【元保険屋が解説】ほけんの窓口を辞めたいなら辞めていい【逃げよう】

【元保険屋が解説】ほけんの窓口を辞めたいなら辞めていい【逃げよう】

ほけんの窓口を辞めたい…

ノルマはきついし、上司からプレッシャーかけられるし…

もっと楽な仕事だと思ったんだけどなぁ…

ぜんぜん窓口に人もこないし…

 

本音は今すぐ辞めたいんだけど、辞めてもいいかなぁ…?

それに、次の転職はどうしよう…

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • ほけんの窓口を辞めていいかわかる
  • ほけんの窓口の辞め方がわかる
  • 次におすすめの転職先がわかる

 

僕、佐藤誠一は元保険募集人です。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 年収
26~31歳 メットライフ生命(当時はアリコ) 600万円
31~33歳 乗合の保険代理店 600万円
33~36歳 Webマーケティングの営業 600万円
36歳~現在 在宅のWebライター 750万円

来店型ではありませんが、乗合の代理店で3年ほど経験があり、保険業界自体は7年の経験。

 

結論、ほけんの窓口は辞めていいと思います。

なぜなら、業界全体で将来性がないから。

 

僕が保険の仕事をやめた理由も「将来性がないから」です。

そして、保険業界から足を洗った途端、人生が好転しました。

 

あなたが悪いんじゃなくて、もう業界全体が衰退してるからキツいわけです。

なので、ほけんの窓口をどうしても辞めたいなら、辞めていいと思いますよ。

 

次におすすめの転職先も紹介するので、今後の人生設計の参考にどうぞ。

たぶん、心が軽くなるかと。

【元保険屋が解説】ほけんの窓口を辞めたいなら辞めていい

【元保険屋が解説】ほけんの窓口を辞めたいなら辞めていい

結論、どうしてもほけんの窓口を辞めたいなら、辞めていいと思います。

なぜなら、もう時代に合ってなくて売れにくいから。

 

インターネットが進化してしまったので、残念ながらもう来店型は時代に合ってません。

事実、あまり集客できてませんよね。

 

来店型ができたのって、もう20年くらい前ですよ。

20年前って言ったら、さすがに時代遅れかなと。

今はライフネット生命もあるし、若い人は「担当者」を嫌う傾向にあるので、もう時代じゃないですね。

※というか、時代に合ってるものなら、もっと売りやすいですよ。

 

将来性のない業界にいても未来はないので、早いうちに足を洗うのもアリかなと。

保険は、保険を売れるスーパースターの人たちが売れば十分です。

どうせ自ら営業しないといけないのに来店型は給料が安い

ハッキリ言って、来店型は給料が安いです。

なぜなら、店舗維持費がかかるから。

店舗維持費がかかってるのに集客が少ないので、高コスト体質なんです。

 

なのにノルマはあるから、結局あなた自身で新規開拓して売らなきゃいけないじゃないですか。

だったら、来店型じゃなくて訪問型の方が儲かりますよ。

経営の仕組み上そもそも給料が安いし、保険が売れても訪問型の営業マンより儲からないので、ハッキリ言って効率悪いです。

【よく考えてみれば】保険業界っておかしいですよ

  • 戻入がある
  • 経費が自腹
  • 副業禁止

って、冷静に考えたらおかしいですよね。

今の時代、こんなおかしい業界はないかと。

 

保険業界はちょっと変わってるし、時代遅れですよ。

わざわざあなたがそこにいる必要はないので、辞めたいなら足を洗っちゃいましょう。

世の中には17000以上の職種・400万社以上あります

てことで、ほけんの窓口を辞めても全然OKだと思います。

世の中には17000以上の職種・400万社以上があるから。

 

こんなにたくさんの職業があるのに、わざわざ辛い仕事でガマンする必要ないかと。

仕事って人生の大きなウェイトを占めるので、どうせ働くなら興味があって楽しめる仕事が良いと思いますよ。

ほけんの窓口を上手に辞める3つの方法

ほけんの窓口を上手に辞める3つの方法

ほけんの窓口を辞めたい女性

うん、やっぱりほけんの窓口をやめようかな。

で、どうやって辞めればいいの?

辞め方は下記の3つですね。

  1. 普通に退職する
  2. わざと売らない
  3. 空き時間に次の転職に向けて勉強する

1つずつ解説するので、あなたに合う方法で退職しましょう。

①普通に退職する

これが王道ですね。

普通に上司に退職を申し出て、退職する方法です。

波風を立てなくない人は、この方法で十分。

 

詳しい手順は、会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】にまとめてます。

引き留められたときの対処法も解説してます。

会社の退職手続きの5つの流れ【引き留められたときの5つの対処法】

②わざと売らない

勇気がある人は、わざと保険を売らないでください。

仕事をしないで、お給料をもらえるから。

最終的にクビになって、無事に退職できます。

 

かなり怒られますが、ギリギリまでお給料をもらえるメリットあり。

繰り返しですが、勇気がある人はどうぞ。

③空き時間に次の転職に向けて勉強する

すぐ辞められるわけじゃないので、辞められるまでの期間は次の転職に向けて勉強しましょう。

そもそも空き時間が多い仕事なので、時間がもったいないですからね。

  1. 資格の勉強をする
  2. プログラミングの勉強をする
  3. 人脈を広げておく

など、次の転職に向けて有効に時間を使いましょう。

ほけんの窓口を辞めた後のおすすめの転職先3選

ほけんの窓口を辞めた後のおすすめの転職先3選

ほけんの窓口をやめるにしても、次はどんな仕事に転職しよう?

なんかおすすめの転職先ってある?

下記の3つのケースを考えてみました。

  • 【ケース①】営業は続けたい→別の営業に転職
  • 【ケース②】営業以外に転職したい→向いてる仕事に転職
  • 【ケース③】在宅で働きたい→在宅ワーカーに転職

1つずつ解説するので、好きな進路を選んでみてください。

【ケース①】営業は続けたい→別の営業に転職

せっかく営業スキルを身につけたから、営業自体は続けたいな。

という人は、あなたが好きになれる商材の営業に転職しましょう。

好きな商材は、本当に良いと思ってるので売れるから。

 

ぶっちゃけ、保険ってあんまり良いと思ってないですよね。

だからつまらないし、売れにくいって感じです。

あなたが本気で好きになれる商材なら、本心でおすすめできるので売れるし、楽しいですよ。

特に売りたい商材がなりならIT営業がおすすめ

売りたい商材がない人

う~ん、別に売りたい商材とかないんだよね…

という人は、とりあえずIT系の営業でいいかと。

なぜなら、IT営業は売れやすいから。

 

IT業界は新しい技術が次々でてくるので、目新しさで売れます。

僕も保険営業を辞めてIT系の営業に転職しましたが、売れて楽しかったですよ。

※Webマーケティングの営業

 

上場企業からも契約をもらえて、自信もつきました。

IT系の営業については、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】の記事内で解説してます。

営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】

【ケース②】営業以外に転職したい→向いてる仕事に転職

もう営業はコリゴリ…

営業以外の仕事に転職したい。

という人は、あなたに向いてる仕事に転職しましょう。

向いてる仕事は楽しく働けるし、活躍できるから。

 

あなたに向いてる仕事に転職すると、下記の好循環が起こります。

  1. 向いてるので、人よりできてしまう
  2. 上司にほめられる
  3. うれしくなって、もっと頑張る
  4. さらに成果が出る
  5. 自信がついて、仕事を好きになる

結論、仕事が楽しくなるので、向いてる仕事はおすすめです。

あなたに向いてる仕事を見つける方法

向いてる仕事がわからない女性

でも、私に向いてる仕事なんてわからない…

という人は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらうといいですよ。

適職診断ツールを使いつつ、ヒアリングしつつ、あなたに向いてる仕事を絞ってくれます。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーだと、無料で適職診断してくれますよ。

適職診断結果をもとに、あなたに合いそうな求人も紹介してくれます。

仕事の空き時間に、サクッと適職診断してもらうと良いかと。

 

適職診断を受けつつ、求人情報をみつつ、興味ある会社があれば話を聞いてみましょう。

適職診断に強いのは下記のような大手なので、いくつか登録してみればOKです。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度が高い
  2. マイナビエージェント:独自の適職診断ツールがあり、こちらも精度が高い
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海に対応。もちろん適職診断が強い

手に職をつけるのもおすすめ

営業以外の手に職をつけるのもアリですね。

手に職をつけたら、安定して稼げるから。

具体的には下記の手に職がおすすめです。

  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • マーケティング
  • 宅地建物取引士

各仕事の詳細は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

【体験談】僕は向いてる仕事で手に職をつけました

僕は保険営業を辞めた後に、下記の手に職を身につけました。

  1. Webライティング
  2. Webマーケティング

結果、収入が安定しました。

 

メインの収入はWebライターですが、WebライティングとWebマーケティングのスキルが必要。

この2つがあれば仕事はいくらでももらえるので、食いっぱぐれはありません。

 

そしてありがたいことに、この2つはけっこう向いてました。

営業より向いてたし、クライアントさんに喜んでもらえるし、好きな仕事になりましたよ。

結論、「向いてる仕事×手に職」は最強だと思います。

【ケース③】在宅で働きたい→在宅ワーカーに転職

旦那さんがいて稼いでくれてるなら、在宅の仕事も良いかなと。

家でのんきに稼げるから。

 

具体的には、下記の3つの職種がおすすめです。

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. プログラマー

もちろん、最初からたくさん稼げるわけじゃありませんが、スキルアップしていくと収入が上がってきます。

最低限の生活費は旦那さんに稼いでもらいつつ、在宅で稼げるスキルを身につけていきましょう。

詳しくは、【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】にまとめてます。

【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】

【体験談】保険営業に比べたら、在宅ワークは天国です

僕も現在は、在宅ワーカーです。※在宅Webライター

ほんとマジで、保険営業に比べたら在宅ワークは天国すぎる。

  • 通勤なし
  • パジャマで仕事
  • 朝の準備がいらない
  • 起きる時間も寝る時間も自由
  • めんどくさい人間関係なし

って感じなので、保険営業の1000倍幸せです。

 

結論、ほけんの窓口で疲弊するのも辛いので、転職した方がいいと思いますよ。

僕は、マジで保険業界から足を洗って良かったです。

まとめ【ほけんの窓口を辞めたいなら辞めていい。転職しよう】

まとめ【ほけんの窓口を辞めたいなら辞めていい。転職しよう】

結論、どうしてもほけんの窓口を辞めたいなら、辞めていいと思います。

本気で辞めたいなら、さっそく行動あるのみ。

次の行動を始めない限り、ほけんの窓口を辞められません。

 

一応お伝えしておくと、退職より先に転職活動を始めた方がいいですよ。

先に辞めちゃうと収入がなくなるから。

どうせすぐ辞められないので、転職活動をしながら退職手続きを進めていくのがおすすめです。

 

次の転職先は、下記の3つのケースでOKかと。

  • 【ケース①】営業は続けたい→別の営業に転職
  • 【ケース②】営業以外に転職したい→向いてる仕事に転職
  • 【ケース③】在宅で働きたい→在宅ワーカーに転職

 

別の営業に転職したい人は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】が参考になるかと。

 

あなたに向いてる仕事は、転職エージェントのキャリアカウンセラーに適職診断してもらえばOK。

適職診断してもらいつつ、求人情報を見てみましょう。

  1. doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度が高い
  2. マイナビエージェント:独自の適職診断ツールがあり、こちらも精度が高い
  3. 【パソナキャリア】:関東・関西・東海に対応。もちろん適職診断が強い

 

在宅で働きたい人は、【現役が語る】在宅ワークにおすすめの職種3選【NGな仕事も解説】を参考にどうぞ。

 

あとは行動あるのみ。

さっさとほけんの窓口をやめるためにも、一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ