介護職を辞めたいなら早いほうがいい3つの理由【元施設職員が解説】

介護職を辞めたいなら早いほうがいい3つの理由【元施設職員が解説】

悩む女性

介護職を辞めたい…

体力的にも精神的にもキツすぎる…

でも、人手不足だしなかなか辞めるって言い出せない。

それに、辞めたとしても次の転職がうまくいくか心配だよ…

介護職以外にできる仕事なんてあるのかなぁ…

といった悩みに答えます。

この記事からわかることは、下記のとおり。

  • 介護職を辞めたいなら早い方がいいとわかる
  • 介護職を辞めたい人におすすめの転職先がわかる
  • 仕事が少ない地域でも安定して稼げるコツがわかる

 

このサイトの運営者、佐藤誠一の妻です。

私は、過去に介護施設で栄養士として働いてました。

介護士さんと接する機会も多かったですね。

栄養士の私から見ても、介護士の仕事はかなりキツそうでしたよ。

これは確かに辞めたくなるだろうな…

って思うくらい^^;

なので、介護職を辞めたいって気持ちはよ~くわかります。

結論、介護職を辞めたいなら辞めていいと思います。

 

むしろ、辞めたいなら早い方がいいかと。

どんどん辞められなくなって、あなたが苦しくなるだけなので。

介護職以外にも良い仕事はたくさんあるから大丈夫ですよ。

 

ちなみに、現在の私は在宅でWebライターをやってます。

どこにいてもお金を稼げるので、介護施設時代よりはるかに楽です。

介護を辞めても、別のスキルを今から身につければ食べていけるので大丈夫。

 

この記事では、介護の辞め方と、介護を辞めた後に安定して生きる方法を解説。

介護を辞めた後の人生に光が見えると思います。

介護職を辞めたいなら早いほうがいい3つの理由

介護職を辞めたいなら早いほうがいい3つの理由

結論、介護職を辞めたいなら早い方がいいと思います。

理由は下記の3つ。

  1. 体力的にずっとは続けられないから
  2. お金を稼げないから
  3. 仕事を辞めにくくなるから

それぞれ解説しますね。

①体力的にずっとは続けられないから

介護職をやってる人はわかると思いますが、かなりの重労働ですよね。

私が働いてた老人ホームでも、腰痛持ちの介護士さんがかなりいました。

正直、腰を痛めたらこの仕事はかなりキツいと思います^^;

 

また、夜勤のある施設もありますよね。

若いうちはなんとかなっても、40・50代になって夜勤を続けるのはしんどいですよ。

体を壊せば生活も辛くなるし、再就職も難しくなってしまいます。

40・50代になっちゃうと、別の仕事に転職もできないですからね。

結論、続けられないとわかってる仕事をするのは危険ですよ。

②お金を稼げないから

残念ながら、介護職である以上、ずっと貧乏であることが確定してます。

そもそも介護職は税金で運営されてるので、たくさん稼ぐことができないから。

ホリエモンさんが「介護は誰でもできるから給料が安い」と発言して炎上してました。

介護で働く人たちには申し訳ないですが、割と核心をついてると思います。

考える女性

サービス付き高齢者住宅なら稼げるんじゃないの?

と思うかもですが、サ高住でも月収18~20万円くらいしか稼げません。

※他の仕事に比べたら低すぎです。

「キツい仕事だけど、給料は高い」ならまだわかるけど、「キツいし給料も安い」じゃ報われないですよね。

 

結論、介護職は好きな人しかやっていけない仕事だと思います。

なので、好きじゃないならやめていいと思いますよ。

需要があることと稼げることは別

疑問に思う女性

でも、高齢化社会だし、介護はこれから伸びるんじゃないの?

だから、給料も上がるんじゃないの?

たしかに介護業界は伸びると思います。

でも、介護業界が伸びる=介護職の人が稼げるは別の話。

なぜなら、介護施設は定員が決まってるから。

 

定員が決まってる=施設の売上の上限が決まっているので、介護職員さんの給料が上がる可能性は低いでしょうね。

結論、業界は伸びるけど、介護職員さんは稼げないと思います。

③仕事を辞めにくくなるから

辞めたいと思ったときにすぐ行動しないと、辞められなくなりますよ。

なぜなら、常に人不足だから。

「辞めようかな…」と思っていたら、他の人に先を越されて辞めにくくなるケースが多いです。

 

人が減るほど、職場の人から「辞めるなよ」と無言のプレッシャーをかけられます。

早く辞めないとどんどん辞めにくくなるので、思い立ったが吉日だと思います。

辞めたいのに辞められなかった介護士の話

これも私が働いてた施設での話ですが、ずっと辞めたいと言ってる介護士さんがいました。

だけど、忙しすぎて辞めるタイミングがないとも愚痴ってましたね。

 

しばらくしてその人は介護主任になり、さらに仕事が忙しくなったそうです。

しかも、責任ある立場になってしまったので辞めるに辞められず…

だけど、周りではどんどん人が辞めてて「私も早く辞めればよかった…」とぼやいてました^^;

1歳でも若いうちに転職しないと逃げ道がなくなる

考える女性

やっぱり介護職は辞めたほうがよさそう…

いつか辞めようかなぁ。

注意点ですが、辞めるなら1歳でも若い方がいいですよ。

年齢が上がるほど、他の仕事に転職しにくくなるから。

 

特に、30歳を超えると一気に未経験の転職は難しくなるので、転職するなら20代のうちがおすすめ。

※採用する側も、未経験者なら若い方がいいですからね。

歳をとるごとに、次の転職の選択肢が減っていくと思ってください。

新卒でも介護職を辞めたいなら辞めてOK

心配な女性

でも、就職したばっかりで辞めるのは、さすがにマズいよね…

どうしても辞めたいなら、新卒でも短期間でも辞めていいと思いますよ。

前述のとおり、転職は1歳でも若い方が有利だから。

不安な女性

でも、すぐ辞めちゃうと転職が不利にならない?

この辺は転職のコツがあるから大丈夫です。

短期間で辞めても転職できるコツは、【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】にまとめてます。

【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】

介護職を辞めても後悔しません

心配な女性

辞めても後悔しないかな?

介護の仕事はいつでも戻れるので、辞めても後悔しませんよ。

ご存知のとおりいつも人不足なので、経験者なら即採用です。

 

介護はいつでも戻れるとわかってるなら、他の仕事と比較してみるといいかなと。

他の仕事と比較して介護の方がよかったら、戻ればいいだけです。

結論、介護職を辞めても後悔しないので、思い切って他の仕事に転職してもいいと思います。

介護職の辞め方【普通の方法で辞められます】

考える女性

介護職を辞めてみようかな。

でも、具体的にどうやって辞めるの?

介護職を辞める手順は下記のとおりです。

  1. 就業規則で退職できるまでの期間を確認
  2. 直属の上司に退職の申し出
  3. 引継ぎ業務
  4. 退職

一般的には1ヶ月で辞められますが、3ヶ月くらいかかるところもあります。

向こう1ヶ月のシフトは組まれてると思うので、そのシフトをこなしたら辞められる感じですね。

詳しくは、会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】にまとめてます。

会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】

引き留めに遭っても大丈夫です

不安な女性

でも、もし辞めさせてくれなかったらどうしよう…

うちは人が少ないから、引き留められそう…

もし引き留められても、下記の手順で対応すれば大丈夫です。

  1. 日付入りの退職届を出す
  2. 退職届を内容証明郵便で送る
  3. 「労働基準監督署に相談します」と言う
  4. 退職代行を使う
  5. 無断欠勤する

一般的には「日付入りの退職届を出す」で解決します。

 

どうしても退職を言いづらいなら、お金はかかりますが退職代行もアリかなと。

あなたの代わりに退職手続きをしてくれて、あなたは即日いかなくてOKです。

  1. 退職代行J-NEXT:2万円で退職できる、追加料金なし、返金保証あり
  2. 男の退職代行:29800円で退職できて成功率100%、追加料金なし、返金保証あり
  3. 女性の退職代行:29800円で退職できて成功率100%、追加料金なし、返金保証あり

介護職を辞めたい人におすすめの転職先【高卒でも大丈夫】

介護職を辞めたい人におすすめの転職先【高卒でも大丈夫】

悩む女性

介護職を辞めた後の仕事はどうしよう…

なんかおすすめの転職先ってある?

そもそも、介護職以外にできる仕事があるか不安…

結論、下記の7つがいいと思います。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 営業
  7. 宅地建物取引士

理由は、未経験から始められるし、手に職もつくから。

どれも介護職より楽な仕事ですよ(笑)

 

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

高卒の人でも転職できるのでおすすめ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

【悲報】介護職は手に職じゃない

介護職をやってる人には本当に申し訳ないですが、介護職は手に職じゃないと思います。

なぜなら、誰でもできる仕事だから。

怒られそうですが本音を言うと、介護職ってお手伝いさん的な仕事ですよね。

なので、やろうと思えば誰でもできてしまいます。

 

代わりがきく仕事は「手に職」とは言わないので、残念ながら介護職を続けても市場価値は上がらないです。

※失礼なことを言ってるのは重々承知していますが、この記事は「介護職を辞めたい人」に向けて書いてるのでご了承ください。

可能なら在職中に転職活動しましょう

先に辞めちゃうと、収入がなくなるから。

※失業保険をもらえるのは辞めてから4ヶ月目です。

在職中の転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

 

ただし、下記の場合は先に辞めてもいいと思いますよ。

  • ブラックな施設
  • いじめ、パワハラ、セクハラ
  • 体調不良

あなたの体と心が一番大事なので、どうしても辛かったら先に辞めましょう。

お金がないなら、一度実家に帰るなどすると良いと思います。

参考:辞めてから転職活動するメリットとデメリット【先に辞めてもOKです】

仕事が少ない地域でも安定して稼ぐコツ【IT・Web系スキルが有益】

仕事が少ない地域でも安定して稼ぐコツ【IT・Web系スキルが有益】

ため息をつく女性

介護はやめようと思うけど、うちの地域は仕事が少ないんだよね…

だから、介護くらいしか仕事がない気がする…

仕事が少ない地域に住んでいる人は、ITやWeb系のスキルを身につけるといいですよ。

地域に関係なく稼げるから。

 

いわゆる「ノマドワーカー」というやつでして、パソコンとネットさえあればどこでも稼げます。

ノマドワーカーをしやすいのは、断然IT・Web系の仕事です。

【体験談】在宅Webライターになって生活が一変しました

冒頭でもお伝えしましたが、今は私は在宅でWebライターをやってます。

介護施設で働いてたときと比べて、生活は180度かわりましたね。

具体的にはこんな感じ。

  • 家だけで稼げるようになった
  • シフトがないから好きなときに働いて好きなときに休める
  • わずらわしい人間関係ゼロ

介護施設時代では考えられなかった生活が、在宅ワーカーになったおかげで叶いました。

体力的にも精神的にも楽なので、おばあちゃんになっても続けられるかなと思ってますw

 

うちも田舎の方ですが、普通に家で稼げてますよ。

私の夫もWebライターでして、生活ぶりはYoutubeをどうぞ。

ノマドワークできるIT・Web系の仕事【おすすめ3つ】

具体的には下記がおすすめ。

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. プログラマー

3つの仕事の詳細や、スキルを身につける方法は、【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】で解説してます。

【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】

バイト+在宅ワークでいいと思う

考える女性

でも、そういう在宅の仕事も、スキルが身につくまでは稼げないんでしょ?

やるとしても、稼げるまでの収入はどうするの?

結論、アルバイトでOKです。

なぜなら、目の前の収入を稼ぎつつ、時間に余裕があるので在宅ワークのスキルアップができるから。

 

正規の職員になっちゃうと長時間労働になりがちなので、アルバイトで十分だと思います。

スキルアップしていけば在宅ワークだけで生活できるし、仕事も安定してるので正社員になる必要はないかなと。

【体験談】在宅ワークのフリーランスだけで安定して稼げてます

うちは在宅の仕事をフリーランスでやってますが、年収は750万円くらいで安定してます。

Webライターは手に職なので、けっこう安定して稼げてますよ。

 

もちろんスキルが身につくまでは努力も必要ですが、それはどの仕事でも一緒ですよね。

結論、正社員にならなくても、バイト+在宅ワークのフリーランスで人生は大丈夫だと思います。

夫のYoutubeですが、参考にどうぞ。

在宅ワークの始め方は、【現役が語る】在宅ワークの始め方を4つの手順で解説【初心者向け】にまとめてます。

【現役が語る】在宅ワークの始め方を4つの手順で解説【初心者向け】

まとめ【介護職を辞めたいならすぐ辞めて、ストレスから解放されよう】

まとめ【介護職を辞めたいならすぐ辞めて、ストレスから解放されよう】

ということで、どうしても介護職を辞めたいならすぐ辞めましょう。

前述のとおり、迷っている間に他の人に先を越されて、どんどん辞めにくくなりますよ。

明日、誰かが「辞めます」と言ってしまうかもしれないので、今日から動いた方がいいかと。

 

年齢を重ねるほど、他の仕事の選択肢が減っていきます。

もっと楽に働けて、将来性のある仕事に1歳でも若いうちに転職しましょう。

退職手続きの進め方と転職活動の始め方は、下記の記事を参考にどうぞ。

 

どうしても退職を言い出せないなら、お金はかかりますが退職代行もアリだと思います。

  1. 退職代行J-NEXT:2万円で退職できる、追加料金なし、返金保証あり
  2. 男の退職代行:29800円で退職できて成功率100%、追加料金なし、返金保証あり
  3. 女性の退職代行:29800円で退職できて成功率100%、追加料金なし、返金保証あり

 

介護職を辞めた後におすすめの転職先は下記の7つ。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 営業
  7. 宅地建物取引士

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

 

仕事が少ない地域の人は、ノマドワーカーを目指せばOKです。

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. プログラマー

参考:【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】

また、在宅ワークを始める方法は、【現役が語る】在宅ワークの始め方を4つの手順で解説【初心者向け】をどうぞ。

 

あとは行動あるのみです。

介護職を辞めるために、一歩を踏み出してみてくださいね。