20代のうちに介護から転職した方がいい【おすすめの転職先3選も解説】

20代のうちに介護から転職した方がいい【おすすめの転職先3選も解説】

20代のうちに介護から転職したい。

こんな仕事、ずっとできるわけないよ…

 

でも、本当に転職していいのかな?

どんな仕事なら転職できるんだろう?

他の仕事をやったことがないから、転職に失敗しないか不安…

こういった不安や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 20代のうちに介護から転職した方がいいとわかる
  • 20代向けの介護からおすすめの転職先がわかる
  • 介護から転職するときのコツがわかる

 

僕、佐藤誠一は全国職業相談センターというサイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

介護をやめたい人からの相談はマジで多かったです。

僕がアドバイスして、別の仕事に転職していった人はたくさんいます。

 

結論、20代で介護をやめたいなら、本当に辞めた方がいいですよ。

30代になったら、もう他の仕事に転職できないから。

 

人生の転機なので、チャンスを逃さないように行動しましょう。

おすすめの転職先や、転職活動のコツもまとめたので参考にどうぞ。

20代のうちに介護から転職した方がいい【今しかない】

20代のうちに介護から転職した方がいい【今しかない】

結論、介護職を辞めたいなら、20代のうちに他の仕事に転職しましょう。

30代になったら、もう介護から転職できないから。

 

未経験でも転職できるのは若い20代だけなので、チャンスはまさに「今」です。

本気なら今のうちに逃げましょう。

 

20代の未経験転職については、20代はスキルなしでも転職できる【向いてる仕事でスキルを身につける】も参考にどうぞ。

20代はスキルなしでも転職できる【向いてる仕事でスキルを身につける】

【わかったと思いますが】介護は本気の人しかできない仕事

もうわかったと思いますが、介護を続けられる人は本気の人だけですよね。

僕の中学の同級生で、もうずっと介護職を続けてる奴がいます。

彼は、中学のときの職場見学で介護施設を訪れたときに、

これが俺の進むべき道だ!

と思って、そのまま介護に就職してずっと続けてます。

 

介護業界でやっていけるのはこのレベルの人でして、中途半端な気持ちでやる仕事じゃありません。

人の命にも関わる仕事ですしね。

 

結論、覚悟がないならマジでやめた方がいいですよ。

介護職の覚悟がないことは悪いことじゃないし、他の仕事で頑張ればいいだけ。

 

ということで、介護職をやっていく自信がないなら、さっそく転職活動を始めましょう。

参考:【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

20代向けの介護からおすすめの転職先3選

20代向けの介護からおすすめの転職先3選

介護をやめて、どんな仕事に転職すればいいの?

おすすめは下記の3つです。

  1. IT業界
  2. 営業職
  3. 宅地建物取引士

1つずつ解説しますね。

①IT業界

特にこだわりがないなら、IT業界がおすすめ。

なぜなら、未経験から転職できて手に職をつけられるから。

 

具体的には、下記の仕事に未経験から転職できます。

  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • Webデザイナー
  • Webマーケティング

僕もWebマーケティングの仕事をしていますが、年収は750万円くらい。

収入も安定するので、介護業界よりははるかに良いと思います。

 

IT業界については、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】に詳しくまとめてるので、興味あればどうぞ。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

②営業職

コミュニケーションに自信がある人は、営業職もおすすめです。

なぜなら、営業スキルが身につけば食いっぱぐれがないから。

 

業界が変わっても、営業職は「人を相手にする」という点では同じ。

商材が変わっても営業スキルがあれば売れるので、どこにいっても生きていけます。

 

営業に未経験から転職する注意点は、営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】にまとめてます。

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】

③宅地建物取引士

宅地建物取引士がおすすめな理由は、別名「もっとも潰しがきく資格」と言われているから。

不動産の契約業務は宅地建物取引士しかできないので、独占業務の資格です。

また、不動産を扱う会社は「一定割合以上の宅地建物取引士を雇用しなければいけない」と決められているため、雇用は守られています。

 

本気を出せば、1年くらいで宅地建物取引士を取得できます。

資格スクエアとかでオンライン学習できるので、空き時間に勉強を進めればOKです。

無料講義があるので興味あればどうぞ。

【注意】介護系の他の職種はおすすめしない

せっかく介護の仕事をしてきたし、介護系の他の仕事なら経験を活かせるんじゃないかな?

と思うかもですが、介護系の他の職種はおすすめしません。

なぜなら、業界から抜けられなくなるから。

 

そもそも介護業界自体がきついので、介護業界から足を洗わないと根本解決にならないですよ。

具体的には、下記のような職種に転職するのはおすすめしません。

  • 介護事務
  • デイサービス
  • 訪問介護
  • 派遣介護士
  • 生活相談員
  • 介護補助
  • 送迎ドライバー
  • 福祉住環境コーディネーター

前述のとおり、20代なら未経験でも他の業界に転職できるので、変に今までのキャリアを活かそうとしなくていいかと思います。

医療系もおすすめしない

医療系の仕事もおすすめしません。

なぜなら、介護業界と似たようなもんだから。

 

介護業界との共通点は下記のとおり。

  1. 夜勤あり
  2. 肉体労働
  3. 職場の人間関係が悪い

 

例えば、下記とかは転職しない方がいいですよ。

  • 看護師
  • 看護助手
  • 医療事務

介護と医療って似てるから、経験を活かせそう。

と思う気持ちもわかりますが、似てるような仕事からもバッサリと足を洗わないと、激務から抜け出せません。

【もちろん】保育系もおすすめしない

もちろんですが、保育系もおすすめしません。

理由は同じで、介護業界と似たようなもんだから。

保育士も人材不足で超ブラックなので、くれぐれも転職しない方がいいですよ。

その他、おすすめしない転職先

他にも、下記への転職はおすすめしません。※理由も書いときました。

  • 公務員:ブラック
  • 事務職:将来性なし
  • 運転手:自動運転で将来性ない
  • 建設の施工管理:激務でブラック
  • 販売職:歳をとると不利
  • 飲食:給料が安すぎる
  • サービス業:給料が安すぎる
  • ブライダル:激務でブラック
  • 美容系:激務でブラック

この辺の詳細は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】を参考にどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

20代で介護から転職するときのコツ【アピールや転職理由の伝え方】

20代で介護から転職するときのコツ【アピールや転職理由の伝え方】

転職しようとは思うけど、転職活動が不安…

介護しかやったことないし、何をアピールすればいいの?

 

あと、転職理由が「介護がきつかったから辞めた」なんて印象悪くない…?

20代なら未経験の仕事に転職できるといっても、転職活動のコツを抑えないとなかなか内定が出ません。

介護をやってきた人ならではのアピール方法や、転職理由の説明方法を解説するので、履歴書とか面接で使ってみてください。

内定率がアップしますよ。

アピールすべきはコミュニケーション能力

介護から転職するときの武器は、コミュニケーション能力です。

介護=コミュニケーションの仕事だと思われてるから。

 

どんな仕事に転職するにしてもコミュニケーション能力は必要なので、アピール材料になります。

介護職でコミュニケーション能力を発揮したエピソードとかを添えると、説得力が増しますよ。

体力があることもアピール材料

体力があることもアピールしましょう。

介護=体力が必要な仕事と思われているからです。

どんな仕事に転職するにしても体力は必要なので、良いアピール材料になりますよ。

転職理由は「将来性を感じないから」でOK

介護から転職する理由を聞かれたら、「将来性を感じないから」でOKです。

なぜなら、介護業界に将来性がないのはみんな知ってるから。

  • 少子高齢化
  • 上がらない給料
  • 激務でブラック

って感じなのはみんな知ってるので、「将来性がないから介護をやめたい」と言えば、

まぁ、そりゃそうだよね。

納得してくれる面接官が多いです。

 

将来性を考えて業界を変えるのはむしろ積極的な姿勢なので、将来性を理由にしちゃってOKです。

ちなみに転職理由を将来性にするときの注意点は、転職理由が「会社の将来性」の場合の伝え方【将来性がない5つの業界】にもまとめてます。

転職理由が「会社の将来性」の場合の伝え方【将来性がない5つの業界】

不安なら転職エージェントに相談してもOK

う~ん、なんとなくわかったけど、1人でできる自信がないなぁ…

という人は、転職エージェントに相談してもいいかもですね。

彼らは転職のプロだから。

 

具体的には下記を無料でやってくれますよ。

  1. あなたに合う仕事・会社を紹介してくれる
  2. 履歴書に書く内容を考えてくれる
  3. 面接の台本を考えてくれる

結論、転職に慣れてないあなたが1人で奮闘するより、内定率も高いし安心感がありますよ。

 

無料なので、相談してみて、担当者との相性をみつつ、紹介される求人をみてから利用するか決めてもOKです。

20代の未経験転職に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【介護から転職したいなら20代のうちに。今がチャンスです】

まとめ【介護から転職したいなら20代のうちに。今がチャンスです】

ということで、介護から転職したいなら20代のうちに転職しましょう。

30代になったら、年齢的に未経験の転職はできないですよ。

 

若さは転職の最大の武器なので、逃げるなら今のうちです。

行動して、あなたに合う仕事に転職して、人生を楽しめばOK。

 

具体的な転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】を参考にどうぞ。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

 

介護からおすすめの転職先は、下記の3つです。

  1. IT業界
  2. 営業職
  3. 宅地建物取引士

参考記事は下記をどうぞ。

 

1人で転職活動するのが不安なら、転職エージェントに相談してもOKです。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

あとは行動あるのみ。

介護業界から抜け出して、あなたが本来いるべき仕事に転職しましょう( ̄^ ̄)ゞ