。

在宅のフリーランスなら、ずっと家なので子育てもしやすいから。

 

仕事によっては収入も安定するので、むしろ公務員より都合がいいですよ。

長期安定はIT・Web系のフリーランス

でも、フリーランスって正社員じゃないんでしょ?

そんなの不安定でしょ?

と思うかもですが、収入が安定するフリーランスの業界・職種もあります。

長期で安定して稼げるのは、ITやWeb系のフリーランスです。

理由は、IT・Web業界は伸びてるから。

2018年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比2.9%増の12兆5,050億円と予測

出典:株式会社矢野経済研究所「2018年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比2.9%増の12兆5,050億円と予測

参考:【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

 

具体的には、下記の4職種が割と安定して稼げます。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. Webライター
  4. Webマーケティング

安定して稼げる理由は、案件に対して人が足りてないから。

最近は社員を雇うよりフリーランスに外注する企業が増えてるので、割と時代に合ってるかなと。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

 

上記4つの仕事については、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたので、興味あればどうぞ。

ちなみに、現在の僕は在宅フリーランスのWebライターですが、年収は750万円くらいで安定してますよ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

もちろん未経験でも在宅フリーランスを目指せる

でも、IT・Web系の経験なんてないから、私には無理でしょ

と思うかもですが、未経験からでも在宅のフリーランスは目指せますよ。

なぜなら、未経験でもスキルを身につけてしまえば、普通に仕事が入ってくるから。

 

前述の4つのIT・Web系の職種も、20代なら未経験で転職できます。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. Webライター
  4. Webマーケティング

基礎スキルの学習方法や、転職する方法も、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

在宅のフリーランスは控えめに言っても最高です

現役の在宅フリーランスの僕の意見ですが、控えめに言っても最高ですね。

だって、下記みたいな生活で安定して生きれるので。

  • 通勤なし
  • めんどくさい人間関係なし
  • 起きる時間も寝る時間も自由
  • 休みも自由
  • 服装も自由

 

僕はまだ子供はいませんが、おそらく子育ても問題なしでしょう。

安定した収入で、結婚・出産・育児を両立させたいなら、在宅のフリーランスが良いかなと思います。

僕の在宅フリーランスの生活ぶりは、年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】にまとめたので、参考までに。

年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

【注意】本当に公務員の仕事はやりたい仕事ですか?

改めて、あなたが公務員になりたい理由を考えてみてください。

例えば、

  • 安定した収入がほしい
  • 出産や育児と両立できる仕事がいい

という理由なら、前述のとおり公務員だけが選択肢ではありません。

 

それに、もし公務員になれたとしても、仕事を好きになれるかは別です。

安定した収入と、家庭との両立が手に入っても、仕事が苦痛だったら地獄です。

ちょっときつい言い方ですが、我慢の人生になってしまいます。

 

大げさな話かもしれませんが、あなたは何のために生きていますか?

苦しむためですか?

楽しむためですか?

 

仕事選びは、条件だけで決めると失敗しやすいので、注意してください。

まとめ【20代後半の女性が公務員転職を目指すのはキツすぎる】

まとめ【20代後半の女性が公務員転職を目指すのはキツすぎる】

この記事をまとめます。

  • 20代後半の女性が公務員転職を目指すのは、勉強時間の確保が難しい
  • 本気の覚悟がないと公務員にはなれないし、デメリットも多い
  • 公務員を目指すなら、1日8時間の勉強はマスト
  • 公務員以外の仕事なら、在宅フリーランスを目指せる仕事がおすすめ
  • 本当に公務員になりたいのか、もう一度考えてみてください

くどいですが、マジで公務員試験は甘くないです。

ちょっと勉強して合格できるような試験ではありません。

 

最悪なのは、勉強したけど合格しなかったというケース。

特に、実家に帰ったのに合格しなかったら最悪です。

 

IT・Web系のスキルを身につければ在宅でも安定して食っていけるので、育児と両立しつつ安定して生きたい人は在宅フリーランスも検討してみると良いかと。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. Webライター
  4. Webマーケティング

上記4つの仕事については、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】で解説してます。

すべて手に職がつく職種なので、スキルを身につけたら公務員より安定した人生になりますよ。

 

あなたの転職の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ