女性の結婚後の転職は難しい【在宅ワークは育児と仕事を両立できる】

女性の結婚後の転職は難しい【在宅ワークは育児と仕事を両立できる】

結婚後に転職していいのかなぁ?

転職したいんだけど、結婚前と結婚後、どちらがいいのか知りたい。

結婚後の転職がうまくいく方法も知りたいな。

 

いやぁ~しかし、結婚後に家事・育児と仕事を両立できるか心配…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 転職するなら結婚前が良いとわかる
  • 結婚後の転職に成功する方法がわかる
  • 家でできる仕事がわかる

 

僕、佐藤誠一はフリーランスの在宅Webライターです。

年収は750万円くらい。

 

ちなみに、僕の妻は結婚後に転職してます。

結婚前は飲食店で働いてましたが、結婚を機にやめました。

 

現在は、僕と一緒に在宅でWebライターをしてます。

月の半分くらい働いて、月収は15万円くらい。

しかも、自分のペースで働いてるので、休憩や休日も自由です。

 

現在まだ子供はいないのですが、2人とも毎日家にいるので、子供が生まれてもおそらく問題ないかと。

 

結論、結婚後の女性が正社員の転職をするのはハードル高いですが、在宅の仕事なら余裕です。

今は働き方が多様化してて、在宅ワークも増えてるから。

 

女性の結婚後の転職について、解説していきます。

女性の結婚後の転職は難しい【正社員の転職は結婚1年前がおすすめ】

女性の結婚後の転職は難しい【正社員の転職は結婚1年前がおすすめ】

結論、結婚後の女性が正社員で転職するのは難しいです。

採用担当者に、出産や育児が控えていると思われるから。

 

転職するなら、結婚の1年以上前がおすすめです。

独身の方が転職は有利

もしあなたが企業の採用担当者なら、下記の2人のうちどちらを採用しますか?

  • A:女性、25歳独身、結婚の予定なし
  • B:女性、28歳既婚、子供なし

まぁAさんですよね。

Bさんは、採用してもすぐに産休・育休に入りそうだから。

 

厳しく聞こえますが、企業もビジネスなので仕方ありません。

結婚前と結婚後の転職のメリットとデメリット

メリット デメリット
結婚前 転職先の選択肢が多い

採用されやすい

結婚後の生活に合った仕事を選びにくい
結婚後 結婚後の生活に合った仕事を選べる

理解してくれる会社があれば最高

転職先の選択肢が少ない

採用されにくい

妊娠したらほぼ無理

転職して1年は産休を取れない会社も多い

どちらもメリットとデメリットがありますが、柔軟に対応できるのは「結婚前」かと。

結論、できれば結婚前に転職するのがおすすめです。

【結婚前に転職】結婚が控えていることは面接で伝えること

結婚前に転職するときは、結婚を控えてることを言った方がいいの?

できれば言っといた方がいいですね。

結婚後も理解を得られるから。

 

婚約してるのを隠して転職することも可能ですが、産休・育休を取りづらい可能性ありです。

産休・育休の実績が少ない会社だと、理解を得られず結局は退職しちゃう人もいますよ。

 

なので、可能であれば結婚の予定があることは、面接で伝えておきましょう。

採用される可能性は下がりますが、理解してくれる会社と出会えたら最高です。

今の会社で働き方を変えられないか聞いてみる

転職しないで、今の会社で働き方を変えられるなら、それがベストかもですよ。

転職しないで済むから。

 

例えば、帰りの時間が読めない営業をしてるなら、定時に帰れる事務に部署異動できないか聞いてみるとか。

ダメなケースが多いですが、聞くのはタダです。

 

無理なら転職すればOK。

結婚後の女性が正社員の転職に成功する4つの方法

結婚後の女性が正社員の転職に成功する4つの方法

結婚後に転職を考える女性

結婚前に転職した方がいいのはわかったけど、スケジュール的にムリッぽい。

結婚後の転職がうまくいく方法を知りたいな。

結論、下記の4つがコツです。

  1. すべて正直に伝える
  2. スキルを身につけとく
  3. 徹底的に企業分析する
  4. 「長く働きたいです」と伝える

これをやっとけば、結婚後の転職も成功しやすいです。

 

1つずつ解説しますね。

①すべて正直に伝える

これから出産や育児の予定があることは、正直に伝えましょう。

理解した上で採用してくれる企業が一番いいから。

 

例えば、

子供を作る予定はありません。

とウソをついて採用されたとしても、辛いのはその後ですよ。

企業側が「子供を作る予定はない」を決め手にあなたを採用したなら、子供を作りにくいので。

 

すべてを正直に伝えると採用される確率は落ちますが、企業をふるいにかけられるのでミスマッチは減ります。

②スキルを身につけとく

終身雇用が崩壊して、今は手に職がある人が有利な時代だから。

手に職があれば、産休・育休から復職しやすいし、転職も有利です。

 

今後も重宝される手に職については、

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたのでどうぞ。

 

出産前にスキルを身につけておくと、

人生は安心ですよ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

③徹底的に企業分析する

応募企業の分析は徹底しましょう。

女性が働きやすい会社じゃないと、転職後が辛いので。

 

具体的には、下記の方法でOK。

  • 応募企業の採用ページを見る
  • 求人情報を見る
  • 口コミサイトで調べる(転職会議とか)

まずは、ネットでわかる情報はすべて調べましょう。

ネットでわからないことは直接きいて大丈夫

ネットでわからないことは、面接で聞いちゃうのもアリですよ。

応募者と企業のパワーバランスは、50:50だから。

 

具体的には、

  • 女性社員の割合(女性が多いと理解されやすいから)
  • 産休・育休・復職の実績
  • テレワークや時短勤務の実績
  • 残業や休日出勤の感じ
  • 転勤の有無

などを聞いておきましょう。

 

でも面接でそんなこと聞いたら、採用されないんじゃない?

と思うかもですが、そんな会社に転職する必要なし。

転職しても女性が働きにくい証拠だから。

 

結婚後の女性が働ける会社は、そういう質問にきちんと答えてくれますよ。

どうしても聞きにくければ、内定が出てから質問すればOKです。

転職エージェントの担当者も内部情報を知ってます

あえて転職エージェントに相談して、担当者から内部情報を聞き出すのもアリ。

転職エージェントは、お客さんである企業の情報を多く保有してるから。

 

お客さん企業のことをよく知らないと、転職したい人にうまく伝えられませんしね。

 

ちなみに、特に女性の転職に強いのは、

【type転職エージェント】ですね。

結婚後の女性が働きやすい企業リストをもってるので、紹介してもらうことも可能です。

※紹介された企業が微妙なら、断ってもOK。

 

すべて無料なので、情報収集の一環で相談だけしても損はないかと。

転職の失敗率が下がるので、不安も減りますよ。

 

type転職エージェントについては、

type転職エージェントの評判・口コミ【関東の女性の転職が超得意】に詳しくまとめてます。

type転職エージェントの評判・口コミ【関東の女性の転職が超得意】

④「長く働きたいです」と伝える

面接の最後に、

御社で長く働きたいです。

と言ってください。

面接官が聞きたいのは、この一言だから。

ようは、面接官の背中を押してあげる感じですね。

 

お伝えしてきたとおり、結婚後の女性を採用するのはちょっと勇気がいるんです。

一番知りたいのは「会社に長く貢献してくれるか」です。

 

なので、「御社で長く働きたい」と伝えると、決め手になりやすいです。

たった一言で、人生が変わりますよ。

結婚後は在宅ワークに転職がおすすめ【結婚前から準備しよう】

結婚後は在宅ワークに転職がおすすめ【結婚前から準備しよう】

転職できたとしても、結婚後に家事・育児と仕事を両立できるか不安なんだよね…

保育園の送り迎えと、通勤を両立するのも難しそうだし…

と不安な人は、在宅ワークが良いかと。

 

冒頭でもお伝えしましたが、うちの奥さんは在宅ワークで稼いでます。

毎日家なので、家庭と仕事を両立できてますよ。

 

結婚前から在宅ワークの準備をしておけば、スムーズに移行できます。

なんかもう正社員とか通勤とかっていう時代でもないですよね

  • フリーランスで働く人が増えてる
  • 2020年のコロナで在宅ワーカーが増えた

など、なんかもう正社員や通勤っていう時代じゃない感じ。

 

僕ら夫婦は在宅フリーランスですが、もう正社員に戻るメリットを感じません。

だって、めんどくさいから。

 

ITの進化で働き方の自由度が上がってるので、わざわざ正社員に転職する必要ないかと。

正社員じゃなくても稼げるから大丈夫

正社員以外の働き方って抵抗あるかもですが、こっちの世界にきちゃうとこれが普通。

月収50万円以上で安定してますし、通勤もないので天国。

 

本当に安定して稼げるか不安な人は、

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】で解説してるんでどうぞ。

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】

在宅ワークの仕事はカンタンに見つかります

結論、クラウドソーシングサイトに登録して、仕事をもらえばOK。

無料でできますよ。

 

「クラウドソーシングサイト」とは、在宅ワーカーに仕事を紹介してくれるサイトのこと。

具体的には、

なんかがあります。

興味あれば無料登録して、案件を見てみてください。

女性向けのおすすめ在宅ワーク3選

下記の3つかなぁと。

職業 推定年収 難易度
Webライター 100万~300万円 低い
プログラマー 200万~500万円 高い
Webデザイナー 100万~400万円 高い

 

Webライターは文章を書く仕事なので、ハードルは低いです。

詳しくは、Webライターは未経験から始められる【仕事内容・収入・始め方も解説】をどうぞ。

Webライターは未経験から始められる【仕事内容・収入・始め方も解説】

 

プログラマーとWebデザイナーは、プログラミング言語を勉強する必要があります。

未経験の人はスクールで学ぶと早いし、挫折しないかと。

 

おすすめのプログラミングスクールは、

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめてます。

※未経験者向けのスクールです。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

結論、結婚前から学習しておけば、

結婚や出産後に自宅で稼げますよ。

まとめ【女性の結婚後の転職はおすすめしないけど、在宅ワークならアリ】

まとめ【女性の結婚後の転職はおすすめしないけど、在宅ワークならアリ】

この記事をまとめます。

  • 女性の結婚後の正社員転職は難しいので、結婚1年以上前の転職がおすすめ
  • 結婚前の転職でも、結婚が控えてることは伝える
  • 結婚後の正社員の転職も、4つのコツを抑えればOK
  • 家事・育児と仕事の両立が不安なら、在宅ワークに転職もアリ
  • Webライター、プログラマー、Webデザイナーは在宅でも稼げる

いずれの方法にせよ、結婚に向けて準備を始めましょう。

妊娠してからだと、ちょっと遅いので。

 

結婚後の正社員の転職に成功するコツは、下記の4つです。

  • すべて正直に伝える
  • スキルを身につけとく
  • 徹底的に企業分析する
  • 「長く働きたいです」と伝える

 

企業分析に自信がないなら、

【type転職エージェント】などの転職エージェントでも情報収集すればOK。

ネットに載ってない内部情報を教えてくれますよ。

 

type転職エージェントの詳細は、

type転職エージェントの評判・口コミ【関東の女性の転職が超得意】をどうぞ。

 

あと、転職会議など口コミサイトも参考になるかと。

 

あなたの今後の人生の参考になればうれしいです。