自衛隊からおすすめの転職先5選【これで自衛隊を辞められます】

自衛隊からおすすめの転職先5選【これで自衛隊を辞められます】

自衛隊から転職したい人

自衛隊から民間に転職するなら、どんな仕事がいいのかな?

正直、自衛隊の仕事はキツすぎるので、辞めたいんだよね…

 

ただ、民間で働いたことがないから、やっていけるか不安…

あと、具体的にどうやって転職すればいいんだろう?

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 自衛隊から民間への転職で、おすすめの転職先がわかる
  • 自衛隊から民間に転職してやっていく方法がわかる
  • 具体的な転職活動の方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

民間に転職したいんですが、どうしたらいいですか?

という自衛隊の人からの相談は、かなり多かったです。

 

僕がアドバイスして、無事に転職できた人は多いので、この記事もある程度の信ぴょう性があるかと。

この記事を読むことで、あなたも自衛隊を辞められて、民間に転職できますよ。

自衛隊からおすすめの転職先5選

自衛隊からおすすめの転職先5選

自衛隊から民間に転職するとき、おすすめの転職先は下記の5つです。

  1. トラックドライバー
  2. 施工管理
  3. 電気工事士
  4. プログラマー
  5. 営業

1つずつ解説しますね。

①トラックドライバー

理由は、大型免許を活かせるから。

トラックドライバーは不足しているため、免許があるだけでかなり有利です。

 

自衛隊の経験を活かせますよ。

②施工管理

施工管理とは、建設業界の現場監督のことです。

施工管理がおすすめの理由は、下記の3つ。

  1. 激務だけど、自衛隊に比べたら楽だから
  2. 給料が高いから
  3. 手に職がつくから

 

具体的な仕事内容は、下記のとおりです。

  • 工事が図面通りに進んでいるかチェック
  • 工事のスケジュール調整
  • 資材の発注などなど

 

施工管理は資格も不要で、未経験から転職が可能。

なので、自衛隊から転職するには良いかと思います。

 

未経験で施工管理に転職する方法は、施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】がわかりやすいです。

施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

③電気工事士

電気工事士がおすすめの理由は、未経験からでも手に職がつくから。

具体的には、「電気工事士」の資格を取得すればOKです。

 

電気工事士の試験の難易度は低めなので、未経験者向け。

独占業務の資格なので、資格を取得すれば手に職がつきます。

 

電気工事士の資格取得については、電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツがわかりやすいです。

電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ

④プログラマー

プログラマーがおすすめの理由は、将来性が明るいから。

IT業界はまだまだ伸びるので、その波に乗ることができます。

 

IT業界の将来性については、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】をどうぞ。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

 

すぐにプログラミングスキルの基礎を習得するなら、自衛隊を辞めてからプログラミングスクールに通えばOK。

無料体験があるプログラミングスクールは、【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

⑤営業

営業がおすすめの理由は、割と気合いが必要だから。

ノルマがある仕事のため強い精神力が必要ですが、自衛隊をやってきた人ならできると思います。

 

営業は常に人不足なので、未経験でも転職しやすいですよ。

未経験から営業に転職する方法は、営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】にまとめてます。

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】

【20代限定】あなたが好きな仕事に転職すればOK

結論、あなたが20代なら、好きな仕事を選べばOKですよ。

なぜなら、若いのでどこでも転職しやすいから。

 

僕の後輩で元自衛官がいるのですが、自衛隊を辞めた後は、声優の学校に進学して声優を目指してました。

20代ならなんでもチャレンジできるので、上記で紹介した5つの仕事に限らず、やりたいことをやればOKです。

自衛隊から民間に転職してやっていくマインドシフト

自衛隊から民間に転職してやっていくマインドシフト

僕は民間の正社員で働いたことがないから、やっていけるか不安だなぁ…

どんなことに注意すればいいの?

結論、民間=営利目的であることを忘れてはいけません。

公務員と違って「お金儲け」をするのが、民間企業の目的だからです。

 

なので、公務員のように「仕事に行けば給料がもらえる」という世界ではありません。

  • 会社の売上に貢献する
  • 会社の経費削減に貢献する

など、お金儲けをしにいくマインドが必要です。

営利感覚をもってないと面接で落ちます

なぜなら、面接官は「公務員→民間に転職する人」に、営利感覚があるかを見てるから。

ようは、面接官からすると「営利目的の仕事をしたことがない」のが、一番の不安点なんです。

 

なので、面接では、

  • 御社の売上に貢献したいです。
  • 御社の利益に貢献したいです。

というようなフレーズを混ぜてください。

そうした一言があるだけでも、面接官が安心して採用されやすいです。

自衛隊から民間に転職する7つの手順【成功するために】

自衛隊から民間に転職する7つの手順【成功するために】

具体的に、自衛隊から民間に転職するときは、どうすればいいですか?

自衛隊から民間に転職する手順は、下記の7ステップです。

  1. 退職を申し出る【3月末か7月末に辞める】
  2. 3ヶ月分の生活費を貯金しとく【もしくは実家に帰る】
  3. 自己分析する
  4. 求人を探す
  5. 自己PRと志望動機を作る
  6. 履歴書と職務経歴書を作成して求人に応募する
  7. 面接の練習をする

1つずつ解説しますね。

①退職は3月末か7月末【遅くとも3ヶ月前には退職を伝える】

遅くとも4月・12月には、上官に退職を申し出ましょう。

辞めやすい時期は3月末か7月末で、退職には最低でも3ヶ月はかかるからです。

 

ぶっちゃけ、自衛隊を辞めるのは時間がかかるので、退職の申し出は早ければ早いほど良いです。

引き留めに屈しないこと

かなりの確率で引き留めに遭うので、屈しないようにしてください。

上官は辞められると困るので、割と引き留めしてきます。

 

隊員の配置換えなど面倒があるため、上官は退職を嫌がります。

どんなに引き留められても「辞めます」の一点張りでいきましょう。

 

まともに対応してしまうと言いくるめられる危険性があるので、強い態度で退職だけを伝えてください。

逃亡は絶対NG

辞めさせてくれないからといって、逃亡だけは絶対NGです。

自衛隊をあげて逃亡者を捜索して、その捜索費用はあなたに請求されるから。

 

結論、正規の手続きで辞めるのが一番です。

②3ヶ月分の生活費を貯金しとく【もしくは実家に帰る】

理由は、退職してから転職活動を始めることになるから。

公務員は失業保険もないので、転職先が決まるまでの生活資金が必要です。

 

具体的には、75万円くらいあれば大丈夫かと。

この辺は、20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】にまとめてます。

 

もし貯金がないなら、実家に帰るなどして無職期間をしのぎましょう。

20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】

③自己分析する

自己分析は必ずやってください。

なぜなら、自分のことがわからないと、どこに転職していいかわからないから。

 

具体的な自己分析の方法は、【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】にまとめたので、やってみましょう。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

④求人を探す

自己分析が終わってから、求人を探しましょう。

自己分析した後だと、どんな求人を選べばいいかわかるから。

 

具体的な求人の探し方は、下記があります。

⑤自己PRと志望動機を作る

応募する求人を複数選んだら、それぞれの企業ごとに自己PRと志望動機を作りましょう。

自己PRと志望動機が甘いと、絶対に採用されないから。

 

自己PRと志望動機の作り方は、下記の2記事にまとめてます。

⑥履歴書と職務経歴書を作成して求人に応募する

自己PRと志望動機ができたら、履歴書と職務経歴書に記載して、求人に応募しましょう。

応募するときのコツは、複数の企業に同時で応募すること。

 

1社1社に応募すると、内定が出るまで時間がかかるからです。

この辺は、転職の応募数は20社が安心【少ない応募で転職に成功する5つの方法】にまとめてます。

転職の応募数は20社が安心【少ない応募で転職に成功する5つの方法】

⑦面接の練習をする

必ず面接の練習をしてください。

練習でできないことは、本番でもできないから。

 

面接のコツや練習方法は、転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】にまとめてます。

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

転職活動が不安なら転職エージェントに相談する

正直、民間の転職活動なんか初めてだから、不安すぎるなぁ…

ちゃんと採用されるイメージができない…

という人は、迷わず転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロで、あなたをサポートしてくれるから。

 

具体的には、下記を無料でやってくれます。

  1. あなたに合う仕事や会社を紹介してくれる
  2. 自己分析をやってくれる
  3. 自己PRや志望動機を作ってくれる
  4. 面接でどう話すかを作ってくれる

結論、転職活動の不安な部分を代行してくれるので、割と心強いかと。

 

特に丁寧な転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめたのでどうぞ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【自衛隊から民間への転職を成功させるにはコツがある】

まとめ【自衛隊から民間への転職を成功させるにはコツがある】

最後に、自衛隊から民間への転職で、おすすめの転職先5つをまとめておきます。

  1. トラックドライバー
  2. 施工管理
  3. 電気工事士
  4. プログラマー
  5. 営業

プログラマーに興味がある人は、無料体験があるプログラミングスクールで試してみるのが良いですね。

参考:【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

 

実際に転職する手順は、下記の7つです。

  1. 退職を申し出る【3月末か7月末に辞める】
  2. 3ヶ月分の生活費を貯金しとく【もしくは実家に帰る】
  3. 自己分析する
  4. 求人を探す
  5. 自己PRと志望動機を作る
  6. 履歴書と職務経歴書を作成して求人に応募する
  7. 面接の練習をする

 

民間への転職活動が不安なら、転職エージェントに相談すればOKです。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

コツさえ押さえれば、民間への転職は大丈夫です。

本気で自衛隊を辞めたいなら、さっそく行動開始しましょう。

 

あなたが無事に民間に転職できるのを祈っています。