起業してはいけない人の9つの特徴【起業してうまくいく方法も解説】

起業してはいけない人の9つの特徴【起業してうまくいく方法も解説】

起業に向いてない人の特徴を知りたいな。

 

起業して自分らしく生きていきたいなぁ。

なんか、起業してるってかっこいい。

 

できたらたくさん稼ぎたい。

 

でも、本当は不安…

失敗したらどうしよう…

 

私は起業に向いてるんだろうか?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 起業してはいけない人の9つの特徴【当てはまったら改善すればOK】
  • 起業してうまくいく5つの方法【起業に役立つ2冊の本も解説】

僕、佐藤誠一は起業しています。

フリーランスのWebライターをしています。

 

2011年に金融業で起業しました。

そして、2013年に破産しています。

 

結論、起業はマジで甘くないです。

 

安易な起業は危険。

超弱肉強食の世界だと思ってください。

 

ぶっちゃけ、起業に向いてない人はいます。

 

僕は2013年に破産した後、Web系の仕事に転向。

現在、フリーランスのWebライターとして安定して仕事ができています(^^)

 

年収は750万円くらいです。

 

この記事は、起業して破産、その後に仕事がうまくいってきた僕が書いた記事なので、けっこう信ぴょう性があると思います。

 

あなた起業に向いてるか、参考にしてください。

起業してはいけない人の9つの特徴【当てはまったら改善すればOK】

起業してはいけない人の9つの特徴【当てはまったら改善すればOK】

起業してはいけない人の特徴は、下記の9つです。

  1. 起業が目的になってる人
  2. 営業ができない人
  3. お金にルーズな人
  4. Webが苦手な人
  5. 起業にお金をかける人
  6. トレンドに鈍い人
  7. やりたいことで起業する人
  8. 言い訳する
  9. 経営理念がない人

ちなみに、9つのどれかに当てはまっても改善すればOK。

起業に必要な要素を自分に取り入れれば、大丈夫です(^^)

 

1つずつ解説しますね。

①起業が目的になってる人

起業が目的になってる人は危険です。

起業はゴールではなく、スタートにすぎないから。

 

起業自体は誰でもできるし、

起業してからが本当の勝負です。

 

結婚がゴールになってしまって、結婚したらうまくいかず離婚する人と同じです。

②営業ができない人

営業できない人に、起業は厳しいですね。

営業力がないと、売上をもってこれないからです。

 

いきなり営業代行とか頼む人いますが、搾取されるだけですよ。

 

営業力があれば経営が苦しくなっても立て直せるので、必須スキル。

反対にいうと、営業スキルがないとすぐに倒産します。

 

営業に自信がない人は、

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】を読んでみてください。

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

③お金にルーズな人

お金にルーズな人も危険ですね。

信用を失うから。

 

例えば、こんな感じはNG。

  • 取引先への入金が遅れる
  • 売上計算を間違える
  • すぐ借金してしまう
  • 人にお金を貸してしまう
  • 無駄遣いが多い

経営者たる者、1円単位で気にしてください。

 

京セラの創業者である稲盛和夫さんは、こんな風に言ってます。

売上最大、経費最小

 

1円単位で売上を伸ばし、1円単位で経費を削減するのが経営です。

僕が破産した話

僕が2013年に破産した最大の理由は、経費の使いすぎ。

「これは投資だから」と言って、経費を使ってました。

 

「いつか大きくなって返ってくる!」と信じて。

 

でもね、経費の使いすぎはただの無駄づかいです。

 

経費をかけて投資するよりも、

いかに経費をかけないかの方が大切です。

破産した僕が言うんだから、間違いありません。

④Webが苦手な人

Webが苦手な人は、現代の起業には危険。

今はどんな商売でも、Webを無視できないからです。

 

例えば、こんな感じは危険です。

  • SNSをやったことがない
  • ググらない
  • 自分のWebサイトをもってない(ブログ含む)

Webなしで商売はできません。

 

苦手なら克服してください。

人に頼む方法もありますが、

最初は経費がかさむのでおすすめしません。

いきなり人と組むのは危険

最初から人と組んで起業するのはNG。

依存しあうからです。

 

最初は、自分のできる範囲だけで起業するのが基本。

 

例えば、こんな感じ。

  • 今の手持ち資金の中で、できることをやる
  • 知識が足りないなら、勉強する
  • スキルが足りないなら、練習する

まずは1人で起業しましょう。

それが本当の自立です。

 

人と組むとトラブルの元なので、おすすめしません。

⑤起業にお金をかける人

起業にやたらお金をかける人も危険です。

最小投資金額で起業しないと、お金が苦しいから。

 

ダメな例は下記のとおり。

  • フランチャイズで起業する
  • お店をもつ
  • いきなり人を雇う
  • 借金してスタート

はい、これらは全部ダメです。

 

大事なので、もう1回。

全部ダメです。

 

今はお金をかけずに起業できる時代。

起業するのにお金をかけるなんて、時代遅れすぎます。

 

目安は、10万円未満で起業してください。

⑥トレンドに鈍い人

トレンドに鈍い人も危険ですね。

時代はどんどん変化してるからです。

 

ダメな例はこんな感じ。

  • お店を作ってチラシをまく→スマホの時代なので誰もチラシなんか見ません
  • ネットワークビジネス→Amazonに勝てません
  • 学習塾→今の子供はYoutubeで勉強します

トレンドを読めないと、商品力が良くても必ず失敗します。

⑦やりたいことで起業する人

ぶっちゃけ、これで失敗する人が一番多い。

やりたいこと=儲かるではないからです。

 

例えば、失敗例はこんな感じ。

  • キッチンカー→飲食は競合が多すぎる
  • ヨガ教室→Youtubeで十分
  • カフェ→客単価低すぎ、スタバに勝てない

厳しいようですが、やりたいことで起業すると失敗します。

 

まずは食えることが最優先。

食える仕組みができてから、やりたい商売をやりましょう。

 

起業って、そんなに甘くないですよ。

⑧言い訳する

言い訳する人は致命的。

起業=社長なので、社長が言い訳してたらビジネスは進まないから。

 

サラリーマンじゃないので、代わりはいません。

 

悪い例はこんな感じ。

  • できない理由を言う
  • すぐ人のせいにする
  • 素直に謝れない

言い訳グセのある人は、かなり厳しいと思ってください。

⑨経営理念がない人

経営理念がないと失敗します。

経営理念=何のために商売するかだからです。

 

経営理念がないリスクは、下記のとおり。

  • 儲かることなら何でもやるので仕事が散らかる→ミスが出て信用をなくす
  • 怪しい儲け話にのっかって、ダマされる
  • 行動に一貫性がなくなるので、人がついてこない

 

経営理念を考えてなかった人は、まず作りましょう。

難しく考えなくてOKですよ(^^)

 

ちなみに僕の経営理念は、

「世の中の役に立つこと」です。

起業してうまくいく5つの方法【起業に役立つ2冊の本も解説】

起業してうまくいく5つの方法【起業に役立つ2冊の本も解説】

もし起業するなら、下記の5つを実行してください。

  1. 小資本で起業
  2. まずは稼ぐことに集中【やりたいビジネスはその後】
  3. 人と組まない
  4. 仕事を断る
  5. メディアをもつ

①小資本で起業【10万円未満】

前述のとおり、起業にお金をかけるのはNGです。

経営難になるから。

 

例えば、鉄則は下記の4つ。

  1. 店舗はもたない
  2. 事務所も借りない
  3. 在庫はもたない
  4. 人も雇わない

理想的なスタートは、

在宅・在庫なしの商売で、1人で起業すること。

家賃も人件費も仕入れもかかりません。

 

リスクが低いので、失敗しても痛くありません(^^)

Webライターはすごい小資本

僕の仕事Webライターは、すごい小資本で始められます。

パソコンとネット環境があればOK。

 

破産した後でお金なかったので、Webライターくらいしかできることなかったんですよね。

あとはガムシャラに頑張ってスキルアップしました。

 

今では、上場企業のメディアを専属で書いてたりもします(^^)

在宅ワーカーながら、月収は50万円以上です。

 

外出しないので、経費もかかりません。

②まずは稼ぐことに集中【やりたいビジネスはその後】

これも前述のとおり、やりたいビジネスから始めないこと。

残念ながら、やりたいビジネスほど儲かりません。

 

まずは稼ぐことだけに集中していいくらい。

 

稼ぐことができれば、下記のメリットがあります。

  • 事業投資にお金を使える
  • ビジネススキルが身につく
  • 自信がつく

在宅でとりあえず稼ぐなら、在宅ワークもアリ。

 

クラウドワークスとかに在宅の仕事がたくさんあるので、まずはお金を稼ぎましょう。

クラウドワークスはフリーランス向けのサイトで、無料登録できてすぐに仕事ができますよ(^^)

 

お金を稼ぎながらスキルも身につくので、一石二鳥です。

③人と組まない

これも前述のとおり、いきなり人と組まないこと。

利益率が減るので、大事なスタートダッシュで儲かりません。

 

というか1人で食える力がないと、パートナーがいなくなったら商売が止まってしまいます。

 

最初は1人で初めて、1人稼げる仕組みができたら人と組んでもOK。

もし失敗しても、自分1人の商売に戻ればいいだけだからです。

 

あと、やたらと組みたがる人が寄ってきたら注意。

依存したいだけだからです。

④仕事を断る

仕事が少し軌道にのったら、少しずつ仕事を断りましょう。

あなたの価値が上がって、客単価が上がるからです。

 

あなたの価値はあなたが上げるもの。

 

人は断られることで、あなたに希少性を感じます。

だから価値が上がる。

  • プレミア
  • ヴィンテージ

が高いのは、希少性があるからですよね。

 

なので、少しずつ仕事を断って客単価を上げましょう。

ただし、起業してすぐはすべての仕事を受けること

起業してすぐの頃は、何ふりかまわず全ての仕事を受けましょう。

そうしないと食えないから。

 

仕事を選ぶ余裕はありません。

小さな仕事でも全力でこなすことで、紹介をもらえたりしてチャンスが広がります(^^)

⑤メディアをもつ

今の時代は、どんな商売でもメディアを持ってください。

24時間集客してくれるからです。

 

メディアは、Webを使えばOK。

 

具体的には、下記をもちましょう。

  • SNS(Twitter、Facebook、Instagram)
  • ブログやWebサイト
  • Youtube
  • メルマガ

すべてを持てとは言いませんが、ゼロはさすがにマズいです(^^;

 

Webメディアが24時間集客してくれるので、あなたが寝ていても仕事中でも、お客さんを連れてきます。

昔はメディアをもてなかった

メディアをもつ重要性をもう少しだけ。

よく考えてみたら、昔は個人がメディアをもてませんでしたよね?

 

昔のメディアって、下記の4つだけです。

  1. テレビ
  2. ラジオ
  3. 雑誌
  4. 新聞

これら4つのメディアで自分の商売のCMを打とうと思ったら、超高額の広告費が必要です。

 

ですがネットが普及したことで、

無料でCMを打てる時代になったんです。

これって、起業した人にとっては最高に良い時代ってことです。

 

だから、

  • SNS
  • ブログ、Webサイト
  • Youtube
  • メルマガ

など、無料(もしくは超低額)でメディアを持てるのはすごいことなんです。

 

なのに、メディアをもたない人が多い(^^;

ぶっちゃけ、意味不明です。

 

せっかく無料で自分のメディアを持てる時代なんだし、商売するならメディアは必須。

必ずもちましょうね。

 

※メディアは、起業する前から仕込んでおくと100点です。

【おまけ】起業に役立つ2冊の本

起業に役立つ2冊の本を紹介しておきます。

ビジネスの超基礎である「マーケティング」について書かれているので、必ず読んでください。

 

マーケティングとは、

「お客さんが来てくれる仕組み」のこと。

商売やるなら、マーケティングは避けて通れません。

 

ぶっちゃけこの2冊読んだら、

高い起業セミナーとか行く必要なし。

超低コストで起業を勉強できますよ(^^)

100円のコーラを1000円で売る方法


コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法

 

マーケティングの本です。

例えば、あなたが100円で売ろうと思っていたものを、どうすれば1000円で売れるかわかります。

  • お客さんの言いなりの商品は売れない
  • 顧客の要望に100%応えても0点
  • キシリトールガムがヒットした理由
  • 商品を自分で売る必要はない

など、起業に欠かせないノウハウが書かれています。

 

1000円する本ですが、この本の内容を知らないと、少なくとも10万円以上は損するでしょうね。

 

読めば1000円の元は取れるので、読んでおきましょう(^^)

 

マンガなので、すごーくわかりやすいですよ。

ドリルを売るには穴を売れ


ドリルを売るには穴を売れ

 

こちらもマーケティングの本です。

  • お客さんが欲しいのは、ドリルではなく穴
  • 人間の生存欲求・社会欲求・自己欲求を満たす
  • ターゲットを絞らないと誰にも売れない

など、マーケティングの必須スキルがわかりやすくまとめられてます。

 

本の中では、とあるイタリアンレストランがマーケティングを勉強して、お店に活かす様が描かれているので、イメージがわきやすいです。

 

1500円ほどする本ですが、勉強しないで起業に失敗するよりはマシ。

本題はすぐに回収できるので、買って勉強しておきましょう。

 

起業する前に読んでおくとベストですね(^^)

まとめ【起業してはいけない人の特徴は9つ】

まとめ【起業してはいけない人の特徴は9つ】

この記事をまとめます。

  • 起業してはいけない人の特徴は9つ【当てはまったら改善すればOK】
  • 起業してうまくいく5つの方法を実践しよう
  • 最初は全ての仕事を受け、軌道にのってきたら仕事と断ること
  • 昔は個人がメディアをもてなかったんだから、起業したらもつべき
  • マーケティングに役立つ2冊を読みましょう【起業の超基礎だから】

起業に向いてない人の特徴を知りたいな。

 

本当は起業が不安だなぁ…

失敗したらどうしよう…

 

私は起業に向いてるんだろうか?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、起業しても失敗しない方法を、

脱サラに失敗しない方法9選【失敗しにくいビジネス事例も紹介】にまとめたので、こちらも読んでおいてください。

 

起業で一番大事なのは、リスクを減らすことです。

リスクを無視してやりたいことだけやると、100%失敗します。

 

失敗しない9つの方法を、起業前に知っておきましょう。

脱サラに失敗しない方法9選【失敗しにくいビジネス事例も紹介】

あなたの起業の参考になればうれしいです(^^)