【元IT営業が解説】IT営業におすすめの転職先3選【技術者に転向アリ】

【元IT営業が解説】IT営業におすすめの転職先3選【技術者に転向アリ】

IT営業からおすすめの転職先を知りたいな。

頑張ってやってきたけど、ちょっと疲れちゃった…

転職して、別の仕事をやってみたい。

でも、できれば今まで積み上げてきた経験は活かしたいな。

なんか自分が楽しめる仕事ができたらいいなぁ。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • IT営業におすすめの転職先がわかる
  • IT営業におすすめしない転職先がわかる
  • 営業×技術は最強だとわかる

 

僕、佐藤誠一はIT系の営業をやってました。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 年収
21~22歳 公務員 180万円
22~26歳 フリーター 180万円
26~31歳 保険の営業 600万円
31~33歳 保険代理店の営業 600万円
33~36歳 Webマーケティングの営業(IT系営業) 600万円
36歳~現在 フリーランスのWebライター 750万円

Webマーケティングの営業なので厳密にはIT営業とは違うかもですが、広く見ればIT系の営業って感じです。

現在は技術職に転向して、Webライターをやってます。

こんな僕が書いた記事なので、それなりに信ぴょう性があるかと。

 

結論としては、「営業×技術=最強」だと思いまして、これから本格化する「個人の時代」を生きやすくなると思います。

事実、僕も営業×技術で人生がかなり安定しました。※収入も安定してます。

 

IT営業を経験した人は、「個人の時代を生き抜けるスキル」にリーチがかかった状態なので、人生的にはかなり有利。

IT営業を辞めた後の人生設計もわかるので、参考になればうれしいです。

それでは、さっそく見ていきましょう。

【元IT営業が解説】IT営業におすすめの転職先3選

【元IT営業が解説】IT営業におすすめの転職先3選

結論、IT営業からおすすめの転職先は下記の3つです。

  1. IT技術者に転向
  2. 他のIT営業
  3. 異業種の法人営業

1つずつ解説します。

①IT技術者に転向

技術職に転向しちゃうのは大アリだと思います。

手に職がついて、人生が安定するから。

具体的には、下記の技術職が良いかなと。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター

各スキルを身につけて転職する方法は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

 

特に「営業に疲れた人」は、IT技術者に転向するのがおすすめ。

僕も営業に疲れちゃったので、IT技術者に転向しました。

※個人的にはIT技術者への転向がベストだと思います。後述します。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

副業から始めるのも大アリ

たしかに技術者は興味あるけど、自分にできるかなぁ…?

「難しそう」ってイメージなんだよね…

結論、いきなり転職するのは不安だと思うので、副業から試してみると良いかと。

副業なら、合わなくてもすぐ辞められるので。

 

上記で紹介したIT技術職なら、下記の3つは副業でも始められます。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. Webライター

在宅で副業できるので、体への負担は少ないかと。

僕もWebマーケティング営業をしながら、副業でWebライターを始めました。

副業から始める方法は、【現役が語る】在宅ワークの始め方を4つの手順で解説【初心者向け】が参考になると思います。

【現役が語る】在宅ワークの始め方を4つの手順で解説【初心者向け】

②他のIT営業

他のIT営業に転職するのもアリだと思います。

なぜなら、会社や商材によって状況がけっこう違うから。

一口に「IT営業」といっても様々ですよね。

 

例えば、下記のように別のIT営業に転職すると、心機一転で楽しく働けることもあるかと。

  1. 新規開拓系→インバウンド系
  2. IT→Web
  3. 営業→コンサル

でも、どんなIT営業を選べばいいかわかんないなぁ…

この辺はシンプルに、興味ある分野を選べばいいかと。

興味ある分野だと楽しめるし、長く働けます。

他のIT営業に転職する方法

結論、普通の転職活動でOKです。

  1. 転職サイトに登録して求人を見てみる
  2. 転職エージェントに登録して非公開求人を見てみる

とかでOKかなと。

 

転職サイトは、下記のような大手サイトにいくつか登録すれば十分だと思います。

  1. リクナビNEXT
  2. doda
  3. マイナビ転職

 

転職エージェントも大手にいくつか登録して、IT営業の非公開求人を見せてもらいながら考えればOKかなと。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。非公開求人は約8万件
  2. マイナビエージェント:求人数が約33000件の大手。非公開求人は約26000件。サポート無制限
  3. 【パソナキャリア】:求人数が約3万件の大手。非公開求人は約24000件。関東・関西・東海に対応

具体的な求人を見てみないことには興味もわかないので、行動しながら考えるのがコツです。

③異業種の法人営業

異業種の法人営業に転職するのも良いですね。

法人営業のスキルを活かせるから。

 

具体的には下記の業界がおすすめです。

  1. インフラ系
  2. 石油業界
  3. メーカー系

おすすめの理由は、売りやすいし、ノルマがキツくないし、稼げるから。

3つの業界の詳細や、転職する方法は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】にまとめてます。

営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】

【注意】IT営業におすすめしない転職先7選

【注意】IT営業におすすめしない転職先7選

ちなみに、IT営業におすすめしない転職先ってありますか?

結論、下記はおすすめしません。

おすすめしない理由とともにどうぞ。

  1. 金融系の営業:ノルマがキツすぎる
  2. 不動産営業:ノルマがキツすぎる
  3. 公務員:安定してない、ブラック
  4. 事務職:AIに奪われる仕事、将来性がない、稼げない
  5. 販売職:稼げない、激務、ブラック
  6. サービス業:稼げない、激務、ブラック
  7. 介護:肉体労働、稼げない、将来性がない

 

参考になりそうな記事は下記にまとめておきます。

くれぐれも転職しない方がいいですよ。

営業×技術は最強【個人の時代の生き方】

営業×技術は最強【個人の時代の生き方】

う~ん、転職先どうしようかなぁ…

ここからはけっこう個人的な意見なので、興味ない人は読み飛ばしてもらってOKです。

特にこだわりがないなら、IT営業のあとは技術者に転向した方がいいと思います。

なぜなら、「営業もできて、技術もある人」は最強だから。

冒頭でも触れてますが、僕はIT営業とIT技術を両方身につけたら、人生がかなり安定しました。

【体験談】営業×Webライターで人生が安定した

Webマーケティング営業に飽きたので、Webライターに転職した感じ。

営業も経験したし、技術も身につけたので、下記の状態を実現してます。

  1. 技術があるから仕事は安定する
  2. 仕事に困ったら営業すればいい

この状態なので、収入はとても安定するし、精神的にも安定します。

 

仕事がなくなったら、営業すればいいか。

という余裕が、さらに仕事を呼んでくる現象も起きますね。

※クライアントさんも、余裕がある人に仕事を頼みたくなるから。

結論、営業と技術の両方をもってる人は、控えめにいっても最強だと思います。

世の中の人は営業or技術のどちらかしかできない【両方できたら最強】

実は世の中の人って、営業or技術のどっちかしかできない人が多いんです。

  1. 技術はあるけど、営業は苦手
  2. 営業はできるけど、技術はチンプンカンプン

だから、どちらかに依存しないと生きていけない感じですね。

 

これを1人で両立すると、依存しないで生きていける状態に。

会社に属する必要もなくなるので、フリーランスとかで1人でも生きていけますよ。

※僕もフリーランスになれました。

 

あと、営業と技術を両方やった感想ですが、たぶん営業の方が難しいですね。

なので、IT営業を通ってきたあなたは、あとは技術を身につけるだけ。

結論、最強の状態にリーチがかかってるので、技術を身につけるのがおすすめだったりします。

個人の時代を生き抜くには営業×技術が最強かと

2020年からコロナが始まって、世の中はかなり不安定になってますよね。

会社が潰れたり、業界ごと衰退していったりして、将来の不安は尽きないところです。

こんな不安定な時代だからこそ、「個人で生き抜く力」が必要とも言われてます。

 

会社とともに沈まないためにも、個人で生きれるようにしといて損はないかなと。

個人で生き抜く力として具体的に必要なのが、営業と技術だと思います。

 

繰り返しですが、下記のとおり。

  1. 技術があるから仕事は安定する
  2. 仕事に困ったら営業すればいい

ということで、超個人的な意見ですが、IT営業のあとはIT技術を身につけるのが良いかなと。

まとめ【IT営業におすすめの転職先は3つ。転職活動を始めよう】

まとめ【IT営業におすすめの転職先は3つ。転職活動を始めよう】

ということで、転職したいならさっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

 

当然ですが、転職は1歳でも若い方が有利なので、行動が遅れるほど転職先の選択肢が減りますよ。

転職活動は3~6ヶ月かかるので、「考える→行動する」だと年齢が1歳上がって、転職が不利になります。

 

コツは「行動しながら考える」でして、転職の選択肢を最大化できますよ。

転職活動の始め方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

 

IT営業からおすすめの転職先は下記の3つ。

  1. 技術者に転向→※個人的にはこれがおすすめ
  2. 他のIT営業
  3. 異業種の法人営業

 

IT技術者への転向については、下記の職種だと未経験から転職できます。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター

各スキルを身につけて転職する方法は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

いきなり転職するのが不安なら、副業から始めてみると良いですよ。

参考:【現役が語る】在宅ワークの始め方を4つの手順で解説【初心者向け】

 

他のIT営業は、下記のように普通に転職活動すればOK。

  1. 転職サイトに登録して求人を見てみる
  2. 転職エージェントに登録して非公開求人を見てみる

 

転職サイトは、下記のような大手サイトにいくつか登録すれば十分です。

  1. リクナビNEXT
  2. doda
  3. マイナビ転職

 

転職エージェントは下記のような大手で十分かと。

いくつか登録して、IT営業の非公開求人を見せてもらうといいと思います。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。非公開求人は約8万件
  2. マイナビエージェント:求人数が約33000件の大手。非公開求人は約26000件。サポート無制限
  3. 【パソナキャリア】:求人数が約3万件の大手。非公開求人は約24000件。関東・関西・東海に対応

 

異業種の法人営業は、下記の業界がおすすめ。

  1. インフラ系
  2. 石油業界
  3. メーカー系

3つの業界の詳細や、転職する方法は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】をどうぞ。

 

あとは行動あるのみ。

まずは一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ