仕事がつまらないなら転職してOK【楽しい仕事に出会うのが遅くなる】

仕事がつまらないなら転職してOK【楽しい仕事に出会うのが遅くなる】

仕事がつまらないから転職したい…

なんか思っていたのと違ったし、何がおもしろいのかわからない…

 

何度か好きになろうと努力したけど、ダメだった。

きっと、他の仕事の方が合ってると思うんだよなぁ。

 

ただ、「仕事がつまらない」なんていう理由で、転職していいのかなぁ?

どこに行っても通用しない、ダメ人間になっちゃわないかな…?

 

でも、本音はすぐ辞めたいし、次は楽しめる仕事をしたいな。

こういった不満や悩みに答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 「仕事がつまらない」という理由で転職していいかわかる
  • 「仕事がつまらない」という理由で転職しても、生きていけるとわかる
  • 次は楽しめる仕事に転職する方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は、「仕事がつまらない」という理由で転職したことが2回あります。

  1. 郵便局を1年半で退職→本気でつまらなかったから
  2. 保険営業を7年で退職→一度も面白いと思ったことがなかったから

現在はフリーランスのWebライターをしており、この仕事は楽しいです。

 

結論、仕事がつまらないなら転職していいと思います。

なぜなら、楽しい仕事に出会うのが遅くなるから。

 

この記事は、つまらない仕事を合計8年半も続けた結果、

やっぱり、つまらない仕事は続けるべきじゃない。

という結論に達した僕が書いたので、かなり信ぴょう性があるかと。

あなたもこの記事を読むことで、楽しめる仕事に転職できます。

仕事がつまらないなら転職してOK【辞めていい3つの条件】

仕事がつまらないなら転職してOK【辞めていい3つの条件】

あなたが楽しめる仕事に出会うのが、遅くなるからです。

人生の時間がもったいないので、つまらない仕事に時間を浪費するのは辞めましょう。

 

ただし、下記の3つは最低限してから、転職した方が良いと思います。

  1. 好きになろうとしたか?
  2. 仕事ができるようになる努力をしたか?
  3. 一度自分をゼロにして受け入れてみたか?

これら3つをやらずに転職すると、どこに行っても通用しないし、転職を後悔するから。

1つずつ解説します。

①好きになろうとしたか?

好きになろうと努力もせずに最初から「つまらない」と言うのは、ちょっと違うかなと。

もしかしたら、好きになる要素があるかもしれないから。

 

ただし、何度も好きになろうとしたけど、どうしてもダメだったら転職してOKです。

②仕事ができるようになる努力をしたか?

仕事ができると、楽しく感じるからです。

仕事の努力もしないで、ただ「つまらない」と言うのはちょっと危険。

たぶん、次に行っても同じ目に遭います。

 

ただし、仕事の努力をしたけど、どうしても好きになれないなら転職してOKです。

③一度自分をゼロにして受け入れてみたか?

自分をゼロにして会社に染まると、楽しさがわかることがあるからです。

その会社で長く働いてる人がいるなら、何か楽しめる要素がある証拠です。

 

ただし、自分をゼロにしてすべてを受け入れても、どうしてもつまらないなら転職してOKです。

【体験談】僕も上記①~③をやった上で転職しました

郵便局も保険営業も、一応①~③をやりましたよ。

それでもつまらなかったので、転職しました。

 

上記①~③をやったことで、

  • 仕事のスキルが身についた
  • 次の転職先でも経験を活かせた
  • 我慢強さが身についた

などのメリットがあった感じ。

 

①~③でちゃんと努力したからこそ、今の仕事を楽しめてるんだと思います。

結論、「つまらないから即転職」ではなく、①~③をやってから判断すると良いでしょう。

「仕事がつまらない」という理由で転職してもダメ人間にはならない

「仕事がつまらない」という理由で転職してもダメ人間にはならない

ただ、「仕事がつまらない」なんていう理由で転職したら、どこに行っても通用しないダメ人間にならないかな…?

結論、ならないので大丈夫。

なぜなら、世の中にはごまんと仕事があるから。

 

たった1つの仕事を「つまらない」と感じただけで、「どこに行ってもダメ」というのは論法的におかしいですよね。

事実、僕も「仕事がつまらない」という理由で2回も辞めてますが、世の中の役に立ててます。

転職=逃げではなく、消去法で合う仕事に向かっている

転職=逃げみたいに思われがちですが、むしろ消去法で天職に向かってて良いと思いますよ。

例えば僕は、5回転職して今のWebライターという好きな仕事に出会えました。

だったら、「5回転職してよかった」となりますよね。

 

結論「仕事がつまらない」という理由で転職するのは、「人生を良くしよう」と真剣なだけです。

言いたい奴には言わせておけばいい

「仕事がつまらないから転職」なんて、そんなの甘い!

という人もいますが、結論、無視してOK。

なぜなら、その人たちは人生の責任を取ってくれないから。

 

ようは、テキトーに言ってるだけなので、こちらもテキトーにあしらえばOK。

なんせこっちは真剣に考えた末の決断なので、テキトーなこと言ってくる奴らとは違います。

 

あなたの人生に責任を取れるのはあなただけなので、自分で考えたことなら通して大丈夫ですよ。

自分で決めたことなら後悔もしにくいので、安心してください。

次はあなたが楽しめる仕事に転職する方法

次はあなたが楽しめる仕事に転職する方法

次にどんな仕事に転職すればいいかわからない人

転職はしたいけど、次にどんな仕事を選べばいいかわからない…

またつまらない仕事だったら、嫌だなぁ…

特にやりたい仕事がないなら、向いてる仕事をするのが良いかなと思います。

向いてる仕事は、最初は興味なくても、できちゃうのでだんだん好きになるから。

 

僕も今の仕事(Webライター)は、最初から好きだったわけじゃなく、向いてた→好きになったという順序でした。

  1. 向いてると他の人よりできちゃう→なんか楽しい
  2. 楽しいから、人より頑張れる
  3. 向いてる×人より頑張ってる=爆発的に成果が出る
  4. ますます好きになる、、、

みたいなサイクルです。

なかなか楽しそうでしょ?

あなたに向いてる仕事は適職診断ですぐわかる

でも、自分に向いてる仕事なんてわからないよ…

結論、MIIDAS(ミイダス)など無料アプリで、簡単に向いてる仕事はわかります。

僕もやってみましたが、130問くらい答えると下記の診断結果が出ました。

ミイダスの適職診断

企画やマーケティングに向いてるみたいですが、今のWebライターはまさにそういう仕事なので、MIIDAS(ミイダス)の精度はけっこう高いかと。

 

130問はちょっとメンドいですが、15分くらいで終わりました。

簡単に向いてる仕事がわかるので、やっといて損はないかと。

あなたに合う会社は転職エージェントに紹介してもらう

どの会社に転職すればいいかわからない人

向いてる仕事がわかっても、どの会社に転職すればいいかわからない…

となるので、あとは転職エージェントに相談すればいいかなと。

あなたに合う会社を紹介してくれるので。

 

たしかに、求人サイトを見ても、どれがあなたに合う会社かわからないですからね。

結論、転職エージェントにきちんとヒアリングしてもらって、あなたが楽しめる会社を紹介してもらえばOKです。

 

ミスマッチが少ない転職エージェントは、下記の3社です。

  • マイナビジョブ20’s:大手なので求人数が多く、合う会社が見つかりやすい。
  • ウズウズ:転職先の定着率95%、ミスマッチが少ない証拠。
  • ジェイック:転職先の定着率94.3%、ミスマッチが少ない証拠。

 

結論、次は楽しい仕事に転職できます。

各社の評判は下記の記事にまとめたので、興味あればどうぞ。

【失敗談】適職診断ツールや転職エージェントは使った方がいい

僕は適職診断ツールや転職エージェントを使わなかったことで、かなり遠回りしてしまいました。

現在のWebライターの仕事に出会えたのは36歳でして、だいぶ遅かったです。

それまでに5回も転職して、かなり遠回りでした。

 

今思えば、適職診断ツールや転職エージェントを使っていれば、20代のうちに天職に出会えたと思うので、けっこう後悔してます。

結論、遠回りしたくない人・早く転職に出会いたい人は、適職診断ツールや転職エージェントは使った方が良いかと。

【補足】転職後すぐに仕事がつまらない人でも転職を検討してOK

なぜなら、在職中に転職活動すればいいから。

たしかに、転職後すぐの転職は不利ですが、内定が出たら関係ありません。

 

在職中の転職活動のコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

まとめ【仕事がつまらないなら転職してOKです】

まとめ【仕事がつまらないなら転職してOKです】

最後にもう一度、「仕事がつまらない」という理由で転職するときの、3つの条件をまとめておきます。

  1. 好きになろうとしたか?
  2. 仕事ができるようになる努力をしたか?
  3. 一度自分をゼロにして受け入れてみたか?

これら3つをクリアしてるなら、すぐに転職活動を始めましょう。

あなたは「どこに行っても通用しないダメ人間」じゃないので、安心してください。

 

転職活動の手順は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

 

特にやりたい仕事がないなら、次は「向いてる仕事」がおすすめです。

向いてる仕事は、MIIDAS(ミイダス)など無料アプリで簡単にわかります。

 

また、あなたに合う会社は求人サイトを見ててもわからないので、転職エージェントに相談すればOKかと。

無料で、あなたに合う会社を紹介してくれます。

 

ミスマッチが少ない転職エージェントは、下記の3社です。

  • マイナビジョブ20’s:大手なので求人数が多く、合う会社が見つかりやすい。
  • ウズウズ:転職先の定着率95%、ミスマッチが少ない証拠。
  • ジェイック:転職先の定着率94.3%、ミスマッチが少ない証拠。

 

各社の評判は下記の記事にまとめてます。

 

結論、次は楽しい仕事に転職できるので、さっそく行動開始です。

あなたが仕事を楽しめる日を待っています。