公務員に転職すると給料が下がる【時給換算すると給料安いので要注意】

公務員に転職すると給料が下がる【時給換算すると給料安いので要注意】

公務員に転職すると、給料って下がるの?

安定してるし楽そうだから公務員に転職したいけど、極端に給料が下がるのは困るなぁ…

 

あと、転職組も出世できるのかな?

トータルで考えて、公務員に転職すべきか知りたい。

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 公務員に転職すると給料が下がるとわかる
  • 時給換算すると給料は安いとわかる
  • 公務員に転職するデメリットがわかる

 

僕、佐藤誠一は元公務員です。

※国家Ⅲ種

公務員時代の給料は下記のとおり。

額面の月給 14万円
手取りの月給 10万円
年間ボーナス 40万円
年間の各種手当 20万円
手取り年収 180万円
勤務 月~金
勤務時間 8~20時
手取りの時給換算 400円くらい

結論、とても薄給でした。

 

まぁ当時の僕は20代前半だったので給料は安めでしたが、30代の主任でも月給20万円くらいでした。

実際に公務員をやってみた感想ですが、そんなに給料は高くないですね。

 

現在は手に職をつけて、フリーランスのWebライターをやってます。

年収は750万円くらいなので、同世代の公務員より稼いでるかと。

 

しかも、手に職があるのでかなり安定してます。

安定を求めるなら、公務員以外にも手はあると思いました。

 

公務員に転職を考えてるあなたの、参考になればうれしいです。

公務員に転職すると給料が下がる【上がっていくけど】

公務員に転職すると給料が下がる【上がっていくけど】

結論、公務員に転職すると給料が下がります。

公務員の給料は民間企業に準じてるし、転職=未経験者扱いなので。

 

転職する公務員の種類にもよりますが、前職より20~30%下がる人が多いみたいです。

公務員の給料は決まってます

  • 国家公務員→人事院
  • 地方公務員→条例

で、給料が決まってる感じです。

 

詳しくは、人事院や各自治体のサイトを見るとわかるかと。

国家公務員給与の実態

出典:人事院「国家公務員給与の実態

 

平成31年地方公務員給与実態調査結果等の概要

出典:「平成31年地方公務員給与実態調査結果等の概要

 

この辺を見ると、どれくらいの給料になるかイメージできます。

※ただし、正確な給料は人事の人から言われるまでわかりません。

公務員に転職すると「新卒から公務員だったもの」として給料が決まる

民間企業での経験年数が加味されます。

なので、「新卒並みの給料からスタート」ということはないので安心してください。

例えば30歳で公務員に転職したら、30歳を加味した給料になります。

 

ただし、民間時代の給料をそのまま引き継ぐわけではなく、平均的には「20~30%ダウン」の人が多いようです。

※技術系の公務員になるほど、ダウン幅は小さくなる傾向です。

【注意】前職の年収が高かった人はダウン幅がエグい

ただし、前職でたくさん稼いでた人は、公務員の年収の低さにガッカリするかと。

例えば、前職が下記のような仕事だった人は、大幅ダウンを覚悟しましょう。

  • コンサルティング会社
  • 外資系の金融機関
  • 総合商社

ひどい場合だと、年収が半分くらいになることも。

 

ちなみに、国家公務員と地方公務員の平均年収は下記のとおりです。

  • 国家公務員:637万円
  • 地方公務員:630万円くらい

参考:マイナビニュース「公務員のメリット、給与はいくら?

転職組でも出世はできます【給料は自然と上がっていく】

転職組って、新卒と差別されて出世できないの?

結論、転職組でも公平に出世できるので安心してください。

そもそも公務員は年功序列で出世できるし、評価が良ければ人より早く出世することもあるでしょう。

 

民間の経験によっては、新卒より出世が早い人もいます。

出世すれば当然ながら給料は上がるので、この辺は心配なしですね。

時給換算すると公務員の給料は安い【事例に学ぼう】

時給換算すると公務員の給料は安い【事例に学ぼう】

転職してすぐは給料が下がるにしても、年功序列で上がっていくなら問題なさそう。

公務員の給料で注意してほしいのは、時給換算した場合です。

公務員の種類や部署によっては残業や休日出勤が多く、残業代も少ないため、時給換算すると薄給になってしまうから。

【事例①】僕の時給は400円台

冒頭でも触れましたが、僕の公務員時代の給料を時給換算すると、400円台。

8~20の12時間拘束だったのに、残業代が出なかったから。

 

当時住んでた家の近くにセブンイレブンがあったんですが、時給は700円台。

結論、国家公務員でしたが、コンビニのアルバイトより給料が安かったです。。。

【事例②】僕の友人は三徹してました

僕の友人に厚生労働省に勤めてる公務員がいるんですが、忙しい部署だと二徹三徹が当たり前でしたね。

1週間だけ引越しの都合で僕の家に住んでたんですが、3日くらい帰ってこなかったのでビビりました。

 

しかも、朝5時に帰ってきて、朝7時に出勤してました。

こいつ、ヤベェ…

と引いたのを覚えてます。

それでも残業代は満額でるわけじゃないので、時給換算するとヤバいですよね。

【事例③】Twitterも荒れてます

生の声はTwitterでいくらでも出てきます。

結論、公務員の給料は、時給換算すると低めなので注意してください。

【体験談】僕が公務員をやめた理由【地獄だった】

【体験談】僕が公務員をやめた理由【地獄だった】

う~ん、公務員に転職するデメリットも知っておきたいかも…

てことで、僕が公務員をやめた理由を解説するとリアルかと。

理由は「地獄だったから」です。

人間関係の地獄

職場にどうしても合わない先輩がいたから。

  • 仕事の質問をするとため息をつかれる
  • バカ扱いしてくる
  • 裏で悪口を言われる

こんな感じで、割と地獄でした。

 

公務員になれば安定するかもですが、職場の人間関係は選べないのでリスク大ですよ。

例えば、40代くらいで職場の人間関係に病んでうつ病とかになったら、再就職も困難です。

地方公務員健康状況等の現況

出典:一般財団法人地方公務員安全衛生推進協会の「地方公務員健康状態等の現況

 

この辺は、公務員に転職して後悔すること3選【こんなはずじゃなかったを防ぐ】をどうぞ。

公務員に転職して後悔すること3選【こんなはずじゃなかったを防ぐ】

仕事がつまらない地獄

「安定」を求めて公務員になってしまったため、肝心の仕事内容に興味をもてませんでした。

いくら給料が安定してるといっても、興味もない仕事に人生の時間を費やすのは地獄。

 

なんだかんだで仕事は人生の8割を占めるので、生活のためにつまらない仕事をするのはキツすぎました。

この辺は、【元公務員が語る】公務員がつまらない理由5選【向いてない人の特徴】をどうぞ。

【元公務員が語る】公務員がつまらない理由5選【向いてない人の特徴】

副業禁止の地獄

給料が安い割に、副業はできません。

民間は「副業解禁」などが話題ですが、公務員には無縁の話。

 

決められた給料の中でやりくりしないといけないのが、辛いところです。

生涯賃金の地獄

年功序列で給料が決まってるので、転職した瞬間に生涯賃金が計算できてしまいます。

俺の人生、こんなもんか…

と見えた瞬間の絶望ったらないですよ。

将来に絶望した

なぜなら、上司が未来の自分だから。

つまらなそうな仕事を嫌々やってる上司を見て、憧れる人はいませんよね。

 

しかも、給料も安い。

自分の未来を視覚的に見せられると、割と絶望します。

手に職をつけたら公務員より安定して稼げた

冒頭でも触れましたが、現在の僕はフリーランスのWebライターをやってます。

「Webライティング」という手に職をつけたので、割と安定して稼げてます。

 

年収は750万円くらいで、じわじわ上がってる感じ。

公務員時代の給料から考えたら、間違いなくWebライターに転職して正解でした。

  • 通勤なし
  • 人間関係なし
  • 休憩も休日も自由
  • 夫婦でのんきにノマド生活

って感じでして、控えめにいっても最高です。

 

手に職があるので、収入もあまり心配してません。

公務員のように、職場の人間関係でうつ病になる心配もなし。

 

なんだかんだで、公務員より安定した人生になりました。

参考:年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

人生の幸福度は自由度にある

公務員とフリーランスを比較して思ったのは、人生の幸福度は「自由度」で決まるということ。

結局、自分で決めて動ける「自由度」が高いほど、人間は幸せを感じるみたいです。

 

公務員のメリットは「安定してる」ですが、自由度はゲキ低い。

  • 上司の命令は絶対
  • 平日は出勤しないといけない
  • 仕事に興味がなくてもやらないといけない

結果、公務員のときは幸福度が低かったです。

 

たしかに安定も大事ですが、「自由度」の目線で職業を選ぶと幸福度が増すと思いました。

この辺は、下記の本がめっちゃ参考になります。


科学的な適職

 

Kindle版で1400円くらいしますが、人生の選択を誤らずに済むので、費用対効果は神です。

まとめ【公務員に転職すると給料が下がる。デメリット多いので慎重に】

まとめ【公務員に転職すると給料が下がる。デメリット多いので慎重に】

この記事をまとめます。

  • 民間から公務員に転職すると、給料が20~30%下がる
  • でも年功序列だし出世もできるから、年収は上がっていく
  • 時給換算すると公務員の給料は安いので、転職は慎重に
  • 人間関係や仕事内容など地獄の要素も多いので、転職は慎重に
  • 今の時代の本当の安定は「手に職をつけること」だと思う

 

下記の記事も参考にどうぞ。

  1. 公務員に転職して後悔すること3選【こんなはずじゃなかったを防ぐ】
  2. 【元公務員が語る】公務員がつまらない理由5選【向いてない人の特徴】

 

結論、デメリットを知った上で公務員になるなら良いかと。

人生の大事な選択なので、後悔のないようにしてください。