笑えない仕事の失敗談5選【仕事ができる人になる方法も解説】

笑えない仕事の失敗談5選【仕事ができる人になる方法も解説】

笑えない仕事の失敗談を知りたいな。

仕事で大きなミスをしてしまった…

みんなも失敗するっていうけど、

こんな失敗する奴は俺くらいじゃないかな…?

 

めっちゃ恥ずかしい。

他の人の笑えない失敗談を聞いて、ちょっと安心したい。

 

なんとか挽回して、上司や会社の評価を上げたいな。

仕事ができる人になりたいよ。

それとも、もしかして今の仕事が向いてないのかな…?

こういった疑問や悩みに答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 笑えない仕事の失敗談5選
  • 仕事ができる人になる4つの方法
  • 仕事の失敗を繰り返すなら向いてないのかも

僕、佐藤誠一は仕事でたくさん失敗しました。

僕のキャリアは、下記のとおり。

年齢 職業
21~22歳 郵便局員
22~26歳 フリーター
26~33歳 保険営業
33~36歳 法人向けWebコンサル営業
36~現在 フリーランスのWebライター

たくさん失敗談がありますが、印象的なものをいくつか紹介します。

仕事で失敗するのは、あなただけじゃないとわかりますよ。

 

誰でも笑えない失敗をするものなので、参考にしてみてください。

笑えない仕事の失敗談5選

笑えない仕事の失敗談5選

僕の笑えない仕事の失敗談を5つ紹介します。

  1. 【21歳】書類を間違えてめっちゃ怒られる
  2. 【23歳】電話対応を間違えて大クレーム
  3. 【28歳】死亡保険金の受取人を間違えて大クレーム
  4. 【32歳】保険が売れなくて破産した
  5. 【36歳】アクセスを集められなくて契約を切られた

あなたの安心材料になったらうれしいです(^^)

①【21歳】書類を間違えてめっちゃ怒られる

21歳のときに郵便局に勤めていたのですが、お客さんに書いてもらう書類を間違えて案内してしまいました。

けっこう記入欄が多い書類だったので、

すいません、書類が違いました

と言ったら、めちゃくちゃ怒られました。

②【23歳】電話対応を間違えて大クレーム

23歳のときに、アルバイトで派遣会社の事務をやっていました。

ある現場に依頼された人数を埋められないときがあり、お客さんからクレームの電話がありました。

お客さん

人が足りないんだけど。
あちゃー、それは大変でしたね。

あ?お前ナメてんのか?

お前の会社のせいだろ!?

大クレームになりました。

 

僕はこのとき派遣する人を手配する仕事ではなく、経理職だったので思わず、

「あちゃー、それは大変でしたね」と言ってしまったのですが、そりゃ怒られますよね(^^;

③【28歳】死亡保険金の受取人を間違えて大クレーム

保険営業をやっていた頃の話ですが、契約のときに死亡保険金の受取人を間違えた契約書でサインをもらってしまいました。

後でミスが見つかって、大クレームになりました。

 

お客さんが亡くなってからのミス発覚じゃなくて良かったですが、

大事な保険なのに、ミスがあるとかあり得ない!

とめちゃくちゃ怒られました。

④【32歳】保険が売れなくて破産した

保険営業時代、保険が売れなくて破産しました。

保険営業って、ほぼフルコミッション営業なので、売れないとマジで生活できません。

 

オフィス内ではトップ5に入っていたのですが、借金の額が大きくて耐えきれませんでした。

⑤【36歳】アクセスを集められなくて契約を切られた

保険営業の後にフリーランスのWebライターになったのですが、大した技術もないのに契約をもらって仕事をスタートさせました。

ところが、僕が書いた記事が全然アクセスを集められなかったんです。

そりゃそうですよね、大した技術もないので。

 

結果、契約を切られてしまい収入が減ってしまいました。

仕事ができる人になる4つの方法

仕事ができる人になる4つの方法

もう仕事で失敗したくないなぁ。

仕事ができる人になりたいよ!

という人は、下記を実践してみると良いかと。

仕事ができる人になれますよ

僕も下記を実践することで、ミスが減りました。

報連相の徹底

仕事の失敗を減らす一番の方法は、報連相の徹底です。

「自分の勝手な判断」が、仕事の失敗の最大の原因だからです。

 

例えば、下記を徹底してください。

  • 上司に報連相する
  • 同僚に報連相する
  • お客さんに報連相する

報連相するだけでも、かなりミスが減ります。

うまくいかない仕事のやり方をすぐ辞める

うまくいかない仕事のやり方に固執してはいけません。

失敗するサイクルから抜け出せないからです。

 

ミスをしたやり方の問題点を探して、すぐに捨ててください。

失敗するやり方を続けるから、同じミスを何度も繰り返します。

できたら録画させてもらう

先輩に仕事を教わるときは、できたら録画させてもらいましょう。

メモではわかりにくいからです。

 

メモの悪いところは、

  1. 先輩の仕事を見る
  2. メモをとる

を同時に行うため、頭に入ってこないことです。

録画なら先輩の仕事を集中して見れるので、覚えも早いです。

 

ただし、先輩によっては録画を良く思わない人もいるので、必ず許可をとってからにしましょう。

人の倍は行動する

人の倍の行動をすると、2倍速で仕事を覚えます。

正直、はやく仕事ができる人になるにはこれしかありません。

 

特に、新人のうちはプライベートの時間も仕事の勉強に充てましょう。

  • 仕事が終わってから、仕事の勉強をする
  • 休日に仕事の勉強をする

などをやらないと、人より早く仕事ができるようにはなりません。

仕事の失敗を繰り返すなら向いてないのかも

仕事の失敗を繰り返すなら向いてないのかも

どんなに頑張っても、仕事の失敗を繰り返してしまう…

もしかして、今の仕事が向いてないのかなぁ…?

という人は、転職を検討しましょう。

どんなにやってもミスが繰り返されるようなら、たぶん今の仕事が向いてないからです。

 

入社から3年以上たっているのに、ミスを繰り返すなら完全に向いてません。

あなたに向いてる仕事を知る方法

でも、自分に向いてる仕事がわからない…

という人は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】をどうぞ。

記事内で、あなたに向いてる仕事がわかる方法を解説しています。

失敗しない転職活動の手順もわかるので、一石二鳥かと。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

向いてる仕事と向いてない仕事の違い

冒頭でお伝えしたとおり、僕は営業が長かったのですが、正直あんまり向いてませんでした。

現在はフリーランスのWebライターをやっていますが、向いてました。

 

向いてる仕事向いてない仕事の違いは、下記のとおり。

向いてる仕事 向いてない仕事
仕事の楽しさ 楽しい 楽しくない
仕事の進み方 1動いたら3くらい進む感じ 下りのエスカレーターを駆け上がる感じ
収入 儲かる 貧乏になる
健康 体が軽い 体が重い
自分へのイメージ 自分を好きになれる 自分が嫌いになる

あなたは「向いてない仕事」に当てはまるものありませんか?

もしかしたら、その仕事は向いてないかもしれませんよ。

まとめ【仕事の失敗をするのはあなただけじゃないから安心して】

まとめ【仕事の失敗をするのはあなただけじゃないから安心して】

この記事をまとめます。

  • 笑えない仕事の失敗談を読んで、ちょっと安心してください
  • 仕事ができる人になるには、報連相を徹底する
  • うまくいかない仕事のやり方を、すぐに辞める
  • できたら、先輩の仕事を録画させてもらう
  • 人の倍は行動する→人より仕事ができるようになる
  • 3年以上も失敗を繰り返すなら、今の仕事が向いてない証拠
  • あなたに向いてる仕事を診断しよう

仕事の失敗をして辛いあなたの、お役に立てればうれしいです。

 

どうしても今の仕事がうまくいかないなら、向いてないのかもしれません。

向いてる仕事に転職すれば人生が楽になるので、検討してみても良いかと。

あなたに向いてる仕事を見つける方法は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】の記事内で解説してます。

 

あなたの仕事の参考になればうれしいです!