30代未経験でもITに転職は可能【4つの職種に転職する方法を教えます】

30代未経験でもITに転職は可能【4つの職種に転職する方法を教えます】

30代で未経験からITに転職できるのかな?

手に職をつけたいし、なんかカッコいいし、転職したいんだよね。

 

でも、もう年齢的にムリかな…?

もし転職できるなら、転職する方法を知りたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 30代未経験でITに転職できるかわかる
  • 30代未経験でITに転職する方法がわかる
  • 30代未経験でITに転職した未来がわかる

 

僕、佐藤誠一は、33歳のときに未経験でIT業界に転職しました。

保険営業マン→Webマーケティングの営業に転職。

 

現在はフリーランスのWebライターで、年収は750万円くらい。

夫婦でのんきにノマド生活をしています。

Webも広くいえばIT業界なので、一応いまはIT業界の住人ですね。

 

Webマーケティングの営業時代には「全国職業相談センター」というサイトで、3000人以上の転職相談にのった経験もあります。

30代でITに転職したい人の相談も多く、僕がアドバイスして転職できた人もいます。

こんな僕が書いた記事なので、それなりに信ぴょう性があるかと。

 

結論、30代未経験でITに転職するのは難しいですが、一応、可能といえば可能です。

具体的に転職する方法も解説するので、できることからやってみてください。

この記事を読むことで、手に職をつけて安定して生きれる未来が見えると思います。

30代未経験でもITに転職は可能【ただし難易度は高い】

30代未経験でもITに転職は可能【ただし難易度は高い】

一応、30代未経験でもITに転職は可能です。

なぜなら、IT業界は人不足だから。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

 

事実、30代の未経験者でも採用されることがあります。

※僕も転職できました。

 

ただし、30代だと転職できる職種は限定されており、下記の4つくらいですね。

  1. プログラマー【32歳くらいまで】
  2. インフラエンジニア【32歳くらいまで】
  3. IT営業【30代前半まで】
  4. Webマーケティング【30代前半まで】

※この4つに転職する方法は後述します。

【ただし】20代と比較されたら圧倒的に不利

ただし、転職できるといっても、20代と比較されたらかなり不利です。

企業側は、未経験者を採用するなら若い方がいいから。

 

若い人の方が吸収も速いし、長く活躍してくれますからね。

  • 25歳:5年働いてもまだ30歳
  • 33歳:5年働いたらもう38歳

なので、人気のIT企業で20代が多く応募しているなら、採用されるのは難しいと思ってください。

この辺は年齢なので仕方なし。

待遇は悪いけど、どうせ転職するからOK

ネットで見たけど、30代未経験でITに転職すると待遇が悪いって本当?

ブラック企業もあるのかな?

結論、30代未経験でITに転職すると、待遇はあんまり良くないです。

20代の方が良い条件の会社に転職できて、30代はそれ以下の会社に採用されるから。

僕もWebマーケティングのベンチャーに転職しましたが、待遇はそんなによくなかったですよ。

 

え~…

待遇が悪いんじゃ、ちょっと迷うなぁ…

と思うかもですが、この辺はスキルアップしていけばOK。

そもそも技術職なので、スキルが身につけばもっと待遇が良い会社に転職できますよ。

 

職種によっては、フリーランスにもなることも可能です。※プログラマー、Web系。

つまり「辞める前提」で転職するので、少し待遇が悪くても耐えられるかなと。

まぁ30代だしね。

お金をもらいながらスキルを身につけられるだけ良いかな。

最初の会社は修行のつもりでスキルを身につけて、何年かしたらもっと良い条件で転職してやるぞ!

と思える人は、転職してもやっていけると思います。

【悲報】30代後半だとITの未経験転職は難しい

ちょっと残念なお知らせですが、30代後半の人は未経験でITに転職するのは難しいです。

年齢が高すぎるから。

ただし、まずは副業で実績を作れば可能性アリ。

  • プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • ブログ
  • YouTube

などを副業でやってみて、実績ができれば転職できる可能性があります。

 

この辺は、30代後半の男性の未経験の転職は難しい【解決策:副業を始めよう】が参考になるかと。

ただ、副業で稼げるなら、それを本業にしていった方がいいですけどね。

30代後半の男性の未経験の転職は難しい【解決策:副業を始めよう】

30代未経験でITに転職する方法【4つの職種で解説】

30代未経験でITに転職する方法【4つの職種で解説】

30代未経験でITに転職するには、具体的にどうしたらいいの?

前述のとおり、30代未経験で転職できる可能性があるのは、下記の4職種です。

  1. プログラマー【32歳くらいまで】
  2. インフラエンジニア【32歳くらいまで】
  3. IT営業【30代前半まで】
  4. Webマーケティング【30代前半まで】

この4職種に転職する方法を解説するので、実行してみましょう。

1つずつ解説します。

①プログラマー【32歳くらいまで】

結論、プログラミングスクールで勉強してください。

悠長に独学で勉強してる時間はないから。

30代はただでさえ年齢的に不利なので、じっくり独学していたら30代後半になって転職できなくなってしまいます。

 

ライザップだと思って、短期集中でプログラミングの基礎を身につけましょう。

最近のプログラミングスクールは転職サポートもあるので、基礎を学んだあとはスクールに推薦してもらってIT企業に転職できます。

【苦言】スクールのお金を出し渋るなら諦めた方がいい

でも、スクールってお金がかかるよね…

ちょっと厳しいですが、スクールに投資できないならプログラマーは諦めた方がいいかと。

短期間で基礎を身につける必要があるので、投資は必須です。

 

独学でも本をたくさん買うことになるので、結果的にスクール代くらいのお金がかかります。

だったら最初からスクールで勉強した方が良いかと。

 

プログラマーになっても勉強の連続なので、知識への投資はずっと必要。

最初のスクールでお金を出し渋るようなら、プログラマーはあきらめましょう。

 

まぁ、とはいえスクールにお金を出すのは勇気がいると思うので、まずは無料体験を受けてから考えればいいかなと。

テックアカデミーだと、オンラインのプログラミング無料体験が1週間もあります。

この無料体験だけでも、Webサイト制作くらいのスキルが身につくので有益だと思います。

参考:【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

②インフラエンジニア【32歳くらいまで】

CCNAという資格をとってください。

なぜなら、CCNAはインフラエンジニアの基礎を証明する資格なので、30代未経験でも転職できる可能性があるからです。

 

CCNAは、本気で勉強すれば1ヶ月で取得できます。

ただし、こちらも独学だと厳しいので、CCNAのスクールで勉強して取得しましょう。

CCNAを取得できるスクール

CCNAの取得は、ウズウズカレッジが良いと思います。

担当講師がついて、最短1ヶ月でCCNAを取得できるから。

 

ちなみに、ウズウズカレッジに問い合わせをして聞いてみました。

「32歳くらいまでなら、インフラエンジニアに転職できる可能性あり」と答えてくれましたよ。

 

CCNAを取得後は、ウズウズカレッジの推薦で転職も可能です。

詳しくは、ウズウズカレッジの無料のオンライン説明会があるので、話を聞きながら考えればOKです。

参考:【格安】ウズウズカレッジの評判まとめ【3ヶ月で元はとれますよ】

【格安】ウズウズカレッジの評判まとめ【3ヶ月で元はとれますよ】

③IT営業【30代前半まで】

ぶっちゃけ、IT営業は採用のハードルが低めです。

コミュニケーションスキルだけでできる仕事だから。

 

事実、僕も営業からIT業界に入りました。

営業の経験がある人は、営業経験をアピールすれば採用される可能性アリです。

ただし、ITの勉強は必要です

IT系の知識がなくても転職できるの?

さすがにITの基礎知識は勉強しましょう。

「転職してから勉強すればいい」という考え方もありますが、基礎知識を勉強しておいた方が内定率が上がるから。

 

具体的に何を勉強すればいいの?

ITといっても広いので、この辺は応募するIT企業で必要な知識を勉強すればOK。

どんな会社に応募して、何を勉強すればいいかわからない場合

そもそもどんな会社に応募して、何を勉強すればいいかもわからない…

という人は、転職エージェントに登録して求人情報を見てみましょう。

求人サイトより情報が詳しいので、どんなIT企業に転職できて、どんな知識が必要かわかります。

 

何を勉強しておけばいいですか?

と担当者に聞いちゃってもOKですよ。

登録して求人情報をみつつ、わからないことは担当者にどんどん質問していきましょう。

 

IT営業の求人が多い転職エージェントは下記のような大手なので、何社か登録して求人情報を見てみればOK。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。非公開求人も多いので登録しておきましょう
  2. マイナビエージェント:サポート期間無制限なので、粘り強く良い会社を探せる
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海のIT企業と強いパイプあり。こちらも登録して損なし

④Webマーケティング【30代前半まで】

副業で下記をやってください。

  1. ブログ
  2. Webライター
  3. Youtube

副業で実績を出せば、採用される可能性があるからです。

 

ようは、即戦力人材になればOKという意味。

30代未経験でWebマーケティングに転職は難しいので、副業で実績を作りましょう。

 

ブログの始め方は、WordPressを使ったブログの始め方、収益アップとSEOも合わせて解説が参考になります。

Webライターの始め方は、「Webライターの完全講義」で学べます。

Youtubeの始め方は、下記のYoutubeを参考にどうぞ。

【体験談】Web営業→Webマーケティングに転向

ちなみに僕は、Web営業→Webマーケティングに転向しました。

33歳でWebマーケティングのベンチャーの営業に転職。

ただ、営業するにもWebマーケティングの知識が必要だったので勉強した感じです。

 

まぁベンチャーなので「なんでもやる」のが当たり前だったのもあり、営業以外に下記もやってました。

  • SEO対策
  • Webサイト制作
  • Webサイト設計
  • 記事のライティング

こんだけやれば、Webマーケティングのスキルが身につくわけです。

 

個人的にも営業より技術系の仕事の方が好きだったので、退職してフリーランスのWebライターになりました。

年収は750万円くらい。

現在はブログも運営しており、月収は10万円以上。

Youtubeも月収1万円以上を稼げてます。

 

結論、IT営業から入って、技術者になる進路もアリだと思います。

30代未経験でITに転職した未来【割と自由です】

30代未経験でITに転職した未来【割と自由です】

ちなみに、30代でIT業界に転職すると、どんな未来になるの?

ほぼ体験談でお話ししますが、とても自由です。

なぜなら、手に職があるから。

 

伸びてるIT業界のスキルがあると市場価値も高くなるので、転職も有利。

ちょっと乱暴ですが、気に入らないことがあれば転職すればいいだけかなと。

※手に職があるので転職できてしまう。

 

スキルが身についてしまえば、あとは自分の好きなように働いて稼げばOKです。

  1. 大手IT企業に転職してゴリゴリ稼ぐ
  2. ほど良い中小IT企業でゆるふわで働く
  3. フリーランスで自由に生きる

人生の選択肢が増えるので、控えめにいってもIT業界は最高です。

※もちろん、スキルを身につけていくのは努力が必要ですよ。これは当たり前。

埼玉県の田舎でノマド生活してます

Webマーケティングのベンチャー企業を辞めた後は、埼玉県の田舎に引っ越して在宅でWebライターをやってます。

※埼玉を選んだ理由は、嫁さんの実家が近かったから。

 

通勤する必要がないので、田舎暮らしが可能。

年収は750万円くらいですが、田舎暮らしなので生活コストは安めです。

誰にも支配されずに、のんきに田舎でMacbookをカタカタやってます。

 

フリーランスになって思いましたが、僕は会社勤めは向いてなかったみたい。

なので、のんきなフリーランス生活が合ってました。

  • 起きる時間も寝る時間も自由
  • めんどくさい人間関係なし
  • 休憩も休日も自由

って感じなので、かなりストレスフリーで生きてます。

 

33歳でITに転職すると決断して良かったと思ってますよ。

結論、自由に生きたい人はIT業界へどうぞ。

まとめ【30代未経験でITに転職するのは有益すぎる】

まとめ【30代未経験でITに転職するのは有益すぎる】

ということで、本気でITに転職したいなら今日から行動しましょう。

年齢的に不利なのは変わらないので、のんびりしてる暇はありませんよ。

  • 基礎学習:1~3ヶ月
  • 転職活動:3~6ヶ月

上記くらい時間がかかるので、1日も早く行動しないと歳をとって転職できなくなります。

 

「う~ん」と考えたいこともあるかもですが、行動しながら考えた方が時短できます。

迷わず、今日から行動してください。

 

30代未経験で転職できるIT系職種は、下記の4つです。

  1. プログラマー【32歳くらいまで】
  2. インフラエンジニア【32歳くらいまで】
  3. IT営業【30代前半まで】
  4. Webマーケティング【30代前半まで】

 

プログラマーを目指すなら、スクールは必須です。

テックアカデミーでオンラインのプログラミング無料体験が1週間あるので、まずはそれを受けながら考えましょう。

参考:【無料体験あり】テックアカデミーの評判や口コミ【料金の元はとれる】

 

インフラエンジニアは、CCNAの資格が必須。

ウズウズカレッジで最短1ヶ月で取得できて転職もできるので、まずは無料のオンライン説明会で話を聞いてみてください。

参考:【格安】ウズウズカレッジの評判まとめ【3ヶ月で元はとれますよ】

 

IT営業は、応募するIT企業に必要な知識を勉強しましょう。

どんな会社を選んで、何を勉強すればいいかわからない人は、転職エージェントで情報収集できます。

どんな知識を勉強すればいいかわかるし、わからないことは担当者が答えてくれます。

大手に何社か登録して、情報収集すればOK。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。非公開求人も多いので登録しておきましょう
  2. マイナビエージェント:サポート期間無制限なので、粘り強く良い会社を探せる
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海のIT企業と強いパイプあり。こちらも登録して損なし

 

Webマーケティングに転職したいなら、副業を始めて実績を作りましょう。

  1. ブログ→WordPressを使ったブログの始め方、収益アップとSEOも合わせて解説
  2. Webライター→Webライターの完全講義
  3. Youtube→【完全初心者向け】YouTubeの始め方【編集方法、撮影機材・ジャンル】※Youtube動画

 

あとは行動あるのみ。

マジで時間がないので、さっそく今日から一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ