未経験のIT転職に失敗する3つのケース【失敗しない3つのコツも解説】

未経験のIT転職に失敗する3つのケース【失敗しない3つのコツも解説】

未経験でIT業界に転職したいけど、転職に失敗したくないな…

転職に失敗するケースって、どんなのがあるんだろう?

 

ITってブラックのイメージがあるから、かなり不安…

求人情報を見ても、どの会社を選べばいいかわからない…

 

未経験からのIT転職に失敗しない方法を知りたいな。

そして、なんとかIT業界で成功したい。

こういった不安や疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 未経験のIT転職して失敗するケースがわかる
  • 未経験のIT転職に失敗しない方法がわかる
  • ITに転職して成功する方法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

ITに未経験で転職を考えてるんですが、失敗が不安です。

なんかブラック多そうだし…

という相談は、めちゃくちゃ受けました。

 

実際に転職に失敗した人の相談も受けたので、未経験でIT転職に失敗するパターンが見えてきたので記事化しました。

失敗を防ぐコツも解説するので、転職活動の参考にどうぞ。

※僕がアドバイスして、転職に成功した人は多いです。

 

また、僕自身も33歳でIT業界に未経験で転職してます。

最初はITベンチャーの営業で、その後はWebライターに転向。

現在はフリーランスでして、在宅で年収750万円ほど稼いでます。

 

IT業界に転職して成功するコツもまとめてます。

この記事を読むことで、あなたもIT業界で成功できますよ。

未経験のIT転職に失敗する3つのケース

未経験のIT転職に失敗する3つのケース

結論、ITの未経験転職で失敗するのは、下記の3つのケースです。

  1. ITの職種のことがよくわかってない
  2. 基礎スキルが足りない
  3. 企業分析が足りない

1つずつ解説します。

①ITの職種のことがよくわかってない

職種まできちんと調べてないと、失敗します。

「IT業界」といっても、多種多様な職種があるから。

IT業界に転職できれば、職種はなんでもいいんだろう。

だってIT業界は伸びてるから。

という考えは、ちょっと危険です。

 

未経験から転職できるITの職種には、下記があります。

職種 仕事の難易度 おすすめ度
プログラマー 高い ★★★

手に職がつく、稼げる

インフラエンジニア 高い ★★★

手に職がつく、稼げる

バグテストなど単純作業 低い ★☆☆

手に職がつかない、稼げない

カスタマーサポート 低い ★☆☆

手に職がつきにくい、稼げない

保守・運用 低い ★★☆

ちょっと手に職がつく

IT営業 高い ★★☆

割と稼げる、ただし営業力が必要

クリエイター(Webライターなど) 高い ★★☆

手に職がつく、ただし最初は稼げない

ちなみに「インフラエンジニア」とは、簡単にいうと「ネット環境を整える人」だと思えばOK。

プログラマーがWebサイトやアプリを作っても、ネットにつながってなかったら無意味ですからね。

 

IT業界の職種については、下のYoutubeがわかりやすいので、まずは見ておきましょう。

IT業界の2つの働き方

大きく分けると下記の2つ。

働き方 特徴 未経験者の転職難易度
自社採用 1つの会社で勤務 難しい。プログラミングスクールで基礎を勉強すべし。
技術者派遣(SES) 様々な会社に派遣されて勤務 簡単。ただし当たり外れ多し。

できれば自社採用がいいですが、上記のとおり基礎学習は必要です。

基礎学習せずに完全に未経験から転職するなら、技術者派遣ですね。

 

ちなみに「技術者派遣」といっても、アルバイトではないので安心してください。

技術者派遣の会社に正社員で雇用されて、働く場所が派遣先の企業という感じです。

②基礎スキルが足りない

基礎スキルが足りないと、だいたい失敗します。

いざ転職しても、仕事についていけないから。

 

たしかに求人サイトとかには、

  • 未経験者歓迎!
  • 研修があるので安心!

などの文言が並んでますが、現実はそんなに甘くないですよ。

 

一応技術職なので、転職する前に基礎くらいは勉強しておきましょう。

後述しますが、プログラミングスクールとかで勉強してから転職すると、仕事についていけるので失敗が少ないです。

③企業分析が足りない

シンプルに、転職先をよく調べず転職すると失敗します。

自分に合ってない企業や、ブラック企業を選んでしまうから。

 

これはIT業界うんぬんの話ではなくて、転職活動自体の失敗ですね。

特にIT業界はブラックも多いので、企業分析は本気でやりましょう。

 

ブラック企業を事前に見抜く方法は、ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

未経験のIT転職に失敗しない3つの方法

未経験のIT転職に失敗しない3つの方法

失敗するケースはわかったけど、具体的にどうすれば失敗しないの?

結論、下記の3つでかなり失敗を防げます。

  1. まずはITに向いてるか診断
  2. 基礎を勉強してから転職する
  3. IT未経験者向けの転職エージェントを利用する

1つずつ解説しますね。

①まずはITに向いてるか診断

そもそもですが、まずはあなたがIT業界に向いてるかチェックしましょう。

向いてないと地獄だから。

 

あなたがIT業界に向いてるかは、IT業界に向いてる人の17の特徴【ITをやると人生の自由度が上がる】にまとめたので、まずは適職診断から。

向いてないなら、悪いことは言わないので他の業界にしておきましょう。

IT業界に向いてる人の17の特徴【ITをやると人生の自由度が上がる】

②基礎を勉強してから転職する

転職する前に、基礎スキルを勉強しておきましょう。

基礎スキルがあれば、スムーズにIT業界に入っていけるから。

 

具体的には、プログラミングスクールで勉強すればOK。

スクールによっては転職支援もあるので、勉強+転職が両方できて一石二鳥です。

 

転職支援つきのプログラミングスクールは、【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】にまとめてます。

 

無料体験もあるので、まずは触れてみて「楽しい」と感じられるかチェックしましょう。

楽しいと思えれば、あなたはITに向いてますよ。

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

③IT未経験者向けの転職エージェントを利用する

IT未経験者に強い転職エージェントの利用もアリですね。

あなたに合う職種やIT企業を紹介してくれるから。

 

具体的な転職エージェントは、IT未経験者向けのおすすめ転職エージェント3選【ブラック企業に注意】にまとめてます。

無料なので、情報収集を兼ねて相談してみて、紹介される職種や企業を見てから利用するか判断してOKです。

 

あなたが活躍できて、やりがいをもって働ける会社が見つかるかも。

IT未経験者向けのおすすめ転職エージェント3選【ブラック企業に注意】

未経験からITに転職して成功する3つの方法

未経験からITに転職して成功する3つの方法

せっかくIT業界に転職するなら、成功したいな。

どうすればIT業界で成功できるかな?

 

手に職をつけて、年収アップして、リモートで働きたい。

結論、IT業界に転職して成功する方法は、下記の3つです。

  1. 学び続ける
  2. 転職を機に年収を上げる
  3. フリーランスに転向する

こちらも1つずつ解説しますね。

①学び続ける

なぜなら、IT技術は常に進歩してるから。

「ここまでできたら、あとはもういいや」という安定思考の人だと、やっていけません。

 

というか、そもそもITの仕事自体が好きじゃないとムリかも。

  1. 上記で解説した職種を調べる
  2. プログラミングスクールで実際に触れてみる
  3. 転職エージェントのカウンセリングを受ける

などして、あなたが好きになれる職種に出会えたら勝ちです。

②転職を機に年収を上げる

スキルが身についたら、転職しましょう。

転職時が一番、年収交渉しやすいから。

 

スキルがある技術者はどの企業もほしがるので、強気に出てOK。

事実、稼いでるIT技術者ほど、転職回数が多いです。

 

ようは「自分を売り込む」が必要でして、スキルアップしたら必ず転職しましょう。

③フリーランスに転向する

理由は、年収の上限がなくなるから。

正社員ではなく個人事業主なので、どれくらい稼ごうと自分の自由です。

 

幸いIT業界はフリーランスに優しい業界でして、クラウドソーシングサイトとかで簡単に仕事をもらえます。

スキルによっては報酬も高いので、在宅で年収1000万円とかも可能ですよ。

【体験談】僕もフリーランスに転向したら自由になった

冒頭でもお伝えしたとおり、現在の僕はフリーランスのWebライターでして、在宅で働いてます。

年収は750万円くらいですが、働いてるのは半月ほど。

 

残りの時間は、下記のようなことに使ってます。

  1. ブログを書く→Web上の資産作り
  2. Youtube→Youtuberになりたいから
  3. 妻とゲーム→ギチギチに働きたくないから

これで年収750万円なら、割と幸せです。

フリーランスになると仕事量や収入も自分で決められるので、結論、めっちゃ自由な人生になりますよ。

 

こういう人生に共感できるなら、ぜひともIT業界へどうぞ。

時代の追い風もあるので、今後の展望もかなり明るいですよ。

参考:【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

まとめ【ITの未経験転職に失敗したくないなら、正しい転職活動をしよう】

まとめ【ITの未経験転職に失敗したくないなら、正しい転職活動をしよう】

ということで、本気でIT業界の転職に成功したいなら、この記事を参考に行動してみてください。

行動しないと何も変わらないので。

 

反面教師ということで、未経験のIT転職の失敗でよくある3つのケースをまとめておきます。

  1. ITの職種のことがよくわかってない
  2. 基礎スキルが足りない
  3. 企業分析が足りない

 

そして、未経験のIT転職に失敗しないコツは、下記の3つです。

  1. まずはITに向いてるか診断
  2. 基礎を勉強してから転職する
  3. IT未経験者向けの転職エージェントを利用する

結論、この3つをやれば、かなり失敗を減らせますよ。

 

まずは、プログラミングスクールで実際に触れてみるのが良いかと。

無料体験もあるので、あなたが「楽しい」と思えるか試せますよ。

参考:【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

 

あなたに合うITの職種と会社は、転職エージェントに相談すれば紹介してくれます。

無料なので、とりあえず相談してみて、紹介される職種や企業を見てから、転職エージェントを利用するか決めてもOK。

参考:IT未経験者向けのおすすめ転職エージェント3選【ブラック企業に注意】

 

最初の1社目の転職に成功すれば、あとはスキルを積んでかけ上がるのみ。

継続的にスキルを積んでいけば、フリーランスとかで自由な人生になりますよ。

自由に生きたい人は、ぜひIT業界へどうぞ。

 

まずは正しい転職活動で行動あるのみです。

あなたがIT業界で成功するのを楽しみにしてますね!