異業種の転職でよくある失敗3選【失敗しない5つのコツも解説します】

異業種の転職でよくある失敗3選【失敗しない5つのコツも解説します】

異業種の転職に失敗したらどうしよう…

今の仕事がダメっぽいので異業種に転職したいけど、失敗したくない。

どうすれば異業種の転職に失敗しないかな?

 

でも、異業種でやっていけるかな…?

異業種への転職をきっかけに、人生を成功させたい。

こういった不安や疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 異業種の転職でよくある失敗パターンがわかる
  • 異業種の転職に失敗しないコツがわかる
  • 異業種への転職で人生を成功させる方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は26歳のときに、異業種である「保険営業」に転職して失敗しました。

※前職は公務員とフリーター。

失敗の内容は下記のとおり。

  1. 仕事が合わなかった
  2. 給料が下がったことがある
  3. 多重債務者になった

 

結論、異業種の転職はリスクが高いので、慎重に転職活動しましょう。

もし過去に戻れるなら、こうやって転職活動するなぁ。

という内容を記事にしました。

 

また、僕はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのった経験もあります。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

僕がアドバイスして、異業種の転職に成功した人はたくさんいます。

そんな僕が書いた記事なので、けっこう信ぴょう性あるかと。

 

ちなみに、現在の僕は在宅フリーランスのWebライターをしており、夫婦でのんきにノマド生活しています。

控えめにいっても幸せ。※年収は750万円くらい。

Webライターは異業種でしたが、転職に成功しました。

 

異業種に転職して、人生を成功させるコツも解説します。

この記事を読むことで、あなたも異業種への転職をきっかけに、人生が成功しますよ。

異業種の転職でよくある失敗3選

異業種の転職でよくある失敗3選

結論、異業種の転職でよくある失敗は下記の3つです。

  1. 転職できない
  2. 仕事が合わない
  3. 給料が下がる

1つずつ解説しますね。

※これらの失敗をしないコツは、記事中盤でお伝えします。

①転職できない

そもそも、異業種に転職できない失敗ですね。

転職できない理由は、異業種で実績がないから。

 

転職って基本は経験者が優遇されるので、未経験者はそもそも不利です。

②仕事が合わない

この失敗が一番多いですね。

そもそも異業種の仕事はやったことないから、向いてるかわからないです。

思い切って飛び込んでみたものの、ぜんぜん向いてなかった…

という失敗がダントツに多いです。

※僕もこれで失敗しました。

③給料が下がる

これも意外と多いですね。

失敗する理由は、給料を事前によく確認してないから。

 

生活に関わることなので、このミスは痛いです。

異業種の転職に失敗しない5つのコツ

異業種の転職に失敗しない5つのコツ

じゃあ、異業種の転職に失敗しないためにはどうしたらいいの?

結論、下記の5つで異業種への転職の失敗を防げます。

  1. 適性をチェックする
  2. 他の異業種と比較する
  3. 志望動機を作り込む
  4. 前職で活かせるスキルをアピールする
  5. 給料は必ず聞くこと

1つずつ解説します。

①適性をチェックする

転職する前に、その異業種の適性診断をしましょう。

向いてない仕事に転職したら地獄ですからね。

【結論】適職診断アプリが楽です

適性診断ってどうすればいいの?

結論、適職診断アプリが楽です。

無料ですぐ天職がわかるから。

 

具体的には、MIIDAS(ミイダス)がよかったですよ。

僕もいろいろ試しましたが、ミイダスが一番精度が高かったです。

ミイダスの適職診断

現在の僕はWebライターですが、たしかにリサーチやマーケティングは必要な仕事です。

ミイダス、けっこう当たってるなと思いました。

130問くらいに答えないとなのでちょっとメンドいですが、15分くらいで終わります。

 

無料なので、占い感覚でやっといても損はないかと。

意外な天職と出会えるかもですよ。

②他の異業種と比較する

他の異業種とも必ず比較してください。

比較することで、冷静に転職先を選べるから。

 

僕は「保険営業」の1つしか見てなかったので、失敗しました。

最低でも3つの異業種をピックアップして、冷静に比較しましょう。

転職エージェントに相談してもOK

他の良さげな異業種って、どうやって選べばいいの?

という人は、転職エージェントに相談してもいいかもです。

彼らは転職のプロだから。

無料でキャリアカウンセリングをしてくれて、あなたに合いそうな他の異業種を紹介してくれます。

 

転職エージェントは商売なので求人も紹介してきますが、嫌なら断ってもいいですよ。

※紹介される求人が良ければ転職してもいいですが。

 

無料なので、情報収取だけしてサヨナラしてもOKです。

メール1本ですぐ相談をやめれらるので気軽ですよ。

 

転職エージェントの上手な使い方は、転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】にまとめてます。

 

現在の僕は、

あのとき、念のため転職エージェントにも相談しとけばよかったなぁ…

そうすれば、転職に失敗しないで済んだかもしれないのに…

後悔してます。

転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

③志望動機を作り込む

異業種に採用されるかは、志望動機が命です。

面接官からすれば、

なんでこの仕事に転職したいの?

が疑問だからです。

 

具体的には、その異業種に転職したくなったエピソードを伝えるといいですね。

プログラマーをやってる友人と話していたら、とても魅了されたので。

みたいに、普通のことでもエピソードにすると説得力が増します。

 

志望動機のコツは、【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】にまとめてます。

【例文つき】転職の志望動機の書き方【未経験者も楽に書く2つのコツ】

④前職で活かせるスキルをアピールする

前職までで身につけたスキルで、転職先の異業種で活かせそうなスキルをアピールしましょう。

即戦力っぽく見えて、採用されやすいから。

 

具体的には下記のイメージです。

  • 販売→営業:コミュニケーションスキル
  • 事務→プログラマー:エクセルスキル
  • 営業→プログラマー:試行錯誤する力

 

この辺の具体例は、【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】を参考にどうぞ。

【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】

⑤給料は必ず聞くこと

給料は、内定を承諾する前に必ず聞いてください。

そもそも、給料もよくわからず雇用契約書にサインするとかあり得ないですよ。

 

給料を聞くタイミングは、下記の2つです。

  1. 面接
  2. 内定承諾前

【近年の傾向】面接で給料を聞いていい

意外かもしれませんが、面接で給料は聞いてOKです。

面接の最後に「逆質問」といって、面接官から、

最後に何か質問はありますか?

と聞かれるので、そのタイミングで聞けばOK。

 

え…

面接で給料を聞くなんてNGじゃないの?

と思うかもですが、近年は聞いていい風潮なので大丈夫。

※もし嫌な顔をされたら、時代遅れの会社なので転職しない方がいいですよ。

 

面接って「企業と求職者の面談の場」なので、パワーバランスは50:50のフェアです。

イメージ的に「求職者の方が下」と思われがちですが、そんなことないですよ。

雇用契約を結ぶかどうかの大事な面談なので、給料を聞かないのはおかしいです。

 

結論、面接の逆質問のときに、給料を確認しましょう。

嫌な顔をされずに給料を答えてくれる会社は、ホワイト企業の可能性大です。

異業種への転職をきっかけに人生を成功させる方法

異業種への転職をきっかけに人生を成功させる方法

異業種の転職に失敗しないコツはわかった。

でも、仮に転職できても、異業種でやっていけるか不安だなぁ…

最後に、異業種への転職をきっかけに人生を成功させる方法を解説します。

 

僕もまだまだ「成功者」とは言えませんが、毎日夫婦でのんきにノマド生活できてるので、割と幸せ。

個人的には「この転職は大成功だったなぁ」と思うので、コツを解説します。

「この仕事に向いてるのかな?」は考えない

転職したら、

僕はこの仕事に向いてるのかなぁ?

向いてないのかなぁ?

は考えないようにしましょう。

意を決して転職したら、過去を振り返る必要がないから。

 

結論、目の前の仕事に集中しましょう。

向いてるか向いてないかは、すぐにはわからないものです。

 

少なくとも3年は没頭してみましょう。

そうすれば、いつの間にか仕事の基盤ができて、人生もうまくいくものです。

完コピする

仕事ができる先輩を完コピしましょう。

異業種で未経験なので、できる人を完コピした方が早いから。

 

コツは、自分の考えをゼロにすること。

すべてを受け入れて、完コピに徹してください。

 

1年も続ければ、仕事ができる人になってます。

結果、転職に成功しますよ。

勉強し続ける

勉強し続けてたら、失敗しないからです。

転職に失敗する人の多くは、勉強してません。

 

勉強もせずに、

転職に失敗したと思ってる人

転職に失敗した…

この仕事は合ってない…

というのは早いです。

まずは、その仕事を徹底的に勉強しましょう。

 

勉強すればだいたいの仕事はできるようになるので、結果、転職は成功します。

文句をいうのは、やることをやってから。

まとめ【異業種の転職に失敗しないコツを実践あるのみ】

まとめ【異業種の転職に失敗しないコツを実践あるのみ】

ということで、本気で異業種に転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと人生は変わらないですからね。

 

求人って流動的なので、あなたに合う求人が来週にはなかったりします。

本来は転職できたはずの「あなたに合う会社」に転職できないリスクあり。

 

結論、正解は「今日から動く」です。

できることからでいいので、今日から行動しましょう。

 

想像してみてください。

異業種への転職をきっかけに、人生に成功しているあなたを。

 

今日から行動すればそういう未来になるので、行動あるのみです。

 

異業種への転職に失敗しないコツは下記の5つ。

  1. 適性をチェックする
  2. 他の異業種と比較する
  3. 志望動機を作り込む
  4. 前職で活かせるスキルをアピールする
  5. 給料は必ず聞くこと

 

適性のチェックは、MIIDAS(ミイダス)がよかったです。

無料なので、診断しといて損はないかと。

 

他の異業種との比較は、転職エージェントに異業種を紹介してもらうのもアリです。

無料なので、とりあえず相談しつつ、情報収集だけに利用してもOK。

※メール1本ですぐ相談をやめられます。

参考:転職エージェントの使い方【騙されない方法やテキトーな選び方も解説】

 

また、転職に失敗しないコツは、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】にもまとめたので、参考にどうぞ。

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】

 

そして、転職に失敗しない転職活動の手順は、転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】で完全解説してます。

 

あとは行動あるのみ。

行動すれば、あなたの人生は成功に向かい始めます( ̄^ ̄)ゞ

転職活動の始め方を5つの手順で解説【安定した人生になりますよ】