【元保険屋が解説】保険営業のやりがい5選【きついところもあるよ】

【元保険屋が解説】保険営業のやりがい5選【きついところもあるよ】

保険営業に転職を考える女性

保険営業のやりがいを知りたいな。

保険会社の人に誘われてて、転職するか迷っている。

面白い仕事ならやってみようかな。

 

でも、保険の営業ってキツそうだよね…

そもそも自分にできるんだろうか?

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 保険営業のやりがいや楽しいところがわかる
  • 保険営業のきついところがわかる
  • あなたが保険営業に向いてるかわかる
  • 保険営業で売れるコツがわかる

 

僕、佐藤誠一は元保険営業マンです。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業
26~31歳 メットライフ生命
31~33歳 保険代理店
33~36歳 Webマーケティング営業
36歳~現在 Webライター

保険営業の良いところも悪いところも、すべて体験したと思います。

 

結論、保険営業はやりがいのある仕事です。

結果を出せば、年齢も学歴も関係なく稼げます。

営業スキルも身につくので、売れれば食いっぱぐれはないでしょう。

 

その反面、きつい部分もある仕事です。

保険営業のやりがいとキツいところを解説するので、慎重に検討してみてください。

 

保険営業に向いてる人の特徴もまとめたので、あなたにできそうかチェックも忘れずに。

売れるコツまで解説するので、転職後のイメージになると思います。

保険営業に転職するか迷っている人は、最後まで読んでみてください。

保険営業や生保レディのやりがいや楽しいところ5選

保険営業や生保レディのやりがいや楽しいところ5選

保険営業や生保レディのやりがい・楽しいところは下記の5つです。

  1. 売れれば稼げるのが魅力
  2. 売れればサボりOK
  3. お客様に感謝されるとうれしい
  4. 営業スキルが身につく
  5. 人脈が増える

1つずつ解説します。

①売れれば稼げるのが魅力

保険営業は、売れればすごく稼げます。

売れたら売れた分の報酬をもらえるし、収入に上限がないから。

年収1億円以上を稼ぐ人もいますよ。

 

最終学歴が専門卒で27歳の僕でも、年収600万円くらい稼いでました。

年齢も学歴も関係なく、フェアに稼げるのが魅力です。

 

保険営業の給料体系については、生命保険営業の平均年収は436万円【給料の仕組みを元保険屋が暴露】に詳しくまとめてます。

佐藤誠一

給料体系をしっかり理解してから転職しましょう。

生命保険営業の平均年収は436万円【給料の仕組みを元保険屋が暴露】

②売れればサボりOK

売れてれば仕事をサボってもOK。

なぜなら、やることをやってれば上司は何も言わないから。

 

僕も売れた月は、下記のように遊んでました。

  • 朝礼後に帰宅して昼寝
  • 朝礼後にスーパー銭湯にいく
  • 友達と長距離ドライブ

成果主義の仕事なので、売れてれば自由です。

※営業マンのサボり方は、営業のサボりはOK【おすすめのサボりスポット11選も解説】にまとめてます。

佐藤誠一

売れれば家庭とも両立しやすいですよ。

ただし、売れないと自由はありません。

③お客様に感謝されるとうれしい

最大のやりがいは、お客様に感謝されることです。

具体的には下記のとおり。

  • 入院や手術のお金が出て感謝される
  • 死亡保険金が出て遺族が助かる
  • 悩みを聞いてあげると感謝される

感謝されると、「やっててよかったな」と思うものです。

佐藤誠一

長く続けるほど、感謝される機会が増えていきます。

④営業スキルが身につく【人生の不安が減る】

営業スキルが身につくのもやりがいですね。

なぜなら、営業スキルがあればどこでも食っていけるから。

 

なんの営業であろうが、「人を相手にする」というのは一緒。

営業スキルがあれば、商材が変わっても普通に売れます。

 

どの会社も優秀な営業マンを採用したがってるので、営業スキルがあれば転職は余裕。

結論、人生の不安が減っていきます。

佐藤誠一

僕も、保険営業の後にWebマーケティング営業に転職しました。

保険営業で基礎を身につけてたので、Webマーケティング営業はうまくいきました。

⑤人脈が増える【人脈は財産】

人脈が増えるのも大きなやりがいです。

なぜなら、人脈は財産になるから。

 

具体的には、下記のような体験がありました。

  • 人脈が広がって有名人と会えた(某有名格闘家)
  • 知り合い同士を紹介したら、結婚して感謝された
  • Web系の社長と知り合ってWebマーケティング営業に転職できた

人脈が増えるほど、人生の可能性は広がります。

佐藤誠一

現在の僕はフリーランスのWebライターですが、人脈の基盤があったので独立できました。

人脈は財産です。

保険営業のきついところ【慎重に検討しよう】

保険営業のきついところ【慎重に検討しよう】

保険営業に転職を考える女性

反対に、保険営業のきついところも知っておきたいな。

結論、保険営業のきついところは下記のとおり。

  • 個人事業主なので労働基準法適用外
  • ノルマはないけど売れないと生活できない
  • 営業経費が自腹
  • 短期解約は給料を返金しないといけない
  • 売れないと家族や友人にも営業が必要
  • 売れないと帰れないし休めない
  • 個人営業だと平日夜と土日が仕事
  • 売れないと上司に詰められる
  • 副業禁止
  • 売れないと転職が不利

詳細は、保険営業はやめとけと言われる15の理由【きついけど売れれば天国】にまとめてます。

佐藤誠一

やりがいときついところを理解した上で、慎重に検討してください。

保険営業の離職率は90%くらい

念のためお伝えしておくと、保険営業の離職率は90%くらいです。

なぜなら、超実力主義の仕事だから。

 

基本給はありますが、月10~15万円くらい。

あとはすべて歩合給で稼ぐ仕事です。

結論、売れないと生活できなくなって辞めていく感じですね。

 

保険営業の離職率については、【元保険屋が暴露】保険営業の離職率は90%以上【覚悟してください】にまとめてます。

佐藤誠一

売れれば天国ですが、売れないと辞めざるを得ないなので、転職するなら超本気の覚悟が必要です。

あなたが保険営業に向いてる人か診断

保険営業のきついところ【慎重に検討しよう】

保険営業に向いてるか不安な女性

う~ん…、そもそも私は保険営業に向いてるんだろうか…?

きつい部分も多そうだから、向いてないと厳しいよね…

あなたが保険営業に向いてるかは、【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選【勧誘のウラ側】を読むと一発でわかります。

 

保険営業に向いてる人の13の特徴をあげてるので、7つ以上に当てはまれば向いてるかと。

まずは適職診断のつもりでやってみてください。

向いてそうなら保険営業に転職しよう【比較した方がいい】

適職診断の結果、保険営業に向いてそうならさっそく転職しましょう。

ただし、必ず保険会社を比較してください。

後悔する女性

やっぱりあっちの保険会社にすればよかった…

と後悔しないためです。

 

近隣の保険会社に連絡して、採用担当者に話を聞いてみるのが良いですよ。

「話を聞くだけ」でも丁寧に対応してくれます。

 

ちなみに、保険会社は大きく分けると下記の2種類があります。

  1. 日本の保険会社(漢字の会社)
  2. 外資系の保険会社(カタカナの会社)

両者で風潮が違うので、念のため両方に話を聞いてみるのがおすすめです。

 

日本の保険会社と外資系の詳細は、下記の2記事にまとめたので参考にどうぞ。

佐藤誠一

今、特定の保険会社の人に誘われてると思いますが、念のため他の会社にも話を聞いてみましょう。

保険営業に転職するのに資格は不要

保険営業に転職を考える女性

ちなみに保険営業に転職するのに、なんか資格とか必要なの?

結論、資格は不要です。

なぜなら、転職後に資格を取得すれば十分だから。

FPとかを持ってなくても採用されるので大丈夫。

 

保険営業の資格については、保険営業マンや生保レディが取るべき5つの資格【集客も勉強しよう】を参考にどうぞ。

佐藤誠一

地方の人は、運転免許だけもってた方がいいかと。

ちなみに営業車はないので、自分の車で営業します。

保険営業に向いてなさそうなら他の営業も検討しよう

適職診断をやってみたけど、私は保険営業に向いてないっぽい…

でも、営業には興味あるんだよね。

なんかおすすめの営業ってある?

もし保険営業に向いてなさそうなら、他の営業を検討しましょう。

特におすすめの営業は下記の4つです。

  1. IT・Web系の営業
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系の営業
  3. 石油業界の営業
  4. 大手メーカーの営業

 

おすすめの理由は、売れやすいから。

営業マンの立場が強く、ノルマもそこまでキツくないので、不安ならこの辺の営業から始めるのが良いかと。

 

4つの営業の詳細は、営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】にまとめてます。

佐藤誠一

僕もWebマーケティングの営業をやりましたが、保険営業より楽に売れました。

保険はそもそも売りにくい商材なので、不安なら上記の営業が良いかなと。

あなたに向いてる仕事に転職するのもアリ

う~ん、なんかどれもピンとこない…

という人は、営業に限らず、あなたに向いてる仕事に転職しましょう。

向いてる仕事は、人生が楽しくなるから。

 

具体的には、下記の好循環が起きます。

  1. 向いてるから仕事ができてしまう
  2. 上司にほめられる
  3. ほめられて嬉しいから、もっと頑張る
  4. もっと頑張るから、もっと成果が出る
  5. 仕事に自信がついて楽しくなる

結論、生きてて楽しくなります。

現在の僕はWebライターですが、ありがたいことに向いてたので楽しいです。

 

最初はWebライターに興味なかったんですが、Webマーケティング営業をやってたらWebライティングが必要になったから始めただけ。

でも、向いてたおかげで成果が出るし、だんだん楽しくなりました。

参考:年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

佐藤誠一

転職先に迷ったら、あなたに向いてる仕事に転職するとだいたいアタリです。

【ちなみに】あなたに向いてる仕事がわかる方法

向いてる仕事がわからない女性

う~ん、でも自分に向いてる仕事なんかわからないよ…

という人は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらえばいいかなと。

適職診断ツールを使いつつ、ヒアリングしてくれつつ、高精度であなたに向いてる仕事をピックアップしてくれます。

 

転職エージェントのキャリアカウンセラーなら無料。

適職診断結果をもとに、あなたに合いそうな求人情報も見せてくれます。

 

特に適職診断が強い転職エージェントは下記の3つ。

登録して適職診断してもらいつつ、求人情報を見せてもらいつつ、興味ある会社があれば詳しく話を聞いてみるといいと思います。

  • doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度も高い。キャリアカウンセラーのレベルが高い
  • ウズウズ:20代向け。他社の10倍のカウンセリングで向いてる仕事を徹底追求。転職後の定着率95%
  • マイナビエージェント:高精度で独自の適職診断ツールあり。サポート無制限だから納得いくまで向いてる仕事がわかる

佐藤誠一

複数の転職エージェントで適職診断を受けると、中立的に向いてる仕事を判断できますよ。

【おまけ】保険営業で売れるコツ

【おまけ】保険営業で売れるコツ

保険営業に転職を考える女性

ちなみになんだけど、もし保険営業に転職した場合は、どうやったら売れるの?

保険を売るのって、なんか難しそう…

年収3000万円くらいを稼ぐ保険営業マンに教えてもらった「保険営業のコツ」は、下記の7つです。

  1. 相手の話をよく聞く【いきなりセールスしない】
  2. 飛び込みやテレアポはしない
  3. 自己紹介は相手によって変える
  4. 保険の話はしない【貯金の話をする】
  5. 契約ではなく紹介をもらうために営業する
  6. 見た目に気をつかう
  7. SNSやWebを活用する

僕もマネしたら、月収400万円の月もありました。

 

詳しいノウハウは、【COT直伝】生命保険営業のコツ7選【意外な7つの成功ノウハウあり】にまとめてます。

佐藤誠一

あなたにできそうかも判断してください。

できなさそうなら、慎重に考えた方がいいかも。

まとめ【保険営業のやりがいときついところを知って慎重に検討しよう】

まとめ【保険営業のやりがいときついところを知って慎重に検討しよう】

最後にもう一度、保険営業や生保レディのやりがいをまとめておきます。

  1. 売れれば稼げるのが魅力
  2. 売れればサボりOK
  3. お客様に感謝されるとうれしい
  4. 営業スキルが身につく
  5. 人脈が増える

 

ただし、キツいところもあるので慎重に検討しましょう。

参考:保険営業はやめとけと言われる15の理由【きついけど売れれば天国】

 

あとは今日から行動あるのみです。

行動しないと何も始まらないので。

まずは、あなたが保険営業に向いてるか診断してみましょう。

参考:【元保険屋が語る】保険営業に向いてる人の特徴13選【勧誘のウラ側】

 

保険営業に向いてそうなら、さっそく転職活動あるのみ。

近隣の保険会社にいくつか連絡して、比較検討しましょう。

保険営業の転職に失敗しないコツは、保険営業や生保レディに転職する方法【失敗しないコツを経験者が解説】に詳しくまとめてます。

 

保険営業に向いてなさそうなら、下記の4つの営業がおすすめです。

  1. IT・Web系の営業
  2. 電気・ガス・鉄道・NTTなどインフラ系の営業
  3. 石油業界の営業
  4. 大手メーカーの営業

参考:営業職でおすすめの業界4選【選定条件やおすすめしない業界】

 

また、保険営業に向いてなさそうなら、営業に限らず、あなたに向いてる仕事に転職するのもアリかと。

あなたに向いてる仕事は、プロのキャリアカウンセラーに適職診断してもらうと、高精度でわかります。

  • doda:求人数が約10万件の大手。適職診断の精度も高い。キャリアカウンセラーのレベルが高い
  • ウズウズ:20代向け。他社の10倍のカウンセリングで向いてる仕事を徹底追求。転職後の定着率95%
  • マイナビエージェント:高精度で独自の適職診断ツールあり。サポート無制限だから納得いくまで向いてる仕事がわかる

あなたに向いてる仕事を絞りつつ、考えていけばいいかなと。

 

「う~ん」と考えてても答えは出ないので、行動しながら考えましょう。

今日から一歩を踏み出してみてください( ̄^ ̄)ゞ

あなたの転職の参考になればうれしいです!