いらないものを売る営業スキル3選【社会悪なので転職した方がいい】

いらないものを売る営業スキル3選【社会悪なので転職した方がいい】

営業マン

いらないものを売る営業方法を知りたいな。

お客さんにとっていらないものではあるけど、もっと売れるようになりたい。

 

でも本音は、売ることに罪悪感がある。

仕事だから売らなきゃいけないのはわかってるけど、

いらないものを売るって悪いことだよね…?

 

できたら、世の中の役に立つ商品を売って成功したいな

こういった疑問や葛藤に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • いらないものを売る営業スキル3選
  • 【警告】いらないものを売るのは悪いことです

僕、佐藤誠一は営業を10年やってきました。

保険営業7年、法人向けWebコンサル営業3年の経験があります。

 

正直、保険営業時代は「いらないものを売っている」という感覚がありました。

だって、保険なんてどこでも売ってるし、保険にたくさんお金をかけるべきじゃないと思ってたからです。

 

保険は損するようにできてるので、だったら貯金でもした方がマシだと思ってました。

 

だけど、仕事だから売らなきゃいけない。

つまり、いらないものを売る営業スキルを使ってたんです。

 

この記事は、いらないものを7年も売ってた僕が書いたので、かなり信ぴょう性があると思います。

 

そして、保険営業の後に法人向けWebコンサル営業に転職したわけですが、

これは「いるもの」でした。

多くの企業にニーズがあり、企業を助けるサービスでした。

 

いらないものを売る営業と、いるものを売る営業を両方体験した僕の結論は、

「いらないものを売るのは社会悪」です。

 

いらないものを売るのは、

世間様に無駄なお金をつかわせているからです。

なので、いらないものを売ってる人は転職してください。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

いらないものを売る営業スキル3選

いらないものを売る営業スキル3選

いらないものを売る営業スキルは、下記の3つです。

  1. 相手にメリットを与えた報酬を契約でもらう
  2. ニードを喚起する
  3. 自分を商品にする

1つずつ解説しますね。

①相手にメリットを与えた報酬を契約でもらう

まず相手にメリットを与えて、その報酬で契約をもらえばいらないものでも売れます。

相手に貸しを作れるからです。

 

例えば、保険営業ならこんな感じ。

  • 工務店に家を建てるお客さんを紹介して、紹介手数料の代わりに保険に入ってもらう
  • 人材を欲しがってる企業に人を紹介して、紹介手数料の代わりに保険に入ってもらう
  • 彼氏が欲しい看護師に合コンをセッティングして、彼氏ができたお礼に保険に入ってもらう

この方法のメリットは、商品力が関係ないことです。

貸しを作って、そのお礼を契約でもらうだけなので、なんでも売れます。

 

ただし、あまりに高額なものを売るには不向きです。

例えば、家とか。

さすがに「お礼に家を買ってくれる人」はなかなかいません。

 

保険や車など高額すぎない商品なら、この手法で売れます。

 

この営業手法の詳細は、

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

営業のコツは与えることだけ【細かいテクニックやノウハウも解説】

②ニードを喚起する

ニード喚起をすれば、いらないものでも売れます。

いらないものでも、必要だと思わせればいいからです。

 

僕は保険時代、ほぼこの営業手法で売ってました。

 

例えば、下記のような感じです。

  • 老後資金を計算してあげて、不足分を保険で貯める提案
  • 日本円でしか資産を保有してないリスクを説明して、外貨建て保険の提案

もともと相手の中になかったニーズを作ってしまえば、必要性を感じてくれます。

 

ニードを喚起する営業手法にについては、

営業の5ステップの4つの型【売れ続ける方法も解説】にまとめたので、読んでみてください。

営業の5ステップの4つの型【売れ続ける方法も解説】

③自分を商品にする

自分を商品にしましょう。

商品自体がクズなら、もう自分を売り込むしかないからです。

 

よく「営業は付加価値をつけろ」と言われますが、付加価値とはあなた自身のことです。

 

例えば、

  • 相手の話を聞いてあげる
  • グチを聞いてあげる
  • 相手のイベントに参加してあげる
  • 人を紹介してあげる
  • 誕生日にメールを送る

などでも付加価値をつけられます。

 

こういう付加価値をつけることであなたは信用されて、あなたが提案する商品を買ってくれます。

僕も保険営業時代は、先に自分を売って、信用されてから保険の提案をしてました。

【注意】いらないものを売る営業は、ヒアリングしない方がいい

いらないものを売るときは、ヒアリングはしないようにしましょう。

ヒアリングするほど、相手に商品のニーズがないことがわかるからです。

 

例えば、あなたが保険の営業マンで、中小企業の社長のヒアリングをしてしまうと、

  • 売上アップに悩んでいる
  • 資金調達に悩んでいる
  • 新規事業に悩んでいる

など、保険と関係ないニーズが見えてきてしまいます。

 

関係ないニーズの話を聞くほど、

商品を提案する理由がなくなるので都合が悪い。

なので、いらないものを売る営業はヒアリングしないようにしましょう。

 

上記の「ニード喚起」から入るのがコツです。

【警告】いらないものを売るのは悪いことです

【警告】いらないものを売るのは悪いことです

そもそもですが、いらないものを売るのは悪いことです。

相手に無駄なお金をつかわせているからです。

 

はっきり言って、社会悪ですね。

 

会社の役割は社会に貢献することです。

いらないものを売っている=社会に迷惑をかけているという意味なので、社会悪です。

 

怒る上司

いらないものを売るのが営業だ!

という人もいます。

でもそれは、論点が違います。

 

営業スキルの話ではなく、

社会の役に立ってるかどうかいう話です。

 

例えば、包丁を上手に使うスキルがあれば、美味しい料理で人を喜ばせることができます。

でも、包丁の使い方を間違えれば、

人を殺すこともできるわけです。

 

せっかく営業スキルがあるなら、

世の中の役にたつ商品を売った方が良いという意味です。

 

いらないものでも売れてしまうスキルを悪用すれば、詐欺も可能ですよね。

あなたが積み上げてきた素晴らしい営業スキルは、世の中の役に立つことに使いましょう。

世の中の役に立つ商品の3つ特徴

世の中の役に立つ商品の特徴は、下記の3つです。

  1. ニーズがある
  2. ライバルが少ない
  3. 適正な価格で提供できる

この3つがそろうと、めちゃくちゃ売れます(^^)

僕の法人向けWebコンサル営業の事例

上記3つの条件がそろった僕の事例を紹介します。

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は保険営業から法人向けWebコンサル営業に転職しました。

 

扱っていたのは、法人向けの「オウンドメディア」です。

オウンドメディアとは、企業版のブログみたいなものです。

 

記事を書いていき、Google検索で上位表示させて集客する手法です。

 

オウンドメディアを導入するメリットは、下記のとおり。

  • 自社で所有するサイトから集客できる
  • 今までかけてきた広告費を削減できる
  • 最終的には広告費ゼロで集客できるようになる

つまり、ほぼすべての企業にニーズがあるサービスですね。

 

僕が法人向けWebコンサル営業をしていた2014~2017年は、ライバルも少なかったです。

そして、うちは零細企業だったので、

リーズナブルな価格でサービスを提供できました。

 

結果「世の中の役に立つ商品の3つの特徴」である、

  1. ニーズがある
  2. ライバルが少ない
  3. 適正な価格で提供できる

がそろったんです。

めちゃくちゃカンタンに売れました(^^)

 

企業のホームページの問い合わせフォームから連絡すれば、10社中2社はアポをとれました。

もちろん、まったく知らない新規の法人です。

 

ホームページの問い合わせフォームから連絡する方法で、239社の新規法人を開拓できました。

そして、18社から契約をもらいました。

 

本当はもっと契約をもらえたのですが、うちのキャパオーバーになってしまって新規契約をもらうのをやめました。

 

結論、「世の中の役に立つ商品の3つの特徴」がそろえば、カンタンにめちゃくちゃ売れます。

 

僕の営業の成功体験は、

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

メールだけで新規法人をガンガン開拓する方法【239社を開拓した実例】

あなたの商品、親に売れますか?

あなたが売ってる商品をテストします。

あなたは、自分が売ってる商品を親に売れますか?

 

ノルマ達成のために仕方なく、ではないですよ。

本当に親のためになると思って売れますか?

 

法人向け商品なら、あなたの知り合いの大切な社長に対して、本当に良いと思って売れますか?

もし答えが「NO」なら、即転職です。

いらないものを売る営業なら転職してください

あなたがいらないものを売ってるなら、転職しましょう。

そして次は、商品で会社を選びましょう。

 

商品軸で会社を調べて、あなたが良いと思った会社にエントリーしてください。

 

商品をうまく調べられないなら、

転職エージェントに相談すると良いですよ。

応募企業の商品についても教えてくれます。

 

転職先の選択肢を多めにほしい人は、

大手の転職エージェントに相談しましょう。

大手の方が、紹介してくれる企業の選択肢が多いです。

 

マイナビエージェントとかでOKです。

相談はすべて無料なので、気軽に相談してみましょう。

まとめ【いらないものを売る営業はやめた方がいい】

まとめ【いらないものを売る営業はやめた方がいい】

この記事をまとめます。

  • いらないものを売るには、相手にメリットを与えた報酬を契約でもらう
  • ニードを喚起する
  • 自分を商品にする
  • そもそもいらないものを売るのは悪いことなので、転職した方がいい
  • 転職するならマイナビエージェントとかでOK

記事を参考に、今後のことを考えてみてください。

あなたの人生の転機になるかもしれませんよ。

 

ちなみに、真っ当な営業をしないと、

営業マンとして生き残れません。

 

営業マンがいらなくなる未来について、

【悲報】営業はAIに仕事を奪われる【生き残る営業マンの条件】にまとめたので、読んでみてください。

【悲報】営業はAIに仕事を奪われる【生き残る営業マンの条件】

あなたの営業の参考になればうれしいです(^^)